ロシア兵墓地 2011・12/21

 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」は、いよいよ最終回を迎えます。
   ドラマと直接の関係はありませんが、
 今日は、小説の主役、秋山好古・真之兄弟と正岡子規の故郷松山と
 日露戦争の関わりを物語るロシア兵墓地へお参りに行ってきました。
f0213825_955329.jpg

ロシア兵墓地は、
51番石手寺から道後温泉を経て52番太山寺に至る遍路道の途中、
松山大学キャンパスから歩いて約300mの御幸山中腹にあります。
f0213825_21164480.jpg
     「現在地」表示の右下が墓地になります(画像は2010年3月5日のお遍路のとき撮影)

f0213825_9512410.jpg

大学の好意で設けられた駐車場から少し下り、道沿いの短い石段を登ると
f0213825_1001536.jpg

ロシア兵墓地です。
f0213825_21282432.jpg
     墓地は陸軍によって妙見山の山頂につくられ、昭和35年にこの地へ移されたました。

ロシア兵の多くは戦争終結後、帰国しましたが、
収容中に病気などで亡くなった98名を悼み、松山で手厚く葬られました。
f0213825_1928473.jpg


日露戦争(明治37年2月~38年9月)で、
捕虜となったロシア将兵7万人は日本の各都市に収容されました。
その中でも松山は最も多い4000人の捕虜を受け入れ、
愛媛県は、当時の戦時国際法のルールに則り、
「捕虜は罪人ではない。
    祖国のために奮闘して敗れた心情を汲み取って
            侮辱を与えるような行為は厳に慎め」

 という訓告を発していたという記録があります。

松山市民のロシア兵捕虜に対する「おもてなし」は、とりわけ手厚く、
市内への出入りはもちろん、海水浴や道後温泉への入浴など
比較的自由な生活が許されていたと云うことです。
f0213825_21323336.jpg


戦時、ロシア兵がその評判を聞き、
    戦地で日本兵に捕まったとき
      「マツヤマ、マツヤマ(へ連れて行ってくれ)」と叫びながら
                       投降したと云う逸話も残っています。
f0213825_21352423.jpg


墓地は、100年を経た現在も
地元勝山中学校の生徒や保存会の人々の手により定期的に清掃が続けられ、
時節柄の落ち葉以外にゴミ一つ落ちていませんでした。
f0213825_2149523.jpg

一人一人の墓標は、はるか北方の祖国ロシアを向いて建てられています。
f0213825_21515538.jpg

     石碑には「露軍砲兵卒〇〇の墓」と日本語で彫られ、
     前左の黒石板には、名前と死亡年月日がロシア語と日本語で書かれ、
     前右のプレートには、ロシア語で階級と名前と亡くなった日が彫ってあり、
     花挿しの供花は絶えることが無いそうです。

その98柱の石碑の中に、とりわけ大きなボイスマン大佐の墓標と胸像があります。
f0213825_19224860.jpg
  彼は旅順艦隊の戦艦ペレスベートの艦長で、
  海戦で負傷し捕虜になりました。
  日本側は、大佐という階級と
  負傷兵であることを考慮して、
  ロシアに送還しようと策しましたが
  「兵卒と共にありたい」と拒み、
  「それなら妻子を呼び寄せよ」、
  と勧めましたがこれも謝辞し、
  収容されて八ヵ月後、
  胃がんで他界しました。
  享年50歳。

  写真の大佐の胸像はロシアで作られましたが、
  当時ロシアは不況下で日本へ送る資金が無く、
  その輸送資金を松山市民や学生が募金で賄い、
  「日露友好のかけ橋」として寄贈を受けて、
  1994年ここに建立されたということです。


 
 決して美談に祀り上げようとは思いませんが、
 日本側の母国への送還策を
 「兵卒と共にありたい」と拒んだ大佐の気概と、
 「ならば妻子を呼び寄せよ」と応えた松山人の優しさが、
 100年の歴史に彩りを添えて、
 胸像は冬空に北の方向を見つめて凛と立っていました。

 明治の人々の“武士道”と松山人の“お接待の心”を誇りに思いながら,
ここで亡くなった人や、その人々のために尽くした人々に思いを馳せるとき、
やっぱり平和がいいなあ~、と、平和ボケに浸った門前の小僧でした。 合掌・・・


 帰り道、シベリア抑留のことが一瞬頭をよぎり、
 明治と昭和という時代の違いなのか?とも思いましたが、
 「プーチンさん、一度松山へおいでなもし、
       ニッポンそんなに悪者ばかりじゃないですよ」と
 車の中で独り言をつぶやいてピリオドを打ちました。

 このページは、
 墓地内の碑文を読み、メモを取り、この墓地に関する資料を読み漁り編集しました。
 差し障りがありましたら、ご注意、お叱りを願い致します、書き換えますから・・・
     
 広報 まつやま 平成25年1月15日号によると、

 呼称「ロシア人墓地」は、
 日露戦争で捕虜となり、亡くなったロシア兵が埋葬された墓地で、
 当時、ロシア兵は全てロシア人だと思われていたため、
 これまでそう呼ばれてきました。
 しかし、日本・ポーランド共同研究チームの調査により、
 埋葬されている98人のうち12人がポーランド人であることが確認されたため、
 呼称を「ロシア兵墓地」に変更します。

 との広報があり、当ブログも記事内の該当呼称を「ロシア兵墓地」と修正いたします。
              平成25年1月10日 -編集子-

by jh5swz | 2011-12-21 22:48 | ロシア兵墓地 | Comments(1)

 歩き始めて2年が過ぎた頃、
 遍路の服装について
 お先達にお尋ねしました。

 私、
  「白衣(びゃくえ)を着る意味は?」
 お先達、答えて曰く
  「意味はありませんが、
  特に一人歩き遍路のときは、
  白衣を着て、輪袈裟くらいは身に付けるのがよろしいでしょう、
  白衣も着ないで一人でウロウロ歩いていると
  知らない町や村では浮浪者・不審者と間違われますから
」。

 わかりやすい名回答を戴いた歩き遍路の禅問答でした。

 
 さて、12月の日曜日も今日を入れてあと2回、
 忘れたいけど、忘れてはいけない大震災など
 今年もいろいろありましたが、
 皆さん「忘年会」は終わりましたか?

 「忘年会」と云えば、
 2008年12月4日は足摺岬第38番金剛福寺参拝のあと、
 岬のホテルで開いた「遍路忘年会」が忘れられません。

 カテゴリー38番足摺岬一泊」ページの再編集をしながら
 思い出にどっぷり浸かっております。
 
この絶壁の向こうが足摺岬 2008・12/4  15:11
f0213825_1395352.jpg

見えた、見えました! 足摺岬灯台
f0213825_13121911.jpg

足摺岬の大忘年会
門前の小僧自作、1番霊山寺出発以来のスライド放映中
f0213825_13161993.jpg


こんな出会いがありました 2008・12/5 11:00 
クレヨン信ちゃん&お遍路信ちゃん、双方ワケありで顔マスク
f0213825_13185016.jpg

自転車で日本一周しながらクレヨン画修行中の彼の作品
f0213825_13203557.jpg
f0213825_13205645.jpg

こんな出会いもありました 2008・12/5 13:00
 今ごろ、大阪海洋館で元気に泳いでいるかなあ~~~
f0213825_1325082.jpg

f0213825_13243356.jpg
 
by jh5swz | 2011-12-18 13:32 | その後の徒然日記 | Comments(4)

カテゴリー20番から21番太龍寺」の後半記事について、
同行お遍路T・Tさんから貴重な情報提供がありましたので一部を削除し
追記の上、訂正させて頂きます。

歩いた日> 第8回・2006年12月1日 快晴
コース> 那賀川を渡り、難所第21番太龍寺へ
      10,5キロ 4時間10分
疲労度>★★★★★

前回、鶴林寺裏参道を1,2キロ、
転がるように下りきった所から歩き始めて  11:10
f0213825_13253289.jpg

に続く、中ほどの画像記事を訂正します。

日本最古の鉱道跡だという、
   弘法大師となんだか絡みがあるらしい??
f0213825_13284098.jpg

上記の鉱道跡は、
縄文から弥生・古墳時代にかけて、神聖な顔料色とされた朱色の原料<辰砂>の
採掘鉱道・若杉山遺跡の一部とのことです。
次のへんろ道看板の現在地に「若杉山遺跡」と標記してあり、
<弘法大師となんだか絡みがあるらしい>の一行を削除し記事を訂正致します。
f0213825_1335192.jpg


若杉山遺跡は、阿南市西部を流れる清流那賀川南岸にあり、
弥生時代から古墳時代の全国有数の水銀朱<辰砂>の産地だったようです。
T・Tさん、貴重な情報のご連絡ありがとうございました。

詳細は、<水井鉱山と辰砂>
及び
<徳島県立埋蔵文化財総合センター オフィシャルサイト>
をご覧下さい。
 
by jh5swz | 2011-12-17 13:48 | その後の徒然日記 | Comments(1)

 -忘れられない言葉- 

 歩き始めた頃は
 ほとんど最後尾を皆さんについて行くのが一生懸命の私でしたが、
 およそ100キロを歩いた23番薬王寺から室戸岬への長い道中の頃から
 気が付くと、
 時おり、先頭のお先達さんと話しながら歩いている自分がいました。

 私、
 「こんな不真面目な遍路ですが、極楽へ行けましょうか?」
 
 
 お先達さん、笑いながら答えて曰く
 「大丈夫!、死んだら人は みな仏さま」。


 「お先達」というお仕事は
 お納経導師・へんろ道先導・道中ガイド・交通安全や遍路の体調への気配りetc etc・・・
 大変なお役目だと思うのですが、
 その道を修められた方のお答えは禅問答のようで、
 珠玉のひと言でした。
 
 よっしゃ~!
 この旅、とことん楽しく歩こう!
 と、つぶやいた門前の小僧、
 以来ずっと「落ちこぼれ遍路」でした。

 その足摺岬への道中を思い出しながら、
 記事カテゴリー薬王寺から東洋大師室戸岬・24番最御崎寺
 画像を入れ替え、道中エピソードを追記、再編集し投稿を完了しました。
 
 いい旅だったなあ~ と自己満足(笑)。 

薬王寺から 2007・4/6
f0213825_12432759.jpg

花へんろ  2007・4/6
f0213825_1220239.jpg

花へんろ 2007・5/5
f0213825_12495484.jpg

ゴロゴロ石、ここもへんろ道 2007・6/1
f0213825_11424063.jpg

行けど歩けど空と海・だから「空海}? 2007・6/1
f0213825_11431327.jpg

ゆっくり時間をかけて歩く、こんな贅沢な旅がありましょうや 2007・6/1
f0213825_1136167.jpg

室戸の奇岩 2007・6/2
f0213825_1321580.jpg
 
by jh5swz | 2011-12-11 11:47 | その後の徒然日記 | Comments(0)

夢をみました 2011・12/06

 昨夜、
 火野正平さんの「こころ旅」 (NHK BSプレミアム3)の影響でしょうか?
 年代物のスポーツワゴンに愛用の折りたたみ自転車を積み込み
 5年7カ月かけて歩いた四国88カ寺の内、
 もう一度参拝したい寺、歩きたい所を放浪している夢を見ました。

 人偏に夢と書いて「儚い」と読みますが
 儚い夢に終わらせず、なんとか実現したい「夢」でした。

 高野山参りから帰って1カ月、
 この遍路日記ブログを読み直し、誤字脱字を直し、写真を入れ替え
 寺や道中のエピソードを書き加え
 カテゴリー1番霊山寺から23番薬王寺までの阿波コースを再編集、投稿を完了。
 門前の小僧、夜な夜な思い出にどっぷり浸っております。

 歩き始めた年、2006年12月は阿波の難所21番太龍寺参りでした
f0213825_1251093.jpg

f0213825_12513964.jpg

f0213825_12521189.jpg

by jh5swz | 2011-12-06 13:03 | その後の徒然日記 | Comments(2)