12月15日 朝 思うこと

12月15日の朝 思うこと。

 今朝は、討ち入りを果たした赤穂浪士四十七士が、
 雪を踏みしめながら泉岳寺の墓前へ向った朝・・・
 艱難辛苦の末、本懐を遂げた浪士たちは一体どんな気持ちで歩いたのだろう、
 今は亡き殿の笑顔? 家族? 許婚? 切腹の作法? ・・・
 
 唐突ながら、
 今年の春、お参りに行った赤穂浪士ゆかりの寺のことを書いてみます。

 所は松山市末広町、興聖禅寺。
 高島屋と県立病院を結ぶ市道沿いにあり、結構クルマが多い商店街です、
f0213825_11294948.jpg

 今朝の地元紙朝刊によると、地元商店街では14日の討ち入りの日、
 今年で53回目となる「松山義士祭」を執り行い浪士の忠義を偲んだ、とある。
f0213825_11382144.jpg

             新聞記事では「興聖寺」となっていたが・・・さて?
f0213825_1143521.jpg
 
 松山城主蒲生忠知公 墓所            赤穂浪士                             
f0213825_1145169.jpg     木村岡右衛門
     大高源五   埋髪之碑
f0213825_11455759.jpg


  間違ってはいけないので、境内の高札に説明を願おう・・・
f0213825_124413.jpg


  浪士 木村岡右衛門 大高源五 埋髪之碑
   二人の介錯をした宮原久太夫頼安家累代之墓に並んで供養塔が静かに建っていた。
f0213825_9212411.jpg

  切腹した浪士と介錯した侍の心情に思いを馳せて、お線香灯して暫し合掌・・・ 
  チラホラ桜が咲き始めた早春、浪士の墓参り、
  思わず、浅野内匠頭の時世句を二人に捧げた。
   風誘う花よりも我はまた春の名残りをいかにとやせん 
                      
  興聖禅寺界隈地図(イヨテツ松山市駅より徒歩5分)
f0213825_8482732.png
f0213825_8514160.png
  
Commented by おやっさん at 2016-12-16 19:58 x
んん~っ!是非とも参詣したい場所ですねえええええ。次回の松山入りの際には行ってみたいっす。
Commented by jh5swz at 2016-12-17 09:09
おやっさん、
 街角の小さな臨済宗妙心寺派のお寺さんです、
 二人の浪士と介錯した侍の心情に篤いものを覚えた時間でした・・・
 ご来松の折り、時間がありましたら是非お参りしてあげて下さい。
 (YahooJapan(C)ZENRIN から借用したチズを入れておきます)
 近隣の西宗禅寺は正岡子規ゆかりのお寺さんです。
Commented by 桃ぶどう at 2016-12-21 22:20 x
NHK<忠臣蔵の恋 48人目の忠臣>を楽しく観ています。

子供の頃、12月になると大人達が 「仇討ち・赤穂浪士・討ち入り・大石内匠頭・吉良・・・」とよく言っていました^^
子供にはなんだかわからなかったけれど、番組も多くて記憶に残っています。
最近は少ない?今の子に言っても、更にわからないでしょうね。
Commented by jh5swz at 2016-12-22 09:41
 桃さん、観てます 観てます「48人目」。
  (珍しく洋画ファンの女房までもが ^.^ )
 一昔前までは、吉良邸での義士達のエィエィオーの鬨の声とか、
泉岳寺の涙 涙で終わりでしたが、最近では「その後の物語」に
スポットを当てたドラマが多いですね。
 みんなが苦労したことですから、いい供養になるかな、と。
 今の子供達? ほとんど理解してくれないでしょう・・・残念。
Commented by mizuki-39 at 2016-12-22 21:42
ご無沙汰しています^^

私もNHK「中心蔵の恋」見てます^^。
夫が先にハマって、、欠かさず一緒に見てます。

お隣の旦那さんが、今年からお遍路さんに行き始めました。
何年かかけてお参りするようですが、、
「坂本屋」さんに寄ってね、と話しておきました(笑


Commented by jh5swz at 2016-12-24 14:38
花mizukiさん、
 そうですか、ご主人も「48人目」のファンでしたか、
来年2月まで続くそうですから、お揃いでお楽しみ下さい^.^
 
 お隣の旦那さんは何処まで巡拝されましたでしょうか?
坂本屋は3月から11月の土日(AM9時~PM3時)オープンしています、
場所は45番~46番の中間で30人が6組の交替制で当番をしています。
その旦那さんにうまい具合に会えると嬉しいですね~~
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-12-15 10:14 | その後の徒然日記 | Comments(6)