婆ちゃんの66回忌施餓鬼会法要

平成27年8月9日(日)の日記。

 1ヶ月ほど前、村のお寺の副住職から 
 「お婆さんの66回忌に当たりますが、施餓鬼会卒塔婆法要をされますか?」         
                    (言葉は正確ではないかも・・・)    
 おぼろげながら婆ちゃんの顔を覚えている私、迷わず!
 「ハイ、よろしくお願いいたします」。

 そして炎天下の今日、自宅から約100キロを走行して里帰り。
 親父・お袋亡き今、実家は更地にしてご近所の駐車場に使って貰っており、
お向かいの小母さんにご無沙汰のご挨拶を済ませてから山の上のお寺へ。
 お寺への細い山道は、すでに施餓鬼供養参会者の自動車がびっしりと並び、
かろうじて見つけた空き地へ駐車して、蝉の声を聞きながら本堂へ歩きます。

 我が家の菩提寺は臨済宗東福寺派 東林山禅興寺
f0213825_8324046.jpg
                   2016年3/21 彼岸参りに帰った対面の墓所から撮影
f0213825_1524887.jpg
 
 すでに満席の本堂で御卒塔婆料を納めて、境内の木陰で開式を待ちます・・・

 「あらっ 信ちゃん!やないかへん?」と、おふくろと仲のよかった近所の小母さん。
 「お~ 信坊!、もんて来たか、誰の回忌ぞ」と、昔から威勢のよかった元青年団長。
 婆ちゃんの66回忌供養であることを話すと、
 「父ちゃんも母ちゃんも信心深かったけんの~」
              耳が痛い・・・
 ほか見覚えのある上級生や、泣かせたかも知れん下級生の顔も見える・・・

 ふと、思った
  「村を忘れるな、ときどき戻ってこい」 と、
  仏さんが施餓鬼供養にことかけて、みんなに会わせてくれとるに違いない!
 
 おふくろ同士が同い年の同級生にも会えた、
 小母さんの七回忌とのこと。
 彼から中学時代に社会科とバスケット部で大変世話になったK先生が
この春に亡くなったことを聞き愕いた・・・86歳だった由。
 今は某市でご健在の奥さんの住所をハガキしてくれるよう頼んだ・・・
 夏休み合宿や遠征試合の度に、「これは力が出るけん」と、
「炒り米」を部員に持たせて貰った奥さんにせめてお供えを送りたいから。


 供養法要式典は五人のお坊さんの読経が30分ほど流れたあと、
寺総代に続いて参列者全員がお焼香をして退堂。
 初盆から100回忌まで総代からそれぞれ卒塔婆を受取りました。
 
 
            境内からの我が村の眺望。
f0213825_1529098.jpg
           最近またちょっと大きくなった病院に隠れて見晴らしがイマイチだが・・・
           対面の山のふもとの白いビル?が、母校、
           校門まで徒歩30秒、6年間無遅刻皆勤賞!
           小学校の卒業証書は「村立双岩小学校」だったが、
           春休み後の入学式は「市立双岩中学校」だった・・・
           「合併の是非」が村の話題になった記憶は無い、お上の御意のまま、
           終戦復興さなか、食っていくのに一生懸命でソレドコロデハナカッタ? 

 
  お寺から遠くはないお墓に寄ってお線香を灯して卒塔婆を立てて、
   「爺ちゃん、婆ちゃん、暑いな~。
    孫・曾孫、玄孫、一同元気に暮らしとるけん、
     それからなあ、
    ワシ隔世遺伝かなあ~ 爺婆のマネして歩いてお四国参りしたよ、
    臨済宗の札所が二つあって、爺ちゃん 婆ちゃんを思い出したよ・・・」。

  婆ちゃん、100回忌までは 
       ワシ よう戻らん・・・ おこらえよ~・・・
                              合掌


 8月12日(水)、追記
f0213825_1020063.jpg
 禅興寺住職、副住職そろって
 毎年のことながら棚経に来てもらった。
 松山界隈に12軒?の檀家があるそうで、
 8月12日が棚経の恒例になっている、
 ありがとうございました。

 兄弟三人の家族と
 ウチの長男夫婦・孫が揃って代々の仏を迎えて
 みんなでワイワイ賑やかに昼食をともにした。

 仏さんが家族を呼び寄せた。
    
Commented by おやっさん at 2015-08-11 06:15 x
暑い中お疲れ様でした。
小僧様の先祖供養を読ませてもらうにつれ、自分のご先祖様に対する供養を忘れたらあかん・・・と反省する次第です。
お盆の季節にも遍路三昧なので、せめて今回の目的地である久万高原から遠く美濃の国へむけて先祖供養をしたいと考えています。
Commented by jh5swz at 2015-08-11 08:43
おやっさん、おはようございます。
 いやいや、そんな大それたことではありません・・・
 正直、66回忌には一瞬「ウヌ」と思いましたが、微かに婆ちゃんの顔を覚えているだけに
施餓鬼供養に参列しました、100回忌は私の体力がもちませんがね~。

 週末の43番~46番?巡拝、かなり暑いと想像します、「お道 よろしゅう!」。
 鴇田峠や三坂峠からのお祈りは、きっと美濃のお国へ届くこと間違いなしですよ。
Commented by 桃ぶどう at 2015-08-11 09:50 x
>「父ちゃんも母ちゃんも信心深かったけんの~」

お早うございます。信ちゃんも十分信心深いですよ。家系というか、育った環境ですね。
^^
実家は日蓮宗身延派、嫁いだ家は臨済宗妙心寺派です。
見たりしてきたように、子供たちに伝わって欲しいと思っています。今のお墓事情を聞いていると寂しく思いますもの。
Commented by jh5swz at 2015-08-11 10:34
有松絞りの浴衣がお似合いの桃さん、
 暑中お見舞い申し上げます。

 親のする社寺行事を見て育った?私、見様見まねでお勤めしています。
12日には村のお寺からここまで棚経に来て下さいます。
 妙心寺さんでしたか、
 細かい事は???なのですが、大きなくくりでご縁と親しみを感じます。

 今しばらくゲリラ猛暑に気をつけて下さい。
Commented by nibari1498 at 2015-08-12 17:01 x
私などは門前小僧よりも不信心で絶えず墓の中から父母が「たまには来んかい」と愚痴っています。御仏は浄土宗です。
双岩と言えば八幡浜からかなり山に入った場所ですね。でも写真で見るとお接待されている坂本地区よりはるかに開けていますね。
Commented by jh5swz at 2015-08-12 18:16
nibariさん、
 私も墓が遠いものですから春盆秋暮のお参りが精いっぱいです・・・
 「双岩」ご存知でしたか?
 八幡浜から車でも列車でも約10分、戸数700戸、人口1600人の静かな村です、
ハイ、坂本屋の里に比べれば町っぽいかも(笑)。
 児童が減って学校が統合されて・・・ 10年、20年後が心配です。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-08-10 16:51 | ふる里双岩村のこと | Comments(6)