安近楽GW❶八坂寺の火祭り

 世間では2日休暇をとれば10連休とか・・・道後温泉も大変な観光客らしい。
 我が家のGWは、熊本方面も気遣いながら「安・近・短」で静かに過ごしたい。

 平成28年4月29日(昭和の日)の日記。
  第47番熊野山八坂寺大祭、
   柴燈護摩供火三昧・火渡り修行が厳修されました。

 自宅からクルマで15分、
 坂本屋メンバーさんの工房へ車を置かせてもらって八坂寺さんへ、
          左手の参道をまっすぐ登ります。
f0213825_12125098.jpg

 私の好きな個性的で粋な山門が見えてきた、
f0213825_12142176.jpg

 極楽橋山門に真新しい幔幕あり!
f0213825_12155414.jpg
    昨年も気合の入った演舞をみせてもらった、
    阿波踊り「やんちゃ連」皆さまの奉納されたと思しき幔幕が、
    毎年、柴燈護摩供養が行われる4月29日の日付と
    やんちゃ連名が白地に控えめに染めぬかれています。
f0213825_12371189.jpg
      

改修された石段を本堂へ登ります、
f0213825_122656.jpg  「救いの手」も今日の大祭のお守りを立ててもらっています。
  知ってる者は気持ちばかりのお賽銭を入れるのですが、
  ご存知無いお遍路さんは素通りされる・・・ 
  無理も無い、なにも書いてないのだから。
f0213825_1235137.jpg
     ご住職さんは「ベタベタ書きたくない」タイプと拝察。

 本堂、大師堂へ写経奉納お参りを済ませて、
 知り合いのお先達さんと、八坂寺のうどんお接待をご馳走になりました。

 「やんちゃ連」みなさんの奉納阿波踊り
f0213825_12522341.jpg

              皆さん今年も気合の入った奉納演舞でした。
f0213825_1302638.jpg
f0213825_1304246.jpg

   柴燈護摩供火が始まるまでに、
   お遍路と坂本屋を通じて知り合えたお先達さん、
   遍路友だち、寺社に係わる方々に会えて、とても楽しかったです。


 柴燈護摩供火が始まりました、
    それでは、今年の大祭ダイジェスト版。
   私は素人です、
   この行事中に執り行われる儀式等の専門用語・固有名詞の使い方に間違いや
   不適切な表現がありましたら、コメント欄を通じてご指導をお願い致します。
 


含蓄のある山伏問答があって(問答の詳細は昨年の大祭記事をご参照下さい)。
f0213825_13133832.jpg

祭主・八坂寺ご住職が見守るなかで、数々の儀式が執り行われます、
f0213825_1314961.jpg

      結界四方の邪悪を討つ破魔矢が放たれます、
      放矢は縁起物として人気があり、
      文殊院火祭りで破魔矢を受けた私、しっかり下ごころはあったのですが、
      立ち位置と放矢の方向に計算違いがあり、ざんね~~ん^.^
f0213825_13224085.jpg
      
      数多くの祈願のなかで、「肥後熊本の復興を願い・・・」のひと言が
          この大祭の最大の願いだった気がして深く合掌したことです。
f0213825_13233171.jpg
           
          祭壇に火が入り生葉の煙が立ち込める中、四方の参拝者のお祓いがなされます、
f0213825_13324739.jpg
 
          やがて燃え上がる炎の中で信徒さんの御護摩が焚かれます。
          上から太陽、目前の炎、暑いのなんの、修験者さんも参拝者も汗だく!
f0213825_1340207.jpg

          祭主の大祭最後の供火儀式が執り行われ、
f0213825_1343416.jpg

          八坂寺ご住職の火渡り修行に続き、
f0213825_13465413.jpg

          行者さんが炎が残る炭火?の上を歩かれたあと、
f0213825_1350810.jpg

          一般参拝者が次々と熱い灰の上?を歩いて心願成就を願います。
f0213825_13523686.jpg

          渡ってみたい気持ちはありましたが、この行列・・・(と、言い訳)。
f0213825_13545872.jpg
            特製の守り御札と交換してもらえる火渡り券(額面不明)も買ってなかったし、
            ツラの皮はゴッツイのだが、足のウラは至って上品なので逃げた、というウワサ。


         もう一度本堂をお参りして、山門をあとにしました、
         連休初日のセイもあって、お遍路さんの多いこと。
f0213825_1357345.jpg

         こちらの団参御一行も、珍しい火渡り修行をご覧になって話しが弾んでおりました。       
f0213825_13594041.jpg
             県道沿いの衛門三郎記念館に大型バスが数台待機していました。
      引き続き、道中ご安全に団参お楽しみ下さい。

      超大型GW初日、
      門前の小僧の移動は片道7キロ、
      文字通り「安近短」だが、楽しかったので「安近楽GW」とします。
      
Commented by 岡山の撮り鉄 at 2016-05-02 13:44 x
門前の小僧さま
こんにちは。
コメントは初めて書かせていただきますが、いつもお世話になっております岡山の撮り鉄です(^o^)
八坂寺大祭ではお疲れさまでした。
火渡りの写真に私が写っていますね。偶然か必然か!ありがとうございます\(^o^)/
Commented by jh5swz at 2016-05-02 20:17
撮り鉄道様
 こんばんわ。
 八坂寺さんではこちらこそいろいろお世話になりました。

 拙いブログへの初コメントありがとうございました。
 一枚は確信犯、もう一枚は偶然・・・、とは言え、無断でご尊顔を掲載の件、
かの夫婦岩に免じて何卒ご容赦の程、又、今回はノンギャンティでお願い申し上げます(笑)。
 遠く無い日に何処かのへんろ道か霊場境内でバッタリ再会を楽しみにしております。 
 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-05-01 16:06 | その後の徒然日記 | Comments(2)