カテゴリ:71番弥谷寺( 1 )

71番弥谷寺参り

歩いた日>第56回・2011年2月4日  晴
コース> 三豊市高瀬町六つ松から
        第71番弥谷寺~第75番善通寺15,2キロ 
疲労度> ★★☆☆☆ 

その2>第71番弥谷寺参拝
f0213825_1129371.jpg
-                 地図は、NPO四国路おへんろ倶楽部発行 冊子より-

11:55 いざ、キツイ石段が天まで続くらしい弥谷寺へ出発
f0213825_8483570.jpg

           ここが530段の第一歩
f0213825_8573242.jpg

          「覚悟召されよ 530段!」と、看板が・・・
       「5年かけてここまで歩いた人なら案ずるより安し」とお先達さんはおっしゃるが・・・
f0213825_965752.jpg

11:58 ウワサの「俳句茶屋」前
           もう少しゆっくりしたかった詳細は別稿にて編集
f0213825_9154227.jpg

12:00 弥谷寺仁王門
     普通の寺は山門の向こうに伽藍が見えるのだが、見えるのは石段だけ・・・
f0213825_9351273.jpg

f0213825_14542461.jpg
境内 伽藍配置図
f0213825_1455533.jpg

       山門をくぐると「賽の河原」と呼ばれる石段が延々と続き・・・
f0213825_9432327.jpg
           -賽の河原といい、煩悩階段といい、なるほど相応しいネーミングなり-

       見上げると心臓バクバク! 朱塗りの「百八煩悩階段」
f0213825_113074.jpg

第71番 剣五山 弥谷寺(けんござん いやだにじ)
本坊門札
f0213825_109331.jpg
12:05 思いのほか早く着いた弥谷寺大師堂
     ここまでの石段は360段!
f0213825_11265568.jpg

        靴を脱いで大師堂内へ
        建物の半分は岩窟内にあり?内部は薄暗いが、そこが又神秘的
f0213825_10291445.jpg

         弘法大師が「真魚(まお)」と呼ばれた幼少の頃、
         天応5年(781)から延暦5年(786)まで、
         ここで学問されたという”獅子の岩屋”と呼ばれる洞窟、
         南面(写真右側)に明かり取りの”明星の窓”がある。
f0213825_10464116.jpg

弘法大師の両親の像が祀られる奥の院の岩窟。
f0213825_10484496.jpg
  左 父・佐伯善通(さえき よしみち)
  中 母・玉依御前(たまより ごぜん)
  右 弘法大師(42歳厄除け)像
  第75番善通寺の寺名は
  父君の名前・善通に因むという。

f0213825_1050219.jpg

  「明星の窓」の採光を受けて
  左 不動明王像
  右 毘沙門天像   が並ぶ


      お先達の仏像配置の説明の後、お納経を済ませた
f0213825_11124546.jpg

        納経を済ませて、多宝塔・十王堂前を通り本堂へ向かう
f0213825_11175785.jpg
  
      本堂へ、更に170段を登ります。
f0213825_11201654.jpg

         ここを登れば本堂・・・
f0213825_11151027.jpg

12:30 第71番剣山弥谷寺本堂 
       本堂背面の岸壁にはめ込まれたように建っています
f0213825_1137091.jpg

弥谷寺ご朱印
f0213825_1244825.jpg
 寺は聖武天皇勅願寺で、
 天平年間に行基菩薩が寺を草創した。
 山の峰が蓮の花萼に似ているところから蓮花山と名づけ、
 山頂からは四国と備前、備中、備後、安芸合わせて
 八国が望めたところから八国寺と号を称した。
 大同2年(807)、弘法大師が再訪し、
 五柄の剣と
 唐から持ち帰った金銅五鈷鈴を納めて伽藍を再興した。
 五剣を峰に納めたので剣五山、
 山の名に因んで寺名を弥谷寺と改めた。
 -NPO四国おへんろ倶楽部 冊子より- 


本堂から三野平野眺望
中央の山裾に松山高速道が走る
f0213825_1212192.jpg

本堂真下の岸壁に刻まれた(四国では珍しい)阿弥陀三尊摩崖仏
現在、三尊は自然崩壊防止のためコンクリートの庇で保護されています

f0213825_133559.jpg

      その切手
f0213825_1252199.jpg
伝説によると弘法大師はこの岩屋で8万4000体の仏像を刻んだという。


        登りは息切れのする思いだったが、下りは肝を冷やしながら・・・
f0213825_13203556.jpg

       転んだら止まらないなあ~~~
f0213825_13205630.jpg

13:00 なんとか転ばず、山門まで下りました
f0213825_13255864.jpg

山門下の「俳句茶屋」で休憩後、3,7K先の72番を目指しました
もっと ゆっくり のんびりしたかった俳句茶屋のことは、
稿を改めて編集したいと思います。
by jh5swz | 2011-02-06 13:33 | 71番弥谷寺 | Comments(0)