安近楽GW❹遍路道&たかのこの湯 

平成28年5月4日(みどりの日)の日記。

f0213825_19483886.png 






 4月29日からどっぷり連休気分で楽しみ過ぎたか・・・
 ちょっと机の上も片付けておきたくなって、夕方まで事務所籠り。

 さりとてみどりの日、ちょっとだけでも安・近・楽GWらしいことがしたい、
 と狭い家の中を白熊みたいにウロウロしてたら、「温泉へでも行ったら」と、相方のご提案。
 いいなあ~ まっ昼間から大浴場で
      寝ころんで 蝶泊らせる 外湯哉 一茶 
     「なんぞは 贅沢の極みだぜい」 などと小銭をポケットに入れて大脱走。

 自宅すぐ近くの国道の信号を渡って150m、
 近頃、歩きお遍路さんのランドマークになりつつある「久米小埴輪園」
f0213825_1522888.jpg
         ウチの子供達も作って卒業した名物で浄土寺さんの裏山には広大な埴輪公園があります。

 この町に住み始めてからずっと気になっていたのですが、 
 埴輪園から50m、T字路を右折する遍路道の角に立派な道標があります。 
f0213825_15244940.jpg
 以下、道標文字は
  私が遍路にはあまり興味の無かった頃、古本屋で確か30円くらいで買った
  「伊予路のへんろ道」 (昭和53年 愛媛県生活環境部環境整備課発行)
  データーから転載するもので数字は564基の内の市町村別石碑番号です。
  文中下線赤文字は、碑文字の読み方について読者の方よりご教示を頂き
  5/6 追記いたしました、教えていただきましてありがとうございました。

 28みきへんろ道
    「みき」は「右」の意味であろう         
  道法     施主   
   松山札之辻二里     乃万 与三ヱ門
   三津浜  三里      同  七朗左ヱ門
   道後湯之町一里     三好 嘉右ヱ門
   久万町  六里     荻山 平左ヱ門
   来見   六里     景浦 幸兵衛
   郡中   三里  



f0213825_1641911.jpg

  右面 
    文久二年戊三月
    為村中安全冥加
    世話人 景浦 幸兵衛 
  

  左面
    ☜きやくへんろ道 
     「きやく」の意味が不明・・・どなたか判読解説お願いします。
     「きやく」は「逆」の意で逆打ち遍路への道しるべではなかろうか。 
  二面を読む限り、
  この三叉路は、数村から成る旧温泉郡一帯で、
  当時かなりの主要三叉路だった風情が窺えます。
 


   
上の道標から右折して50mにある49番浄土寺さんへの分岐点
f0213825_12585926.jpg
         はるか正面に浄土寺本堂の屋根が見えます。
f0213825_15165825.jpg
            撮影はすべてスマホなのだが、ズームもなかなかすぐれものだなあ~

 
 29民家の角に建つ小さなへんろ石の三面
f0213825_12464954.jpg    f0213825_12533456.jpgf0213825_12542841.jpg
 
















 ☜左へんろみち    すぐこんぴらみ    國中家内安全
                    「ち」は道路改修で埋めてしまったか?
 
 民家との間が狭くて撮れなかったが、手元の資料によると、
    もう一面には嘉永弐年 助力当村中 世話人 景浦 と刻んであると記録29にある。
    景浦氏が先の道標世話人の景浦 幸兵衛さんだとしたら余ほど信心深くてお世話好き?
    真念法師さん並みとは言わないが、
    村人の喜捨を集めまくって建てた道標には己の名前onlyと伝わるお方より遥かにご立派。

 温泉へ行くのも忘れて写真撮りながら思ったこと、
    家内安全の文字の右上に「國中」とある。
    この種の石標に「村中」とか「組中・組内」が多いのだが、
    例え伊予之国であれ、施主の願意は「日本國中」だったかも知れない!

    この道が旧金比羅街道であることは聞いていたが、
    弘法大師と金比羅大権現に國中の家内安全を願うとは、施主 景浦も肝っ玉が太い。
    そんな人が住んでいた町内に住むにしては門前の小僧、小ぃせ~ 小ぃせ~

 いつもクルマで走る道なもので「お宝」を見逃していたが・・・
 上等の「歩き遍路」をした気分になって別格?番外?「たかのこ湯」到着。
             左:たかのこのホテル(客室数88) 正面:たかのこの湯
f0213825_1419613.jpg


f0213825_14223584.jpg
 「自然のものにはそれなりの理由がある」と、
 オーナーが採用した「たかのこの湯」の
 建物全体の形容は、
 一枚貝ながら、その堅固さに着目して
 磯の「アワビ」。 

 画像は、平成24年11月のオープン当時の
 愛媛新聞の切り抜きより転用。

 
 たかのこの湯 館内の食堂。
f0213825_14345656.jpg
 一昔前、「鷹ノ子温泉」と称していた時代、
 館内には芝居劇場があり、
 通路には一杯飲み屋やおでん屋さんが並び
 座長一座の興行で大賑わいだったことを思い出します。 
 今も、夜になると湯上りのイッパイが人気なのでしょう。
  (6時から朝食もあるよ)

 温泉の番台
f0213825_14444555.jpg
 嬉しいじゃございませんか、
 パンフレットによると受付でなくて「番台」
 暖簾も男湯・女湯でなくて「との」「ひめ」
 650円でお嬢さんに「殿」なんて呼ばれていいのかなあ~
 そう言えば、最近、道後温泉本館も2階の神の湯へ上がると
 案内嬢が「お一人さま おなり~」とか言うのだそうだ。


ココからは撮影禁止につき、番台でもらったパンフレットから各種浴場をご案内。
 アワビの形をした浴場全体図です、
f0213825_1711297.jpg

 今回、しみじみ浸ってみたのが、ちょっとぬるま湯の「大師の湯」でした。
 100年前から東道後ローカルに伝わる「一銭湯」の源泉の湯だとか・・・、
 ほか、温泉とホテルの詳細は「たかのこの湯」HPをリンク紹介致します。
        あっ、門前の小僧は回し者ではありません!

      湯上りにエントランスから見た「たかのこのホテル」、
      ホテルお泊りの方、温泉は何度でも無料だそうです。       
f0213825_19223224.jpg

      ホテルの対面には高倉健が黙って呑んで居そうな居酒屋が数軒。
f0213825_1927754.jpg
           もう少し日が暮れて赤提灯に灯がともっていたら呑んでいたかも知れん。


  GW・本日は、ちんたら歩いて往復2キロ、30分・・・
        のんびり温泉30分、まさにでした。

 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-05-05 20:14 | その後の徒然日記 | Comments(0)