八坂寺~西林寺~門前宅まで 記念ウオーク⑤

6年前の4月7日、
徳島の第1番霊山寺を出して歩き始めた記念日、
近郊を「気まぐれ歩き遍路」した日記の完結編です。

第47番八坂寺をあとに、
遍路の元祖?
衛門三郎の墓所(私宅跡とも聞く)文殊院と
その衛門三郎が弘法大師を追っかけて遍路に出立した場所と伝わる札始大師を参拝。
ここを参拝するたびに平成18年7月7日の第12番焼山寺からの下り坂にあった、この像を思い出します。

f0213825_1927376.jpg
         衛門三郎さん:「いつぞやの私の無礼をお許し下さい」
         弘法大師さん:「いいから、いいから、お手をお上げない」。


         ここまでは伝説の世界なのですが、
         許された三郎さんの生まれ変りが
         小石を手にして産声をあげ、「石手寺云々」になると
         もう、伝説から空想映画並みでありまして・・・

         ” いいから、いいから、なんでもありの四国霊場巡りですから ”。 


難しい話しはさておいて、
札始大師を出発したのは午後1時、
私もMさんも腹時計は、もうとっくに午後2時(過ぎ!!)
すきっぱら抱えて30分ほど頑張りました。
お目当ての「うどん屋」さん到着!
f0213825_113859.jpg
いつも行列のできる この店は、
本場さぬきのうどん屋さんを1000軒以上食べ歩いたと云う、その道の達人で、
私の四国一周遍路のお先達(ニックネーム「うどん小僧」さん)の折り紙付き!

f0213825_1123273.jpg 4月7日、
  Mさん、釜揚げうどん大、
  私、やまかけうどん。
 4月8日
  私、奮発して天ざる! 
  妹はやまかけうどん。


 
左上の FREEは妹が飲みました。
  なぜだか勘定書は私の海老天の下・・・


うどん屋さんから少し回り道して、弘法大師ゆかりの「杖の淵(じょうのふち)」へ寄りました。
f0213825_11331793.jpg
   名水百選にも選ばれているこの池は、旱魃に悩む村民のため、大師が杖を突いて
   あちこちから清水を湧かせたという伝説の池で、以来、水は枯れた事がないと云う。

池の中央では、大師が今も杖を突き続けて?
(ここは48番札所西林寺の奥の院となっています)f0213825_11524967.jpg おかげ様で? 流れ込む溝すらないが、
       溢れる水は澄み切って透明度抜群
f0213825_11565555.jpg


全体が公園になっていて仲良し家族の格好の遊び場
f0213825_11474361.jpg
                   画像掲載ご承諾に「薄謝」もなくてすみません

そういえば今日は花祭り、お釈迦様は御座らぬか?
f0213825_12152433.jpg

f0213825_12174283.jpg


全国名水百選・水汲み場(飲料可)
f0213825_120943.jpg 水汲み場 傍の高札
 18㍑ ポリ缶 1個につき?
 年間¥2000・・・ 
 維持管理費も必要なのでしょうね~
f0213825_1293396.jpg


杖の淵から少し歩けば第48番西林寺
この寺は前の小川の土手より低い場所に寺があることから、
罪深い人が境内に入ると無間地獄に落ちると云われ、「伊予の関所寺」と呼ばれるらしい。

f0213825_12415042.jpg
「無間(むげん)地獄」とは、
地獄の中で一番恐ろしい地獄で、
「無間」すなわち「間断のない苦しみに責め苛まれる地獄」のことで、
ここに堕ちて苦しむことに比べれば、これまでの地獄は天国みたいなものだそうです。  


鐘楼の奥に毅然とした佇まいの本堂とこじんまりした大師堂が建っています
f0213825_12432369.jpg

計画では、ここでゴールの予定でしたが、
健脚のMさんからもう少し歩こうとの提案で、
再出発して30分ほど飛行距離を延長、
その名も「遍路橋」を渡ると、
f0213825_12504549.jpg
f0213825_12555888.jpg
 
看板が割れていますが、第49番浄土寺までは1,5㌔ほど

まもなく、
菜園で諸葛菜が満開の「門前宅」へゴールイン!
f0213825_1314812.jpg

 ここまでの 4/7 携帯電話健康ツールデーター
  25861歩 19,5㌔
  消費カロリー 1206kcal
  脂肪燃焼   86㌘     

Mさんのメタボ対策にかなり貢献できたかも?
   実際は、本人と周りの者が言うほどでもなく、
   小僧には「恰幅のいい」うらやましい体格にしか見えないんだけどな~~
   メタボのMで、M・Mだと本人が名乗っているのは
   モテてモテてM・Mのカムフラージュに違いない!
 

奥さんに出発地・三坂峠まで送っていただいたお返しに、
我が SUBARU-IMPREZA-sports-wagon-ponkotu でMさんを豪邸まで送って、
記念すべき遍路・発心6周年記念日イベント「気まぐれ花遍路旅」は無事終わりました。

今回の気まぐれ遍路の足あと


桜満開の道中記の完結編を書いている今日(4/14)の新聞に
東日本震災で津波被害に遭ったいわき市の旧小名浜測候所で波を被った標本木の桜が
5月13日に開花基準となる「五輪以上」咲いて「開花宣言」した。
                           という記事を目にしました。
  桜前線みちのく入りです。  
  浮かれた遍路日記を書いていますが、 
  桜に負けないで、
  被災地皆様の”復幸”をこころから祈っております。
f0213825_13413213.jpg
f0213825_13324611.jpg
                       門前の小僧  2012・4/14 
                          
  
 
Commented by チャイティ(中村) at 2012-04-26 18:39 x
こんにちは。
以前は、転載許可いただきまして…(^-^)

うどんの「ひょうげつ」だ!とテンション上がりました。
杖の渕、西林寺、遍路橋、懐かしいですね〜
小学校の頃、遍路橋で道に迷った方を案内した事があります。
県外の人で「さすが四国、遍路橋という名前なのね」と言われました。
「普通なんじゃないかなぁ…」と思ったことです。

ほんっとうに、日記拝見すると歩きたくなります。
Commented by jh5swz at 2012-04-27 16:08
チャイティさん、お久しぶりです!
この辺りの地理にお詳しいですね~~~
私は遍路橋から100mほど浄土寺方向へ歩いた
へんろ道沿いに住んでおります。
「歩き遍路」なさるときには是非ご連絡下さい、我が家で一番いいお茶でお接待させていただきます!
  -門前の小僧-

名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2012-04-14 13:37 | その後のきまぐれ遍路 | Comments(2)