歩いた日>第27回・2008年7月4日 快晴
コース❶>岩本寺から佐賀温泉~伊与喜~佐賀公園
        21,5キロ 5時間20分
疲労度>★★★☆☆ 暑さに泣いた一日

 
 37番岩本寺から足摺岬の38番金剛福寺までは約100キロ!
 この88ケ寺の各札所間最長距離を今回から5回に分けて歩きます。
 (8月は日射病対策で休会ですが、毎月1回の計画ですから)
 何事もなければ、12月には足摺岬へ辿り着くことになります。 


09:50 土佐名物の芋ケンピを買って、いざ出発  
f0213825_16153572.jpg
 先月、家族にメチャ好評だった海洋深海層水味「お徳用パック」を。
f0213825_16184954.jpg

10:20 暑~い! 国道沿いの気温表示板はすでに31度
f0213825_13134131.jpg

国道を逸れて、「片坂」の遍路道へ
f0213825_1626878.jpg 登りは短くて下りが長い坂
 片方だけが「坂」だというので「片坂」と呼ばれるらしいが、
 反対側の人から言わせると登りが長くて下りが短いのは当然?
 意味がよく判らない「坂」だ・・・

 私達は「片坂下り遍路」?




11:00 今歩いているジグザク遍路道の下に国道トンネルあります  
f0213825_10435889.jpg

その国道をチラッと横目に遍路道をどんどん下ります
f0213825_10475471.jpg

11:10 市野瀬の国道合流地へ最後の下り坂
f0213825_21291145.jpg

   佐賀温泉で本日の昼食
f0213825_13245027.jpg 
 こんなメニューもありました。            
  夏バテ解消しますか? 救急車呼びますか?
f0213825_21311148.jpg

13:30 拳ノ川(こぶしのかわ)に沿って歩いていると、
     この白黒車に2回も追尾されまして・・・
      11月の洞爺湖サミットの警戒だったのかな~?
f0213825_13165086.jpg

13:53 土佐くろしお鉄道中村線に沿って
f0213825_21362284.jpg

14:90 山の緑を満喫しながら
f0213825_21473636.jpg

        山栗やネジリ花に「がんばれよ~」と、励まされ
f0213825_21501839.jpg
f0213825_2150452.jpg


 とは云うものの、いささかバテ気味・・・
  お~い駕籠屋 お代は はずむ! 乗せてくれ~~~
f0213825_10532396.jpg

15:10 伊与喜駅あたりから国道を逸れて短い急坂を登ると
      明治38年に作られた「熊井トンネル」がある。
f0213825_1249482.jpg

 完成間近のトンネルを見た村人が
 「トンネルっちゅもんは入り口は大きいが出口は小さいもんじゃの~」
   とつぶやいたとか。 いい話しやなあ~
f0213825_12522471.jpg

トンネル内部も総レンガ張りで100年の歴史を感じながら歩きました
                なるほど確かに出口は小さい!
f0213825_1256531.jpg

国道へ戻り、カツオの町 佐賀を通過
f0213825_13211095.jpg
f0213825_22125660.jpg

本日のゴール地 土佐西南大規模公園
f0213825_1305573.jpg

今日の足あと



歩いた日>第28回・2008年9月5日 快晴
コース❷>佐賀公園から井ノ岬~入野砂浜まで15,1キロ 4時間
      12月到達予定の足摺岬まで参拝寺はありません・・・
疲労度>☆☆☆☆☆ 疲れまったくありません!?
  

6月、土佐久礼から七子峠、7月、窪川から佐賀まで
殆んど緑の山の中を歩きましたが、
今回は土佐西南大規模公園の海岸に沿って
太平洋の碧い海と青い空をめいっぱい楽しむことができました。
f0213825_13525673.jpg

10:10 いざ出発! 
f0213825_1381170.jpg

10:43 碧い海には浜木綿(はまゆう)の花がよく似合います。
f0213825_1335129.jpg

足の運びも快調で
f0213825_1355756.jpg

11:20 ほぼ予定通り、昼前に井ノ岬トンネル通過
f0213825_1229738.jpg

11:30 トンネルを出たところで昼食場所へ移動
      満腹になったところで、ココまで連れ戻されてまた歩くのだが・・・
f0213825_1403235.jpg
 
11:40~12:20 昼食休憩 
f0213825_9182113.jpg
f0213825_9184017.jpg

クジラの骨格標本がありました<ビオスおおがたロビー>
f0213825_9215038.jpg

満開の仙人草や
f0213825_22461710.jpg
 13:26 橋柱に刻まれた
 イケメンのクジラに励まされながら
f0213825_14581399.jpg
  

14:00 全長4Kmの入野松原(砂浜)到着!
今から、緑の松並木の中に点在する公園や
碧い太平洋の白波と砂浜をゆっくり楽しみながら歩きます。
f0213825_14163526.jpg

          かけがえのない
f0213825_2252221.jpg

          地球 大切にしたいものです
f0213825_22501050.jpg

         ザア~と来て
f0213825_11172780.jpg

         スーッと引いて
f0213825_11231453.jpg

         静かに消える波の繰り返し・・・
f0213825_11255870.jpg

     ♪砂山の砂を指で掘ってたら 
          まっ赤に錆びたジャックナイフがでてきたよ~♪
                   なんて書くと、歳がバレますかね?~~~


15:00 逞しい海の若者が貝を採っていました
     とても笑顔の涼しい いい男でした・・・
f0213825_11392448.jpg

そんな入野砂浜(松原)をあとに、足摺岬方向へしばらく歩くと・・・
f0213825_1195011.jpg

15:56 夕暮れの蠣瀬川(かきせがわ)橋でバスが待っててくれました
f0213825_11133219.jpg

今日の足あと



歩いた日>第29回・2008年10月3日 快晴
コース❸>蠣瀬川橋から
   四万十大橋~野鳥公園~ドライブイン水車
             16,7キロ 4時間40分
疲労度>★☆☆☆☆


まずは、「海にいます」という粋な名前のレストランで
f0213825_13707.jpg

11:30 昼食を済ませ 
f0213825_7154185.jpg

12:30 前回バスに乗った場所で入念なストレッチを済ませ
      満開のコスモスの中を足摺岬目指して出発!
f0213825_7174882.jpg

12:45 さびしい看板 
f0213825_932149.jpg 「老朽化」も然ることながら、
 今から渡る「四万十大橋」が
 老いに拍車をかけたのでしょう・・・
 便利になって古いものが
 だんだん無くなっていく
 時代なのでしょうか。
 当時の渡船料金は 大人¥100 
 自転車¥150 バイク¥250

 時刻表はあって無いようなもので、
 こちら側から旗を振ると、
 対岸から迎えに来てくれたそうです・・・
 いいなあ~~~・・・





<渡船があった場所:個人的想像>
下田と間崎辺りを渡船で結んでいたが
鍋島と実崎が四万十大橋でつながって渡船は消滅した・・・と 云うことだろうか?


13:20 秋一色のへんろ道を歩きます
f0213825_14291973.jpg

14:10 歩き始めて2時間、ようやく四万十川の土手へ辿り着いた
f0213825_1217367.jpg

河口が近いこともあるが、なるほど大河!
f0213825_14412810.jpg

四万十記念写真
f0213825_14432845.jpg

四万十大橋を渡りきると
f0213825_74835100.jpg足摺岬 金剛福寺まで38Km
f0213825_14474043.jpg

昼はうどん屋 夜は居酒屋?
一人旅でここで日が暮れてたら、ゼッタイ酔いつぶれて軒下で野宿だった・・・
「田吾作」とは、私の好みの暖簾!
f0213825_14321193.jpg

野鳥はまったく居なかった八百鳥(八百長)?公園 15:00
f0213825_1124173.jpg

16:14 伊豆田トンネルへ突入
 1200キロの歩き遍路道中、実際に歩くトンネルとしては最長1620m! 
f0213825_1261182.jpg

16:22 ここがトンネルの中央 f0213825_803774.jpg
  トンネルの中の市境、これより土佐清水市
f0213825_821043.jpg

16:34 トンネルを20分歩き抜けると土佐清水市・市野瀬 
f0213825_12101656.jpg

16:42 足摺岬打ち戻り遍路の中継地、ドライブイン「水車」到着、
      本日のゴールイン!ランドマークは直径8mの巨大水車
f0213825_12134196.jpg

本日の足あと


歩いた日>第30回・2008年11月7日 快晴
コース❹>土佐清水市市野瀬「水車」~大岐の浜~窪津まで 
      18,8キロ (通算499,6Km) 4時間30分
疲労度>★☆☆☆☆


本日の計画 市野瀬⇒窪津

前回のゴール地、市野瀬のドラブイン「水車」前
f0213825_1622592.jpg

11:50 準備体操済ませて、
      天気予報が見事にハズれて超快晴の中、出発。
f0213825_16274596.jpg

12:10 次回は足摺岬へ辿り着けそうです 
f0213825_9381833.jpg

  それにしても天下の名勝地への標識、
  もうちょいときれいになりませんかね~?
  期待感がシボみます・・・



12:20 なんだか懐かしい景色でした 
     ♪ ウサギ追いし ♪ とか ♪小鮒釣りし ♪ とか・・・
f0213825_1143278.jpg


草むらの中の真念へんろ石
天和年間(1681年 - 1683年)に大坂寺嶋在住で土佐出身と言われる
真念法師が立てた足摺岬金剛福寺への道しるべ石。
市野瀬から金剛福寺までは7里(28km)ある。
真念法師は金剛福寺まで1丁間隔で道標として丁石を350基立てたという。

f0213825_14555082.jpg

そんな遍路石に導かれながら
f0213825_15463595.jpg

水面に遍路姿映して
f0213825_1754042.jpg

足摺岬へ、ひたすら歩きます
f0213825_1734789.jpg

13:50 下ノ加江の町をあとにして海が見えると、
      まだ20K以上も先の足摺岬がずいぶん近くなったような気になりました
f0213825_16393460.jpg

f0213825_16492018.jpg
 
14:55 へんろ道の小さな峠を越えると大岐の浜
f0213825_11343517.jpg

クジラは見えませんでしたが、ここはサーフィングのメッカとか
看板の左上(終点)が今日のゴール予定地・窪津
f0213825_11454523.jpg

絶景かな、大岐の浜
f0213825_11474860.jpg

砂浜に足取られながら・・・
f0213825_11522368.jpg

長い砂浜を30分で歩ききって
f0213825_1154289.jpg

岩場のツワブキに励まされ
f0213825_9203878.jpg

16:20 砂浜の終点からへんろ道を喘ぎながら登り
f0213825_12184631.jpg

16:50 ゴールまで1,9Km、
      つるべ落としの秋の夕暮れ・・・ 足元は暗い・・・
f0213825_9255073.jpg

午後5時20分、窪津港の手前でハザードランプ点けたバスが
「ゴールはここだ ここだ」と、待っててくれました。 (通算歩行距離499,6Km)
f0213825_1223312.jpg


現在地 
窪津港を経由して足摺岬まで約11キロ地点

次回はいよいよ38番金剛福寺参拝して足摺岬泊~打戻りの旅です
by jh5swz | 2010-04-24 13:49 | 37番から足摺岬へ | Comments(0)