空海師生誕地善通寺参拝

歩いた日>第56回・2011年2月4日  晴
コース> 三豊市発 第71番弥谷寺~第75番善通寺15,2キロ 
疲労度> ★★☆☆☆ 


その4>空海生誕地 75番善通寺参拝
その1>出発地から読む ⇐クリック

f0213825_1146321.jpg  甲山寺参拝、休憩後
  本日最後の札所
  大師誕生院・善通寺までは1,6K。

  善通寺は
  高野山、総本山東寺とともに
  空海三大霊場と謂われ、
  伽藍の規模、境内の雰囲気ともに
  独得のものがあると聞き及びます。


16:10 甲山寺前の橋を渡って善通寺市街を目指し出発。
f0213825_933773.jpg

16:20 弘法大師幼時霊場 番外札所仙遊寺
f0213825_9101276.jpg
  弘法大師幼少のころ
  ここで泥土で仏像を作り、
  草で作った小さな御堂に
  祀って遊んでいたと云う。
  この寺は、
  子供の夜泣きに
  霊験あらたかとか・・・


16:25 善通寺市史跡「犬塚」
f0213825_9132990.jpg












f0213825_9163198.jpg


旧道を行く歩き遍路の楽しみらしい、名物カタパン屋、
「本日売り切れ」の看板が風にゆれていました・・・ ざんね~ん。
f0213825_9441387.jpg
    創業明治29年(1896)の老舗、仁王門近くで昔ながらの自家製カタパンを販売している。
    手作業でつくる独特の味と食感は秘伝、名物カタパンは噛むのも困難なほど硬い。と云う。
                                -善通寺観光マップより-

                             
16:35 第75番善通寺到着 
  以下、建造物などの説明は善通寺観光栞、文化庁データーベース等を参考にさせて頂きました。
f0213825_9313929.jpg
f0213825_9252432.jpg

<寺名由来>
 弘法大師空海の父の名前は佐伯直田公善通(さえきのあたいたぎみよしみち)と云う
讃岐国造(くにのみやっこ)に任じられた地方の豪族だった。
 大同元年(806)唐から帰国した空海は佐伯一族の氏寺として伽藍の建立を発願し、
父、佐伯善通から45万㎡の広大な敷地を譲り受けて、弘仁4年(813)七堂伽藍を
完成させた。
 背後に連なる香色山、筆山、我拝師山、中山、火上山の五岳が屏風ように見える
ことから、「屏風ヶ浦五岳山」と号し、寺名を父、善通の名から「善通寺」とした。
                       (手持参考書より取捨選択して編集)
 
   長~い修行中の苦労は計り知れないものがあったと思いますが、
   巷間伝わる”お遍路空海”のイメージと異なり、幼少の砌りは
   豪族父母の寵愛を受け乳母日傘で育った時代もあったようで
   「な~んだエエとこのボンボンだったのか」などと、意外でした。


広い駐車場から済世橋を渡り境内に入ります
 橋は大師が留学した洛陽の天津橋を模し、渡る人の罪障消滅を祈願するものだという。
f0213825_1095689.jpg

善通寺伽藍絵図
f0213825_81366.png
                        (画像帰属「香川県の観光」サイトより)
       広大な境内は東西2院に分かれ、
       東院は金堂を中心に五重大塔、五社明神、鐘楼、三帝御廟など、
       西院は御蔭堂を中心に勅使門、聖霊院、護摩堂、表書院などが並び
       南正門に南大門、東に赤門、西は中門から誕生院に通じています。

       東西院の中央を縦断する市道に面した中門をくぐる
       入母屋造り本瓦葺き、左右に袴腰を設け、梁には雲龍や鶴が彫ってあり、
         軒は総反りで垂木を扇型に配し、優美で特異な外観をもつ国指定文化財。
f0213825_1030202.jpg

       中門の左右に五百羅漢が並びますが、
f0213825_10373626.jpg
       山中に並ぶ雲辺寺五百羅漢の方がはるかに趣きがありました・・・
f0213825_10381230.jpg

      総本山善通寺正門にあたる南大門の奥に金堂(本堂)が見えます。
f0213825_10472783.jpg

      南大門をくぐると右に五重塔
      創建以来、台風や火災で度々倒壊焼失を繰り返したが、
      現在の塔は弘化2年(1845)着工、
      明治35年(1902)に竣工したという高さ45m、総欅造りの大塔。
        
f0213825_1058954.jpg
          塔の中心を貫く心柱が鎖でつり下げられ、
          礎石から約6センチ浮いた「懸垂工法」で
          全国でもあまり施工例のない珍しい木造塔だという。
          先人はなぜ柱を浮かそうと考えたのだろう。

 南大門の左の樹齢千年を越えると云う大楠。
   弘法大師が真魚(まお)と呼ばれたお坊ちゃま?の頃、
         既に大木だったこの樹に登って遊んでいたと伝わる。

f0213825_10514493.jpg
     
東院の中心に第75番 五岳山 善通寺金堂(本堂) 
f0213825_1144643.jpg

金堂お納経後、中門から引き返して西院の仁王門をくぐり
f0213825_1182373.jpg

大師堂への回廊(参道)を進み
 天井には弘法大師の生涯?を描いた額がズラりと。
         左手みやげ屋さんで参拝記念に般若心経を染め抜いた手拭いを購入。
f0213825_11121138.jpg

御影堂(大師堂)へ
  空海師が生まれた佐伯家邸宅地に建ち、地下には約100mの「戒壇めぐり」があり、
  真っ暗闇の中、壁を伝って宝号を唱えながら大師を訪ねる修行の場となっている。
   全山5時閉門とて、「戒壇巡り」は来月と云うことになりました。

f0213825_11133483.jpg

16:55 弘法大師誕生場 御影堂お納経 
     (滑り込みセーフ)
f0213825_11161774.jpg
  
善通寺ご朱印
f0213825_11212422.jpg
         切手(金銅錫杖頭)
f0213825_1128057.jpg

  納経帳左上丸い朱印は、初参拝した空海生誕1200年大祭(昭和49年)の訪印。
 当時、会社勤めで四国内を車で出張しながらの「サラリーマン乱れ打ち」でした。
  納経帖は昭和46年9月7日、1番霊山寺前の取引先の奨めで買った年代もの

  切手の意匠は、唐に留学中の大師が恵果和尚から真言宗後継者の証しとして
 授けられた国宝「三国伝来金銅錫杖頭」。


今回の足あと
三豊市六ツ松から善通寺まで 15,2K
第1番霊山寺から通算歩行距離989K



     善通寺市は善通寺の門前町として栄えた町で、
    サラリーマン時代にお世話になった南大門前のお取引先を、
    ん十年ぶりに訪問、しっかり覚えていて下さりお接待を受けたことです。
f0213825_11585997.jpg

     ところで、
     霊場八十八ヶ寺の寺名が「市」の名前になっているのは、
     観音寺市と善通寺市の2市だけですね~?
     もっとありそうなものですが・・・
         あってもいいと思うのですが。
by jh5swz | 2011-02-13 12:13 | 75番善通寺 | Comments(5)

歩いた日>第56回・2011年2月4日  晴
コース> 三豊市発 第71番弥谷寺~第75番善通寺15,2キロ 
疲労度> ★★☆☆☆ 


その4>71番弥谷寺から
  72番曼荼羅・73番出釈迦・74番甲山寺まで

f0213825_925147.jpg

13:10 鬱蒼とした竹やぶをトラバースして
f0213825_974398.jpg

13:20 枯れ葉を敷き詰めた山道を下り
                          足元が気になってピンボケ+手ぶれ気味・・・
f0213825_9101722.jpg

          正面の大池目指して裾野を降りて
f0213825_917112.jpg

13:30 高松自動車道の高架を潜り
f0213825_9195243.jpg
  この5年間の歩き旅道中
  もう何度このように高速道下を
  潜ったことでしょう・・・
  こんなご時世、空海師も真念さんも
  想像もしなかった、
  思いもよらなかった?・・・

13:40 国道11号へ出ると、出釈迦寺奥の院のある我拝師山が正面に
       かって華やかだったドライブインは高速道の影響でしょうか廃業モードでした・・・
f0213825_9264859.jpg

f0213825_166721.jpg

  国道を横切り、
  里道の梅一輪に
  背中押されて
  励まされ~~


13:55 坂道を我拝師山(がはいしざん)のふもと目指して
f0213825_9402775.jpg

f0213825_10201721.jpg
  札所順番を守れば
  72番⇒73番なのだが、
  74番への道順を考えて
   お先達さんは
  72番⇒73番を参拝。
  「逆打ち」初体験!


<巡拝のいろいろ>
 遍路は順番どおり参拝しなければならないと云う訳ではなく、
 それぞれの居住地の都合や移動手段、日程行程などさまざまです。

 一度で88ヵ所すべてを回ることを「通し打ち」、
  何回かに分けて巡ることを「区切り打ち」といいます。

 また札所の順番どおり回るのを「順打ち」、
  逆に回るのを「逆打ち」といいます。

 閏年に逆打ちをする方があるのは、
 倍の御利益があるとか、
 衛門三郎の伝説に習い弘法大師とすれ違うと云う言い伝えがあるからでしょうか。

 近年は順序を無視して巡る「乱れ打ち」というのもあるようですがそれも一興。
 私達のようにまとまった日数が取れなくて、
 月1回、足かけ5年もかけて巡る遍路は「双六打ち」とでも云うのでしょうか?
☞「双六打ち」は私の造語につき、まだ世間には通用しないかも・・・ 

なるほど、地図をみれば、さすがお先達!

14:05 73番出釈迦寺参道
      はるか後方、中央の谷の中ほどに奥の院捨身ケ嶽禅定が見えました
f0213825_10403929.jpg

 山あれば山を観る は種田山頭火の自由律句で 
 雨の日は雨を聴く 
      春夏秋冬 
         あしたもよろし 
            ゆうべもよろし
              すなほに咲いて白い花
  
    と続く、私の好きな山頭火さんの代表句。
    叶うことなら全句を刻み込んで欲しかった・・・

陽を背にした大師像に迎えられて
f0213825_10541815.jpg
     最近新築と思しき出釈迦寺山門を潜る
f0213825_1055920.jpg



f0213825_1102969.jpg境内伽藍配置図
f0213825_1112373.jpg


14:10 第73番 我拝師山 出釈迦寺
             手前、本堂と、奥 大師堂
f0213825_1191035.jpg

出釈迦寺ご朱印
f0213825_14531517.jpg
            切手
f0213825_14534868.jpg


f0213825_11164153.jpg
  (体力&時間的に)参拝はできなかったが、
  奥の院捨身ケ嶽禅定は
  本堂から急坂を徒歩40分の我拝師山中腹に建つ
  衆生済度発願の根本道場で、
  弘法大師7歳のとき仏道に入り、
  救世の大誓願を立てようと
  この断崖から身を投じると
  たちまち紫雲がたなびき
  舞い降りた天女に抱き止められ・・・
  云々と続きますが、
  マユツバ?的すぎるので。以下省略。
    <画像は地元観光パンフレットより>


ここまで超人化されると、空海師も苦笑いかな?と思いましたが
そこはそれ、なんでもありで懐の広い四国霊場物語かと・・・。


奥の院への登り口看板
f0213825_1125284.jpg これより私有地につき車輌一切通行禁止。
 無断通行車輌1台罰金10万円。
 罰金は車道整備費として使用します。
 ※看板が見えなかったと云う方も10万円頂きます。 
                    住職・総代
 -当ブログご笑見の方は参拝時ご注意下さい-



14:45 出釈迦寺からわずか300mほど下ると曼荼羅寺山門
f0213825_1138276.jpg
  
f0213825_1523719.jpg
f0213825_11511433.jpg

第72番 我拝師山 曼荼羅寺 本堂
  逆光の悪戯か弘法大師のご降臨か?なんとも不思議な写真になりました
f0213825_1155373.jpg

        曼荼羅寺大師堂お納経中
f0213825_1235093.jpg

 曼荼羅寺ご朱印
f0213825_14594650.jpg
                 切手
f0213825_1504794.jpg

    切手のデザインは
    観音堂に安置されている158cmの檜一木造りの聖観音立像。



大師が唐から帰国した翌年の大同2年(807)から3年がかりで
七堂伽藍を建立した記念に植えられたと伝わる「不老の松」は
惜しくも平成14年松くい虫に侵食されて枯れてしまったとのこと・・・
 健在時、推定樹齢約1200年、高さ約4メートル、東西約17m、南北約18mに及び、
青々とした樹勢を保ち続けていたという。
<写真はClub88ご好意により>
f0213825_121398.jpg

            曼荼羅寺から甲山寺へは2.2Kの道のり
f0213825_1311987.jpg

15:30 西日を背に田園を善通寺市街地へ向かう
f0213825_12203843.jpg

15:40 第74番甲山寺(こうやまじ)到着  
               こちらは(裏)通用門? 庫裏門?
f0213825_12411086.jpg

f0213825_12465819.jpg
境内伽藍配置図
f0213825_12473632.jpg


            (上の配置図で納経所・庫裏前の)旧山門 現在の中門?
        今は駐車場側に立派な山門が建立されていましたが、こちらの方がそれらしくて

f0213825_1253521.jpg

        その中門のかっての風情
           画像は同級生から借用中の1997年昭文社発刊「四国八十八ヶ寺巡り」より
f0213825_15382343.jpg

       第74番 医王山 甲山寺本堂(左大師堂)
f0213825_1243838.jpg
    <甲山寺縁起由来>
      弘仁12年(821)、勅命により満濃池の修築を完成させた大師は、
      下賜された報奨金を元に伽藍を建立し、工事の安全を祈願して刻んだ
      薬師如来を本尊として安置し、その薬師如来に因み山号を医王山、
      裏山の形が毘沙門天の甲冑に似ていたことから甲山寺と称したと云う。

  甲山寺ご朱印(初参拝でした)
f0213825_1544773.jpg
                 切手
f0213825_1551955.jpg

<いつか訪れたい空海師と満濃池ゆかりの別格寺>
弘法大師が満濃池改修完工の下賜金で建立したと聞く寺として、もう一ヶ寺、
満濃池の傍の別格第17番神野寺(かんのじ)があります・・・。

      (画像は四国別格20霊場冊子より)
f0213825_1711925.jpg

さて、参拝、納経、休憩後、
16:05 いよいよ大師誕生院総本山善通寺へ出発  

 余談ながら・・・
<弘法大師と満濃池>
この歩き遍路を始めて5年、道中各地で見聞きする弘法大師伝説は、
干ばつのとき雨を降らせた、杖を突いたら泉が湧いた、池になったと
「治水大明神」の如く崇め伝えられていますが、満濃池改修ばかりは
伝説でも伝承でもなく、弘法大師が大改修した日本最大の溜池です。

    ここから約12K?、時間があれば行ってみたかった満濃池
       この画像は 「満濃池土地改良区HPよりお借り致しました
f0213825_10163980.jpg
          弘法大師が設計?したと伝わる満濃池堤防大改修の2大ポイント。
        1)水圧分散のため堤防の形を当時国内には無かった「アーチ型」にしたこと。
        2)雨季の水量調整のため「余水吐き」と呼ばれる水抜き路設備を設けたこと。
                                       だそうです。
        そういえば、堤防は黒部ダムとそっくりではありませんか!
        唐であらゆる分野を学んだ空海師は土木建築家でもあったのでしょうか・・・


 当ブログへのご意見・ご叱正は
       jh5swz@orange.ocn.ne.jp まで
by jh5swz | 2011-02-11 16:39 | 71番から74番甲山寺 | Comments(0)

弥谷寺参道 俳句茶屋

歩いた日>第56回・2011年2月4日  晴
コース> 三豊市発
      第71番弥谷寺~第75番善通寺 15,2キロ 
疲労度> ★★☆☆☆ 

 上記のコースの内、私の好きな「俳句茶屋」をピックアップします。
その3>弥谷寺参道 俳句茶屋
         前稿でもUPした弥谷寺参道の「俳句茶屋」風情。
         お先達さんには誠に申し訳ないのですが、
         私が今回のコースで一番楽しみにしていたのが
         遍路には関係の無い、ココでした!
         ので、もう少しゆっくりしたかった・・・のです・・・
f0213825_2091644.jpg

以下、新聞の切り抜きや関連のリンクを参考に茶屋をご紹介します。

      弥谷寺の参道を登って行くと、ほどなく、
      参拝の休憩所として百年以上の歴史を刻んできた一軒の茶屋があります。
f0213825_19195160.jpg

      茶屋には遍路が書き残した俳句の短冊が軒下、暖簾、戸障子を問わず
f0213825_2024135.jpg

  部屋の天井まで張り巡らされていることから「俳句茶屋」と呼ばれています。
f0213825_19181428.jpg

 当初は弥谷寺の関係者が始めた茶屋兼遍路宿で、
 その後二代目、三代目と茶屋を気に入ったお遍路が引き継いで現在に至ると聞きます。
 四代目に名乗りを上げておきたい門前の小僧です。

 NHK-TVのウオーカーズや「街道てくてく」でもお馴染みになったこの茶屋には、
出演したタレントさん達も俳句を残していました。

 ベッキーさんの一句
 写真を伸ばしてよく見たら、
 右端の「晴れ女 台風それて・・・」の詠み人は”風吹”
 きっと風吹ジュンさんでしょう。
f0213825_20255978.jpg
     四元奈生美さんの一句
     奔放闊達な彼女の句は
     戸障子に溢れんばかりに書いてありました。
f0213825_2028141.jpg

     吾もまた と、
     朝から、内心秘かに・・・歩きながらひねった一句
     遍路旅葉隠れの道やぶ椿 -門前の小僧- 
         好きな藤沢周平にいささか漬かり過ぎかなあ~~

 そんな茶屋には、
 秘伝の隠し味でお遍路の疲れを癒やし、
 参拝客を魅了してきた名物があります。
 初代から百年以上受け継いできたトコロテン、あめ湯、甘酒に草餅・・・。 
 同行の娘お遍路さんにお接待された草餅は誠に美味で胃袋の中に入ってしまったので、
 せめて空箱のステッカーをご紹介します。
f0213825_1943675.jpg
          いつか是非、もう一度参拝して草餅で番茶をすすりたい。 

 【メモ】弥谷寺は三豊鳥坂ICから車で15分。俳句茶屋は表参道を登って2分。
     短冊や筆も使わせてもらって投句は無料。
     ところてん、あめ湯、甘酒(各300円)のほかにうどん(400円)や
     まんじゅう(100円)も味わえる。
     営業時間は午前7時-午後5時で不定休。(四国新聞)
     「不定休」とは、欲がなくて気に入った!
現在地

このあと、
弥谷寺へ530段の石段と反対方向へ進み、72番・73番を目指します。
先は長い、日もながくなりました、門前の小僧のんびりゆっくり参ります。
f0213825_16333663.jpg


2011年5月4日、弥谷寺再訪時の門前の小僧の投句
     山吹に背中押されて弥谷寺 -門前の小僧-
俳句茶屋で茶のお接待をいただきながら、
「俳句の里、松山からのお遍路さんならば是非一句!」と、
茶屋のおじさんに乗せられて駄作を一句投稿
生まれて初めて色紙と筆を渡されて心臓バクバク!
f0213825_11113796.jpg
茶屋の「オジサンの句評。
「俳句は心、筆の巧拙は論外、色紙にあふれる若さがいい!」
と、褒め殺されて・・・小僧赤面、俳句は度胸かも・・・
       (因みに色紙代無料、恐縮・・・)
本日、この時間までの投句
f0213825_11434654.jpg

by jh5swz | 2011-02-08 21:30 | 弥谷寺俳句茶屋 | Comments(2)

71番弥谷寺参り

歩いた日>第56回・2011年2月4日  晴
コース> 三豊市高瀬町六つ松から
        第71番弥谷寺~第75番善通寺15,2キロ 
疲労度> ★★☆☆☆ 

その2>第71番弥谷寺参拝
f0213825_1129371.jpg
-                 地図は、NPO四国路おへんろ倶楽部発行 冊子より-

11:55 いざ、キツイ石段が天まで続くらしい弥谷寺へ出発
f0213825_8483570.jpg

           ここが530段の第一歩
f0213825_8573242.jpg

          「覚悟召されよ 530段!」と、看板が・・・
       「5年かけてここまで歩いた人なら案ずるより安し」とお先達さんはおっしゃるが・・・
f0213825_965752.jpg

11:58 ウワサの「俳句茶屋」前
           もう少しゆっくりしたかった詳細は別稿にて編集
f0213825_9154227.jpg

12:00 弥谷寺仁王門
     普通の寺は山門の向こうに伽藍が見えるのだが、見えるのは石段だけ・・・
f0213825_9351273.jpg

f0213825_14542461.jpg
境内 伽藍配置図
f0213825_1455533.jpg

       山門をくぐると「賽の河原」と呼ばれる石段が延々と続き・・・
f0213825_9432327.jpg
           -賽の河原といい、煩悩階段といい、なるほど相応しいネーミングなり-

       見上げると心臓バクバク! 朱塗りの「百八煩悩階段」
f0213825_113074.jpg

第71番 剣五山 弥谷寺(けんござん いやだにじ)
本坊門札
f0213825_109331.jpg
12:05 思いのほか早く着いた弥谷寺大師堂
     ここまでの石段は360段!
f0213825_11265568.jpg

        靴を脱いで大師堂内へ
        建物の半分は岩窟内にあり?内部は薄暗いが、そこが又神秘的
f0213825_10291445.jpg

         弘法大師が「真魚(まお)」と呼ばれた幼少の頃、
         天応5年(781)から延暦5年(786)まで、
         ここで学問されたという”獅子の岩屋”と呼ばれる洞窟、
         南面(写真右側)に明かり取りの”明星の窓”がある。
f0213825_10464116.jpg

弘法大師の両親の像が祀られる奥の院の岩窟。
f0213825_10484496.jpg
  左 父・佐伯善通(さえき よしみち)
  中 母・玉依御前(たまより ごぜん)
  右 弘法大師(42歳厄除け)像
  第75番善通寺の寺名は
  父君の名前・善通に因むという。

f0213825_1050219.jpg

  「明星の窓」の採光を受けて
  左 不動明王像
  右 毘沙門天像   が並ぶ


      お先達の仏像配置の説明の後、お納経を済ませた
f0213825_11124546.jpg

        納経を済ませて、多宝塔・十王堂前を通り本堂へ向かう
f0213825_11175785.jpg
  
      本堂へ、更に170段を登ります。
f0213825_11201654.jpg

         ここを登れば本堂・・・
f0213825_11151027.jpg

12:30 第71番剣山弥谷寺本堂 
       本堂背面の岸壁にはめ込まれたように建っています
f0213825_1137091.jpg

弥谷寺ご朱印
f0213825_1244825.jpg
 寺は聖武天皇勅願寺で、
 天平年間に行基菩薩が寺を草創した。
 山の峰が蓮の花萼に似ているところから蓮花山と名づけ、
 山頂からは四国と備前、備中、備後、安芸合わせて
 八国が望めたところから八国寺と号を称した。
 大同2年(807)、弘法大師が再訪し、
 五柄の剣と
 唐から持ち帰った金銅五鈷鈴を納めて伽藍を再興した。
 五剣を峰に納めたので剣五山、
 山の名に因んで寺名を弥谷寺と改めた。
 -NPO四国おへんろ倶楽部 冊子より- 


本堂から三野平野眺望
中央の山裾に松山高速道が走る
f0213825_1212192.jpg

本堂真下の岸壁に刻まれた(四国では珍しい)阿弥陀三尊摩崖仏
現在、三尊は自然崩壊防止のためコンクリートの庇で保護されています

f0213825_133559.jpg

      その切手
f0213825_1252199.jpg
伝説によると弘法大師はこの岩屋で8万4000体の仏像を刻んだという。


        登りは息切れのする思いだったが、下りは肝を冷やしながら・・・
f0213825_13203556.jpg

       転んだら止まらないなあ~~~
f0213825_13205630.jpg

13:00 なんとか転ばず、山門まで下りました
f0213825_13255864.jpg

山門下の「俳句茶屋」で休憩後、3,7K先の72番を目指しました
もっと ゆっくり のんびりしたかった俳句茶屋のことは、
稿を改めて編集したいと思います。
by jh5swz | 2011-02-06 13:33 | 71番弥谷寺 | Comments(0)

三豊市から弥谷寺へ

歩いた日>第56回・2011年2月4日  晴
コース> 第71番弥谷寺から第75番善通寺まで15,2キロ 
疲労度> ★★☆☆☆ 


その1>三豊市六ツ松から71番弥谷寺のふもとまで7キロの道中記。 

今回の巡拝図
-地図はNPO四国路おへろ倶楽部」冊子より-
f0213825_14254819.jpg

今回は参拝霊場は5ケ寺あり、
記録しておきたい所も多いので、少しずつレポートいたします。

08:50 前回ゴール地、六ツ松のCVSを出発
f0213825_12102585.jpg

        まさに立春、絶好のお遍路日和(信心の賜物か!)
f0213825_1316618.jpg

       讃岐のランドマーク?ため池に 姿映して へんろ道を進みます
f0213825_12185098.jpg

09:50 四国の道・道しるべ
f0213825_1221382.jpg        こ礼より いやたにち 30丁(約4K?)
f0213825_12215926.jpg


10:35 旧讃岐(金比羅)街道を
        この道は、目指す正面の弥谷山を目指してほぼ真っ直ぐに伸びていて驚いた。
f0213825_1312397.jpg

       めざすは正面、弥谷山(382m)の南面中腹の霊場・弥谷寺
f0213825_13221946.jpg

11:00 八丁目大師堂でいっぷく 
        右の標柱に弥谷寺山門まで400m、大師堂まで700m、本堂まで約1㎞とあり、
        合計約2K、530余段の石段を登るのだそうだ・・・ちょっと細い足がビビった。
f0213825_13254883.jpg

       少しへんろ道を登ると「みちの駅 みの(いやだに温泉)」があり
f0213825_14153761.jpg

            本日は本場さぬきうどん定食 11:10~11:50 昼食・休憩
f0213825_1417559.jpg

       さすがにさぬきうどんは☆☆☆でペロリと平らげたが、
       満腹のあと、この山の530段の石段を登なければならない・・・嗚呼・・・
f0213825_14314880.jpg

ここまでの足あと
 本山寺近くのCVSから弥谷寺近くのふれあいパークまで午前中に7キロ

続く その2>71番弥谷寺へ
by jh5swz | 2011-02-05 11:51 | 三豊から71番弥谷寺へ | Comments(0)

平成23年2月3日、第51番石手寺の節分祭に行ってきました。

仁王門を入ると
f0213825_15581774.jpg


すでに境内は善男善女が溢れて
f0213825_13155655.jpg

今日はお線香も束のまま焚かれ
f0213825_132816100.jpg
熱心にお願い事をしていたおばさんの眉毛が焦げたハプニングもあり・・・
f0213825_13292179.jpg

若いお嬢さんも神妙に良縁をお祈り!
f0213825_13354753.jpg

お線香に煙る三重塔
f0213825_1337259.jpg

境内中央の柴灯護摩祈祷祭壇は参拝者の願いの山 山 山
f0213825_13425942.jpg

f0213825_1555566.gif
 お護摩焚きは午後3時から、とのこと・・・
 祭壇中央の柴に火が入ると
 山の如くに積まれた護摩は
 般若心経の読経とともに
 次々火の中へ投げ入れられ
 炎は天を撞いて願いを届けることでしょう。
 -写真は石手寺HPより借用しました- 



かたや本坊からお坊さんの先導で除厄の赤鬼・青鬼のご登場
f0213825_13535591.jpg

参拝者は、己の病んでいる処を「ささら」と呼ばれるモノで叩いて邪を払ってもらう。
私、頭でも叩いてもらえばよかったかな~・・・
f0213825_1357406.jpg

2011年に幸あれ~!
f0213825_1401720.jpg


 明日4日は第1金曜日、恒例の歩き遍路。
 第56回は観音寺市から善通寺市まで15,2K。
 考えてみると、
 霊場88ケ寺の寺名が市名になっているのは
 観音寺と善通寺だけなのだ~
by jh5swz | 2011-02-03 14:01 | その後のきまぐれ遍路 | Comments(0)