街のど真ん中で花見

平成25年4月13日(土)
 7日のお花見遍路が”春の嵐”に流されてモヤモヤするので、
 今日は松山市街地にある桜街道を観に出かけて帰りました。
 

JR松山駅から徒歩3分の三番町・市民病院前から続く約3㌔の桜並木は
 

里桜の一種「一葉」と
f0213825_15305330.jpg
f0213825_15335628.jpg
「一葉」は、四月中旬、ソメイヨシノが散り終わった頃から淡紅色の花が咲き、
花は八重咲きで大きいものでは花弁の直径5cm以上の大輪で満開期には白い花に見えます。

花の中心部から葉の形に変化した雌しべが一本突き出ており、
この様子からイチヨウの名前がついたと聞き及び、樋口一葉さんとは無関係らしい。

同じく里桜一種「関山」が、両側に5~6本づつ交互に植えられた桜並木です。
f0213825_1549159.jpg
f0213825_15495939.jpg
「一葉」と同じく、ソメイヨシノの散った四月中旬から五月上旬にかけて満開期を迎え、
八重咲の濃紅色の大輪の花弁は多い場合50枚を超えるものもあると聞き及びます。

花の中心部から葉の形に変化した2本の雌しべが突き出ています。
塩漬けの桜にされ、桜湯の材料となることも多い花らしい。

この2種類の里桜並木が、松山市の中心・三番町のビル街を彩ります。
f0213825_17224142.jpg


私は松山のことを、「適当に街で 適当に田舎です」と紹介するクセがあります。
f0213825_16525453.jpg

アベノミクス銀行松山支店前
f0213825_17183994.jpg


ビルに囲まれた桜もまた一興?
f0213825_1712033.jpg

f0213825_174113.jpg


   一葉
f0213825_1765420.jpg

   関山
f0213825_1775483.jpg


 JR松山駅付近から唐人町界隈まで約3㌔の桜街道でした。

例によって余談、
山桜の名前には「江戸彼岸桜」 「大島桜」 「山桜」 と最後に桜が付き
里桜の名前には「染井吉野」 「普賢象」と最後に桜が付かないのが原則だそうです。
Commented by 桃 ぶどう at 2013-04-13 18:34 x
>山桜の名前には「江戸彼岸桜」 「大島桜」 「山桜」 と最後に桜が付き
里桜の名前には「染井吉野」 「普賢象」と最後に桜が付かないのが原則・・・

そうですか~いい事聞きました。八重の桜、綺麗ですね。なんだか美味しそうです^^

松山には5月か11月なので桜は見れませんが、お城の周りもさぞかし綺麗だったのでしょうね。
「松山はどんな街?」と聞かれると、
「こじんまりしているけれど、楽しい街です」とお奨めしています。
いい処ですね^^
Commented by 門前の小僧 at 2013-04-13 20:04 x
桃 ぶどうさん お久しぶりです。
松山、お褒めいただきありがとうございます。
さて、
今月何日から四国入りで何番からですか?
どこかの札所とうどん屋さんのお供ができたらいいのですがね。

我が家の前のへんろ道も春お遍路さんが多くなりました。


Commented at 2013-04-13 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jh5swz at 2013-04-14 10:01
桃さん
委細了解!
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2013-04-13 17:47 | その後の徒然日記 | Comments(4)