ブログ記事の訂正 2011・12/17

カテゴリー20番から21番太龍寺」の後半記事について、
同行お遍路T・Tさんから貴重な情報提供がありましたので一部を削除し
追記の上、訂正させて頂きます。

歩いた日> 第8回・2006年12月1日 快晴
コース> 那賀川を渡り、難所第21番太龍寺へ
      10,5キロ 4時間10分
疲労度>★★★★★

前回、鶴林寺裏参道を1,2キロ、
転がるように下りきった所から歩き始めて  11:10
f0213825_13253289.jpg

に続く、中ほどの画像記事を訂正します。

日本最古の鉱道跡だという、
   弘法大師となんだか絡みがあるらしい??
f0213825_13284098.jpg

上記の鉱道跡は、
縄文から弥生・古墳時代にかけて、神聖な顔料色とされた朱色の原料<辰砂>の
採掘鉱道・若杉山遺跡の一部とのことです。
次のへんろ道看板の現在地に「若杉山遺跡」と標記してあり、
<弘法大師となんだか絡みがあるらしい>の一行を削除し記事を訂正致します。
f0213825_1335192.jpg


若杉山遺跡は、阿南市西部を流れる清流那賀川南岸にあり、
弥生時代から古墳時代の全国有数の水銀朱<辰砂>の産地だったようです。
T・Tさん、貴重な情報のご連絡ありがとうございました。

詳細は、<水井鉱山と辰砂>
及び
<徳島県立埋蔵文化財総合センター オフィシャルサイト>
をご覧下さい。
 
Commented by ばら at 2011-12-19 18:17 x
こんばんは!
懐かしいお写真ありがとうございます。
私はこの鉱道は行きませんでした。狭くて暗いところが苦手です~(^_^;)
88か所参り、今年初めのことなのに、はるか昔に行ったような、そんな気がします。
また行ってみたいです。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2011-12-17 13:48 | その後の徒然日記 | Comments(1)