葉佐池古墳

平成26年7月20日(日)の日記❶

連休初日、門前の小僧、古代人のお墓参り。

自宅から車で10分足らずの北梅本町にある葉佐池(はざいけ)古墳へ行ってきました。 f0213825_7552066.jpg













葉佐池古墳は平成4年(1992)、開墾中に横穴式石室が偶然発見され、
未盗掘であったことから、古墳時代後期の葬送様式を知ることができる
貴重な遺跡として20年に亘り発掘調査が続けられてきました。
平成23年(2011)に国の史跡に指定され、市が進めてきた保全工事と
周辺整備が終わり、平成24年7月12日に開園・公開された古墳です。

発見された20年前、
 発掘調査公開日に見学に行った思い入れの深い当時の古墳全景です。
f0213825_17183388.jpg







発掘調査のため、はげ山になった小道を登り、指定された穴?から
覗いた石室内部は次の画像のとおりで、今も鮮明に記憶しています。
f0213825_17273942.jpgf0213825_17281067.jpg 



















以上3枚の画像はガイダンス棟で貰ったパンフレットから借用したものです。

20年後の今日、行ってみて驚いた!
石室開口部保全のための建屋を山頂に設置して復元された古墳丘全体は、
開園・公開直後の今はちょっと作り物的な違和感がありますが、
数十年後、木々の緑に覆われた史跡として周囲の風景に馴染むのでしょう。
f0213825_1746643.jpg
                     (駐車場に隣接するガイダンス棟より撮影)      

復元古墳に向かって左手から山頂まで遊歩道が整備されていましたが、
私は20年前を思い出すように駐車場から一直線に伸びる小道?を登りました。
この小道は結構キツい坂道で途中からは備えてあるロープを引きながの登山?
このルートは少々危険なので近々閉鎖して遊歩道へ案内したい、と管理者談。


最後の階段を登り、
頑丈な鉄筋構造で覆われた建屋の引き戸を開けて石室へ入ります。
おお~~土嚢に守られた20年前の「遺跡」が!
f0213825_19125564.jpg

よくある「撮影禁止」の警告板が無いので、思いっきり開口部を覗いて驚いた。
なんと! なんと!
f0213825_1917765.jpg

 横穴式石室は実物に違いないが、
 内部は20年前に発見された「石室遺跡」の復元のみならず
 最後に埋葬された葬送様式であろう様子が復元されてありました。
f0213825_1927444.jpg 
f0213825_19273181.jpg  
 







 左:6世紀後半に埋葬された人骨に続いて
 中央の箱型木棺の人骨と右側の遺体?
 ちょっとやり過ぎではないかと思うほどに
 遺体レプリカで復元されたいました・・・




f0213825_882139.jpg 
 発見当時の人骨、木片、埋葬品などから
 遺骨レプリカを作製したとの説明板がありました。

 また、
 このうち1体の人骨には
 多量のハエの蛹(さなぎ)の殻が付着しており
 そのハエの種類と習性から
 死後、遺体の安置から埋葬に至る
 十数日間の経過が判明したとか・・・

 古い遺骨CからA・Bに至る追葬様式の復元は、
 未盗掘遺跡ならではの研究成果だろうが
 考古学の世界はすごい!
     



6~7世紀時代の仏様に暫し合掌を送って、
建屋を出て改めて目にした足元の駐車場とガイダンス棟。
 (ロープをつたって登ってきた山肌はほぼ垂直・・・とても下る気にはなれない)
f0213825_20232733.jpg

夏の陽射しを浴びながらも山頂からの松山市内方面の眺望。
f0213825_2028453.jpg


帰りは古墳丘を一周する本来の緩やかな遊歩道を歩きます。
古墳名称の由来となった葉佐池。
f0213825_20352346.jpg

遊歩道終点のガイダンス棟からみた古墳丘。
f0213825_20394270.jpg


このあと、冷房の利いたガイダンス棟で展示資料見学。

発掘副葬品のほとんどは松山市考古館に展示されており、
ここはパネル写真ばかり・・・
ここから遠く離れた市街地の考古館に展示するより
立派な現地ガイダンス棟にあってこその「案内資料館」だと思うのだが・・・
ここでは盗掘ならぬ現代人の窃盗対策だろうか??? さてさて???
お代官様、是非是非 ご再考を!

とにもかくにも、
20年ぶりの葉佐池古墳石室との対面は私にはタイムカプセル開封でしたが、
開けてみると6世紀から7世紀初期までの石室遺構のみならず
当時の追葬様式まで見せられた、と云ういささか驚きの1時間でした。

このあと、
同じく、うん十年前、子供達とちょいちょいトンボ遊びに行った
東温市、重信川沿いの「三ケ村泉(さんがそんいずみ)」へ足を延ばしました。
Commented by おやっさん at 2014-07-24 11:27 x
わし、子供の頃から古墳が大好きなんです。埋葬の様子が復元されているんですね。一度見てみたいっす。
そういえば八塚群集古墳を見て興奮もしました!
Commented by 門前の小僧 at 2014-07-24 16:02 x
おやっさん、
熊野古道からお帰りなさい。
そうでしたか、古墳がお好きでしたか。
葉佐池古墳は49番浄土寺さんから車で7~8分の所です、
三巡目のお四国参りでお越しの節、時間があればご案内させてもらいます。

>八塚群集古墳のこと。
石室は未調査、時代は古墳時代終末期らしいです。
塚には衛門三郎の八人の子供を祀ったという伝説もあり、へんろ道沿いの古墳とお遍路の元祖の伝説がチャンポンになっています。
まっ、なんでもありの四国88ケ所霊場ですから・・・
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2014-07-21 08:59 | その後の徒然日記 | Comments(2)