伊予十三仏・第5番 地蔵院花まんだら祭り

5月24日(水)の日記。
  伊予十三仏霊場 
    第六回 まんだら祭り
        於:第5番 地蔵院(霊場51番石手寺仁王門前)
f0213825_08390807.jpg

門前の小僧、大変に信心深いワケではないのすが、
  それぞれのお寺さんの個性に惹かれて伊予十三仏さんを巡拝中、
  その十三のお寺さんが持ち回りで開かれているのが「花まんだら祭り」。
             2014年 第2番浄土寺さん
             2016年 第4番圓福寺さんの花祭りに続いて3回目の花まんだら参り、      
               小雨の中、お参りしてきました。 

   花まんだら祭りの会場 地蔵院さんは霊場51番境内にあります。
              雨に濡れた青葉、寺号石がきれいでした。
f0213825_09435249.jpg

  
   普段は参拝者であふれる長い回廊参道も雨には勝てず人影もまばら・・・ですが、
f0213825_09492757.jpg
           ふと思った、左右にはお土産屋さんが並んでおり、今に云うアーケード街?
   
   石手寺さん仁王門前(右手)の
   伊予十三仏第5番地蔵院の山門前では熱心な信徒さんが次々と、
f0213825_09570220.jpg
              このお寺さんは石手寺塔頭かな?どなたか教えて下さい。
  
 
    地蔵院さんの境内は狭くて、そのうえ朝からの小雨・・・
    混雑を避けて境内の子安地蔵堂の軒下でしばらく待機。
f0213825_10073930.jpg
    
    頃合いを見計らってロウソク・お線香灯して本堂参拝、
    お納経所前で雨宿り。。。
f0213825_12051046.jpg

    恒例、「花まんだら祭り」は開催寺の境内いっぱいに青竹を切った「花立」に
   花代を志納した参拝者の花がところ狭しと並ぶのですが、残念ながらこの雨では・・・

    にわか張りテントの下へ並べられたパイプ椅子席にはお年寄りの参拝者さんが、
   この後の伊予弁紙芝居や大般若法要、お餅撒きを楽しみに座っておられます、

    シトシト雨だれの石手寺参り、そうそう機会は無かろうと、思いをめぐらせた私、
   一旦、地蔵院さんを退出して、数メートル先の国宝・仁王門から第51番霊場参りです。

    雨に洗われた新緑に包まれて、今日の石手寺本堂はオットコマエです。
f0213825_12361180.jpg
            お遍路さんも観光客さんも見えない石手寺本堂前広場も珍しい。    
     
     ぬかるんだ足元を気にしながら、本堂、大師堂をお参りして
     重文・鐘楼堂で雨宿りしながら、重文・三重塔を撮ってみました。
f0213825_12402794.jpg
           靴の中が雨水で冷たくなったのは88ヶ所巡拝途中、
           南国市の29番国分寺から桂浜の31番竹林寺へ歩いたとき以来かなあ~ 
           などと、思いに耽って雨宿り。

     雨やまず、地蔵院さん、石手寺さんもお参りしたことだし、「今日は帰ろ!」。
     国宝・仁王門から本堂へ一礼して踵を返すと回廊参道の「緑」に圧倒されたことです。
f0213825_13012443.jpg
      地蔵院さんの山門から「花まんだら祭り」さなかの本堂へ合掌一礼して退出。
      名物「焼き餅」を女房の土産にと思ったが10個700円、二人で10個はトテモトテモ。
        
      皮肉なもので、お土産屋さんをひやかしながら表通りへ出ると雨が止みました
      石手川からの疎水に架かる「渡らず橋のお大師っさんと六地蔵さん」にご挨拶、
               「また 来るけん」。
f0213825_13133889.jpg

 長すぎる余談・・・
    
    伊予十三仏参りを始めた頃、
    松山市と近郊に点在する十三のお寺さんが
    四国八十八霊場4ヶ寺を含めてアチコチ飛び飛びに点在する意味も解らず、
    不信心な巡拝を続けていたものですが、
    最近、ようやくその意味を勉強しましたので書いてみます、
    ハイ、こんな事さえ知らずにお参りをしていた親不孝者の今さらの懺悔です・・・
    
   <伊予十三仏の巡拝順序について>
    残された家族は、故人が極楽浄土へ行けるように
    初七日から三十三回忌までの13回の年忌に際し、善を送る(追善)法要を営み
    よって、故人は十三の仏様に守られて極楽浄土へ導かれて成仏するのだそうで、
    十三仏参りは
    この十三の守護仏をご本尊とするお寺さんを順番にお参りするようになっています。
         (以上、YahooったりGooglったりした記事を整理要約してみました)

            住所       本尊     回忌 
     ☆発願寺 明星院(松山市平井町 )◆十一面観音  
      1番 大連寺(松山市東方町)  ◆不動明王  初七日忌   
      2番 浄土寺(松山市鷹子町)  ◆釈迦如来  七日忌   
      3番 太山寺(松山市太山寺町) ◆文殊菩薩  三七日忌 
      4番 圓福寺(松山市藤野町)  ◆普賢菩薩  四七日忌  
      5番 地蔵院(松山市石手)   ◆地蔵菩薩  五七日忌 
      6番 極楽寺(松山市鷹子町)  ◆弥勒菩薩  六七日忌 
      7番 香積寺(東温市田窪)   ◆薬師如来  七七日忌
      8番 西林寺(松山市高井町)  ◆観自在菩薩 百日忌          
      9番 道音寺(東温市牛渕)   ◆勢至菩薩  一周忌        
     10番 八坂寺(松山市浄瑠璃寺町)◆阿弥陀如来 三回忌
     11番 高音寺(松山市高木町)  ◆阿閦如来  七回忌
     12番 理正院(伊予郡砥部町)  ◆大日如来  十三・十七回忌
     13番 成願寺(松山市久万ノ台) ◆虚空菩薩  三十三回忌              
     ☆結願寺 金毘羅寺(東温市河之内)◆金毘羅大権現
       
     
      ※発願寺と結願寺の本尊との関係は勉強中・・・ 
      ※緑文字は十三仏寺としてお参りの終わったお寺さん
      
         
  
  余談の余談。
f0213825_13470803.jpg
 この写真は、
 毎年お盆に100㌔離れた村のお寺の住職を迎えて
 棚経を納めてもらうときの精霊お棚です。

 正面に十三仏のお軸を架けたお棚の上段へ
 繰出し位牌からお出ましの代々の戒名経木を並べ、
 そのほか親がやっていたコトの見よう見真似の門前流。
 コレが正しいかどうか?は気にしない、コトにしている。

 近隣に住む二人の弟夫婦の家族と
 遠方に住むウチの長男夫婦・孫が揃って
 みんなでワイワイ賑やかに昼食をともにします。
 「仏さんが家族を呼び寄せる」のでしょう。

 臨済宗東福寺派禅興寺さん、
 毎年、遠路の棚経ありがとうございます。
 近々の執り行われる副住職の晋山式にはキット帰りますから。
 
 それにしても、
 一昨年の婆ちゃんの66回忌施餓鬼法要ご案内、
 アフターサービスの素晴らしさに感服したことでした。 
  

Commented by mizuki-39 at 2017-05-27 19:22
こんばんは^^
行ったことのある石手寺さんは、なんだか身近に感じます(笑
手前に、地蔵院があるのですね

私が参拝した日も、雨でした。
入口の赤い前掛けをしたお地蔵さんが、
花散らしの雨に濡れ、桜の花びらをまとって、、、、
とっても風情のあるいい光景でした。
いろんなことを思い出します。

Commented by jh5swz at 2017-05-28 08:08
mizukiさん
 そうでしたね、石手寺さんはお参りされましたよね、
 このお寺さんはいろいろイベントを開かれますから、またUPします、
お楽しみに(笑)。
 四国を思い出してもらってありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2017-05-25 20:34 | 伊予十三仏参り | Comments(2)