津島町のシロウオ漁

平成25年 1月16日(水)
南宇和郡愛南町の所用を済ませて宇和島市へ引き返す途中、
津島町岩松川河口で、この季節の風物詩シロウオ漁を見ることができました。
 
シロウオが産卵のために川を遡上するところを狙って小舟を出し、
冷たい水の中で腰まで浸かって、長さ30mほどの網を静かに張って
f0213825_991585.jpg

待つこと30~40分?、頃合いを見計らってソロリソロリと網を引く
f0213825_9121379.jpg
f0213825_9123892.jpg

岩松川河口ならではの伝統の漁法にうっとり
f0213825_917327.jpg

夫妻の息の合った手仕事ぶりにしばし寒さを忘れ見とれてしまいました
f0213825_9185828.jpg
f0213825_9192323.jpg

優しい奥さんにカゴの中をゆっくり見せてもらいました。
左右の黒っぽいハゼの子の真ん中が体長3~4cmほどのシロウオ
    全身が透きとおっているのでカゴの竹と見分けがつきにくい・・・
f0213825_9224119.jpg

今朝からの漁果が泳ぎ跳ねます、大漁!?
f0213825_9225959.jpg

部分拡大してみました、黒い目玉だけでも見えますか?
f0213825_13563970.jpg


ご夫妻は「今年は遡上が早いのか?大漁です」と笑顔。
f0213825_10121946.jpg

漁は2月中旬まで続けられ、
三杯酢に泳がせたシロウオを踊り食いにすると珍味だそうです。ギョ ギョ! 

地元ではシロウオを「しらうお」とも呼び、
1月27日午前10時から 「津島しらうお&産業まつり」 が岩松川の河川敷で開かれ、
シロウオのおどり食いや卵とじ、雑炊などが有料で味わえるそうです。
問い合わせは市津島支所産業建設係内の実行委事務局(0895・32・2721)。

Commented by 桃 ぶどう at 2013-01-18 20:45 x
透明のシロウオの踊り食い・・・未体験です。

この辺りでは蒸した白いシロウオが主流、稀に透明のシロウオが並びますが、生きてはいません。

夫婦漁のお姿、仲睦まじくいいですね~
Commented by 門前の小僧 at 2013-01-19 09:24 x
  
 新聞記事によると、ご夫妻はこの漁を始めて40年、
 65歳と64歳だそうですが、
 笑顔の素敵な素晴らしいご夫妻でした! 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2013-01-18 12:08 | その後の徒然日記 | Comments(2)