伊予十三仏・発願寺 明星院

平成28年10月10日(月)体育の日の日記。❶
 
 三連休の最終日、ゴロゴロしていたのではカラダがナマる!
  午前中、小庭の常緑ヤマボウシ、槇、山茶花、銀木犀の剪定(プロ級?)。
  午後から自宅近隣の「伊予十三仏二ヶ寺」のお参りに出かけました(新人)。

 〇伊予十三仏・発願寺 高棚山 明星院(たかとうざん みょうじょういん)
              本尊 十一面子安観世音
    
   自宅から車で10数分、駐車場から山門まで歩いて、キツイ石段を登ります。
   今日までいろいろなお寺を参拝しましたが、「明星院」とは記憶に残る寺名。
   アクセスルートが少し複雑なので明星院さんのホームページをご覧下さい。
f0213825_9182722.jpg

折から参拝の大先達輪袈裟の女性のあとを追います、
f0213825_7583626.jpg
  
  「今日は天気がよくてよかったですね」、
  などと、笑顔で話しかけながら、  
  さすがに熟れた足の運びで
  どんどん先を行かれてしまいました。
f0213825_7591759.jpg
  

  石段を数える余裕などありませんでしたが・・・
  山門からずっと続く左右の寄進者石柱に信徒皆様の寺への信仰・帰依の篤さを感じたことです。

  石段の途中に見えたお納経所、なんだか隠れ家風でイイではないか!
f0213825_10561033.jpg


  やっと本堂下の広場へ到着。
f0213825_88363.jpg
    広場右手の鐘楼堂
f0213825_8111268.jpg

  明星院 本堂。
  大先達さんのお納経を拝聴しながら境内を散策。
f0213825_8154475.jpg

左手(扁額)塩釜大明神
 宮城県塩竈市の「鹽竈神社」を昭和18年に勧請したものだそうだ
f0213825_832142.jpg
  右手(扁額には)金毘羅権現 飯綱大天狗とあったが?
f0213825_8325369.jpg
  塩釜大明神の左手から山へ続く小路があり、なにかありそう・・・ 次回探訪?
 
  境内から松山市内が一望できて爽快!
f0213825_8382643.jpg

  鐘楼堂の周りに愛嬌たっぷりの信楽のタヌキ。
f0213825_850858.jpg

 ほらほら、なんとも粋なお納経所
f0213825_943128.jpg
   
   おやおや酔っ払いましたか?            
   寺名も印象にのこる明星院さんだが、
   こんな楽しい雰囲気の境内もいい!
f0213825_904662.jpg




  お納経所と庫裡?玄関の佇まいに新参遍路の心も落ち着きます。
f0213825_9164098.jpg
       ご住職にお尋ねしました、
          「信楽焼きの狸が沢山置いてありますが、なにか由縁でも?」
          「当寺の本山が滋賀県なもので、行く度に求めております」          
          「ナルホド」。
          「遠くからお参りですか?」
          「いえ、市内それも近所の者です」
          「それはようこそ」。
       八十八ヶ所霊場のお納経所でこの会話は少ない・・・  
          
本堂扁額                         ご朱印
f0213825_1031142.jpg
f0213825_10365123.jpg
     参拝記念に寺名入りのクリアーファイルを頂戴いたしました。

  いざ下山、足元を見て驚いた、「こんなに高台だったのか」。
f0213825_9391821.jpg

  山門まで下って、もう一度本堂を眺めて「う~ん高い!」。
f0213825_9401860.jpg

  どこまでもユーモアたっぷり
f0213825_9475965.jpg
  子供叱るな来た道じゃ、
    年寄り嫌ふな行く道じゃ

   六地蔵さん、キットまたお参りさせていただきます。
f0213825_9484791.jpg

  伊予十三仏参りを初めて1年半、
  順不同で参拝をしてきましたが、やっぱり発願寺は最初にお参りすべきでした・・・
  きっと、もっと楽しく参拝できたことではなかろうかと反省しながら近くの極楽寺へ向います。

      第6番極楽寺へ続きます。 
     
  高棚山明星院さんの記事について間違いを書いていましたら、
  コメント欄からご教示よろしくお願いいたします。 ー門前の小僧ー  
  
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-10-11 11:42 | 伊予十三仏参り | Comments(0)