ところで「韋駄天」って?

 7月19日投稿の今治市内巡拝編・南光坊」のとろこで、
「韋駄天(いだてん)」について、
クイズ ? もどきの出しっぱなしになっていましたので、
今日はその結末と余談を書きます。
 <前置き>
  第55番南光坊山門で四方に睨みをきかす四天王
  
   持国天(東方)
f0213825_8181951.jpg     広目天(西方)
f0213825_819365.jpg
多聞天(北方)
f0213825_8212633.jpg     増長天(南方)
f0213825_8203482.jpg
この持国天・広目天・多聞天・増長天を四天王と呼びます、
ところで、「韋駄天」って?? とクイズもどきの書きっぱなしでした。
     ~~~~  ~~~~  
その解答などと大げさなものではありませんが、
以下、手持ちのいろいろな本やWebサイトを参考に編集を進めます。
            ~~~~ ~~~~ 
                ☆ ☆ ☆
この四天王にはそれぞれ八将が仕えており、四天王×八将=32将の内、
増長天の一将「韋駄天」は32将の首位に位置するのだそうです。

 「韋駄天」の謂れ partⅠf0213825_951034.jpg  釈迦様が亡くなったときのこと・・・
 捷疾鬼(しょうしつき)と言う足の速い者が、
 お釈迦様の遺骨を奪い須弥山へ逃げた。
 それを見た「韋駄天」が、
 一瞬の内に頂上まで追いかけて
 無事遺骨を取り戻した。
 約132万Kmを一瞬のうちに走ったので、
 韋駄天は足の早い事で有名になり、
 韋駄天走りという言葉が生まれた。
 また、この由来から、
 修行をさまたげるものがあると、
 走ってきて魔障を除くといわれ、
 修行をする場所に守護神として祀られる。 
     (「仏像辞典」より)


「韋駄天」の謂れ partⅡ
NHK教育テレビ、
2006年9月~11月の「趣味悠々・はじめてのお遍路」を
ご覧になられた方も多いことと思いますが、
2010年6月~7月の「和の極意・とっておきの宿坊を楽しむ」のテキストP40
「精進料理とは」のページに次のような記事がありました。f0213825_952343.jpg 禅寺では、台所に祀られる韋駄天。
 韋駄天が釈迦のために
 ほうぼうを駆け回って
 食材を集めたという話しに由来する。
   (写真、記事は原文のママ)
 なるほど、
 できた料理が「おご馳走」、
 馳せ走ると書きますなあ~。
    -門前の小僧-

 


うむ!
元阪急ブレーブスの盗塁王福本選手はじめ
足の速い人が「韋駄天」と呼ばれ、
物流、運送関係の社名や、
Web関連の検索簡易ソフト名にも「韋駄天」があり、
お寿司屋、割烹料理屋さんの暖簾が「韋駄天」だったりするのも
むべなるかな!

ただ、迅速を以って善しとする とは云え、
どこかの国の総理大臣のように
あまりにも早くコロコロ交替なさるのはいただけない・・・(小僧の脱線)。

      ☆☆☆~~~☆☆☆~~~
7名の方から「韋駄天」についてのご返事(メール)をいただき、
 1・「俊足」というキーワードでご返事を頂いた方 6名
 2・「俊足」+「食材・料理」というキーワードでご返事を頂いた方 1名
 皆さま 大正解!
 賞品がなくてすみません・・・
 それぞれの方と愉快な韋駄天談義やお遍路よもやま話しが弾み
門前の小僧は幸せでした、ありがとうございました。
     ☆☆♪♪~~♬♬☆~~☆☆♪♪~~    

さて、古代インドの修行者たちが希求した「天上界」とは、
一体どんなところだろう?
「韋駄天」は書いたとおりだが、
フーテンの寅さんが産湯をつかった「帝釈天」や
そもそも「有頂天」の意味とは?
ものの本によると、これがまた楽しくておもしろい!

興味とご関心がありましたら
「有頂天にはなるまいぞ!」ページをご笑覧下さい
抱腹絶倒まちがいなし!

        
  
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2010-08-19 07:44 | その後の徒然日記 | Comments(0)