2017年 10月 29日 ( 1 )

平成29年10月29日(日)の日記。
 台風22号の接近で、本日予定の旧遍路宿・坂本屋の
 ”屋根葺き替え”用の「古民家瓦洗い」は11/5(日)へ延期となりました。

 当ブログでは、その「屋根葺き替え事業」について、
        3年前、一度は「公」の補助事業の認可を受けながら、        
f0213825_08471394.jpg
 自分達の計画の甘さからこれを辞退したホロ苦い経験があり、
 以来、確定まではと、これに関連する投稿を控えておりましたが、
 最近、ポロポロと新聞報道もされるようになりましたので、
 ここで、この事業を応援して頂きました
 大勢の皆さまと各方面へのお礼を込めて、
 今日までの経過を一人の会員としてご報告させていただきます。

 以下は、門前の小僧が坂本屋の一人の会員として書く感謝の忘備録であり、
 運営委員会の立場を正確に書き尽くせないもどかしさもあることをご了承下さい。


 坂本屋前の遍路道は、古来、松山と高知を結ぶ官道・土佐街道として多くの人の往来がありました、
終戦直後まで遍路宿だった坂本屋は時代の流れとともに宿を廃業、以来空き家となっていました。
 平成15年、地域の文化遺産として活用するために松山市の支援を受け、地元有志とNPO法人が修復、
三坂峠を登り下りするお遍路さんのお接待・休憩所として蘇り、現在30人の「坂本屋運営委員会」が、
3月から11月の毎週土・日曜日、午前9時から午後3時まで輪番制でお接待を続けています。 
f0213825_08511215.jpg

                 イラストは香川 進氏作 松山商工会議所/所報No/659 表紙「坂本屋」より 

    しかしながら、明治の終わりから大正初期に建てられた築後106年の旧遍路宿・坂本屋は、
   永年の風雪に耐えかねて、屋根瓦と下地の老朽化による雨漏りが随所に見られ、このままでは
   四国でも珍しくなった遍路宿の建築様式を今に伝える建物の維持すら危うくなっております。  
f0213825_09354560.jpg
                見た目、しっかり頑張っている坂本屋ですが・・・

   入母屋の破風板は傷み
f0213825_10074554.jpg
      隅棟鬼瓦は割れて針金でしばってあり・・・
f0213825_10080477.jpg
   外壁は剥げ落ちて
f0213825_10172912.jpg
      場所によると屋根には苔がびっしり・・・
f0213825_10174536.jpg

 
            劣化が早いセメント瓦が部分的に使われており和瓦にしたい、
            また、いつも危なっかしい2階の手摺りも改修しなければ・・・
f0213825_10265985.jpg
                    上記の写真はすべて2017年5/6の当番の日に撮影したものです。

   特に2階座敷への雨漏りは、建物本体を維持するためにも限界で緊急を要する事態となりました。 
   運営委員メンバーの「建築研究所」代表者による見積もりでは相当過大な費用がかかりそうです・・・

 2016年12月08日、
 坂本屋運営委員会内に修復募金活動の主体となる役員会を設けて具体策の協議が始まりました。  
 そこで、まず費用節減と古民家モード重視の一石二鳥の妙案として、
 銀色燦然と光る真新しい和瓦は築後106年の旧遍路宿には不似合いではないか?
 取り壊しが予定されるローカルの古民家の瓦の寄贈をお願いしてはどうだろう?
 という名案が浮びあがりました。

 早速、昨年暮れから年明けにかけて、地元会員有志皆さんが
f0213825_08392026.jpg

 建替えのため取り壊される窪野町内の民家の瓦と、
 久万高原町で保存されていた瓦、
 合計約1800枚を譲り受けて
坂本屋の物置と納屋へ収納保管。
 一枚一枚剥いで慎重にトラックへ積み込み、
 坂本屋までの搬送、収納作業、
 本当にお疲れさまでした、ありがとうございました。
 ⇔ 画像は坂本屋運営委員 上野 貴氏撮影・提供
 
  (2017・1/22撮影)



延期になりましたが、来る11月05日には

 一般参加者にもこの瓦を一枚ずつ洗って頂き、乾いたあと、ご自身のお名前を書いて頂き、
 屋根の下地補強後、瓦職人さんの手で、この瓦を坂本屋へ葺き上げようという計画なのです。
f0213825_10590831.jpg
                                       2017年6/17 撮影                                                         

  古民家瓦集めと平行して会長・副会長は外部有識者の助言もあり、
  この事業活動について
  5/24 松山市の「美しい街並みと賑わい創出事業」の補助対象事業の申請を提出し、
  7/19 「街並み創出事業審査委員会」において役員がプレゼンテーションを行い、 
  7/31 この坂本屋改修工事は補助対象事業として選定を受けることができました。
  ありがたいことです。

  ココからが大変です。 
  総事業の1/3相当額については自己負担であり・・・
   1)坂本屋の虎の子貯金を取り崩し
   2)大家さんの寄付金をありがたく頂戴し
   3)その上、足らざる金額については、
      4/23の坂本屋総会で会員30名の寄付・募金活動によるものと議決されました。
      総会の席で、新参・門前の小僧から会員皆さんにお願いを申し上げました。
     坂本屋でひと休みされるお遍路さんへの募金・寄付のお願いはご遠慮願いたいこと。
      (そのわけ)
       「ひと休みして行きませんか?」と誘っておいて「ご寄付や募金のお願い」はないでしょ!
       永年に亘って諸先輩が築かれた「善意の坂本屋」の伝統が崩壊しますと声を絞り出した・・・
   4)そのこともあって、私を含めた会員皆さんは(おそらく)親兄弟・親戚・知人友人を訪問されて
     ご苦労なさったことと思います・・・が、
     次の世代につなぐ
   『お接待所・坂本屋、次の100年のため』ご勘弁下さい。
    ご厚志をお寄せ下さった大勢の皆さまありがとうございました。

  紆余曲折はありましたが、
  10/21お接待当番日の会計担当氏の話しによると、工事費用の自己負担額について、
  「ちょっと目標額には足らんが、来春まで頑張ったらなんとかなる見込み」とのことで、
  いよいよ着工を前に、譲り受けて納屋で眠っている「和瓦洗い」が今日だったのです。
  が、本日10/29 は台風22号の雨・・・ 
  繰り延べて11/5には一般の皆様多数のご協力もお願いして1800枚の「和瓦洗い」なのです。
  今度は好天に恵まれ、新品に負けない味のある和瓦になりまうように!
    
  次稿は、地元愛媛新聞の報道記事(6/14)ですが、
  
老朽化が進む旧遍路宿「坂本屋」を修復しようと
  世話人会(代表・県観光物産協会長、顧問・中村時広知事、野志克仁松山市長)が発足した。
  「旅するお遍路さんをお接待する四国の文化は次世代に引き継いでいきたい美しい日本の心。
  温かいお力添えを頂ければ」と、世話人会では協力を呼びかけている。
  集まった寄付金は、深刻な母屋の瓦修復とは別に(現在、簡易式1基の)トイレを洋式2基に交換する。
   (6/14付け愛媛新聞 地域経済面記事引用)
  各界各層のお力添え、誠にありがとうございます。
    
  

f0213825_13590383.jpg
 (お断り) 
  この記事は坂本屋運営委員会の一人である当ブログ管理人の忘備録であり、
  書き尽くせないことも多々あります・・・
  ご意見、ご叱正はメール jh5swz@orange.ocn.ne.jp までお願い申し上げます。
 
          
      

by jh5swz | 2017-10-29 14:26 | 坂本屋日記2017 | Comments(6)