カテゴリ:38番金剛福寺打ち戻り( 1 )

38番金剛福寺打ち戻り

このツアー2回目の「お泊りツアー」、全員で足摺岬一泊旅です。
まずは、第一日目。 
歩いた日>第31回・2008年12月4日 快晴
コース>土佐清水市窪津~太平洋に沿って~
 第38番金剛福寺~足摺国際ホテル(泊) 
   11,6キロ+3キロ(+の理由は本編で・・・)5時間50分
疲労度>☆☆☆☆★


前回歩き止めした場所へバス移動中、お先達さんから2日間のコース計画説明中
f0213825_190452.jpg

本日の計画 窪津⇒足摺岬
  私個人の足摺岬行きは今回で4~5回目になりますが、
   (殆ど、サラリーマン時代の出張の個人的延長旅ですが)
  土佐清水市から地図中央のスカイラインか、長崎~松尾ルートの県道ルートの岬訪問であり、
  土佐湾側の窪津~稲荷崎ルート(いわんや歩き)は初体験、
  地元の方か歩き遍路さんしか利用しないのかも知れません・・・ 
 



前回のゴール地、窪津港の手前で準備体操して  
 行ったり来たりして、前回バスに乗ったポイントを探す徹底振り・・・
12:45 窪津の港めざし、いざ出発
データー上、この辺りで1番霊山寺から通算歩行500Km!
f0213825_1746634.jpg

13:16 窪津漁港から国道を逸れ、急坂の遍路道を登り 
f0213825_8215364.jpg

照葉樹林のトンネルを抜けて津呂へ
f0213825_1942560.jpg

13:53 善意のお接待へんろ小屋(無料)で一休み  
f0213825_196371.jpg

へんろ小屋には
f0213825_19171478.jpg
    
   遍路のお礼の印しが壁いっぱいに
f0213825_19152342.jpg


柱や天井の梁にも
f0213825_19195111.jpg

ところ狭しと貼り付けた「納め札」は 圧巻!
f0213825_19221459.jpg

知る人ぞ知る この街道の名物喫茶店らしい?
f0213825_1925852.jpg

14:28 バスは2時間から3時間に一本のあやしい名前のバス停 
f0213825_19324562.jpg

15:02 「やれやれ・・・坂」と命名しました 
f0213825_1939036.jpg

15:07 いよいよ岬へ500m 
f0213825_8305473.jpg
  タコ足道標?
  天狗の鼻・展望台経由で岬をめざす・・・
f0213825_19432060.jpg


時期が良ければ名物「椿のトンネル」抜けて 
f0213825_19475325.jpg

15:11 この絶壁の向こうに岬の灯台が見えるという
f0213825_19515243.jpg

15:15 見えた!・・・見えました足摺灯台! 暫し絶句・・・ 
f0213825_19104198.jpg
        スカイライン経由で数回訪れたことのある岬ですが、
       土佐湾側を、それも歩いて来たのは初めてで感動しました! 
    2007年7月6日、室戸岬を出発以来280Kmを14回(日)で歩いたことになる・・・

15:30 38番金剛福寺仁王門 到着   (通算歩行距離502,9K)
    扁額は「補陀落東門」
f0213825_17161540.jpg

第38番 蹉跎山 金剛福寺(さださん こんごうふくじ)本堂
f0213825_17133099.jpg


f0213825_8543539.jpg

  金剛福寺は弘仁13年(822)、
  弘法大師が嵯峨天皇の勅願で開いた。
  天皇直筆の扁額
  「補陀落東門」に示されるとおり、
  紀州・補陀落寺と並んで
  補陀落渡海信仰の中心だった。
  補陀落とは
  インドの南海岸にあるとされる
  観音の聖地で、
  中世、その聖地を目指した
  僧侶たちがここから船出した。
         -寺略縁起より
 


 過去2回のご朱印は、
  サラリーマン時代、土佐清水市内の営業サボって参拝したことを白状します、
  社長!すみません・・・




 第37番岩本寺から100Kmを5日(5回)で歩き、やっと辿り着いた!金剛福寺です 
<余談ながら・・・>札所間の長距離ベスト5(再掲)
 ❶ 第37番岩本寺(窪川)~第38番金剛福寺(足摺岬)  100K
 ❷ 第43番明石寺(宇和町)~第44番大宝寺(久万高原)   90K
 ❸ 第23番薬王寺(日和佐)~第24番最御崎寺(室戸岬)  75K
 ❹ 第38番金剛福寺(足摺岬)~第39番延光寺(宿毛)    70K
 ❺ 第40番観自在寺(愛南町)~第41番龍光寺(三間)   55K 
   因みに第68番と69番間は0m!(同じ境内に2つの札所がある)

16:05 参拝終えて、これより暫し岬観光です
f0213825_9174475.jpg

山門前広場の中浜万次郎像
f0213825_8421472.jpg  1827年、
  土佐清水市中浜の漁師の子として生まれた。
  150余年前、
  出漁後、遭難し米国船に救助され
  日本人として初めてアメリカに渡り、
  測量や航海術などを学んだ後、
  鎖国時代の日本に帰国。
  日本の夜明けや国際交流に多大な功績を遺した。
  また、ジョン万次郎の考え方は、
  幕末の坂本龍馬、板垣退助、岩崎弥太郎などに
  多大な影響を与えた。
      -土佐清水市HPより-


岬遊歩道から
水平線の左右が低く見えました
f0213825_1943794.jpg
                 16:20 足摺岬灯台
f0213825_92228.jpg

灯台からの夕焼け(灯台下暗し?)
f0213825_9252247.jpg

  遊歩道には<足摺岬七不思議>という、
  「爪書き石」:大師が爪で南無阿弥陀仏と書いた石
  「亀呼び場」:海に浮かぶ不動岩へ修行に行くため亀を呼んだ所
  「ゆるぎ石」:親孝行者が触ると揺れる大石
  「地獄の穴」:投げ込んだ硬貨の音が、いつまでも鳴り響く穴
    など、いささか御伽噺のような名所?が点々とあり・・・
        信仰忘れて観光三昧?


f0213825_9245073.jpg
 16:40
 遍路が観光三昧などと
 不謹慎なことをやるものですから、
 お先達さんが、
 「明日の、過去最長26,4Kの歩行距離を
 少しでも消化しておこう」と、
 宿泊ホテル前を素通りして・・・

反射ミラーがキラキラ光る夕暮れの県道を3Kほど延長歩き・・・
f0213825_9294624.jpg

17:15 さすが我がチームのお先達さんは
     足摺岬で最高という「夕日の名所」を一同に見せてUターン。
f0213825_9343333.jpg
     「夕日の名所」で、昼過ぎに別れたままのリムジンバスが待機、ホテルまで乗車5分。
                明朝、この乗車した場所から歩き始めるのだ・・・

 

17:20 とっぷり暮れたホテルへ帰着、
     さあ~風呂だ!ビールだ!皿鉢料理だ!
  だから お前は 破門寸前なのだ -空海- 
f0213825_942180.jpg

実は我が遍路軍団、背中にこんな看板背負っておりますのよ
f0213825_9442150.jpg

懇親会の詳細は省略しますが、一番幸せなワンカットをご紹介(写真はM・M氏提供)
門前の小僧自作・1番霊山寺から前回の四万十川までの道中スライド(パワーポイント)放映中
f0213825_9303488.jpg

なんと言ってもスターは、この旅をお世話いただくM・M氏のこの名刺。
f0213825_13394957.jpg


今夜の居場所 足摺国際ホテル





2回目の「お泊りツアー」、足摺岬一泊の旅 2日目
歩いた日>第32回・2008年12月5日 大雨☂ハズれて晴れ☀
コース>足摺国際ホテルから土佐清水市~以布利~下ノ加江 
         23,4キロ 7時間 (距離・時間とも過去最長)
疲労度>☆☆☆★★


本日の計画 足摺岬⇒下ノ加江


午前6時、部屋から寝ぼけ眼で見た太平洋、
うん?水平線が丸く見える!二日酔いか?
f0213825_16355012.jpg

07:10 朝、出発前によく見れば
     遍路の宿には立派すぎた? 足摺国際ホテル☆☆☆  
                          (写真提供 T・T氏)
f0213825_9161914.jpg

07:20 昨夜引き返した足摺石鎚神社前で「シコ踏んじゃった」
f0213825_16321911.jpg

城砦みたいな石垣の里を下り
f0213825_21542100.jpg

07:40 つづら坂を登り、二日酔い遍路には堪えます・・・
f0213825_2156447.jpg

f0213825_1052390.jpg
 四国で黒潮が
 最初に接岸するという
 臼碆の展望台へ寄り道 


08:30 大雨の天気予報がハズれて絶景の展望(右手 白い建物が昨夜のホテル)
f0213825_17351919.jpg


09:20 臼碆から1時間、ジョン万次郎の町へ通じるこの道路をジョン・マンロードと呼ぶ
f0213825_2148761.jpg

09:50 ジョン万次郎生誕地、中浜の里を通過
f0213825_2150428.jpg

10:00 本日は札所がないので? へんろ道沿いの六部堂でお納経 
f0213825_14195185.jpg

10:20 新国道に切り裂かれた名残りのへんろ道を下って登って・・・
f0213825_14253076.jpg

10:50 六部堂から小1時間へんろ道を歩いて、やっと国道へ  
f0213825_16395163.jpg

「また来てよ」と言われてましても、そう再々は来れませぬ・・・
f0213825_1647508.jpg

11:00 土佐清水内港に沿って歩き 
f0213825_17174058.jpg

11:20 足摺 黒潮市場で
f0213825_2263833.jpg

海を眺めながら 
f0213825_1656319.jpg
   名物一本釣りゴマサバのタタキ昼食
f0213825_16585712.jpg

<黒潮市場でこんな出会いもありました>
自転車で日本一周を済ませ、
現在88ケ所参りをしながらクレヨン画を修行中という若者に会いました
f0213825_1542116.jpg

彼の絵 @¥500
「出会って くれて ありがとう」とは泣かせる言葉・・・
f0213825_1782275.jpg
f0213825_178424.jpg

名前がまったく同じということでツーショット
双方ワケあり?で、目元覆面(笑) 
12:00 口元の爪楊枝で身元バレてます、木枯紋次郎殿 
f0213825_1726154.jpg

12:30 土佐清水市をあとに半島西側から東海岸の以布利へ向かいます 
f0213825_848749.jpg

「海遊館」のジンベー鮫の餌付けと体調管理をしているセンターで
f0213825_16235378.jpg

         一般公開日ではなかったにもかかわらず、
         「海遊館」デビュー前のジンベー鮫を見せて頂きました、
         超ビッグなお接待に感謝!! 信心の賜物ヽ(^o^)丿
f0213825_16291710.jpg

f0213825_13441251.jpg
         13:00 研究所の皆様ありがとうございました。 

13:40 以布利海洋センターから40分歩いて
11月7日(往路)に歩いた大岐の砂浜を「打ち戻し」
「打ち戻し」とは、往路と同じ道を歩いて引き返すことで、
今日は、以布利から下ノ加江が11月7日の往路と同じ道となる。


f0213825_1940462.jpg

2007年2月2日、第23番薬王寺境内から眺めた夕暮れの海、
以来1年10ヶ月、毎月1回、
14:15 春夏秋冬を語り合った太平洋の見納め・・・ 
f0213825_19432450.jpg

14:40 草むらの中、見落としそうな道案内
f0213825_1013827.jpg
  14:55 ブロック塀の道案内 
f0213825_1043124.jpg

  15:03 次は土佐最後の39番ですよ、と道案内 f0213825_107236.jpg







15:10 さすがに南国土佐、バナナの花が咲いていました 
f0213825_10144462.jpg


15:50 本日のゴール地、下ノ加江へ戻った
f0213825_17301069.jpg

下ノ加江のCVSスリーエフさんでバスと合流 16:00
f0213825_731063.jpg  
  土佐清水市内
  あちこちの
  CVSで見かけた看板。
  そう書いて頂くだけで
  遍路、本当に助かるのです。

  豪快な荒海の町の皆さん、
  繊細で優しいんだ~~~ 

  感謝の旅でした
     ありがとうございました。
       -門前の小僧-



18:33 帰路車中、お先達さん撮影の2日間のスライドを見ながら・・・松山へ。 
f0213825_102808.jpg


真念庵から土佐の国最後の39番延光寺へ続きます
by jh5swz | 2010-05-01 11:00 | 38番金剛福寺打ち戻り | Comments(0)