カテゴリ:宿毛から松尾峠を越えて伊予へ( 1 )

いよいよ伊予へ。
歩いた日>第35回・2009年 3月 6日 曇天~晴れ
コース>宿毛市~松尾峠~一本松町14,8キロ 5時間
疲労度>★★☆☆☆


10:40 雨上がりの宿毛市貝塚 某CVSで準備体操
f0213825_11473342.jpg

12:10 宿毛球場まで歩き、昼食弁当後、再スタート 
f0213825_11531395.jpg

いざ! 難所の一つ、松尾峠めざして
f0213825_11453012.jpg
f0213825_11595058.jpg


12:30 松尾峠登り口の坂口番所跡
f0213825_1254078.jpg

         ここから峠まで標高差300mの登り道が続く・・・
f0213825_16163053.jpg

13:00 やっと半分登って青息吐息
f0213825_12372935.jpg

f0213825_12343399.jpg


13:10 石畳の道
f0213825_12425698.jpg
 その当時の道路整備・・・
f0213825_12404772.jpg


13:20 この200mに膝が泣きました・・・
f0213825_1453388.jpg

13:30 やっと峠の大師堂へ辿り着きました
   この辺りには昭和初期まで2軒の茶屋があって賑わった峠だったとか・・・
f0213825_1464030.jpg

そもそも松尾峠とは
f0213825_19115144.jpg
   今も昔も、そもそも国境と云うものは厳しいものなのだ・・・と思いました

従是西伊豫國宇和島藩支配地
f0213825_1471848.jpg
       従是東土佐國
f0213825_19255851.jpg




久しぶりにご登場頂いた善男善女 
f0213825_1492122.jpg
   ゆっくり時間を費やして歩く・・・ こんな贅沢な旅がありましょうや!
                   と、門前の小僧の独り言

13:40 峠でいっぷくして、いよいよ伊予の國へ入ると 
f0213825_14163099.jpg

f0213825_14181286.jpg
  

  一転、へんろ道は
  遊歩道の如く整備されていて快適!
  地元の「お接待」のお気持ちが
  足元からヒシヒシと伝わります 




13:55 どんどん下ります
f0213825_14202193.jpg

これがへんろ道かと思うほど快適!
f0213825_14212518.jpg

14:10 約30分で一本松町小山の里へ下りきって
                    先頭隊が後続隊をお待ちかね                            
f0213825_14222264.jpg
              この高低差、半端じゃない!

もくれんの花にパワーもらって!
f0213825_1425693.jpg

14:20 小山の里を歩きます
f0213825_850438.jpg

宇和島藩側にもあった番所跡
f0213825_1426491.jpg


14:40 今夜のおかずの土筆取り
f0213825_1263284.jpg

15:10 一本松役場にあった見事な”一本松”
f0213825_14274029.jpg
 その町中をゴールめざして・・・
f0213825_14282443.jpg

15:15 観自在寺はこっちだよ~~~ 
f0213825_14443221.jpg

15:40 篠山神社札掛けの宿を通過
   なんだか木枯紋次郎さんでも泊まっていそうな渋い雰囲気でした
f0213825_1429819.jpg

15:50 癒しのへんろ道を
f0213825_14394037.jpg


♪ は~るですよ~ ♪♪
f0213825_1637276.jpg

♬ は~るですね~ ♪♪
f0213825_16252947.jpg

       572キロ余を歩いた体は苦しくはあっても余り不安もなく、
       道中のさまざまな山野草や風景も楽しめるような気がしてきたから
       まったく不思議なものです・・・


16:25 と云う1日を完歩して愛南町満倉へゴールイン、ばんざ~い!
f0213825_1436304.jpg

今日の足あと


  次回、伊予初めての札所第40番観自在寺へ
by jh5swz | 2010-05-16 07:49 | 宿毛から松尾峠を越えて伊予へ | Comments(0)