仏木寺 茅葺き鐘楼堂

平成26年 2月19日(水)の日記   

 南宇和郡愛南町に所用あり、往復300㌔の日帰り出張。
 茅葺き屋根の葺き替えが終了したと報道された
 第42番仏木寺の鐘楼堂が気になって少し早めに出発。
 高速道三間(みま)ICで降りて数分、仏木寺着。
 車を離れると、ブルッと身震いするような寒さ・・・

09:40 駐車場から
    3年前落慶した左手の仁王門と競うように真新しい茅葺屋根が見えます。
f0213825_20442257.jpg

2011年5月25日落慶の豪華な仁王門
f0213825_20462342.jpg

こちらは、2009年7月3日、歩き遍路で初参拝時の仁王門
                 いあや~~~なかなか渋いではないか・・・
f0213825_20475482.jpg



山門をくぐると、新装の鐘楼堂を自慢するように
    「小僧、また来たか!」と、お大師っさんのお出迎え。

f0213825_20495719.jpg

まずは本堂、大師堂を参拝。
  寒さに震えて、天下御免の ♪駆け足般若心経♪

f0213825_20511928.jpg



以下、新装の萱葺き鐘楼堂にこだわりまくった数ショットです。

f0213825_20521333.jpg

その2
f0213825_2054258.jpg

その3
f0213825_20551837.jpg

その4
f0213825_211960.jpg

2009年7月3日の鐘楼堂。
 風雪に耐えた薄墨色の茅葺きも風情があっていいなあ~~~
f0213825_20563924.jpg

納経所前から
f0213825_20584693.jpg

職人ワザ
 2日前に葺き替えが終了、後片付け中の方と少しお話しができました。
 「茅」は、四国カルスト大野ヶ原と県外から集め、
 職人さんは、高知県梼原村の棟梁を迎えた  とのこと。
f0213825_2120923.jpg

     昔の人の叡智を今に継承した職人技に寒さを忘れてしばらく見とれておりました。
     修復前の古い茅も使って葺きあげた4層の茅の色がなんとも美しい!!!
 
f0213825_2134386.jpg



藁ではない茅ですぞ
f0213825_2174870.jpg

栃木県渡瀬遊水池の萱
f0213825_2191928.jpg







 

           愛媛県四国カルスト採取
f0213825_21153773.jpg

資材となる「茅」は各地から取り寄せられたと聞きましたが、
           次の15年後、「茅」は確保できるのだろうか?心配・・・です。
         
Commented by 桃ぶどう at 2014-02-25 21:31 x
>2009年7月3日、歩き遍路で初参拝時の仁王門
>いあや~~~なかなか渋いではないか・・・

訪れた時は真新しい門でしたので、古いのを見ておきたかったです。
鐘楼はオツでしたよ^^時の経過という産物にはかないませんね。
技術が継承されてありがたいです。素敵な屋根ができました。また、時の変化が楽しみです。
Commented by 門前の小僧 at 2014-02-26 09:26 x
桃さん
 お遍路を始めて8年になります、
 こうして、同じ場所、建造物の移ろいを見つめるのも今では楽しみの一つになっています。
 それにしても仏木寺さん、仁王門・鐘楼堂と連続の落慶、お寺さんも偉いが支えられる檀家、信徒さんもご立派だなあ~と感服します。
 
 結願旅へのトレーニング励んでおられますか?
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2014-02-23 17:37 | その後の徒然遍路 | Comments(2)