伊予十三仏第7番 香積寺・隻手薬師 

平成28年5月22日(日)

 関わっている団体の総会が終わり、
 新役員の登記に必要な書類の準備もできたので、ちょっと気分転換に
 「伊予十三仏 第七番香積寺(こうしゃくじ)・隻手薬師(かたてやくし)さんをお参りしてきた。


f0213825_1253469.jpg  
  自宅からクルマで約15分、東温市田窪の香積寺は
  正しくは「瑠璃山 医王院 香積寺」と云いますが、
  地元では、「隻手薬師(かたてやくし)」と呼ばれるお寺です。

  大同4年(809)、弘法大師によって創建された当時、 
  手の悪い人が仕事が出来ず、
  一方の手だけで薬師如来を拝んでいたら不自由な手が治り、
  また再び仕事が出来るようになった
  (片手で拝んでも御利益を頂ける)と
  いうところから、隻手薬師と呼ばれるようになりました。

  史実として、西郷隆盛が鹿児島に帰還する際に、
  京都 清水寺住職月照上人と会談した場所として有名です。
            <香積寺ホームページより抜粋・編集


 実際、県道から見えるでっかい看板も香積寺ではなくて「隻手薬師」。
 数年前、知り合いのお遍路さんが「今から香積寺へお参りに行きます」と言われて
 「さて、どこのお寺だったかなあ~?」と考え込んだ門前でした(汗)・・・


       参道から山門へ
f0213825_1343471.jpg

       こうやくんのお出迎え?
f0213825_1355422.jpg

       緑に包まれた境内、
         手前から本堂・お納経所・講堂。
f0213825_13105665.jpg

       本堂へ写経を納めて参拝。
        祀られている薬師如来は12日に柳の木の下から掘り出されたとことから
       毎月12日が月縁日とされており、多くの参拝客で賑わうらしいですが、
       本尊隻手薬師は秘仏で、今日まで御開帳されたことはないということです。 えっ!?
f0213825_13144919.jpg

       本堂左手から奥之院山門へ
f0213825_13182168.jpg

       奥之院への参道、静かで いい~散歩道でした。
f0213825_13193985.jpg

       奥之院 張子大師とは?
f0213825_13205780.jpg
      ホームページによると、
       昭和56年に京都 東寺より勧請された張子大師
       (お大師職のお母様の手紙と弟子達の写経によって造佛)が奥の院にお祠りされ、
       毎年二月の節分の日に御開帳され参拝することが出来ます。
       と書いてありますが、「お大師職」の意味が判りません・・・どなた様か教えて下さい。

     
  奥の院から戻って、修行大師と
f0213825_1324778.jpg
  
   水子地蔵堂をお参りして
f0213825_13341349.jpg
 
      
  静かなお納経所で墨書きを受けました。
f0213825_13424687.jpg
      博多人形風のお小僧さんに癒されたなあ~
f0213825_1346796.jpg



     しまった!奥之院は参拝したが、香積寺の大師堂は何処だったのだろう?




  ここまで付き合ってくれた女房のリクエストに応えて近くの「産直」へ移動。
f0213825_13525269.jpg  
f0213825_13532548.jpg

  女房「産直」、小僧は「緑市」へ
f0213825_13593883.jpg  「いいなあ~」と覗き込んでみたら¥59800-
f0213825_1421961.jpg

  この辺りが分相応でしょう
f0213825_145063.jpg  ¥800ですもん
f0213825_147725.jpg


  駐車場のサーカス小屋ならぬ大きなテントに子供達が行列!
f0213825_141997.jpg
           あの「ジンタカタッタ」の”美しき天然”の音楽は聞こえなかったが、
            あのリズムが懐かしい、
              なんてツブやくと、
             「歳 バレまっせ!」 門前さん。

    
Commented by おやっさん at 2016-05-23 06:48 x
新緑の境内は気持ちがいいですねえ。パワーを頂戴できる気がします。
真言宗寺院にも大師堂がないところがあり、
あちこち探した挙句「お大師堂はどこですか?」と聞いてみたら
「ご本尊の隣の厨子の中におみえですよ」と言われたことがありました。
もういちど行く縁を頂戴したのかも・・・
Commented by jh5swz at 2016-05-23 07:49
 おやっさん、おはようございます。
 ハイ、特に本堂の裏にある奥の院への短い参道は実に爽快でした。
 大師堂のこと、
  私がうっかりお参りし損ねたのだろうと思います、
  自宅から近いお寺さんですから、もう一度お参りに行ってみます。
  にわか遍路、反省しております。 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-05-22 19:19 | 伊予十三仏参り | Comments(2)