松山市 49番浄土寺~52番太山寺 

平成27年 2月14日(土)の日記

 お四国参り三巡中の舞鶴の足立さんと松山5ヶ寺を参拝しました。

 前夜23:05 難波を出発の足立さんと
 今朝07:30 JR松山駅で合流、真面目な遍路二人の愉快な巡拝の始まりです。
 
07:47 第49番浄土寺参拝。
f0213825_19164058.jpg
  以下、このイラストは「NPO伊予路おへんろ倶楽部」提供【伊予十ヶ寺参り】より借用致しました。

     浄土寺仁王門   
f0213825_1336733.jpg
        南無阿弥陀仏の念仏踊りの開祖・空也上人が3年間滞在したと伝わります。
f0213825_8383766.jpg
       現存する空也上人自像<重文>(2014・5/27浄土寺花曼荼羅パンフレットより)

     本堂(四国霊場の中でも有数の歴史を誇る建造物で国の重要文化財)
f0213825_1223865.jpg
      お寺さんの裏山にはミニ四国霊場88ケ所があります、お時間のある方にはお奨め

例によって写経奉納参拝の私は
足立さんの後ろで神妙に般若心経を黙読。
f0213825_13433841.jpg

  さて、お納経を受けようとしたら、千両箱を忘れており・・・
  お納経所玄関で足立さんに小判1両を借りてご朱印を受けました。
  参拝後、
  車で数分の自宅へUターン、軍資金を調達して再出発。
  やれやれ、落ちこぼれ遍路は朝から「なにやってんだ~」
  県外の一人旅だったらと、冷汗三斗・・・

08:30 時宗の開祖一遍上人修行の寺
      第50番繁多寺参拝。
f0213825_1981855.jpg

   地元では「畑寺」と呼ばれる  
   小僧の好きなお寺さんの一つで簡素な山門が朝日を受けてひときわ冴えます。
f0213825_13464323.jpg

     鐘楼堂の『二十四孝』の天井絵。
f0213825_1594397.jpg
     『二十四孝』(にじゅうしこう)とは、
      中国で古来有名な「孝行」が特に優れた人物24人のこと、と書誌にあり。
      ”孝行をしたいときには親はなし” とか、
      今更ながらですが、含蓄のある言葉ですね~


      なお、繁多寺境内に隣接する大きな貯水池は、
     正しくは「松山・松前地区工業用水道」と云って、松山・松前の臨海工業地帯の
     工業用水のほか、農業用、発電用にも用いられる水だそうです。
      源流は石鎚山系の面河ダムで、地下水路を通って3つの発電所でタービンを回し、
     桜三里の貯水池を経由して、長旅の末、この貯水池に流れ込むのだそうです。
              

今朝も繁多寺から石手寺への遍路道から松山城がきれいに見えました。 
 NHKさんの鉄塔が目障りではありますが、歩きお遍路さんにはお奨めの絶景!         
f0213825_15133261.jpg
                     (画像は2012年1月2日撮影)

09:00 第51番石手寺。
f0213825_1855544.jpg
  仁王門(国宝)
f0213825_13521843.jpg

 本堂お納経
f0213825_1353519.jpg

 うわさのパワースポット? 大師堂前から裏山のお大師っさんを拝顔
f0213825_13555090.jpg
   このお大師様は高さ16m、重量50トン、お持ちの筆の長さが3mだとか、ジェジェジェ!

さて、少々時間にゆとりがあるようなので、
足立さんには、太山寺への道中、松山観光ご案内(道草とも云う)をさせて頂きました。

  昼前にJRで今治へ輪行される計画なので、のんびり写真を撮る時間がなくて、
   以下、数枚は過去に撮影した画像を使って編集しましたことをお断りします。

  

時宗の開祖一遍上人生誕の寺・宝厳寺参拝
f0213825_1551274.jpg

       残念ながら山門と一部の建物を残して焼失した宝厳寺は、
       善男善女の浄財で再建途上にあり、目下境内は整地中。
       写真中央石碑の奥に、かって本堂が建っていました・・・
f0213825_15521879.jpg

       足立さんには、
       再建資金募付きの起き上がりこぼし「もういっぺん」をご購入の上、
       お寺さんへご寄付まで賜りました。
       宝厳寺隠れファンとして御礼を申し上げます。
f0213825_15523189.jpg
 
09:47 ロシア兵墓地へお参り。
      小僧がプーチンさんに又ツブやいた、
      「私達は貴国と仲良くお付き合いしたいのですけど・・・」。
f0213825_13572513.jpg
      小僧の思いは MY blog 「ロシア兵墓地」を是非読んで下さい
 
松山観光港の近くにある 
小説「坊ちゃん」でおなじみの”ターナー島”と
f0213825_15394759.jpg
    『「あの松を見たまえ、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」と
    赤シャツが野だに云うと、野だは「全くターナーですね。どうもあの曲り具合ったらありませんね。
    ターナーそっくりですよ」と心得顔である。ターナーとは何の事だか知らないが、聞かないでも
    困らない事だから黙っていた。』...(以下、略)  【夏目漱石 「坊ちゃん」より】


その観光港から3㌔ほど走って、高浜のパワースポット「三つ石」を車窓から。
f0213825_1540921.jpg
            詳細参照⇒松山・白石の鼻巨石群調査委員会

f0213825_16543338.jpg
 
  さらに海岸線をで数分走って
  第53番圓明寺奥之院を探したのですが、
  数年前、四季の会で参拝したときの
  身内お先達さんも本日は不在で
  見習い添乗員では
 どうしても、この看板に至らず・・・
    (画像は2012・3/14参拝時撮影)

  「お車お接待大失敗の巻」でした。


f0213825_9544289.png
             帰宅後、調べてみると、どうやら入る路地を一つ間違えていた様子・・・

 52番太山寺へ直行、
10:36 (足立さんが見たかったと仰る)太山寺参道茶屋の「ねじれ竹」
f0213825_13595191.jpg 
 参道の旧遍路宿の庭に、
 不義の男女が持っていた青竹の杖が根付いたものといわれている
 「ねじれ竹」がありました。
 地元の小僧も知らなかったので調べてみました・・・
 昔、ねじれた竹杖を洗って宿へ入ろうとした男女をみた僧侶が、
 「別々に霊場を回って、大師に心を打ち明けるよ。」と2人を諭した。
 以来、青竹を遍路の金剛杖には使わなくなったのだ、と云い伝わります
f0213825_14403742.jpg
  なるほど根っこがねじれて「不邪淫」は いけんぞな! 
  と戒めておりました。
 

10:38 第52番太山寺
f0213825_17142227.jpg
       三の門
f0213825_1453998.jpg
                     ちょっと息切れした小僧・・・
      本堂
f0213825_1483123.jpg
           嘉元3年(1305)創建、愛媛県下で最大の古い建築物と云われています。

11:05 第53番圓明寺
f0213825_1793359.jpg
      中門
f0213825_14104644.jpg
    書誌によると寺には慶安三年(1650)に京都の樋口家次という人の銅製の札が保存されており、
     米国からお四国参りに来たスタール博士が深い関心を示したこの納札が四国最古の納札札らしい。


     大師堂
f0213825_14114419.jpg

クイズで~~~す。
53番山門脇の石柱、
一金壱百万圓 徳島県阿南市 小川孝子さんってご存知ですよね?
f0213825_1594027.jpg
 キリシタン灯籠ほど話題にならなのですが
 小僧、いつも気になります・・・
f0213825_159011.jpg
    
     正解者にはストックホルム行き航空便の時刻表など(検討中)。

脱線したところで、午前中の計画を無事達成!
11:25 円明寺から車で1分、ちょっとレトロなJR伊予和気駅へ
f0213825_16435451.jpg
f0213825_14151281.jpg
        数年前には、駅舎中央部に洒落たれレストランがあったのですが・・・
          テナント募集中の貼り紙がありました・・・JR殿 善根宿はいかが?
f0213825_1420493.jpg
              ここには丸くて赤いポストをおきたいなあ~~~

11:35 伊予和気駅から今治へJR輪行の足立さんをお見送り、
    小僧は野暮用があり自宅へUターン。
f0213825_14171428.jpg
          その後、順調に今治市内を巡拝され、
          翌日は別格西山興隆寺~生木地蔵~63番吉祥寺、
          (60番横峰寺さんを後々の楽しみに残されて?)
          62~63番吉祥寺さんまで参拝されて帰京の様子、
           タフネスお遍路足立さんの、その後の道中記は
            おきらく道場(遍路編)をご覧下さい。
    
2月14日の足あと

  蛇足・・・
    こうして島外から週末を利用してお四国参りをされるお方に接して思うこと。

    四国の人には宗教宗派信心論はさても置いて、
    まずは自宅近隣の霊場参り体験をお奨めしたい門前の小僧です。

    私ですか?
    心の中では仏教徒だと思っているのですが、
    正月には3軒隣りの小さな鎮守の宮を初詣して、
    二日にはラジオで箱根駅伝を聞きながら
          46番~48番若しくは
          49番~51番札所を初歩き遍路します。
     
    春秋彼岸とお盆と年末には生まれた村の墓参り、
    X’masには孫に小さなプレゼントを贈る器用さも持ち合わせております。

    押しなべて器用さというよりチャランポランなのかも知れませんがね・・・
 
Commented by おやっさん at 2015-02-16 21:25 x
流石に早い!わしはいまだ編集中です・・・・
それにしてもターナー島やロシア兵墓地などめったに見られない松山見物が出来てFBでした!
Commented by jh5swz at 2015-02-17 08:14
おやっさん、
 いえいえ歳ですから、日記は記憶の定かなあいだにと思って
走り書きですよ。
 貴重な時間を「観光お遍路」させてしまったようで失礼しました。
 円明寺奥之院を太山寺奥之院と言ったり、結局そこもご案内できなくて車お接待失格でした、アイアムソ~リ~。
 3月の坂本屋のお接待お手伝い、どうぞよろしく。
 楽しみにしています。
Commented at 2015-02-18 15:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-02-18 21:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimichan~ at 2015-02-19 08:56 x
門前の小僧様
久しぶりのブログ更新!と思ったら、2/14の午前中にいろんなところにご一緒されてたんですね。とても半日の内容ではなかったです。(一日かけた内容だろうに、お昼はどうしたのかなあ??と時間のところを再度見てしまいました)
3/1(日)坂本屋の当番は私たちですが、坂本校区文化交流会(@坂本小体育館とその前)と重なりました。坂本屋は文化交流会会場で坂本屋餅と大判焼きの出店をするだろうから、「本日の坂本屋のお接待は坂小に臨時移動中」の貼り紙をしようかと思っています。(昨年もそうした)
これから会長に打診してみるんですが。。。3月再開初回日に坂本屋を開けてないのは気が引けるのですが。。。
(おまけに私は文化交流会では「坂本レディース」で子ども向け駄菓子屋の出店をするので多忙な…)
Commented by jh5swz at 2015-02-19 13:48
坂本屋のマドンナKimichan、
 ハイ、確かに3月の当番表・その他連絡事項欄に文化交流会への出店が書いてありますね~
 じゃ~3班は全員そちらへご出向ですね・・・
 う~~~ん、2015年の初日に雨戸では寂しいですね。
 まず、会長さんがどうお考えでしょう?

 せめて午後2時50分にガス・囲炉裏火など火の元と施錠チェックに会長or中川長老が立ち会って頂ければ、今のところ私はノンスケジュールですから出勤可能です。
Commented by kimichan~ at 2015-02-19 22:54 x
門前の小僧様
助っ人、ありがとうございます。坂本屋を開けることと、文化交流会での販売と、両方できるのが一番だと思います。(販売はお船様やそのほかのメンバーが出てきてくれるし「売り切れ御免」なので、どのみち2時くらいには撤収…)
3班の「ミセス奥ゆかしさ」が当番OKなんですが、「初日にひとりでは不安…」と言うので、小僧様が助けてあげてくれますか?
(田岡さんは不都合、ミスターブラックは小学生の発表があるので昼まで不都合)
ミスターブラックが上がってくるまでの助っ人か、7日の小僧様の当番を私と交代ということでも構いません。
会長には明日、相談してみます。
また連絡いたします。ヽ(^。^)ノ
Commented by jh5swz at 2015-02-20 08:18
Kimichan,
 まずは会長の御裁断を仰いで下さい。
「ミセス奥ゆかしさ」様が門前の小僧でもよろしいと仰れば
助っ人お受け致します。
 なお7日には、このブログへコメントを頂く「おやっさん」が
坂本屋のお接待体験のために京都からお越しになり、早朝三坂峠
から歩いて、半日逗留されますので小僧も定期出仕致します。
 2015年も坂本屋にとって楽しい1年になりそうです!
Commented by kimichan~ at 2015-02-20 18:32 x
門前の小僧様
会長と連絡取りました。3/1私が行って開けますと、お船様が言われていたとのことで、「ミセスY」と一緒にお接待していただけることが分かりました。なお、お船様は「うどん招待券」をお持ちなので、お昼に小学校へ下りてくるそうです。
ミセスが2名でお接待となれば、再開初日の坂本屋も余裕だと思います。私も安心して小学校で駄菓子の出店します。
ご心配おかけしました。 ヽ(^。^)ノ
Commented by 門前の小僧 at 2015-02-20 19:42 x
Kimichan,
委細了~解!
さりとて、お船様が「うどん招待券」行使のため下山されますと
奥ゆかし様だけになりますので、ちょっと応援に参りましょう。

ただ、年度末10日先のことですから何事で手錠かけられるか
読めない部分もありますがね・・・
   貧乏ヒマなしオトコ -小僧-
Commented by kimichan~ at 2015-02-20 20:59 x
門前の小僧様
お気遣いありがとうございます。
当日、上に上がられる際にはぜひとも小学校へ寄っていただき、坂本屋餅なり、大判焼きなり、いなり、おはぎなど、持ち出せるものもございますので、準備いたしますので、ミセスYへの差し入れを運んでいただければ幸いです。
ご多忙で来られない場合は私が出店撤収後に駆け上がりますので、お気になさらずに。ではまた。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-02-16 19:13 | その後の徒然遍路 | Comments(11)