カテゴリ:23番から東洋大師まで( 1 )

薬王寺から東洋大師へ

  歩いた日>第11回・2007年3月2日 快晴
  コース> 日和佐の第23番薬王寺から牟岐駅まで 
                 4時間 15,3キロ
  疲労度>★★☆☆☆


        1番霊山寺を出発して、23番薬王寺まで約150キロ、
        阿波 徳島県の札所は無事「打ち」終わりましたが、
        第23番薬王寺から室戸岬の第24番最御崎寺までは約80キロ、
        まだまだ長い旅は続きます。 
f0213825_2032798.jpg

11:40 まずは、ちょっとポピュラーな橋本食堂の昼食バイキングで腹ごしらえです
f0213825_9504165.jpg
f0213825_8251459.jpg
 




 習ったお経を忘れた埒な門前の小僧ですが
 お先達さんの躾けを守り
 この遍路旅道中、食前に欠かしたことの無いお祈りの言葉
       「一粒の米にも 万人の労苦を思い、
            一滴の水にも 天地のご恩徳を感謝し、 
                    ありがたく いただきます」 
 
 
f0213825_1732644.jpg
  「善根宿(ぜんこんやど)」とは、
  個人の善意と好意に支えられる
  非営利目的の無料宿泊施設

  廃屋を利用したり
  個人で建てた小屋?だったり
  廃車になった改造バスだったりするが、
  野宿しながら遍路を続ける方々には
  きっと
  やすらぎの一夜に違いない。
  


12:40 日和佐の町を後に
    国道55号線日和佐トンネルを抜けてひたすら南下       
f0213825_10293867.jpg

              うみがめの美波町ひわさを通過
f0213825_9185149.jpg

               14:23 暑い春です 
f0213825_9205058.jpg
 
へんろ道のフキノトウやタンポポに励まされながら歩いていると
f0213825_18423241.jpg
f0213825_18444299.jpg

        梅の花の向こうの白い壁の家のご主人からお接待がありました。
        「冷蔵庫の中の缶々を全部持ってきたんや~」 と、
        缶入りジュースやウーロン茶10数個、
        「足らんけん、次のゼイアール(JR)駅で買い足してな~」 
        と、現金1000円。
        お接待を遠慮したりお断りすることは、
        遍路のマナー違反なのだそうで・・・
        ありがたく、ありがたく戴いたことです。   
f0213825_17381972.jpg

15:15 そのお接待の¥1000で缶茶を買い足して休憩したJR辺川(へかわ)駅
     ふーてんの寅さんが、
     「いよっ! 見上げたもんだぜ 皐月の空の鯉幟 ってね~
     歩き遍路なんて そんじょそこいらの 
     お坊ちゃまやお嬢ちゃまには マネできね~よ」
 
 
     とか言いながら
     蒸気機関車の牽く、たった1両の客車からトランク片手に降りてきそうな 
     小さな駅舎の1番ホームでした。
f0213825_17154423.jpg


     辺川駅から20分ほど歩いて辿りついた番外霊場小松大師
f0213825_1741225.jpg

        由来によれば、凡そ370年ぐらい前、大阪なんばの里に住む石工が、
        来客から注文を受けた「三尺あまりの弘法大師坐像石佛」を刻んで、
        引渡しを待っていたところ、
        夢枕に立った弘法大師さまから再三にわたり
        「石佛を阿州小松の里に送るように」霊告を受け、
        この地に送り届けた佛像であり、霊験あらたかだと云う・・・
  
       小松大師から牟岐町まで約3キロ歩き、本日完歩。
       なにしろ自宅から出発地までと
       ゴール地から自宅までの距離が長くて歩く時間は短い・・・     
       室戸岬まで65キロ、先は長い、のんびり歩こう。

  ~ ~ ~ ☆ ☆ ☆~ ~ ~ ☆ ☆ ☆~ ~ ~

歩いた日>第12回・2007年4月6日 快晴       
歩き始めてちょうど1年の記念日
コース>牟岐町~鯖大師~海陽町宍喰境まで
          3時間30分 14,2キロ
疲労度>★☆☆☆☆

 
11:50  2月にお参りしたときは、
    まだつぼみの固かった23番薬王寺の満開の桜を眺めながら
    日和佐・橋本食堂で昼食休憩を済ませて
f0213825_9362677.jpg
  

12:40 牟岐(むぎ)漁港をあとに
     この港を出た所で単車に乗ったオジさんが、
      「あんたら!国道通ってくれよ、今日は婦人会がお接待しとるけん」。
      「せっかくですが、先を急ぎますもので」と丁重にお断りして・・・

f0213825_9572236.jpg

12:55 国道55号線 八坂トンネル入口 鯖大師本坊へ3K 
f0213825_941929.jpg

13:10 八坂トンネルを出て少し歩くと内妻(うちづま)海岸
f0213825_13253051.jpg

1番霊山寺をスタートして、ちょうど1年
 やっと、碧い海と青い空の太平洋に合流です!
f0213825_10584680.jpg

つかの間の太平洋を眺めながら、
13:15 すぐに松坂峠遍路道へ
f0213825_18533013.jpg
        ちょうどこの日は、
        大リーグ松坂投手初勝利の日でした
f0213825_13142584.jpg



手作り・手書きの素朴な道案内を頼りに小さな峠を越えて
13:27 八坂八浜の一つ、古江の浜の海辺を歩きます、
f0213825_190135.jpg

13:30 かって遍路道はこんな浜辺を歩くことが普通だったのかも知れません・・・
     ちょうど引き潮でよかった!
f0213825_1053308.jpg

13:45 室戸岬はまだまだ遠い・・・ 
f0213825_13513936.jpg

以前・海部町 今・海洋町?
f0213825_1445310.jpg
   13:47 旧へんろ道土佐浜街道へ 
f0213825_1421919.jpg

       へんろ道真下をJR牟岐線が走って弘法大師様も目をシロクロ?
f0213825_13303848.jpg

       へんろ道・馬曳き坂
f0213825_13265436.jpg

14:00 山道や海岸を5キロ歩いて、
      八坂山八坂寺
   鯖瀬の別格鯖大師本坊へ到着
f0213825_10213168.jpg

          伝説の「鯖」の像
f0213825_105164.jpg
              鯖大師の縁起については下線部をクリック。

14:47 鯖大師をあとに、鯖瀬海岸を歩いて
f0213825_162781.jpg

いよいよ室戸岬へのカウントダウンが始まります。 
道草したり、旧道歩いたり近道しましたので歩速と距離は整合しません・・・

f0213825_1158301.jpg
  遍路は春が一番です!
f0213825_13383687.jpg

14:50 岬へのカウントダウン 
f0213825_1285189.jpg
  お地蔵さん結願まで見守って下さいませ!
f0213825_12103559.jpg

15:22 岬へのカウントダウン 
f0213825_12164471.jpg
  芝桜街道!
f0213825_12355139.jpg

15:34 県境めざして花遍路が歩きます 
       某写真コンテスト「日本の春」応募、見事落選した画像ナリ 
f0213825_1551878.jpg

16:05 岬へのカウントダウン 
f0213825_12482561.jpg
  海部川を渡ります
f0213825_12484320.jpg

16:30 岬へのカウントダウン
f0213825_12514178.jpg
  満開のサツキ
f0213825_12551446.jpg

16:37 小粋な喫茶店と小さなお堂がありました。 
f0213825_15172748.jpg

小那佐の峠を越えて
f0213825_15245534.jpg

16:40 夕暮れの那佐(USAもあったがここはNASAだぜい!)の入り江でゴールイン
f0213825_112845.jpg


小那佐港のハプニング
次回、ここ海陽町那佐から数キロ歩けば高知県ということで、
このツアーの催行社から、副賞に讃岐生うどんを副えて、
「阿波一国完歩証」が一人一人に授与されました。
阿波・伊予・讃岐とシリーズで続くのだそうで、粋な「遊び心」ではござらぬか!
f0213825_16175118.jpg
f0213825_1618680.jpg

 子供の頃から
 この種の「賞状」の類いに
 縁のなかった門前の小僧、感激!






現在地



  歩いた日>第13回・2007年5月4日 快晴
  コース>徳島県海陽町宍喰境から
  高知県
東洋町 東洋大師まで
                     3時間30分 13,3キロ
  疲労度> ★★☆☆☆


第23番薬王寺をあとにして今回で3回、まだ室戸岬まで50キロある・・・
余談ながら、札所間の長距離ベスト5を調べてみた
 ❶ 第37番岩本寺(窪川)~第38番金剛福寺(足摺岬)  100K
 ❷ 第43番明石寺(宇和町)~第44番大宝寺(久万高原)  90K
 ❸ 第23番薬王寺(日和佐)~第24番最御崎寺(室戸岬)  75K
 ❹ 第38番金剛福寺(足摺岬)~第39番延光寺(宿毛)   70K
 ❺ 第40番観自在寺(愛南町)~第41番龍光寺(三間)   55K 
      <参考:昭文社 発刊 「四国八十八ケ所巡り」より>
    道路事情、バス、TXI,自転車、そして歩き遍路、
    巡拝手段でかなり違ってくると思いますが、
    今、歩いている所は第3位の距離なのだ~~~・・・・
    おもしろいことに、第68番と第69番間は0m!    
(理由はご想像にお任せしましよう)。
   
12:30 前回のゴール地点、那佐の入り江で入念なストレッチを済ませて出発
f0213825_841213.jpg

12:50 田植えの終わった里山を歩き 
f0213825_848648.jpg

13:10 室戸岬へのカウントダウン
f0213825_135836.jpg
       満開のサツキも顔負け”娘花へんろさん” 
f0213825_8512925.jpg


最御崎寺へのカウトダウン
f0213825_9154492.jpg
  13:30 宍喰海岸を行く”娘へんろさん”
f0213825_9164266.jpg

13:40 海上の点々は宍喰・白浜海岸のサーファー
f0213825_1973739.jpg

14:07 宍喰大橋から宍喰漁港の眺め、すばらしい海の碧さでした
f0213825_1991249.jpg

14:15 県境・水床トンネル 
f0213825_14214042.jpg

14:23 トンネルを抜けると南国だった!
           土佐 ”修行の旅”の始まりです 
f0213825_142701.jpg

  どうぞよろしく高知県
f0213825_17147100.jpg
          ありがとう徳島県・・・ 
f0213825_172515.jpg

現在地

   
       14:36 甲浦(かんのうら)漁港を進みます
f0213825_14162916.jpg

       15:00 道中のお祭りで熱演中の”よさこいソーラン踊り”
f0213825_19124939.jpg

  岬までは まだ遠い・・・
f0213825_16354697.jpg

     15:21 甲浦坂トンネル
f0213825_16395827.jpg


海辺のハマヒルガオや
f0213825_16455621.jpg
         ミカンの花にパワーもらって
f0213825_16495894.jpg

15:45 ゴールは近いが、ちょっとひと休み 
     通夜堂あります。
       野宿遍路さんには嬉しい看板だと思いました
f0213825_17111558.jpg

16:05 あとひと息! とお先達さんの声
f0213825_17124672.jpg

16:10 番外霊場 東洋大師到着
f0213825_19142144.jpg

東洋大師堂
f0213825_1714769.jpg

東洋大師は、薬王寺から約40K、最御崎寺まで約30Kmのところにあり、
江戸時代から、お四国遍路の通夜堂として重宝されていたという記録があります。
  
今日は東洋大師で歩き納め、
16:30 大師堂前からバス乗車、帰路につきます。
f0213825_14485833.jpg
      太平洋を眺めながら室戸~南国市~四国中央市~松山まで
22:00 松山IC着、それは それは長~い旅でした。

 <本日の日帰り歩き遍路まとめ>
 松山IC~徳島・日和佐~海陽町宍喰境までバス乗車5時間
 宍喰境~東洋大師堂まで歩き遍路14キロ 4時間
 東洋大師堂~室戸~川之江~松山ICまでバス乗車6時間
 次回はお楽しみ24番最御崎寺宿坊泊!!!
by jh5swz | 2010-03-06 15:56 | 23番から東洋大師まで | Comments(0)