皿が峰森林公園の風穴とそうめん流し

平成29年7月17日(月)、海の日山へ行った、絵日記。
 
 東温市と久万高原町との境に標高1270mの皿が嶺という馴染みの山があります。
    (稜線がお皿を伏せたように見えるのが山の名の由来らしい)
 その中腹(約900m)にキャンプ場なども整備された上林(かんばやし)森林公園があり、
皿が嶺への登山道の入り口としても知られた人気スポットになっています。

 昨年に続いて、今年も森林公園の”涼しい夏”を楽しんで帰りました。
 
 ふもとの県道から分岐して、狭くて曲がりくねった林道を山岳ドライブよろしく暫らく登った所に
皿が嶺の冷たい湧き水を利用した「水の元・そうめん流し」家さんがあります。
f0213825_14572876.jpg

  20台ほどの駐車場は満杯に見えたが、運よくスペースを見つけて駐車。
  女房に切符売場で順番取りを頼んで、私は森林ブラタモリ。
f0213825_15030344.jpg

   標高900mの林道足元には東温市の町が箱庭のように見えて「絶景かな」。
f0213825_15114364.jpg

    40人ほど?で満席と思しきそうめん流し家さんは、本日もご盛業でにぎやかです。
    並んだハズの相方が見えないところをみると着席は近いかな?
f0213825_15211214.jpg
 
空席を待つこと10分、着席。
f0213825_15284874.jpg

  山の湧き水で冷やしためんつゆを注いで
  ネギやら紫蘇葉などお好みの薬味を入れて
  流れてくるそうめんを待ちます、
  
  座った席が山側から一周してくる末席なので
  子供さん達のおこぼれを生ツバ飲んで待ちます、

  流れる水も皿が嶺の湧き水ですから
  冷たいこと 冷たいこと!
  だからこそ?余計に本日も美味!!!
  大人一人前600円分は充分流し込みましたぞ。
  

 並んで待つお客さんの「たいがいにせいや」的クールな視線を背中に感じながら、
 「夏の風物詩よの~」などと、胃袋に語りかけて涼味満点のそうめん流しを堪能したことです。
 そうそう、ここの「麺」は名代・『五色そうめん』ナリ。

 さて、続いて女房殿のお楽しみ「ヒマラヤケシ」とのご対面場へ移動します。

 そうめん屋さんを後に、少し登った林道沿いのキャンプ場兼駐車場?から
 森林公園内の遊歩道を「風穴」目指してのんびり、ゆっくり歩きます。
 こんな贅沢なグリーンシャワー、無料で浴びて かまんのん!
f0213825_16225197.jpg
  
 「風穴」は皿が嶺への登山道を横切ってすぐ上にあります。
       若かりし頃(←コレ重要)、山に詳しいハム友達の案内で「雪中登山」と称して、
       それなりの重装備で、膝までの雪の中を登ったのはこの道だったのかなあ~ 
f0213825_16283553.jpg
  
  「風穴のヒマラヤケシ植栽地」到着です。
  囲いの上部、大きな石の隙間から冷気が流れ出ると云うより噴き出ていました。
  大げさに言えば「薄い半袖一枚で、ジッとしてると肌寒い」のです。
f0213825_16572200.jpg
  
  ヒマラヤケシは四方の石垣の隙間から噴出す冷気の中で保護植栽されています。
f0213825_17015937.jpg
             ここはかって氷室であったらしい、との友達の情報あり、ナルホド!

   昨年は一本だけ残った花を見ましたが、
 f0213825_17062491.jpg
    今年はたくさんの花が咲いていて女房ご満悦!
f0213825_17060698.jpg
 
 足元の一輪をメいっぱいズームってみました
f0213825_17091914.jpg

 花の色から察して
 高原植物の一種「ブルーポピー」に違いない。

 余談ながら、関わっている団体の関係講習で
 栽培が違法なケシと違法でないケシについて
 スライドを見たり、冊子のカラー写真を見るのですが
 いまだに明確に見極めることが出来ない私・・・
 不勉強でスミマセン。
 
 
 本当にジッとしてると肌寒いので、ふもとへ降りることに、
 下山は、森林の中を歩くように作ってある、この階段木道をオラウンタン気分で(笑)。
 ココは私の超お気に入り散歩道!
f0213825_19081454.jpg

  「風穴」直下の林道はアジサイが満開で、気分よろし!
   帰宅後、雪中登山隊長に聞けば、この道をどんどん走ると久万高原町畑野川へ通じるとのこと、
   また、山岳ドライブしてみたい所が増えた・・・
f0213825_19084699.jpg

  森林公園内の駐車場から下り始めると狭い路肩にクルマの行列!
  「事故かいな?」と、登りのクルマに聞くと、「そうめん屋の客よ!」と若い兄ちゃんのお答え。
  そろりそろり下ってみれば、なるほど!の人の行列!
f0213825_19303636.jpg
              お客さん、あのクルマの停めかたは感心しませんなあ~・・・
                     残念。
  

Commented by 桃ぶどう at 2017-07-22 10:54 x
>座った席が山側から一周してくる末席なので 子供さん達のおこぼれを生ツバ飲んで待ちます

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ 短めのそうめんを嬉しそうにすくう小僧夫妻の姿が目に浮かびます。楽しい休日ですね。ブラ小僧、涼しく拝見しました。
Commented by jh5swz at 2017-07-22 16:16
桃さんへ、
>おこぼれを生ツバ飲んで待ちます
  さすが鋭い桃さん、一番ホンネの一行をピタッとキャッチしてくれましたなあ~ 
 ほんとに待ち遠しくって、やっと流れてきたひと口の美味いこと 美味かったこと! 
Commented by mizuki-39 at 2017-07-22 19:28
門前の小僧さん
こんばんは^^

暑い毎日、森林の中で「流しそうめん」いいですね~
「流しそうめん」て、まだ食べたことないです、
涼しそうな景色に癒されます。

「風穴」富士山の麓にあり、入ったことがありますが、、
とっても涼しくて(寒いくらい)夏にはいい場所ですね。
Commented by jh5swz at 2017-07-23 15:37
mizukiさん、
 こんにちわ。
 「流しそうめん」、そちらでは余り盛んではないのでしょうか?
 こちらでは、夏には欠かせない涼味満点の風物詩?です、

  そうですね、「風穴」の総本家は富士山かも知れません(笑)。    
 
Commented by 京の彩和 at 2017-07-28 17:43 x
流しそうめんの水が涼しそうですね。森の空気も美味しそうですね!来年の海の日は、私も山に行ってみたいなと感じました☺️
Commented by jh5swz at 2017-07-28 19:09
彩和さん、
 涼しそうやろう~! 美味しそうやろ~!
 ウチの奥さんのお気に入りスポットなんです、来年行ってみますか?
  
 明日は朝5時から坂本屋当番、ふもとの小学生30人ほどがやってきてカブトムシ捕りです。
6時半過ぎ、表に仮設した青空食堂で朝ご飯を一緒に食べます、これがまた美味い!!!
PS)
 先日、祇園祭のTV中継観ました、山鉾巡行の古式ゆかしい儀式のすべてを堪能しました。
Commented by 京の彩和 at 2017-07-30 11:15 x
宜しければ来年是非参加させていただきたいです☺️✨
奥様のお気に入りスポットとは!素敵ですね☺️
小学生が30人来るとは賑やかになりそうですね!暑さに負けず、子供達がたくさんのカブトムシに出会えることを祈っていますね!青空食堂、羨ましいです😭
京都の夏も、鉾や山が街に並んでおり、賑やかでしたよ☺️私も参加しました!最後の京都の夏を楽しむことがでしました🌻
Commented by jh5swz at 2017-07-30 14:37
彩和さん、
 了解しました、来年の夏は爺婆の森林公園の夏休みに一日お付き合い下さい。
 
 カブトムシ捕りは日記に書いたとおり、朝早くからにぎやかに遊びましたよ、
子供達があんなに喜んでくれるとは、こちらも嬉しかったです。

 彩和さん同様、大阪の某大学の奈良さんが昨秋に続く卒論取材がありました、
若い方々がお遍路とかお接待とかに関心をお持ちになることをいい出来事だと
思っています。 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2017-07-21 19:54 | その後の徒然日記 | Comments(8)