60番横峰寺から61番香園寺へ

-続き-
歩いた日>第50回・2010年 7月 2日 晴れ~霧雨~晴れ
コース>石土神社から湯浪登山口~60番横峰寺~61番香園寺 
           登って下って 17,4K  
疲労度>☆★★★★


13:00 霧に浮かぶ 第60番 石鉄山 横峰寺(いしづちさん よこみねじ) 本堂
             これでこそ 登りし甲斐あり 霧の寺 門前の小僧
f0213825_7382044.jpg

     かくして屈指の難所横峰寺参拝を終えて下山することになるのだが、
     上り下りの標高差を示す断面図があったので転載させていただきます。
     林道終点休憩所(登山口)から2K歩いて500m登り、
     今から香園寺まで8Kを歩き700m下ることとなる。
     一難去って又一難か・・・
f0213825_736434.jpg

13:25 歓喜天の前から裏山へ出て、平野有料林道を下り始めます。  
f0213825_7412997.jpg

13:35 林道を10分ほど下った所から、
        今朝出発した小松町方面を眺める  
f0213825_7444075.jpg







              晴れていれば絶景らしい・・・
                写真提供:運のいい友人
f0213825_7462135.jpg

13:45 さらに10分ほど下った所で林道を逸れてへんろ道へ急降下   
f0213825_7482620.jpg

14:00 霧雨の中でトラノオウ(虎の尾)が咲いていたが、
f0213825_7502880.jpg
f0213825_7513254.jpg

    実際は、平成16年の台風で、
    流れたへんろ道を応急修理?した坂道が続き
    ところどころ、崩れた斜面に架けた丸太橋や鉄製梯子を渡り
    転がるように下って行くので花などゆっくり眺める余裕はなかった・・・
f0213825_7563323.jpg

    おまけに霧雨に濡れた石段は滑り、時折日差しを浴びるとむし暑く、
    弘法大師さまは、門前の小僧に七難八苦を与え給もうた次第で・・・
     ~ありがたや ありがたや~

14:15 下る一方かと思いきや、馬の背の登り坂あり  
f0213825_1034313.jpg

       まれに、平坦な馬の背もあり
f0213825_10354983.jpg

14:25 下り始めて1時間、ベンチで一休みして  
f0213825_1055339.jpg

14:50 へんろ道沿いのきれいなウラジロ   
      こんなきれいなウラジロを飾って正月を迎えたいものだ
f0213825_1043898.jpg

15:15 奥の院まで2Kの東屋で一休み  
f0213825_11133512.jpg






             相変わらず霧雨・・・
f0213825_1114535.jpg

15:47 長い長い下り坂のラストは傾斜角35度?、足元は砂利・・・  
f0213825_11262671.jpg

16:00 2時間半下って、やっと車道と合流し  やれやれ・・・   
       帰宅してみると両足親指の爪は見事に紫色のアートネイルができていた
f0213825_11333094.jpg

16:06 大変モダンな香園寺 奥の院到着
f0213825_12405121.jpg

ここで同行皆さんは、滝不動の参拝などしてご休憩、
私は香園寺本堂近くの知人を訪問すべく、お先達の許可をもらって先発、
(同行仲間から「冷えたスイカを買ってきて」との携帯電話注文もしっかり承り)
まったく知らない道約2Kを初めて一人で歩きました。

     一人で歩いて、”本当にありがたい”と感じたこと、
      ☆お先達の存在感、
      ☆ちょっとした分かれ道に必ず建つ道しるべ、
      ☆「右じゃ」、「「左だよ」と教えて下さる地元の方々、
      今日までも思わぬではなかったが、とにかくありがたかった。 


16:25 本日の終点近しのランドマクーク「大谷池」土手を通過 
f0213825_14511831.jpg

    雨に濡れた紫陽花が「がんばりなさいよ~」と、声をかけてくれました。
f0213825_14534037.jpg

17:00 訪ねた同業のお店で、冷えた高級栄養剤を飲ませて頂いたうえ、
    遍路隊全員分の高級ドリンク剤(冷蔵パック付き)のお接待があり感激!
    調達希望のあった”冷えたスイカ”もスーパーで切って頂きゲット。
    ドリンク剤とスイカを箱に入れて香園寺へ急いだ。 

(お断り)
 急いだが、参拝に間にあわず・・・
 以下は、7月18日に家族とお参りしたときの写真(記事)を投稿致します。
 
f0213825_1553839.jpg       香園寺伽藍図
f0213825_1563360.jpg
  大聖堂(本堂・大師堂)と納経所が巨大!、ほか何も感想ナシ・・・


第61番 栴檀山 香園寺 本堂・大師堂  
  会館を思わせる超モダン建築だが、歴史は古く聖徳太子が創建したと伝わる。
  が、今までの霊場のような風情はなく、ちょっと戸惑った。
  重厚な山寺・横峰寺から下った私には、戸惑ったと云うより、
  「なんじゃコレは?」と思ったと書くほうが自分に正直であろう・・・
f0213825_1527170.jpg

        1階が大講堂、2階が本堂・大師堂になっており
f0213825_11335082.jpg
      向かって右側の階段を上がって、靴を脱ぎ本堂へ入ると、
      ホールの如き827の固定椅子席に囲まれて大日如来が鎮座まします。
       秋川雅史さんの「千の風になって」一曲限定独唱会がとても似合いそうです・・・
f0213825_15501118.jpg

この香園寺は、
国内外に40万人以上の子安講員を持つ「子安大師」として女性の人気は高い。
境内の一隅に建つ、これも鉄筋建ての子安大師堂
(香園寺の象徴的お堂にしてはチト小さ過ぎるのではないでしょうか?!) 

f0213825_13544026.jpg

香園寺ご朱印
f0213825_16183974.jpg 昼間、深山幽谷?の霧に浮かぶ
     神殿風権現造りの横峰寺を参拝し、
 夕方、超近代的な鉄筋造りの香園寺を見ると、
     ちょっと頭がクラクラしたことです・・・

 それはさておき、帰路の高速道のPAで、
 調達した冷えたスイカを
 皆さんが「うまい 美味しい」と食べて頂き、
    門前小僧の嬉しかったこと。




<私の遍路と、このブログ参考書>
  「四国八十八カ所を歩く」  発刊:山と渓谷社 2006年2月初版1刷
    歩き遍路を始めるにあたり、購入した本 ¥1500+税
  「四国八十八ケ所巡り」  発刊:昭文社  1997年1月1版10刷
    歩き遍路を始めるにあたり、同級生が貸してくれた本(¥1333+税)
  「四国八十八カ所霊場」  発刊:NPO伊予路おへんろ倶楽部
    おへんろ倶楽部のご好意で戴いた小冊子 
              
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2010-08-08 07:33 | 61番香園寺へ下る | Comments(0)