珠玉のひと言① 2011・12/11

 -忘れられない言葉- 

 歩き始めた頃は
 ほとんど最後尾を皆さんについて行くのが一生懸命の私でしたが、
 およそ100キロを歩いた23番薬王寺から室戸岬への長い道中の頃から
 気が付くと、
 時おり、先頭のお先達さんと話しながら歩いている自分がいました。

 私、
 「こんな不真面目な遍路ですが、極楽へ行けましょうか?」
 
 
 お先達さん、笑いながら答えて曰く
 「大丈夫!、死んだら人は みな仏さま」。


 「お先達」というお仕事は
 お納経導師・へんろ道先導・道中ガイド・交通安全や遍路の体調への気配りetc etc・・・
 大変なお役目だと思うのですが、
 その道を修められた方のお答えは禅問答のようで、
 珠玉のひと言でした。
 
 よっしゃ~!
 この旅、とことん楽しく歩こう!
 と、つぶやいた門前の小僧、
 以来ずっと「落ちこぼれ遍路」でした。

 その足摺岬への道中を思い出しながら、
 記事カテゴリー薬王寺から東洋大師室戸岬・24番最御崎寺
 画像を入れ替え、道中エピソードを追記、再編集し投稿を完了しました。
 
 いい旅だったなあ~ と自己満足(笑)。 

薬王寺から 2007・4/6
f0213825_12432759.jpg

花へんろ  2007・4/6
f0213825_1220239.jpg

花へんろ 2007・5/5
f0213825_12495484.jpg

ゴロゴロ石、ここもへんろ道 2007・6/1
f0213825_11424063.jpg

行けど歩けど空と海・だから「空海}? 2007・6/1
f0213825_11431327.jpg

ゆっくり時間をかけて歩く、こんな贅沢な旅がありましょうや 2007・6/1
f0213825_1136167.jpg

室戸の奇岩 2007・6/2
f0213825_1321580.jpg
 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2011-12-11 11:47 | その後の徒然日記 | Comments(0)