カテゴリ:66番雲辺寺本番( 1 )

66番(霊場最標高)雲辺寺

歩いた日>第54回・平成22年12月 3日 
天候> ☁   ☁
コース> 境目トンネルから
       佐野~雲辺寺~岩鍋池まで17,9Km
疲労度> ☆★★★★ 

詣りました、参りました、坂の上の雲辺寺。
登りはキツイ、お寺は寒い、下りは長い、聞きしに勝る難所の道中記。

08:50 紅葉残る境目トンネル入口(11/5ゴール地)で入念なストレッチ
f0213825_985081.jpg

09:12 65番三角寺とのほぼ中間点を通過
f0213825_11205777.jpg

シャトルバスならぬホテルバス
f0213825_1514194.jpg 全室冷暖房
    (夏は暖房・冬は冷房ですか?) 
 テレビ完備
 素泊まり¥2000-

 マジですか?洒落ですか? 
 

09:18 愛媛⇔徳島県境 境目トンネルへ 
f0213825_1511165.jpg
 
      歩道はほぼ肩幅・・・大型車とスレ違うと風に煽られてイヤな雰囲気
f0213825_12562555.jpg

09:30 800mのトンネルを抜けると徳島県 
            国道の気温掲示 9℃
f0213825_11255250.jpg

09:38 歩き遍路のランドマーク「レストラン水車」  
           かって結婚式場まで備えたドライブインでしたが、
             自動車道開通の影響でしょうか、休廃業雰囲気?・・・
             会社勤めの頃、ちょくちょく利用させて頂いた懐かしい店だけに頑張って欲しい
 
 
f0213825_15234921.jpg
                ・・・本日もサポートバスが心配そうに待機・・・

       回らない水車の輪板越しに盗撮!
f0213825_152618.jpg

10:00 馬路谷川を渡って佐野集落へ(正面の架橋は徳島高速道)
f0213825_1524124.jpg

           ロープウエイへの看板をチラッと横目に、もちろん右折!
f0213825_15371251.jpg

     なんだか懐かしい風情の佐野の集落を進み、
     町営バス駅でトイレ休憩を済ませます。
     ご注意! 登り始めると寺まで2時間半トイレは無い
f0213825_14224423.jpg
  
10:35 いよいよ雲辺寺への登り口(標高225m)
           南天の実さま、「難を転じて下さい!」
f0213825_15434944.jpg

10:40 高速道下、いきなりの「遍路ころがし」、 前途多難!? 
f0213825_15485285.jpg

         眼下に徳島自動車道
           こんな景色を弘法大師や真念さんは想像できたやろか??
f0213825_15523064.jpg

11:00 この頃から風が吹き雨が降り始め・・・ 
         安物とは言え、愛用のデジカメを労わると手ブレ気味・・・
f0213825_1819619.jpg

11:15  雨の中、へんろ道にぶら下げてあった木札  
f0213825_18244356.jpg

              雨に打たれ落ち葉に埋もれる丁石地蔵   
f0213825_18265013.jpg

11:30 雨 or 霧?に浮かんだ同行遍路さん  
f0213825_1835911.jpg

11:46 がんばる歩き遍路
             私、例によって息は上がるが足が上がりません・・・
f0213825_18333490.jpg

         尾根道が近づくと、ものすごい風が吹いていた・・・
             送電線ケーブルの「風鳴り音」の凄さを初めて体験した
f0213825_18393393.jpg

12:00 もうすぐ、尾根に出るからガンバレ~! 
f0213825_17142073.jpg
                    高野山への道は楽ではない・・・
f0213825_11305649.jpg


出発地からここまでの地図
f0213825_19425033.jpg  久保之内
     ↓
  境目トンネル
     ↓
  コンビニ(水車)
     ↓
  佐野(民宿岡田前)
     ↓
  遍路ころがし
「遍路ころがし」は約1,8K、
80分で標高差400mを登ったことになる。



              ここから雲辺寺までの地図
                尾根を2,6Km、標高差200m、50分の予定。
f0213825_19495837.jpg

12:05 では、参ろう!
f0213825_18473484.jpg

     尾根伝いの道は雨も上がり、遍路ころがしの疲れを少し癒してくれます  
f0213825_8162421.jpg

        見上げれば、古木にびっしり生えたカワラタケの類い?
f0213825_819977.jpg

        足元に丁石地蔵 (11丁× @100m≒1,1Km?)
f0213825_15133861.jpg

12:30 雲辺寺まであと1キロ、最後の休憩地(四国自然歩道看板)  
f0213825_1765014.jpg

        ヤブ椿に励まされ
f0213825_16121654.jpg

        無縁仏供養塔に背中押されて
f0213825_1615453.jpg

12:56 やっと雲辺寺本坊が見えた!辿り着いた! 
          お先達の目論見どおり、先頭はドンピッタリ50分で到達、お見事!
f0213825_97617.jpg

f0213825_828327.jpg          境内案内図
f0213825_8282427.jpg



参道入口の仁王門は、みろく堂前の広場へ移転建築中でした・・・
                        (境内の案内看板より)

f0213825_8334073.jpg

           この伽藍配置では、
        山門~本堂~大師堂と参拝すると、鐘は出鐘となる・・・
        おそらく大半の参拝者はロープウエイ利用であろうからして
        山門をみろく堂前へ移転(現在移転工事中)すれば入り鐘となる。
        横峰寺同様、「山門が無かった」と訝る参拝者の苦情解消にもなる。
              チト考え過ぎかな?


       こんな風情のある仁王門を見ることができなかったのは誠に残念・・・
          次の画像は<四国霊場Club88>より借用、個人的使用許可に感謝致します。
f0213825_1433185.jpg
 
13:00 体感温度3℃?の寒さと空腹には勝てず、まずは弥勒堂(休憩所)で昼食
            本日の昼食は11/4三角寺で大好評だった「昔屋」のにぎりめし弁当
f0213825_1591226.jpg


昼食休憩後、参拝開始。
本堂~大師堂と参拝納経したが、とにかく寒くて駆け足般若心経・・・

まずは お水堂 
f0213825_14273623.jpg よく解らなかったが、
 堂内の高札には
 「お大師様のありがたいお水なので
 手など洗わず、一口飲んで下さい」
     と書いてありました・・・


鶴林寺登り道水呑大師の
   「一口飲めば死ぬまで生きる」という高札の方が粋で洒落てます


そのありがたいお水は
  <センサーが人を感知するとチョロチョロと流れ出る> と、
      ウワサに聞いたが、未確認情報なり・・・
本件、2011.5/4実験して参りました! 間違いございません!⇐クリック 


       雲辺寺本坊:玄関の看板には、
       墨痕鮮やかに「車で来た人は参道補修料をお納め願う」との看板、
       さもありなん! と歩き遍路。
f0213825_15115048.jpg

13:45 第66番 巨鼇山 雲辺寺(きょうごうざん うんぺんじ)本堂 
    堂内のご本尊千手観世音菩薩の石像を撮ったあと、
               ”撮影禁止”の掲示板に気づきデジカメから削除しました。

f0213825_154491.jpg
         私の参考書に掲載してあった本堂が鉄筋コン建築に変~身・・・
            私は、簡素な山寺の雰囲気たっぷりの旧本堂の方が好きです。
                  屋根の奥の杉の木だけが変わらない?・・・
f0213825_15162113.jpg
        雲辺寺は香川県と徳島県の境界線上にあり本堂の住所は徳島県三好市。
         阿波は発心の地であり、讃岐涅槃の道場に入る前に「初心忘るべからず」
                         って事かな?
         などと、昔の本堂の写真を眺めながら思ったことです・・・


      本堂前の「おたのみなす(お頼み茄子)」に座して何を頼む?”若い修行僧”
      真夏の室戸岬や雪の久万高原で出合った小僧さんも修行を積んでやや神妙。
f0213825_9594951.jpg
         茄子形のベンチはブロンズ製、
             なるほどブロンズ(青銅)は大気中で酸化されて緑青となるが、
             人が座わればピカピカの茄子色に光る、昨今、お寺も化学の時代か?


-背後の高札、原文のママ-
f0213825_18404365.jpg ”親の意見と
  なすびの花は万に一つの徒(あだ)もない”
 と諺にもありますように
 ナスの花は一つの無駄なく実となります。
 また「成す」との語呂が同じで
 努力が報われて願いがかなえられます。
 願いをこめて「おたのみなす」に腰をかけてみて下さい。
 
            
         四国霊場最高峰 最標高!お納経所軒下の看板
f0213825_19171625.jpg

         岩屋寺さんも仲間に入れてあげてよ・・・
f0213825_10254027.jpg

        ピカピカの本堂に比べ、重厚な大師堂と厄除大師(左)
f0213825_11171314.jpg

        鐘楼手前の摩尼車(まにぐるま)
           (茶色い部分を)手で回すとお経を一巻唱えるのと同じ功徳がある と云われる。 
            と、ものの本に書いてあり、寒さに縮かんだ手で五巻を唱えた若いにわか遍路

f0213825_13574215.jpg

    雲辺寺ご朱印
f0213825_10335511.jpg           切手
f0213825_15494398.jpg
   切手写真の如くに雪の雲辺寺は、
   さぞやの景観!と想像したが、
   なにしろ寒くて、
   造雪スキー場で雪と戯れることなど思いも寄らず・・・



急いで済ませた昼食後、一人でご対面に走った五百羅漢さんをご紹介します。
書誌によると、
雲辺寺の五百羅漢は先代住職の故利昭さんが参拝者の幸せを願い、
弘法大師が初めて唐の土を踏んだ赤岸鎮福建省の五百羅漢院を模して、
五百体の羅漢像を境内に安置することを檀家を始めお遍路さんら全国津々浦々に呼びかけ、
1998年から7年越しで五百体がそろった、とある。
 発心の先代、応えた500人、
          刻んだ石像師、運びあげた職人さん、皆さんエライ!


寒さに縮かんだ手にデジカメの冷たさを忘れて撮りまくったショットから・・・

       「小僧よく来た!」
f0213825_19362093.jpg

       「歓迎する!」
f0213825_19373743.jpg

       笑っている、考えている、
f0213825_20265632.jpg

       悲しんでいる、怒っている・・・、
f0213825_20283135.jpg

       一体一体すべて姿、表情が異なり、
f0213825_2030599.jpg

       人の喜怒哀楽が刻まれて
f0213825_20302100.jpg

       なんだか、羅漢さんに勇気をもらった。ありがとう!
             じっくり眺めると必ず自分に似た羅漢さんが鎮座する、と聞く・・・
f0213825_2037471.jpg

       五百羅漢十二面観音様(下山開始の記念写真)
14:16 同行の皆さん役者で、羅漢さんに成りきっていただきました!
f0213825_20545044.jpg

14:20 雲辺寺からの下りは、まず急な坂道4,5Kを転がるように・・・
f0213825_16451025.jpg    谷底に怯えながら枯れ葉を踏んでトラバース?
f0213825_1648576.jpg

15:00 林のトンネルくぐって下ります
         お遍路していると言うより、山女&山男のトレッキングです
f0213825_1745259.jpg

15:27 快晴なら、さぞや素晴らしい讃岐平野の景観なのでしょう!  
f0213825_158188.jpg

15:50 写真中央、山と山の谷辺りが今日のゴール地とのこと  
f0213825_15101484.jpg

16:00 車道合流地への最後の坂は、傾斜角45度?の石段  
f0213825_8313460.jpg

        車道合流地からゴールまであと3K、県道を歩く
f0213825_8355561.jpg

16:20 平地を歩くと秋の風情を楽しむ余裕も出て・・・
f0213825_15413080.jpg
f0213825_8451813.jpg

16:30 白藤大師堂のイチョウ
f0213825_8512368.jpg     ギンナンがたくさん落ちていました
f0213825_15474582.jpg



16:50 小さな祠のイケメン地蔵が「よく頑張った!」とニッコリ
f0213825_904027.jpg

17:00 歩行6時間 17,9Kmを完歩して
     日もとっぷり暮れた粟井町岩鍋池へゴールイン!
                後方、山の稜線に雲辺寺の送電鉄塔が見えて感無量
f0213825_954211.jpg

今回の足あと
  愛媛県~徳島県~香川県へ3県を踏破!

 
      ~~~~~ ~~~~  ~~~~  ~~~~
<速報>11月19日 投稿の「尋ね人」続報
へんろ道保存協力会代表宮崎氏の車は、7日、
松山市内山中で発見されたが、本人はなお行方不明で、
所轄署では8日から周辺を捜索する。
                    (12/8 愛媛県新聞より)
ご無事ご帰宅を祈ります・・・ 
  
なお、事態が変わりましたので
11/19投稿記事より、該当の車輌ナンバー及び新聞記事を削除致しました

     ~~~~~  ~~~~~  ~~~~~  ~~~~

<速報>の<続報><続報>
 へんろ道保存協会代表者宮崎建樹氏は12月10日朝、
 車輌発見場所から2キロ離れた山の斜面で遺体となって発見されました。
 誠に残念で痛ましいことですが、
 へんろ道の整備保存に格別ご尽力されたご功績を偲び謹んでご冥福をお祈り致します。
                  合掌・・・ 
                    ブログ管理人  2010年12月11日
 
by jh5swz | 2010-12-04 10:51 | 66番雲辺寺本番 | Comments(2)