2015八坂寺柴燈護摩供養

平成27年4月29日(水)の日記。

 今日は自宅から車で約15分、八坂寺さんで柴燈護摩供養が行なわれます、
 坂本屋皆さんや親しくして貰っているお先達さんのfacebook上の情報もあり
 幸運の破魔矢ゲット実績のある門前の小僧、いそいそと出かけました。
f0213825_195852.jpg

 八坂寺近くの坂本屋メンバーさんの工房駐車場をお借りして、
          霊場ゆかりの資料美術館「衛門三郎の里」前を歩いて
f0213825_14261757.jpg

10:50 八坂寺参道口からゆるい坂道を登ります。
f0213825_14283665.jpg

f0213825_14344889.jpg
f0213825_14341386.jpg

 春夏秋冬を通じて私の好きな参道の一つです。
f0213825_14311052.jpg

 極楽橋と本堂
f0213825_14395078.jpg  いつ参拝しても
  極楽橋、お納経所前あたりで
  デンと構えている主が 
   「今日は朝から騒々しいニャン!」 
f0213825_1444698.jpg

 
  新緑に本堂が冴えます!
   (後方の山の頂上が生目神社?)
f0213825_14495360.jpg

  西林寺近くの評判のうどん屋、「味十味」・「瓢月」さんが、
  準備中で食いっぱぐれていたので・・・
  湯気が立ち込めていたこのテントに入って「うどん」を注文したら
f0213825_14552963.jpg  「お接待です」、いや~ありがたい!
f0213825_14563833.jpg

11:30 平素、駐車場広場に柴燈護摩供養の祭壇が設えてあり、
f0213825_1521536.jpg

f0213825_1563167.jpg 祭壇中央には
 開創1200年記念練行で
 お先達さんに担がれて
 四国を一周し高野山へ登った
 大師像がお迎えしてあり、
 小僧、欲が深いので
 知ってる人みんなの健康を願って
 お線香を5本灯して合掌・・・
 



 このお大師像が三坂峠を下られた粉雪の舞う寒い日、
           一人で網掛大師堂までお迎えに行き、
f0213825_15375327.jpg

 翌日、我が家のすぐ傍の交差点を渡るお大師っさんを
           寒風吹きさらしの陸橋の上からお見送りしたことでした。
f0213825_81579.jpg
              (この写真は、お遍路仲間が「アビーロード」と評してくれたお気に入りの1枚)
          思えばいずれの日も遠くから拝んだだけだったので初対面みたいなもんでした。

12:00 「やんちゃ連」奉納阿波踊り。
f0213825_1555193.jpg あとで知り合いのお先達さんに聞くと・・・
 この「やんちゃ連」は
 徳島の某お先達さんがお世話をされる
 人気の「連」とのこと。

 お名前を聞くと、
 坂本屋の納め札整理箱の中に
 確かにあったお名前!
 紹介してもらえばよかった・・・


 


踊り方の基本や鳴り物の説明があって
f0213825_16144127.jpg

    奉納演舞
f0213825_165493.jpg

    最後はお先達さんや参拝者も巻き込んで♪踊らにゃそん そん♪ 
f0213825_16101288.jpg
               

       私は素人ですので、
       この行事中、執り行われる儀式等の専門用語・固有名詞の使い方に間違いや
       不適切な表現がありましたら、コメント欄を通じてご指導をお願い致します。
 


12:30 修験者皆さまが極楽橋から入山、いよいよ大祭儀式の始まりです。
f0213825_16203338.jpg

      本堂内陣でお納経中、境内は参拝者であふれています。
f0213825_16221296.jpg

      正面を避けて、ここで餅まきのおこぼれを狙ったのだが空振り三振
f0213825_16252422.jpg

12:50 柴燈護摩供養会場へご入場
f0213825_16292979.jpg

     ここで結界を挟んでの山伏問答が味わい深いものでした。
      山伏)これ旅の行者、住む山は何処なりや~      
      行者)伊予の国道後、真言宗醍醐派熊野山八坂寺配下の行者にて候
      山伏)本日、当道場に来山の儀は如何に。
      行者)家内繁栄、五穀豊穣、開運招福の柴燈護摩供ありと承り馳せ参じ候。
        護摩供養行の列座に加えられんことを願い申す
      山伏)八坂寺門跡の行者ならば修験の儀、心得の筈、一通りお尋ね申さん。
      行者)何なりとお答え申さん。
         以下、しばらく口頭試験のような問答が続き~~~
      山伏)お答え一つ一つ、まこと八坂寺門跡の山伏に疑いなし、お通り召され。
      行者)しからば御免。
        小僧の目の前で行なわれ初めて聞いた山伏問答。
         メモを取ったワケではないので細部まで正確ではないこと何卒ご容赦下されたく候。


結界で仕切られた道場へ入山を許された修験者ご一行の法螺貝が鳴り響く中、
     いろいろな修験道儀式があって、
f0213825_16454725.jpg

放弓の儀
 魔除けの矢を四方や鬼門、天に向かって放ちます、
 飛んだ矢は参拝者がゲットして厄よけに持って帰れます。
f0213825_16461028.jpg 
 別格文殊院さんで味をしめ・・・
 あの時と同じ方向で待ちましたが、
 矢は結界内へポトリと軟着陸・・・
 
 あとで聞くと、  
 遠来のお先達さんの友達が、
 幸運の一本をお受けになったとか、
 よかった! よかった!

 お灯明の火から点火式
f0213825_16483296.jpg





13:32 柴が燃え、
f0213825_16521158.jpg  白煙が、
  祭主、修験者、一般参拝者、
  新緑の山まで包み込んで
  それはちょっと
  不思議な光景でした。
f0213825_1655153.jpg
 



白煙が火炎に変わったところで、
f0213825_16575618.jpg

祭主・八坂寺ご住職が
f0213825_16591484.jpg

山と積まれた御護摩の願主の願いを祈祷し
f0213825_1714669.jpg

預かった修験者が燃え上がる炎の柴壇に投げ込み、
f0213825_1711410.jpg

御護摩を次々に焚き上げます、
f0213825_17194346.jpg

焚き上げは御護摩がなくなるまで延々と続きます。
f0213825_1715415.jpg


14:15 一般参拝者から驚きの声があがった祭主の火渡り初め!
f0213825_17321462.jpg

修験者が続きます。
  頭の上の火炎は一体なんでしょう?
f0213825_1734342.jpg

f0213825_18563370.jpg 
 修験者の火渡りが終わったあと、
 青竹で火炎を消して
 囲炉裏の残り火のようになった
 柴燈護摩壇を
 御輿に付けられたきれいな御守りを
 一本ずつ受け取った一般参拝者が渡ります。
 
 行列のできる火祭りです。
f0213825_192466.jpg






 ちょっと、おっかなビックリ?
f0213825_1984899.jpg

f0213825_19131428.jpg


        知り合いのお先達さんの火渡りを見たかったのですが、
        3時に来客のアポあり、八坂寺さんをあとに帰宅しました。

  
終わりに、
f0213825_19271545.jpg 坂本屋へお立ち寄りの
 お遍路さん(特に外人さん)に
 とても評判の
 八坂寺「通夜堂」をご紹介します。
f0213825_19252055.jpg



 失礼ながらガラス戸越しに・・・(八坂寺様すみません、覗きました)
f0213825_19321446.jpg
f0213825_19323452.jpg
 なるほど殆どの外人さんが
 Stay to 47Temple-TOYADO tonight と仰るハズです。
 ここには八坂寺さんのご好意と、それを無にしないお遍路さんのマナーが窺えます。
 
Commented by nibari1498 at 2015-05-02 14:50 x
まるで映画べも見ているように詳しく説明されているのが驚きです。私のように気が短くて、そそっかしい人間はまねができません。舌を巻いています。
私の気がつかないようなところにもよく見られていて、見どころが違うんだと感心しています。
Commented by at 2015-05-02 19:03 x
nibari1498様
 初?コメントありがとうございました。
 お褒めにあずかり恐縮・赤面の至りです。
 「ヤジ馬」なんですよ私。

 好きな霊場・八坂寺さんで行われる柴燈護摩供養とあって
ウロウロきょろきょろ・・・長い日記になりました。
 また、ときどき覗いて頂き、変なこと書いていましたら
辛口のコメントもお願いします。
 
Commented by おやっさん at 2015-05-03 19:12 x
八坂寺の綺麗なる通夜堂に泊まりたしと思えども
遍路橋たもとで宿貸す薬種商の善根宿、捨てがたし。
Commented by jh5swz at 2015-05-04 07:22
おやっさん、
 もし八坂寺・通夜堂お泊りの節には、
 近隣の温泉往復と夜食出前お接待させて頂きましょう!
 般若湯は八坂寺さんに許可申請してみます(笑)。
Commented by 嵐丸 at 2015-05-12 00:04 x
ご無沙汰しています。
その折は有り難うございました。

八坂寺さんの大祭の際に、あのお大師様がいらしたとは!
じつは嵐丸も大祭に行きたくて悩んでいたのですが、仕事があり断念致しました。
やんちゃ連所属の大先達様、私と同郷で阿波踊りつながりもありご縁をいただいている素晴らしい先達さんです。
八坂寺大祭、寒さの中の練行、やんちゃ連の演舞…と、拝見出来て嬉しかったです!

網掛大師堂やアビーロードの写真を拝見し、あの寒さの中でじっとカメラを構えていらした門前の小僧さんを思い出しましたヨ♪
Commented by jh5swz at 2015-05-12 08:08
嵐丸さん、
 お久しぶりです!
 ハイ、いつもお気に入りの「お大師様のアビーロード」写真を見る度に、
網掛でも陸橋でも寒さ堪えてお大師さんと錬行ご一行を待っていたアホな
カメラマン?を見つけて頂いた嵐丸さんを思い出しています。
 その節頂いた記念御札は仏壇に供え、寝屋川さんのお遍路手帳は頭陀袋に
入っています、貴重なものをありがとうございました。
 来年、八坂寺さんの柴燈護摩供養でお会いしましょう!
PS)いつも楽しいブログ拝見しています。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-04-30 23:15 | その後のきまぐれ遍路 | Comments(6)