仙遊寺から南光坊へ

平成26年11月 6日(木)の日記。
 公私所用にて今治市へ。
 お参りがしたくなって、8時前に自宅発。


 松山から今治へのルートは一般的に二つあり、
 今日は奥道後温泉~水ヶ峠~玉川~今治へ「山ルート」を走行。
 
 歩いていると、
 あのモミジ、あのイチョウ、この花、あの花と立ち止まるのですが
 車で走ると、半端なところで駐車もままならず、あれよあれよで今治市玉川。

 信心深い小僧? 所用をさて置き、まずは仙遊寺さんから参拝。
 
 第58番仙遊寺 山門。
f0213825_199052.jpg

  この辺りへ車を置いて、せめて山門から歩いて、
  お加持水でも口に含みながら急坂を登れば徳も積める遍路なのだが・・・
     
f0213825_921972.jpg 
 お寺への私道、最後のカーブは
 切り返しが必要な急カーブなので
 いつぞやのお参りのときには、
 このバス専用回転場でターンした。

 あまり広くはない回転場ではあるが
 今朝は文字通り「団体バス専用」。
 納経所の大混雑が頭をよぎった。


本堂裏の一般車両駐車場も満車状態で、入り口で5分ほど待機。
お参りを終えられた県外ナンバーのあとへ駐車。
  身支度整えながら見る駐車場の菊がきれいでした。
f0213825_918019.jpg

  見慣れた千体仏さんが「お~よう来たなあ~~」。
f0213825_920321.jpg


開創1200年の秋遍路シーズンたけなわ!
f0213825_9251039.jpg
  方や二層屋根の本堂へ、こなた大師堂へ向かって読経合戦?を鐘楼脇で拝聴、
  お先達さんの豆木魚と音木(拍子木?)のリズムが違うものだから
  双方のお遍路さんもだんだん声が大きくなる・・・

  二組の納経が終わっあと、
  小僧は、先日お亡くなりになった仙遊寺奥様の霊を念頭に納経、合掌・・・
  内陣の写経箱へ写経五巻(代参)奉納。
  
予想通り本堂内陣の納経所は大混雑・・・
f0213825_9404558.jpg
       二つの大きなバッグから溢れるような納経帖、
       添乗員さんが手際よく58番ページをひろげて差し出す、
       お寺さんが、これまた手際よくご朱印押して達筆の墨書きをなさいます。

       団体お遍路さんは実際のお納経帖風情をご覧になることがあるのだろうか?
       
       傑作なのは(紫の風呂敷から取り出した)白衣へのご朱印。
       添乗員さんが向きを揃えた数十枚の白衣を机の上へ差し出す、
       お寺さんが右手に札所番号印、左手に寺名印を持って同時にボンと押印、
       次いで右手に持ち替えたご本尊印を中央へポンと押印。
       添乗員さんが間髪を入れず一枚取って次の白衣・・・
       双方、まさにプロの技である!

プロ対決に見蕩れて待つこと20数分・・・
やっと小僧の番、
重ねご朱印につきポン ポン ポンでお納経終わり。
お納経料¥300 + 私道通行・駐車場料(自主申告)¥400 ナリ

納経所の方に「仙遊寺奥様のご冥福を・・・」と、ご挨拶して合掌・・・

内陣から境内を振り向けば次なる団体ご一行様が読経中。
f0213825_1965993.jpg

下山の道すがら、いつ見ても素晴らしい今治市内眺望
f0213825_19151834.jpg


仙遊寺私道と県道?をクネクネと10分ばかり下って57番栄福寺さんへお参り。

駐車場から今登ってきた参道を覗くと、
田んぼの中のバス駐車場から
先ほど仙遊寺で会った団体ご一行が隊列をなして参道進行中。
f0213825_1945186.jpg
             皆さま、ようこそお四国参りへ!  

又、待たされるのも辛いので急ぎ足で境内に入ってみると
仙遊寺で読経合戦をなさっていた、もう一組の団体ご一行が・・・
f0213825_1930271.jpg
ちょうど般若心経が始まるところだったので、
ご一行の左後ろの隅っこでご一緒させてもらいました、
小僧のお四国参りのときのお先達のリズムそっくりで、
ノリがよろしゅうございました、便乗させて頂きありがとうございました。

写経五巻(代参)奉納。
運よく団体さんの納経取りが終わったところだったので、
待つこともなく、重ねご朱印を受けて下山。
お納経料 ¥300 + 駐車場 ¥100(自己申告)ナリ。

仙遊寺さんでもそうでしたが、この自己申告というのがなかなか粋な制度だと思います、
「駐車場お借りしています、普通車です」と言って、納経所の小さな箱にお金をいれます、
なんだか正直者になったようで清々しさを感じるのは平素「極悪党」の自分だけかも?

さ~~てさて、所用・所用!


午後3時過ぎ、所用先近隣の第55番南光坊を参拝。
f0213825_11131151.jpg
                     表正面から見た仁王門(奥に本堂)
f0213825_11133563.jpg
                     境内から見た仁王門

平成11年新築されたこの仁王門の四方には巨大な四天王が睨みをきかせています。
f0213825_11441643.jpg
f0213825_11443026.jpg

f0213825_11451842.jpg
f0213825_11463666.jpg


このあと56番泰山寺~54番延命寺を参拝して・・・などと
f0213825_11574155.jpg
悠長な気分で四天王さんとにらめっこしていたら、
相方から「夕方、珍客あり、至急帰れ!」との電話・・・ やむなし。

急いで残りの所用を済ませ、
帰りは今治~菊間~北条ルート(海周り)で帰宅。
夕暮れの国道は53番圓明寺から54番延命寺へ急ぎ足のお遍路さんが5人、
「道中ご安全に~!」。


     狭い庭の隠し井戸の傍に咲いたツワブキに秋の到来を感じる昨今です。
f0213825_85789.jpg
                          (2014・11/03 撮影)


    
Commented by ke-ko63 at 2014-11-09 19:56
仙遊寺は、わたしもお世話になりました。
麻の勤行でのご住職の法話が忘れられません。
あぁ、またお四国歩きたいなぁ…。
南光坊など懐かしい写真を拝見してしみじみしております。
ありがとうございます。
Commented by おやっさん at 2014-11-10 06:59 x
車遍路お疲れ様でした。順調に各札所を廻っておられるようですね。
秋の札所は紅葉や菊で綺麗でしょうね。
一句できた。「菊の香に酔いしれる」
もう一句できました。
「団体の想い積もれる納経所」
Commented by 門前の小僧 at 2014-11-10 08:09 x
ke-koさん、おはよう~
 仙遊寺・小田山住職の朝の法話は評判ですね。
 自分達は泊まることがないものですから、その機会に恵まれませんけど・・・
(坂本屋でお会いしたことがありますが温厚なお方でした)
 余計なことですが、
 先日、奥様が亡くなられ、今、ご住職は逆打ちご供養お参りをなさっておられます、合掌・・・
 
Commented by 門前の小僧 at 2014-11-10 08:18 x
 おやっさん、おはようございます。
 ご覧のとおり、出たとこ勝負の気まぐれ遍路ですから、破門寸前ですよ。

 確かに、秋のお寺さんは紅葉の規模を問わずきれいですね~
 多分・・・44番大宝寺の本堂への石段も今秋あたりイエローカーペットのハズです。
 お返しの一句が浮かびません、ヒネッておきます。
  -白峯寺・根香寺へも行ってみたいキョロキョロ遍路より-
Commented by 桃 ぶどう at 2014-11-10 14:53 x
奥さまにはお会いしたことはありませんが、朝のお勤めの法話から、お人柄を想像します。
とても心のこもった法話でした。アタシも泣けてきました。お会いしたかったです。

門前さんも奥様と宿坊にお泊りになってみたらいかがですか?
Commented by 門前の小僧 at 2014-11-10 17:16 x
桃さん、こんばんわ。
今治での泊まりは仙遊寺さんでしたか、
皆さん、朝の法話に感激される様子ですね。

ハイ、いつだったか松山から「仙遊寺・宿坊体験ツアー」があったことを思い出しました。
いっぺん、罪滅ぼしに泊まりに行って、評判の法話を拝聴してみましょうかね。
その後「四国病」はいかがですか?
Commented by ke-ko63 at 2014-11-10 22:21
麻の勤行→朝の勤行 です。すいません。汗)

Commented by jh5swz at 2014-11-12 19:25
ke-koさん、
 「朝」と読んでいましたよ~
 最近、私のWordは 今週と今秋 で混乱しています、
PCも秋を感じるんですね。 Hi
 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2014-11-09 11:59 | その後の徒然遍路 | Comments(8)