2014年元旦遍路

f0213825_9462216.jpg
あけましておめでとうございます。
      平成26年 元旦
                門前の小僧


f0213825_13365453.jpg

       遍路茶屋:坂本屋は
       本年も3月1日(土)より11月30日(日)の期間
       毎週土・日曜日の午前9時から午後3時までオープン致します。

       昨年全国各地のお寺を巡拝なさったお遍路さんがお立寄りの節、
      「寺は西国 情けは四国」との言葉を残して頂きましたが、
       坂本屋は30名足らずのメンバーのボランティアで運営しており
       冬は囲炉裏火 春の山桜 夏涼風 秋は紅葉のおもてなしと
       文字通り茶菓子程度のお接待しか出来ませんが、         
       三坂峠を登り下りの節にはお気軽にひと休みなさって下さい。
                        坂本屋運営委員一同



元旦の日記 

帰省中の息子や娘、孫たちと新年をお屠蘇で祝ったあと、
近隣の四国霊場三ヶ寺の初詣に一人で行って帰りました。
浄瑠璃寺~(1㌔)~八坂寺~(1㌔)~文殊院~(5㌔)~西林寺~(2㌔)遍路宿

息子の車で第46番浄瑠璃寺まで送ってもらって2年ぶりの初詣歩き遍路スタート。
10:15 浄瑠璃寺、山門のないお馴染みの石段風景。
f0213825_16335312.jpg

 いつ参拝しても掃除の行き届いた境内に感服します浄瑠璃寺さん
f0213825_16352815.jpg

f0213825_16383987.jpg

 浄瑠璃寺のランドマーク 
 仏足石にも
 半紙を敷いたウラジロの上に
 お餅とミカンがお供えしてあり、
 お正月モードたっぷり。

 

静かな本堂と大師堂を参拝。
f0213825_16431142.jpg

f0213825_1646199.jpg
 47番八坂寺へは10分そこそこ。
 いつ頃どなた様の建立でしょうか?
 へんろ道沿いのミニ「お城」。
 「謹賀新年!」とつぶやきなら合掌
 
 私は、
 このお城を「47万石 八坂城」と呼ぶ
 


10:50 第47番八坂寺参道から山門と本堂(正面奥)
     唐破風?の山門は小さな小川に架かる極楽橋を兼ねた橋山門となっており、
f0213825_16564110.jpg

f0213825_171097.jpg 
 
 その天井には
 色鮮やかな天女が描かれています。
 天国とか極楽とかは
 このように 一日中、
 美形が踊っているのだろうか?
 行ってみたいけど、まだ行きたくナイ。



八坂寺は、いつ参拝しても赤い旗がにぎやかで明るい。
f0213825_176447.jpg
f0213825_178643.jpg

本堂に門松、朱塗りの欄干の回廊には幔幕張って。
f0213825_1784525.jpg

f0213825_1812831.jpg
 きれいな御手綱(みてずな)で結ばれた
 五鈷杵(ごこしょ)に触れて
 お参りをすると、
 お大師さんと一体になれる という
 開創1200年記念サービスイベントの一つ?

 南無大師遍照金剛 と唱えながら
 今年一年の家内安全をお願いしたことです。


11:30 八坂寺をあとに文殊院徳盛寺へ歩きます。
f0213825_17271820.jpg

f0213825_17301144.jpg
 昭和53年、愛媛県生活環境課発行の
 「伊予のへんろ道」という冊子にある
 土用部池堤防の
 <伊予の国で最も古い四国へんろ道しるべ>
  とは、この道標左の自然石でしょうか?
 冊子によると
 享保2年(1685)建立 と記してあります。


青空ですが、風はとても冷たいのです・・・
f0213825_18183876.jpg
 
11:40 遍路の元祖と云われる衛門三郎の菩提寺:文殊院徳盛寺
f0213825_18232872.jpg

f0213825_18264043.jpg
 衛門三郎さんの罪滅ぼしは
 現代も続いているのでしょうか?
 なんと、本堂に般若湯が用意してあり
 ちょっと躊躇していたら
 後から来た参拝者が
 「ここでは恒例ですから」と勧められ
 チョコで一杯だけ喉を鳴らしました。
 いいのかな~~~? 



12:00 千鳥足で? アブナイ遍路が荏原の町を歩きます
f0213825_18322375.jpg

静かな町並みを逸れて、親切な道標に誘導されるがまま田畑の中を歩いて
12:10 札始大師堂着
f0213825_18455272.jpg
f0213825_18464758.jpg

やたら寒くなってきたのでお堂の中でお納経
f0213825_18475917.jpg

12:30 きつい北風にさらされながら重信大橋を渡ります
f0213825_18503017.jpg
                直角に交差するように見える正面の高架は高速道

1200年前、お大師っさんも想定外のまったく無機質な高架下をくぐり
f0213825_18554633.jpg

12:45 48番西林寺到着
f0213825_18575440.jpg

家族連れの初詣さんもチラホラ
f0213825_1859143.jpg

納経所前庭の「一つだけ願いを叶えてくれる」という”一願地蔵”さん
f0213825_1913864.jpg

13:20 寒さと空腹に耐え切れず、西林寺前の味十味(あじとみ)さんへ駆け込む
f0213825_1955967.jpg

f0213825_1973662.jpg
 味十味さんは
 松山市内で暖簾を出しておられた頃、
 よく通っていたお店。

 大将もにぎやかなお母っさんも達者で
 高井の水を追っかけて、ここへ移転されたとか。


 注文はもちろん「釜揚げ」¥790!
 

13:50 「釜揚げ」で温まったハズだが、
      寒さに負けて身なり構わぬ、歩き遍路一人ありき・・・
 いいところでフラシュハレーション! 
f0213825_19181011.jpg
14:10 この「遍路橋」を渡れば
    今宵の「遍路宿」までは100m。
f0213825_1919326.jpg
 

かくして2014年の初詣お遍路は約8キロを歩いて無事ゴールイン。
宿の女将さんが、お正月だからと熱い早風呂を用意してくれてましてな、
この宿 ☆☆☆☆☆ なかなかお奨めでっせ!

(おまけ)
f0213825_192441100.jpg
 47番八坂寺のお納経所で
 大師入定1150年(昭和60年・1985)印
 霊場開創1200年(平成26年・2014)印
 記念印を並べたお納経帖も珍しい!
 「ご信心ですなあ~~」
 と、云われて
 ちょっと悦に入った門前の小僧。
 
 今日の三ヶ寺の記念御影
f0213825_19315623.jpg



 
Commented by at 2014-01-01 20:27 x
あけましてあめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さすが小僧さん♪ 一年の始まりから、いいお参りをされましたね。
きっと、お願いを叶えてもらえることでしょうね(*^_^*)
Commented by 門前の小僧 at 2014-01-01 21:23 x
凛さん、謹賀新年。
本年も楽しくお付き合いよろしくお願いいたします。

なにしろ若気の罪の深さに慄いておりますもので
寒空のもと、一心不乱の初詣でございますのよ・・・

お忙しいのでしょうね、
このところ日記が足踏みしてますね。
Commented by 桃 ぶどう at 2014-01-02 11:45 x
謹賀新年。

年末からデスクトップの背景をアタシも坂本屋にしたので、驚いて微笑んでしまいました。
いいですよね~お正月らしくて^^
お寺さんも凛としてお正月の雰囲気いっぱい、いいですね。
Commented by jh5swz at 2014-01-02 16:29
桃さん、
のんびりイイお正月をお過ごしですか?

私はご覧のとおり元旦から歩き遍路、足がちょっと弱ってましたね~ 鍛えておかなくては・・・

ディスクトップの背景が坂本屋とは嬉しいですね~
さすが県外特別運営委員 桃子さん ですね!
Commented by ke-ko63 at 2014-01-02 18:41
新年おめでとうございます。
お正月はいつも四国で迎えていた頃を思い出します。
1200年記念の御影かっちょいいですね。集めたくなるなー。

本年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by jh5swz at 2014-01-03 09:04
ke-koさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
(若い方は アケオメコトヨロ と書くんだそうです)

開創1200年の四国霊場へ是非お出かけ下さい、
結構盛り上がっております、お待ちしております。
Commented by mizuki-39 at 2014-01-08 19:42
新年おめでとうございます。

息子さんや娘さん、孫ちゃんたちに囲まれて、
良いお正月を過ごされたようですね。

今年もどうぞよろしくお願いします!
Commented by 門前の小僧 at 2014-01-09 08:23 x
花mizukiさん
 あけましておめでとうございます。
 
 「お年玉集金隊」に、
 かじられる膝の痛みも吉の内  でした、ハイ

 今年も心和むショットをたくさん見せて下さい。
 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2014-01-01 19:52 | その後の徒然遍路 | Comments(8)