坂本屋の七夕さま

平成29年7月8日(土)坂本屋当番日記。
    
07:50 自宅発
08:10 窪野町から三坂アルプス遠望。
    青々と元気な稲田を見ていたら、
    濁流に流されてしまった九州北部の豪雨被災地の惨状が頭をよぎりました、
    自然は怖い・・・
                「被災地の皆さまにお見舞いを申し上げます」。

f0213825_10520816.jpg
08:25 坂本屋現着。
    幟旗立てなど開店準備中、坂本屋メンバーの内大さんが
    「坂本幼稚園の園児皆さんから坂本屋用の七夕飾りを預かりました」と、
    たくさんの星やスイカの切り紙、可愛い短冊などを届けてもらいました。
    嬉しかった、今日も頑張れそう!
f0213825_10590360.jpg

08:26 三坂峠定点観測、ちょっと雲行き怪しいなあ~
f0213825_11103689.jpg

 外気温25度、初夏らしくなってきた。
f0213825_14215414.jpg
       表通りの「ビヨウヤナギ」を花ドロボーしたのは門前です。
f0213825_14242762.jpg

 
08:45 松山市在住の青年の案内で神奈川県ほか関東の若い皆さんが
   「ちょいちょいTVで観る坂本屋」を見学にお越しになりました。

09:14 囲炉裏やカマドが珍しかった様子でしたが、
    かっての遍路宿だった名残の2階の客間もご覧になったあと、久万高原町観光?へご出発。
f0213825_13320658.jpg
  
    
09:30 ちょいとヒマっぽい時間ができたので、
    表の若竹を切って、
    坂本幼稚園児から届いた七夕短冊の飾り付けを楽しませてもらいました。
    一日遅れの天の川でしっかり逢瀬を楽しむんだぜ! などとツブやきながら 
               「いいなあ~ いいなあ~ と、しっかり子供返り?」した門前。
f0213825_11430436.jpg

f0213825_11434910.jpg

        「ふむ ふむ 小ぶりで慎ましやかなところも坂本屋らしくて ヨカではないか!」。
f0213825_08240849.png
f0213825_14462209.jpg

 「白衣の織姫様でも遍路笠の彦星さんでも通っておくれんかなあ~」と、
    ツブやいていたら、
10:05  降り始めた小雨の中、遠来の埼玉さんがひと休み。
    宇和島からの区切り打ち中、
    「今回はず~っと雨に降られてヘトヘトです・・・」、
    「今日も千本峠を越えてきたのですがへんろ道が小川でした・・・」。 

10:13 冷蔵庫の作り置きのペットボトル麦茶大瓶をガブ飲みされて
    「残りの麦茶も分けて下さい」、
    「どうぞ どうぞ」、
    埼玉さんのボトルに注ぎ移されて
    「これで46番まで頑張れそうです、ありがとうございました」と、
    丁重なお礼を残されて、雨上がりの坂本屋ご出立。
            道中ご安全に!  -彦星よりー
f0213825_15164128.jpg

    昼前、川中長老体調よろしからず、早退下山。
    三神さんと二人で昼食。
    その後、やはり七月になると歩き遍路さんには厳しいのか・・・登り下りの人影なし。

    一時過ぎ、「ウワサをよく聞く坂本屋はここかえ~?」と中年紳士お目見え。
    退職後、健康のため48番西林寺さんを中心に界隈の札所間を運動を兼ねてお参りされている由、
    霊場六ケ寺がある道後平野ならではの楽しみ方いろいろを聞かせていただきました。
      ・昨日7/7、お訪ねした西林寺奥之院の野宿処の管理人さんとは友達だったこと
      ・昨年7/30、西林寺さんで黒田月水さんの奉納琵琶を聞きながら写真を撮り、
       演奏後、荷物を長珍屋へ運んだ出来事一切をご覧になっていたお方だったのにはびっくりでした。

13:45 娘お遍路、宿毛さんひと休み。  
    一番からの通し打ち中で、ここまで33日目だとか、娘お遍路さん健脚!
    「会社へ長期休暇を申請したら断られたので退職して遍路始めました」。
    若いんやけん エエと思いますよ と、門前妙な肯定。 
    「結願したら、ちゃんと就活します!」。
    なにかを掴み始めたように言葉を選びながら、静かにお話しになります。

    出立間際、ふもとの幼稚園児が七夕飾りをプレゼントがあったことを話し、    
    七夕飾りを背に写真を撮らせて頂きたいことと、ブログ掲載の許可をお願いしたことです。
f0213825_20013053.jpg
     
           ご承諾に「一瞬の逡巡」があったことが気になったのでマスク薄化粧・・・           
           実はこのあと織姫さんとは不思議なご縁が重なることになるのです。

14:00 坂本屋へ爽やかな笑顔を置きみやげに、足どりもしっかりご出立。
    ここまで33日の通し歩きの秘かな自身が背中に見て取れます。
         ご両親には「元気に歩いとるけん、とか連絡はしなさいよ~」
         また言っちまったよ、年寄りの冷や水・・・歳取ったなあ~門前!                
              結願まで道中ご安全に! -織姫よりー
f0213825_16153049.jpg


    娘お遍路さんを見送ったあと、どなたのお立ち寄りも無く・・・
14:55 三神さんと戸締り、電源、ガス点検、施錠して坂本屋本日ファイナル。
    お疲れさまでした~ 

15:10 浄瑠璃寺町の出口橋で 先ほどの宿毛さんに追いついて
   「長珍屋さん泊りだったら、フロントへ荷物置いてお参り道具だけで
        浄瑠璃寺さんと八坂寺さん参拝したら、少しでも楽やけん」。
          またまた言っちまったよ、年寄りの冷や水・・・

15:15 今朝は何処へもお参りしてなかったので、久しぶりに47番八坂寺さんを参拝して
15:30 帰宅。

 二度あることは三度あるという不思議なご縁の話し。
 実は、今朝(7/9)は、
 10時から2時間ほど49番浄土寺さん近くで「遊び塾」があるので、
 (その塾は遍路道沿いにあり、管理人さんがポンジュースをお接待しています)
 ひょっとしたら昨日の娘遍路さんもひと休みするかも・・・と、
 2枚上の写真を”マスク薄化粧”無しでプリントしてから、
f0213825_09000058.jpg

 いつもの朝散歩に出かけた。

 おや? 遍路橋の向こうから見覚えのある菅笠と歩調リズムのお遍路さん!
 なんとなんと、昨日の宿毛さん、三度目のお出合い。

 親娘みたいな歳の差で迷惑だったかもしれないが、
 朝の遍路クンレン歩きやめて、我が家まで駆け連れ歩き遍路、
 玄関先で織姫写真を差し上げて
    「じゃ~結願寺まで道中ご安全に! バイバイ!」。 
 これこそお大師っさんのお引き合わせかかも知れん~~
 
 
 遍路橋の橋柱は卒塔婆の形をしています。
 (画像は撮り置き保存版より)


Commented by 桃ぶどう at 2017-07-10 15:13 x
>「会社へ長期休暇を申請したら断られたので退職して遍路始めました」。

通し打ちの娘さん、すごいです~この蒸し暑い時期に感心します~☆

それにしても、職種や雇い主の都合があるとしても、日本はまだまだですね。
長い目で雇用者を大切にすることが会社のためにもなることが多いのに・・・今は人手不足だもの、直近の利益ばかり考えていたら伸びませんよね。
きっと更によい所にご縁がありますように、オバはんは願っています^^この先もご安全に。
Commented by 門前の小僧 at 2017-07-11 08:55 x
桃さん、
 同感!
 5/27にも同じ思いの娘お遍路さんが(それもぴったり33日目の)ひと休みされました、
キットお二人とも一生の思い出と出合いを体験されることでしょうね。
 「結願したら家で読みます」と仰ってましたから、姉さんお遍路・桃さんのエールは
必ず届くと思います、門前にも嬉しいコメントでした、ありがとう ペコリ^.^ 

名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2017-07-09 20:49 | 坂本屋日記2017 | Comments(2)