カテゴリ:真念庵~39番延光寺( 1 )

真念庵から延光寺へ

下ノ加江から「水車」までが、11月7日の往路「打ち戻し」となります。
歩いた日>第33回・2009年 1月 9日 晴れ
コース>下ノ加江~水車・真念庵~三原村 
         18,6キロ 5時間30分
疲労度>★★☆☆☆

    
12:00 前回ゴール地、下ノ加江を出発
f0213825_19203299.jpg

12:30 昼食休憩地「水車」まで1,7K
f0213825_19235043.jpg

13:00 足摺岬を往復する遍路の中継地「水車」到着
f0213825_19273022.jpg

まずは、四国遍路中興の祖 
真念法師ゆかりの「真念庵」参拝
f0213825_753419.jpg

  真念は、江戸時代初期に
  200基を超える道標を建て
  善根宿を設け
  「四国遍路道指南」という
  遍路のガイドブックを出版し
  遍路を庶民に広めたことで有名な人物。

  ここ真念庵は
  37番岩本寺と38番金剛福寺
  更に39番延光寺へ向かう
  中札所として開かれ、
  かっては加持祈祷を行い
  風呂まであって
  遍路宿の役割も果たしていたという。




小さな山の中腹にある現在の「真念庵」・お納経
f0213825_11295756.jpg

真念庵前に並ぶ四国霊場本尊88体の苔むした石仏
f0213825_158128.jpg

f0213825_1511042.jpg

13:20 本日の昼食はサポートバス車中で遍路弁当
      寒いから だろうけど、ちょっと惨め・・・ 
f0213825_19342419.jpg

14:00 弁当を済ませて市野瀬から三原村へ出発
f0213825_1513910.jpg

三原村分岐点の「足摺350丁遍路石」の一つ
  弘化2年9月吉日 あしずり 350丁 とまでは読めた・・・
 1846年(164年前)建立、
 市野瀬から足摺までは28Km(7里)だから、80m毎に建てたことになる・・・
 1丁=60間=約108mという説もあるようだが・・・

f0213825_1121977.jpg

f0213825_11193858.jpg


14:37 山里の冬支度・・・ 
f0213825_19414872.jpg

15:00 成山峠を前に休憩。
「次の峠はキツイらしいが、乗って行く人はいませんか?」と、
ツアーバスの運転手さんの心配そうな声が聞こえそう。
昨日までがそうであったように、今日も誰も乗らない。
f0213825_19443828.jpg

成山峠登り口の看板
f0213825_17302632.jpg

だんだん登って、県道が遠くなる・・・
f0213825_19535744.jpg

15:20 成山峠をがんばる歩き遍路
f0213825_17332890.jpg

そもそも昔、峠には茶屋まであったという
f0213825_17414260.jpg
f0213825_2051570.jpg


15:30 登り口から小1時間、ようやく三原村のふもとへ
f0213825_1744174.jpg

先頭集団からコレくらい遅れると、いささか焦ります・・・
f0213825_17461069.jpg

16:13 鳥居に四匹の狛犬が並ぶ珍しい天満宮
f0213825_17472496.jpg

地蔵峠へ導く真念遍路石
f0213825_17525355.jpg
f0213825_19582430.jpg
         大水(大雨?)ではないので左へ進み・・・
           三原村の中心部へ





どぶろくの味を知らない若者?が
f0213825_15321324.jpg 
   どぶろく特区三原村を歩きながら
f0213825_15351857.jpg

f0213825_842407.jpg
とても呑んでみたくなり・・・
f0213825_15403273.jpg


16:35 お接待ではないが試飲即売店へ飛び込み
f0213825_2094735.jpg



遍路修行中の身を忘れ2本ゲット! @¥1300ナリ
f0213825_2018342.jpg
f0213825_20195628.jpg
   「不飲酒戒」の高野山にあっても、
   「不許葷酒入山門」の禅宗系寺にあっても、
   ”般若湯”とか?申しませんでしたでしょうか?



16:57 般若湯に足を取られて千鳥足? 宮ノ川トンネル 
f0213825_20241587.jpg

17:30 ゴール地、船ケ峠では陽もとっぷり暮れて・・・
f0213825_20295444.jpg

本日の足あと 下ノ加江⇒三原村



いよいよ修行の旅土佐路最終コースです。
歩いた日>第34回・2009年 2月 6日 快晴
コース>三原村~平田駅~第39番延光寺~宿毛市 
         16,7キロ 5時間30分
疲労度>★☆☆☆☆


11:15 星ケ岡団地前で準備体操、また ♪ シコ踏んじゃった ♪
f0213825_843777.jpg

七つ道具もウオーミングアップ中
f0213825_8462251.jpg
  
11:25 好のお遍路日和、いざ出発!  
f0213825_850158.jpg

11:50 30分ほどで宿毛市へ入りました
f0213825_94141.jpg

12:00 蛍湖に架かる黒川大橋を渡り
f0213825_993550.jpg

中筋川ダム自然館で休憩させていただき 12:00~12:20
f0213825_914862.jpg

f0213825_9172744.jpg

12:43 春の足音 
f0213825_9283395.jpg

13:12 ダムから50分ほど歩きようやく宿毛市内
f0213825_9333452.jpg

土佐くろしお鉄道平田駅
f0213825_9375550.jpg







               現在地
f0213825_9385368.jpg

駅前の結婚式場で
f0213825_9453276.jpg

いささか遅い昼食休憩 13:15~13:50
f0213825_949182.jpg
    結婚式場のラブラブの庭木
f0213825_953477.jpg

14:10 昼食後、土佐最後の札所を目指して
f0213825_958618.jpg

14:26 足摺岬第38番から72キロ、やっと39番延光寺山門町到着
f0213825_10161424.jpg

f0213825_1041523.jpg

第39番 赤亀山 延光寺(しゃっきざん えんこうじ)本堂
f0213825_1742103.jpg

f0213825_17551883.jpg
  ここには、赤い亀が竜宮から背負ってきたと伝わる、
  延喜11年(911)の銘が入った梵鐘があり、
  国の重要文化財になっている。
  それが寺名の由来にもなっており、
  ご朱印と白衣にも
  「梵鐘」と「亀」。

f0213825_10111448.jpg

私の白衣の背中のご朱印。
2006年 4月7日、中央に1番霊山寺
2006年11月3日、20番鶴林寺の「鶴」
2009年 2月6日、39番延光寺の「亀」、
やっと鶴亀揃えてちょっと悦に入っており、
2011年11月頃、中央の梵字に高野山ご朱印を目論んでおります・・・
f0213825_19321385.jpg

土佐最後の札所の紅白梅をあとにして
f0213825_2011566.jpg
f0213825_20121654.jpg

16:10 ひたすら国道55号線を宿毛市を目指します
f0213825_10245847.jpg

16:28 西日を受けて宿毛川橋を渡る 
f0213825_10281456.jpg

16:50 宿毛市で「バカヤロー饅頭」を買い損ねたのは残念・・・
f0213825_10314267.jpg

17:10 宿毛貝塚CVSゴールイン! お杖様もお疲れさまでした
f0213825_10354481.jpg


17:30 ダルマ夕日は見れなかったが・・・(車中)
f0213825_20441711.jpg

その車中で受けた土佐完歩証

f0213825_1125248.jpg

  「修行の土佐」完歩証
    土佐 16ケ寺
    歩行 387,4キロ
    所要 101時間50分
   上記遍路道を
   徒歩にて
   完歩したことを証す
    四国巡拝センター

  ガキ大将時代から
  こんなものには
  縁が無かった私、テレます・・・




ここまでの足あと  
延べ32回(日)577,1Km、1回平均18kmを歩き・・・


  次回から、いよいよ伊予です、愛媛です!
by jh5swz | 2010-05-09 17:44 | 真念庵~39番延光寺 | Comments(0)