カテゴリ:新居浜から別格延命寺へ( 1 )

<新居浜から土居町へ>
歩いた日>第52回・2010年10月 1日 快晴残暑厳し!
コース>
新居浜中萩~国領川~別格12番延命寺~土居町寒川まで 24,6K  
疲労度>☆☆☆★★ (後半バテました) 


08:30 前回ゴール地、新居浜市中萩のCVSでストレッチ
    なにしろ本日は過去最長24,6Kの長丁場ですから入念に!
f0213825_16162967.jpg

08:40 いざ出発 
    国道の通勤ラッシュを避けて讃岐街道を歩きましたが、かえって混雑?・・・・
f0213825_1619928.jpg

09:10 旧讃岐街道には、「町の商店」がしっかり残っていました 
f0213825_1622988.jpg

09:15 讃岐街道とほぼ直角に交差する鉱山鉄道線路跡(右・舗装部)
f0213825_10315328.jpg

-ちょっと道草-
この鉄道は鉱石輸送鉄道として1893年(明治26年)3月15日に開業、
別子銅山から採掘された銅鉱石を製錬所や港湾へ輸送していたが、
1973年(昭和48年)銅山閉山後、1977年(昭和52年)1月末廃止された。
 (写真は、明治25年ドイツから輸入された蒸気機関車・別子銅山記念館パンフレットより)
f0213825_1475752.jpg


別子銅山(べっしどうざん)は、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山。
1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに
約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。
                 -本文はWikipedia 別子銅山より-
今、別子銅山跡は
「天空の歴史遺産”東洋のマチュピチ”」として人気沸騰中!
  詳細は<東洋のマチュピチ>をご覧下さい
f0213825_13282492.jpg
               上下2枚の写真は観光パンフレットより借用しました
               いつか必ずここを訪れて、自前の写真をUPしたいと願っています・・・

f0213825_17233533.jpg
-道草はここまで-

・・・遍路に戻り・・・
09:25 喜光地商店街
    室町時代、この辺りに「喜光寺」という寺があり、この寺名が地名の由来らしい
f0213825_15374427.jpg
昭和31年頃の商店街(町内イベント広場の説明板写真より)
f0213825_15433572.jpg
       別子銅山華やかなりし頃、
         新居浜の町と銅山を結ぶ南北の道と金比羅街道の東西の道が交わる所に、
         旅館や商店が立ち並び、賑やかな喜光地商店街となったようだ。

       銅山の閉山と大型店舗乱立の影響か?今はいささか寂しい雰囲気だった・・・

09:52 讃岐めざして国領川を渡る
f0213825_839350.jpg

10:17 新居浜市池田交差点・ここから数キロ国道11号線を歩きます
f0213825_8365444.jpg

10:52 路肩でサポートバスが待機しているが誰も乗らない 
f0213825_7414097.jpg
                        ドライバーさんご心配ありがとう

10:59 バスに乗ってしまうと、こんな贅沢な歩き旅ができないのです・・・
f0213825_8192170.jpg

    曼珠沙華 高野山への 花灯台  -門前の小僧 拙句-
      2010・10/15追記
       俳句をたしなまれる親しい方から
       句界では、「花」は「桜」を意味し、曼珠沙華は「秋」、
       17文字に春と秋を詠み込みましたね と、優しいアドバイス、
       添削を戴きましたので、お許しを得てご紹介します。

    曼珠沙華 歩き遍路を 見送りぬ -乙女-
     なるほど俳句の世界も奥が深いと、門前の小僧感服した次第。
     乙女さん、アドバイスありがとうございました。
f0213825_7502465.jpg

11:00  善男善女記念写真
     4年半の間に51日、苦楽を共にした家族同然の同行二十人! 
f0213825_7571214.jpg
           2006年4月7日、一番霊山寺を出発して以来、延べ900K地点
              

      歩き遍路の一里塚
       100K 徳島・小松島市    2006・10/06 第9番立江寺山門
       200K 高知・東洋町     2007・06/01 ゴロゴロ石~番外仏海庵
       300K 高知・南国市     2008・04/02 第28番大日寺
          ( 本来、2007・12/07に歩いているハズだった・・・)
       400K 高知・須崎市     2008・05/02 道の駅すさき
       500K 高知・土佐清水市   2008・11/07 ドライブイン水車
       600K 愛媛・愛南町     2009・04/03 菊川小学校
       700K 愛媛・大洲市     2009・10/02 大瀬・大江健三郎邸
       800K 愛媛・北条      2010・04/02 別格鎌大師
       900K 愛媛・新居浜市    2010・10/01 新居浜関の戸

11:15 関の戸の峠で国道に合流し、少し歩くと四国中央市
    正面の大イチョウは”紅葉すると金比羅さんから見えた”と、昔、聞いたことがある
                が、真偽のほどは定かではない・・・
f0213825_1930453.jpg

関の戸峠を越えたところから、昼食のため土居町へバス移動
f0213825_1552146.jpg
    本日の昼食は「近松」の
f0213825_15544459.jpg
暖簾くぐって
f0213825_15572122.jpg   看板メニュー「むぎとろ」定食
f0213825_15594648.jpg


「近松」店内壁にあった”掟”高札
  「先々代(お爺ちゃん)が書いたらしい」と、美形の若女将の話し
f0213825_8101368.jpg
                    
              魚菜皆喰べし 長居は無用 
         呑逃げ喰逃げ 打首也 頭目◎無し 貸売御容捨
  落款
       ◎を銭と解釈すれば、「店主銭がねえから 貸売は勘弁してくれよ~」 かな?

12:10 昼食後バスに乗った場所まで3Kばかり連れ戻されて再出発 
    どんなことがあっても「第1番から88番まで歩きつなぐ」ことがこの旅の掟・・・
f0213825_918238.jpg

12:15 豊年満作 一花繚乱!  
f0213825_9411063.jpg

四国の道・道標
f0213825_13282264.jpg

12:30 熊谷地蔵院  
f0213825_13311365.jpg
  -祠の碑文要約-
     熊谷地蔵尊は、遠く鎌倉時代中国宋時代の地蔵尊菩薩霊験記等により
     人々が平安長寿延命を祈願してきた歴史があり、大水害の時も地蔵尊が
     人々を救い、お護り下さる霊験灼かな地蔵尊である。
     平成5年、ここに新しく、近隣在住者のみならず広く世の人々の幸福と
     平穏無事を祈念する為、再建立御奉祀した。

13:00 三栗山地蔵院  
f0213825_13322776.jpg
f0213825_13505749.jpg

f0213825_13524552.jpg

13:10 別格延命寺は近い!
f0213825_1858986.jpg

13:34 別格第12番 摩尼山 延命寺(まにざん えんめいじ) 到着
f0213825_81996.jpg
         石柱に「準別格本山いざり松延命寺」とあるが、
                          準別格本山の意味がまったく判らない・・・


大師堂 (大師堂の中に納経所がある寺も珍しい)
f0213825_8172994.jpg

大師堂内陣でお納経
f0213825_847105.jpg

f0213825_8534798.jpg 
   「生け花」のことは
   よく解らないが

   方丈と思しき建物の
   玄関に「秋」が生けてあり、

   ご住職さんの
   お人柄に
   触れたような気持ちになった


かってお寺の前には「いざり松」と呼ばれる巨大な松の木があったとのこと
f0213825_8263328.jpg

昭和43年、枯れてしまったその松の木の株
   樹齢700~800年直径5m、枝張り東西30m、南北20mの名残りの枯れ木
f0213825_8291435.jpg

延命寺を出発して少し歩いたところに、
小林一茶が宿泊した宿屋跡の碑が建っていたが撮り損ねた・・・

ものの本によると
  ・寛政7年(1795)、一茶が土居町を訪れたとき

     「 楽書の 一句拙(つたな)し 山ざくら の一句を詠んだという。

14:40 土居町内を通過して寒川をめざす。
f0213825_9133643.jpg

             へんろ道は「秋色」
f0213825_931425.jpg
f0213825_11265186.jpg

今日から値上がりしたのだが、いいのかな~???
f0213825_9255950.jpg 「すい」と云う名の 
     たばこ屋さんでしょうか?
 
 「安井」さんという名の 
     タバコ屋でしょうか?
 
 値上げ前のタバコを仕入れすぎて、
 バーゲンセール中かもよ~~?



15:50 この辺りは
    「赤石五葉松」の盆栽や庭木の生産が盛んな所らしく、
             さすがに手入れの行き届いた庭が多かった。
f0213825_1115570.jpg
  【赤石五葉松】 東赤石山に自生する高山植物。
       葉が五本に分かれていることからこう呼ばれる。
        1970年頃までは山頂付近で山採りしていたが、現在は種を採り実生で育てる。
        1年で3センチ、5年で10センチほどしか伸びない。
       一般的には樹齢40年ほどになった50~80センチ級が盆栽用に使われる。


16:00 紙の町・四国中央市の製紙工場のエントツが見えてきた
f0213825_11181387.jpg

16:16 夕日を浴びながらファミマ寒川店へゴールイン!
f0213825_15163327.jpg


次回は、 
  いよいよ伊予最後の札所65番三角寺を打って、
     阿波池田を通過し、涅槃の讃岐へ向かう。
                  結願まで あと一年。

     打つ」とは
     その昔、お遍路が薄い木片などの納め札を、
     本堂などに釘で打ちつけて巡拝の証しにしたことに由来し、
     その対象になるお寺を「札所」といいます.
                 -にわか遍路の知ったかぶり-

     
by jh5swz | 2010-10-02 09:53 | 新居浜から別格延命寺へ | Comments(0)