2011年 05月 05日 ( 1 )

雲辺寺から弥谷寺へ

2011年5月4日 みどりの日
ささやかなGW気分を楽しもうと
  1・雲辺寺の五百羅漢さん
  2・釜揚げうどん ”長田 in 香の香
  3・弥谷寺・俳句茶屋 をターゲットに
カミさんと近所の奥さんと三人で讃岐へ走りました。

 まずは雲辺寺。
 上品な奥方二人、登山道歩き参りはムリと思い、
 ロープウエイで雲辺寺へ。
       (イラストは雲辺寺ロープウエイHPより)
f0213825_14413922.gif

 登山道で1時間半?、ゴンドラに揺られて7分!
f0213825_8283750.jpg
このロープウエイは、
全長2600m、標高差660mを毎秒10m/sで運転する国内最大級のもの。
冬場は看板左上のスキー場への足となる。

山麓駅をあとに
f0213825_83243.jpg

萌ゆる緑を眼下に、上り下りの擦れ違い
f0213825_8333530.jpg

黄砂さえなければ瀬戸内海の島々から山陽地方が見えたハズ・・・
     公害? 黄害???
f0213825_8365875.jpg

山頂駅から雲辺寺への参道にあった県境
f0213825_12312614.jpg

あっというマに山頂到着、こんな現代風の参拝もまた一興と納得!
f0213825_8535964.jpg
歩き遍路では左下仁王門から登って来たのですが、
近代遍路は、右上の山頂駅から下って参拝します。
山頂駅から本堂への下り参道で、
毎月歩き遍路でお世話になる巡拝センター山上先達にバッタリお会いしました)


雲辺寺の詳細は、ブログ平成22年12月3日ページご笑見願います。
前回参拝時、移転のため既に無かった仁王門も大師堂正面へ新築中
f0213825_93425.jpg

移転新築中の仁王門脇から境内へ登る石段の傍で、
前回(12/3)の歩き遍路のとき、
徳島県側から登りながら数えた丁石の「到達」を示す”一丁石”を発見!
お寺は徳島県三好町にあっても、讃岐第1番と云うのもおもしろい
f0213825_9101852.jpg

本堂・大師堂へ「東日本大震災復興」祈願。
雲辺寺は新築の本堂より、この大師堂がはるかにご立派! 
f0213825_936414.jpg

前回、個人的宿題となっていた「水堂の仕掛け?」を確かめました。
f0213825_8502527.jpg
  堂内の高札には
  「お大師様の
  ありがたいお水なので
  手など洗わず
  一口のんで下さい」
  と書いてあり、

そのありがたいお水は
<センターが人を感知すると龍口からチョロチョロと流れ出る>と、
噂に聞いていたが、前回TESTが出来なかったので実験してみた。
     (実に探究心のあるヒマな遍路である)
水堂から少し離れて龍口を見ると、水は確かに止まっている
f0213825_8444344.jpg











お堂へ入った瞬間、”ありがた~いお水が”ちょろちょろと流れる。
  (知らずに入るとずっと流れているようにみえる・・・) 
ウワサは事実!標高900mでは水は貴重であり宜(むべ)なるかな!
f0213825_845654.jpg
                     なんで場違いな信楽の狸がここにいるのか、また謎・・・

その後、お目当て五百羅漢さんとゆっくりご対面
f0213825_929385.jpg

五百人の羅漢さん全員をご紹介したいところ・・・
代表お三方を
            笑顔
f0213825_932838.jpg

           あかんべ~
f0213825_9323482.jpg

           阿波踊り?
f0213825_93356.jpg

背中にも表情があり物語がありました・・・
f0213825_934736.jpg

何度見ても壮観なものでしたが、
ふと、お値段を想像するあたり、”未だ煩悩去り難い”門前の小僧でした
f0213825_9453125.jpg

地上15mの塔の上に立つ高さ10m、重さ15トンの西日本最大の毘沙門天像。
f0213825_9493639.jpg

基礎部分の中、螺旋通路をグルグルまわって登り
f0213825_953496.jpg

毘沙門天像の足元が360度展望台になっており、
瀬戸内の絶景を見たかったのですが、黄砂の公害・・・
 (さすがに標高900m、山頂駅を背に山桜がまだ咲いておりました) 
f0213825_95237.jpg

山頂駅
ロープウエイはスイス製で定員101名とのこと。
f0213825_1004473.jpg

雲辺寺をあとに下ります
f0213825_1025741.jpg

高速道路を善通寺へ走り、お目当ての
f0213825_1085279.jpg

f0213825_1010893.jpg
  この釜揚げを楽しみにしていたのですが・・・
  GW、昼どきとは云え
  駐車場の車は県道まであふれ
  その県道も上下線とも大渋滞・・・
  入店待ちのお客さんは
  3列縦隊で50m前後の行列。


  徒歩5分の第76番金倉寺をゆっくり参拝して帰っても行列は変わらず・・・
   (写真は3月4日撮影)

窮余の一策、
いつも「歩き遍路」でお世話になる地元在住のお先達M氏に携帯でSOS。
これまた評判と云う近隣の”とみや”さんをご紹介いただき、
”釜揚げの大”と”いなり寿司”をペロリ。
f0213825_10442112.jpg

満腹のうどん腹で第71番弥谷寺へ移動。
新緑に囲まれた俳句茶屋前を通り
f0213825_11141734.jpg

弥谷寺仁王門。
今どきのモミジもなかなかのものでした。
f0213825_10571897.jpg

弥谷寺大師堂内・獅子の岩屋と明星の窓
f0213825_1115586.jpg


下山、俳句茶屋で、奥方連は本日の第3目標「草餅」をゲット!
f0213825_10544073.jpg

俳句茶屋で茶のお接待をいただきながら、
茶屋のおじさんに乗せられて駄作を一句投稿
生まれて初めて色紙と筆を渡されて心臓バクバク!
f0213825_11113796.jpg
「俳句は心、筆の巧拙は論外、色紙にあふれる若さがいい、必ず掛ける!」
と、褒め殺されて・・・小僧赤面、俳句は度胸かも・・・
       (因みに色紙代無料、恐縮・・・)
本日、この時間までの投句
f0213825_11434654.jpg


気分良くして、国道11号線の古典的名物「鳥坂饅頭」も買って、帰途。
ここも、”30分待ちの行列”、【まんじゅう恐い】♪おあとがよろしいようで♪
f0213825_11495857.jpg


明日、5月6日はGWの仕上げ、
白峯寺から根来寺を参拝、83番高松市の一宮寺まで17キロを歩きます。
by jh5swz | 2011-05-05 12:10 | その後のきまぐれ遍路 | Comments(0)