カテゴリ:88番から1番霊山寺へ( 1 )

この旅のファイナルイベントの一つ、
88番大窪寺から第1番霊山寺まで1泊二日でお礼参りに行って参りました。

    1番への「お礼参り」については、要不要・諸説紛々あるようですが、
   門前の小僧としては、まったく単純に
    ”生まれて育った四国を歩いて一周したかった" 
           のも大きな理由の一つでした。

    1番霊山寺から88番大窪寺で四国霊場巡拝を結願し、
   続いて88番から1番霊山寺を5年ぶりに再度参拝することで
   88の点が繋がって1200㌔の円となって 
   ”生まれた島を歩いて一周する夢” を叶えることができた!と云う 
   大きな大きな達成感と、
   終わってしまったと云う、
   一抹の寂しさ、虚脱感を味わっております昨日今日です。
                   2011/10/15

二日間の歩きコース計画(地図赤い線)
f0213825_21215640.jpg

 1日目 88番大窪寺~県境~切幡寺~法輪寺~お宿まで22,5キロ
 2日目 お宿~法輪寺~地蔵寺~愛染院~金泉寺~極楽寺~1番霊山寺へ17,9キロ

第1日目:平成23年10月13日
前回9月23日「結願」 に舞い上がってゆっくりできなかった
    第88番大窪寺を再度参拝。

09:50 胎蔵峰を背に、まだ参拝者の少ない本堂は静かに小僧を迎えてくれました。
f0213825_1984414.jpg

前回お参りできなかった修行大師像
f0213825_21231216.jpg

左右のお堂に並ぶ高さ10cmほどのミニ大師像が壮観でした
f0213825_21245976.jpg

山門前バス停の さぬき市コミュニティバス
f0213825_15225543.jpg

10:05 入念なストレッチを済ませて、いざ出発  
f0213825_7481416.jpg

10:20 少し県道を歩き、谷へ下ります  
f0213825_7494621.jpg

10:28 谷川沿いのへんろ道
f0213825_15303848.jpg へんろ道沿いの地蔵石
f0213825_1531467.jpg

11:00 県道のコスモスがきれいでした(モチロンむすめ遍路さんも) 
f0213825_15393066.jpg

11:21 これより徳島県  
f0213825_15432988.jpg

11:30 霧雨を忘れるような秋色の中を進みます  
f0213825_1545515.jpg

12:30~13:10 大月橋バス停で昼食休憩  f0213825_1549330.jpg
f0213825_1550565.jpg
お弁当は前回結願セレモニーの場所を提供、
うどんのお接待まで戴いた野田屋さんの栗ごはん。ちゃんとお返しができた?・・・


昼食を済ませ歩き始めると、霧雨は小雨になり・・・(岩野トンネル) 
f0213825_1559481.jpg

13:53 岩野トンネルから小一時間で犬墓大師堂  
修行中の弘法大師を守った忠義な犬の供養堂との由来碑があり、駆け足般若心経を奉納
f0213825_1652644.jpg
             通夜堂になっているのだろうか? 内部はちゃんと畳部屋
f0213825_1655051.jpg
               ~弘法大師が赤い前掛けをした犬を連れて~

大窪寺から15キロ、切幡寺へ7キロのド派手な看板(犬墓堂前)
f0213825_16202643.jpg

小雨があがり花遍路さん御一行、足取りも軽く秋を満喫
f0213825_16313685.jpg

f0213825_163257.jpg

彼岸桜、歓迎の一輪咲き
f0213825_164152.jpg

15:40 ここから平成18年(2006)春、巡拝出発時のコースの逆打ちとなります
f0213825_16505319.jpg

切幡寺参道登り口のうどん屋さんも健在のご様子です
f0213825_1654670.jpg   こちら2006年5月5日撮影の同看板です
f0213825_16551256.jpg

16:20 5年半前、このお店のこのお接待も確かにありました! 
(記録撮影していませんが記憶入力しています)
f0213825_16595247.jpg

本日のゴール地、法輪寺は近い! 
f0213825_1751297.jpg    柿食えば鐘が鳴るなり法輪寺
f0213825_17653.jpg

16:50 第9番法輪寺到着  
f0213825_17123179.jpg 


   こちら2006年5月5日撮影の同寺
f0213825_17164098.jpg


この寺は、田んぼの中にあるから「田中の法輪寺」と呼ばれ親しまれているらしい。
屋根瓦もちゃんと〇の十字で ”田中” ! (同行 T・Tさん撮影)
f0213825_19321112.jpg
                       実は私、姓は田中と申します。

16:55 その法輪寺駐車場からサポートバスでお宿へ移動 
f0213825_17262684.jpg

f0213825_17311380.jpg 
 法輪寺から移動10分、
 今晩のお宿は、
 (お先達さん曰く)
 これでもか これでもかと料理が出てくるという
 「八幡」という旅館。

 車中で、お宿へのお頼み般若心経を唱え
 玄関でお杖を洗い、
 お大師様にはお静かに爆睡願いまして・・・
 

18:30 入浴後の夕食会、カンパイ前のお膳
     このあと、出るは出るは料理の数々、食べなきゃ飲まなきゃ!
f0213825_17384459.jpg

20:00 一滴の麦酒にも万人の労苦を感謝しながら
f0213825_17402840.jpg

室戸岬足摺岬東道後温泉に負けず劣らず盛り上がった宴の詳細は、
個人情報保護条例に配慮し、現場中継を差し控えさせていただきます(笑)。

左足薬指の水ぶくれを木綿針で手術して爆睡。

第2日目:平成23年10月14日
いよいよ最終日、なんとなく目が冴えて午前5時半起床、6時半朝食。

07:25 お世話になったお宿の玄関でお礼の般若心経を唱えて、
      完全歩きつなぎ達成のため、昨夕乗車した法輪寺まで移動。
f0213825_1982188.jpg

07:45 第9番法輪寺本堂、結願報告旅の道中安全を願ってお納経 
f0213825_19112818.jpg

08:30 高速道越しに第8番熊谷寺仁王門(正面)に手を合わせて 
f0213825_19154983.jpg 

  2006・4/5撮影の同寺仁王門
f0213825_191837100.jpg

08:47 三木武夫元総理私邸門だそうです  
f0213825_1923017.jpg
09:10 四国一周完歩メモリアルディーは雨模様・・・
f0213825_19262015.jpg
09:18 7番から6番へ歩きながら1番へのカウントダウンが進みドキドキしてきました
f0213825_19304694.jpg

09:25 第7番十楽寺前を通過 
f0213825_1934385.jpg 
    2006・4/7は桜が満開でした
f0213825_19351845.jpg



11:13 第5番地蔵寺山門の大イチョウ
f0213825_19452437.jpg 
   2006・4/7撮影の大イチョウ
f0213825_1951320.jpg
境内には足の踏み場もないほど銀杏が
f0213825_1956755.jpg

11:56 刷毛書納経で知られる第3番金泉寺奥ノ院を通過 
f0213825_2132321.jpg   
   2006・4/7撮影の同所
f0213825_2062319.jpg


ご住職、お年を召されたか、庭木が伸び放題でございます・・・


12:25~13:10 5年前と同じ京懐石「桂居」で昼食休憩
    暖簾のデザインは少し変わっていたが、変わらぬ味が嬉しかった
f0213825_09393990.jpg

  
   ↓
2006/04/07 お四国参りの出発の日撮影
f0213825_09395337.jpg
                         

13:20 菅直人元総理も”決意の丸坊主”になった散髪屋さんらしい 
f0213825_20275427.jpg


13:30 第3番金泉寺山門  
f0213825_20355083.jpg 
    2006・4/7撮影の同山門
f0213825_20363681.jpg



金泉寺「黄金の井戸」
f0213825_2039454.jpg この井戸に顔が映れば
 3年は死ないとのことで、
 5年前に「覗いた」。「映った」。

 お蔭で5年も死なかった、
 今回はそのお礼に「覗いた」。
 以前よりハッキリ「映った」。


 ああ~また向こう3年は憎まれっ子世に憚るのだな~~~
   -門前の小僧-  井戸底カメラフラッシュが私




14:18 第2番極楽寺山門  
f0213825_20472381.jpg    2006・4/7撮影の同山門
f0213825_20484294.jpg



14:43 横殴りの雨の中、いよいよ第1番へのエンディングロード
    心臓バクバク、  
f0213825_2057378.jpg

14:51 ばんどう門前通り、四国第1番の石柱の奥に霊山寺山門が雨に煙ります 
f0213825_2122075.jpg

14:56 信号が青に変わるのを待つ間の心臓ドキドキも弘法大師の演出だったでしょうか 
f0213825_21131433.jpg

15:00 第一番 竺和山 霊山寺山門、大提灯を灯して空海師のお出迎え  
f0213825_21443692.jpg
 
   お納経のため本堂内陣へ上がる頃、
          「雨降って地固まる」とは申せ、
                写真撮影どころではないほどのドシャ降り・・・ 

               これから長い旅に出発される方
                            どうぞ道中ご安全に! 
f0213825_20593652.jpg
                今、長い旅を終えて帰還した私達
f0213825_211124.jpg

 お先達さん始め、同行皆さんに感謝の握手を求めた門前の小僧・・・
    とにかく、生まれた「島」を歩いて一周するという夢は叶った!
              歩けた~~~
     
お納経帳
f0213825_1045312.jpg
f0213825_10451761.jpg

昭和46年(1971) 9月 7日、
サラリーマン時代、大阪・道修町から出張した薬種問屋の青年が、
霊山寺門前のお取引先薬局の勧めで初参拝以来、このツアーを含めて3回参詣、
てっきり4度目の重ねご朱印だと思っていましたが・・・
平成23年(2011)10月14日、
結願お礼参拝の墨書きはご本尊名ではなく、帰宅しても何と書いてあるのか解らなかった、
尋ねなかったコトも恥ずかしいが、あまりにも達筆であり判読困難でもあったのだが・・・
調べてみると墨書きは「願行成圓(がんぎょうじょうえん)」。
その意味は『あなたが前世より願っていた仏の修行が円満に成就した。』と言うのだそうだ。
落ちこぼれ遍路、門前の小僧には勿体ないお言葉であり、意味が解って恐縮しているのです。
<余談>
  例えば50番で結願したお遍路は出発した49番で「願行成圓」のお納経書きを受けることができ、
  1番寺に限定された墨書きでもないらしい。
 


願行成圓も然りながら、
私には「1125キロを歩いて四国を一周」できたことが大事件であり、
こ気味のいい達成感と一抹の虚脱感を味わっておりますが、
結願と願行成圓は二順目の出発だと云う話しもあり、
おそらく・・・ また出かける予感・・・
f0213825_8311199.jpg


平成18年(2006)4月7日午前10時、四国八十八ヶ所巡拝出発時の霊山寺山門です
f0213825_9334730.jpg


帰宅後の風呂上り、女房とカンパイしながらよく見れば、
雨で濡れた靴を通した水でふやけた左足薬指にソラ豆大の水ぶくれ、
ペロンと剥げた皮膚を切り取り、痛む生身に秘伝の軟膏塗って、
それでも熱燗の追加・・・ 懲りない門前の小僧でした。 10/16記

その足のそら豆も若さと自然治癒力で完全に消滅、
昨夕から、高野山へのトレーニング再開、
「頼むぜ、細い足」と、門前の小僧。
”主の根性次第でござる”と、細い足。          10/24記

11月3~4日の高野山・満願成就参詣の計画
11/03 当地から九度山町慈尊院までバス移動~矢立まで13,6K歩き、宿坊遍照尊院宿泊
11/04 宿坊お勤めのあと矢立~弘法大師御廟まで10,5K歩き、参拝後当地までバス移動

by jh5swz | 2011-10-15 21:48 | 88番から1番霊山寺へ | Comments(2)