81番白峯寺の紅葉

平成24年11月22日(日)、四季の会「紅葉ツアー」・その
12:00 錦秋のへんろ道5㌔をトラバースして無事81番白峯寺へ到着。f0213825_15162692.jpg
f0213825_15172997.jpg
                              (イラストは白峯寺駐車場の絵看板より) 
           白峯寺は瀬戸内海に面して高松市と坂出市にまたがる白・赤・黄・青・黒の
          五色の峰からなる五色台の白峯山の中腹に鎮座します。
           弘法大師と大師の甥・智証大師の開祖と伝わる四国霊場の古い歴史もさることながら・・・、
          視聴率低迷とかで話題のNHK大河ドラマ「平家物語」前半の主役?、悲運の崇徳上皇の
          御陵があることでも知られるお寺です。

門前の小僧が大好きな白峯寺の七棟門(しちとうもん)。
   正面からでは五つの棟瓦しか見えませんが、中央奥左右に全体を支えるように塀二棟があります
f0213825_15435570.jpg

ここは今回で4回目の参拝なのですが、今までに比べてどうも雰囲気が悪いと思ったら、
左手に”太鼓饅焼き屋”さん、それも限りなく山門寄り・・・
これでは白峯寺で一番絵になる七棟門のツヤ消し!!!
残念なので、平成23年4月1日撮影の山門画像を挿入させていただきます。
f0213825_21125360.jpg
        お大師さんは「そこで饅頭売るな!」などと了見の狭いことは云わないにしても
          饅頭屋さんが気を利かして駐車場の片隅で商いすべし、その方がよく売れるかもよ・・・


ヤボな話しはさておいて、
モミジは根香寺と思い込んでおりましたが白峯寺の紅葉も勝るとも劣らず!
たっぷりと境内の紅葉を楽しむことができました。

崇徳上皇廟所・頓証寺殿に通じる勅額門にかかる赤モミジ
f0213825_16265792.jpg

勅額門前を右折して本堂へ石段を登ります
f0213825_16425269.jpg

薬師堂にかかる黄金色のモミジ
f0213825_16471179.jpg

行者堂の黄モミジ
f0213825_16511235.jpg

阿弥陀堂の赤モミジ
f0213825_1073397.jpg

大師堂
f0213825_16532541.jpg

白峯寺本堂
f0213825_16572372.jpg

本堂裏山、杉木立の中の黄モミジ
f0213825_1741988.jpg

本堂から納経所へ石段を下りますが、紅葉に目を奪われて足元が不注意になりそうでした
f0213825_17103294.jpg

石段を降りきったところで右折、勅額門をくぐって崇徳上皇ご廟所・頓証寺殿を参拝
f0213825_17213034.jpg
                                          2011/04/01 撮影
平家と源氏を巻き込んだ皇位継承争いの中で悲運の人生を送ったの崇徳上皇の霊に
  「貴殿はソレほど悪い人ではありません、
             ゾンビみたいな信西入道が居た分だけツイてなかっただけですよ」と、
ひと言云いたくて廟所「頓証寺殿」を参拝。
f0213825_17292560.jpg 
 幽閉され隠逸の九年を過ごした
 崇徳さんらしく廟所のすべての扉は
 鋲まで打って堅く固く閉ざされて
 怨霊を封じ込めたような佇まいで・・・ 
 思わず
 「扉を開けて錦秋の空をご覧なさい」と
 つぶやいたことです。
 毎年9月、崇徳天皇御正宸祭が執り行われるらしいが
 非公開とは、やっぱり暗い・・・



 その崇徳御廟を訪ねた歌人・西行法師像
f0213825_190230.jpg

 高札には西行が崇徳上皇に捧げた鎮魂歌が書いてありました
   松山の浪に流れてこし船のやがて空しくなりにけるかな    
    (松山の浪に流されてきた貴方の船は、やがて儚くなって無くなってしまったのだなあ)
 
   よしや君昔の玉の床とてもかからむ後は何にかはせん    
    (たとえ君が昔住まいされた宮中とても、こうなった(死後)は何になるというのでしょう)

  (お断り)
   ・訳は門前の小僧の無手勝流であり、真意は西行さんに聞かなければ定かではありません・・・
   ・「松山」とは、白峯寺一帯の旧地名「綾松山(りょうしょうざん)」を指します
   ・その地名は白峯寺の山号「綾松山」として残ります。 
    
f0213825_9122729.jpg
                        大師堂の幔幕にも山号が染め抜いてありました
崇徳御陵
崇徳上皇は、保元の乱(1156)に敗れ讃岐(現坂出市)に配流・幽閉され、長寛2年(1164)崩御。
ご遺体は第79番天皇寺で一時安置の後、勅令により白峯山で荼毘にふされここに葬られた。
物語は長くなるので省略しますが、
詳細は当ブログ「四国霊場と崇徳天皇」ページをご覧下さい
f0213825_193991.jpg


白峯寺参拝後、リムジンバスで3分、瀬戸内海の眺望抜群の「かんぽの宿」へ移動。
かんぽの宿 坂出 
   玄関:日付看板まであったのに、記念写真でも撮ればよかったなあ~ 
f0213825_1914032.jpg
            
レストラン <R>
f0213825_19171681.jpg  
 白峰御膳 ¥1050也
f0213825_199142.jpg

   画像<R>は、かんぽの宿 HPより借用

このツア企画中から、電話で何度も相談しお願いしたこと
 ・瀬戸内海の眺望抜群の窓側の席へ全員座らせて欲しいこと
 ・45分前に到着予定時間を連絡するので膳の天婦羅はアツアツであること
 ・量より中身で昼食を楽しみたいこと etc etc
 わずか¥1050-の昼食頼んで厚かましいことこの上なしだったが、
 ・満席にもかかわらずグループは一卓を除き窓側席
 ・天婦羅はアツアツ
 と、言いたい放題の無理難題をすべてお聞き入れいただき、
 ・量よし、味よし、器よし! 参加メンバーの評価は ☆☆☆☆☆

 ・その上、「ドライバーさんの昼食代はお接待させていただきます」と、幹事泣かせ!
 いつか宝くじでも当たったら、ここで豪遊します、ありがとう!かんぽの宿坂出さん。

お接待返しのCMf0213825_1942764.jpg かんぽの宿 坂出  
  〒762-0017 香川県坂出市高屋町2048-91
  TEL:0877-47-0531  
  FAX:0877-47-0533
  http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/sakaide/

 
「かんぽの宿」で腹ごしらえのあと、
金比羅さんの785段の石段登りへリムジンバスは出発、バス移動60分の予定。
  ♪♪ 金比羅 舟 舟 ♪♬  のレポートは次ページへ続きます。

by jh5swz | 2012-11-27 20:11 | その後の徒然遍路 | Comments(3)

平成24年11月22日、お遍路四季の会「紅葉ツアー」・その
f0213825_1014499.jpg

根香寺の紅葉と牛鬼に見送られて、五色台尾根の中山休憩所でストレッチ、
足尾大明神さまを礼拝して白峯寺まで紅葉のへんろ道を歩きました。
f0213825_9172670.jpg
                             2011/4/1 巡拝した80番国分寺境内看板より 
 中山休憩所
f0213825_936362.jpg  足尾大明神
f0213825_9365288.jpg
          上の2枚は2011/5/6 第59回巡拝時の懐かしい写真です。

今回も中山休憩所で入念な?ストレッチを済ませ、
             重ねて「足腰之大明神」さまへ健脚をお祈りしたことです。

10:45 足尾大明神から少し歩いた県道分岐点から白峯寺へ遍路道をトラバース開始。
 県道も素晴らしい紅葉のトンネルでした
f0213825_9561774.jpg

落ち葉を踏みしめ
f0213825_100365.jpg   古い歴史のへんろ道を歩きます
f0213825_1004731.jpg

「打ち戻り十九丁」地蔵塚
f0213825_10102789.jpg 

  現在では五色台スカイラインをひとっ走りですが、
  昔は79番国分寺から一本松峠を越えてここまで下り、
  白峯寺・根香寺を参拝後、
  ここまで引き返し、
  また国分寺へ打ち戻っていた名残りの地蔵塚と聞き及びます。
  紅葉狩り気分で歩いてはバチが当たりますかな?




シロダモの葉の遍路草履
f0213825_10194726.jpg 
  かって、この道を生活道にする地元のお百姓さん?達が、
  苦労しながら巡拝を続けるお遍路の道中安全を祈りながら、
  シロダモと云う小さな木の葉で草履を作って
  遍路道沿いの無縁墓やお地蔵さんに供えたというミニ草草履。

  葉表を裏返した緑の鼻緒が白い葉裏に鮮やかに冴えます。 
  器用な奥方お遍路さんが見事に編んでお供えされました。




枯れ葉・落ち葉のへんろ道がしばらく続きます
f0213825_1038120.jpg
f0213825_10382716.jpg


モミジの名所と持て囃される所もそれは素晴らしいのですが、
へんろ道沿いの雑木の紅葉にも目を見張る美しさがあります。
f0213825_1043997.jpg
      今年は四国霊場開創1200年だとか、お大師さんもこのへんろ道を歩いたのだろうか・・・

山もみじ姫、貴女もモチロン美人です!
f0213825_8191482.jpg
f0213825_8193623.jpg
        歩きながら撮るものだからピンボケもご愛嬌とおぼしめされよ

神仏に供えるお水を汲んだと伝わる閼伽井(あかい)井戸跡
  (左の鉄板の蓋が井戸の跡)
f0213825_10534975.jpg


霊場・白峯寺は近い!たとえ将軍、お殿様であれ、ここから先は馬や駕籠を降りなさい!と
         下乗石と仏道最終修行地を意味する摩尼輪塔が建ちます
f0213825_11143064.jpg  下乗石裏には天保7年(1836)、高松藩建立と刻んであります
f0213825_10561029.jpg
 

下乗石からは、古い古いお墓に手を合わせながら
一雨降れば小川になりかねないような石ころ道を100mほど一気に下れば白峯寺です。
f0213825_11394971.jpg

12:00 計画から10分遅れで第81番白峯寺客殿前到着!
f0213825_1136232.jpg


白峯寺参拝と境内の紅葉レポートは次ページへ。
by jh5swz | 2012-11-25 10:17 | その後の徒然遍路 | Comments(0)

82番 紅葉の根香寺

平成24年11月22日、
四季の会・秋のお遍路ツアーは、紅葉の根香寺・白峯寺・金比羅参りと洒落込みました。
名づけて「紅葉の札所と金比羅・いいとこ取りツアー」。
会費は、借切りバス代÷15+昼食代@¥1050=¥6500ポッキリ!

午前7時、JR松山駅前を出発、
松山IC・川内IC・川之江ICでメンバー15人と合流し爆走。

まずは第82番札所根香寺の紅葉のレポートです。
f0213825_18405861.jpg
f0213825_18385561.jpg
             本尊 千手観世音菩薩
    弘法大師の甥・智証大師が刻んだ
    木造千手観音像の根株が永く芳香を放つので
    根香の寺名が付いた、と伝わります。


09:50 根香寺仁王門
f0213825_1613159.jpg

ここ根香寺は仁王門をくぐると
一度石段を下って谷底を歩き、石段を登って本堂をお参りする珍しい参道となっています。
f0213825_1691998.jpg

足元に散ったモミジと見上げればまだ青葉も残る石畳の参道を本堂へ歩みます
f0213825_1618255.jpg

本日参加の善男善女
f0213825_16205677.jpg

お納経所や庫裏の屋根を染める紅葉
f0213825_16281428.jpg

コケ生した古木が紅葉!
f0213825_16283771.jpg

参道正面の本堂を拝礼して
f0213825_16354174.jpg

3万体の観音像が並ぶ回路式前堂「万体観音堂」内部
f0213825_16391014.jpg  前回参拝したときには、
    お値段表は無かったような・・・
f0213825_16424918.jpg
   観音像1万円・吊灯篭5万円也、念のため・・・


本堂を真っ赤に染め上げたモミジを背にお納経
f0213825_16555066.jpg
        四季の会メンバーは白衣正装なもので読経中の背中はカメラの放列・・・
f0213825_170454.jpg
         
本堂から大師堂へ下ります
f0213825_176529.jpg

大師堂お納経:ここでもカメラマンの集中砲火
f0213825_1782966.jpg

 多数のアマチュアカメラマンのリクエストで
          モミジの下を歩かされ中のメンバーT・Tさん夫妻
f0213825_1721327.jpg
            絵になっておりましたぞ! 私のカメラのピントの甘さはご容赦あれ・・・  
         
門前の小僧お気に入りのワンショット
f0213825_17234368.jpg

谷底参道?を仁王門へ引き返し
f0213825_17293241.jpg

根香寺の紅葉と伝説の怪獣・牛鬼の見送りを受けて第81番白峯寺を目指します。
f0213825_17325236.jpg

   秋色の色濃い山中のへんろ道トラバースのレポートは次ページへ続きます。
by jh5swz | 2012-11-23 17:34 | その後の徒然遍路 | Comments(2)

ドラマ撮影のあと・・・

平成24年11月3日(土・文化の日)、遍路茶屋「坂本屋」お接待の当番日。
 
6年間の遍路日記から11月に歩いた所を抜粋してみた・・・
  平成18年11月3日 阿波の難所、第20番鶴林寺参拝
  平成19年11月2日 土佐・琴が浜の砂浜を歩いて第28番大日寺めざして
  平成20年11月7日 足摺岬・第38番金剛福時めざして大岐の砂浜を歩き
  平成21年11月6日 鴇田(ひわだ)峠を越えて第44番大宝寺へ
  平成22年11月5日 伊予最後の札所、第65番三角寺へ
  平成23年11月3日 高野山奥の院参拝、満願成就の記念日!
                   いい日に坂本屋当番になったもんだ!

自宅から25分、秋色深い窪野の里山、
   一番奥の山の中腹、標高300mの山あいに坂本屋はあります。
f0213825_924951.jpg

ドラマの撮影も終わり、元の静かな佇まいを見せる本日の坂本屋
f0213825_982225.jpg

f0213825_984934.jpg

09:25 久万高原町を早立ちし、先を急がれるお遍路さんをお見送り。
f0213825_9121339.jpg

当番の船田さんが、
「撮影のためNHKさんが里の空き家へ片付けた家財道具が戻ってないのでお茶も沸かせん」
  と、大わらわ・・・
  なんとか、プロパンを隠してあった板を剥いで熱源を確保。
なるほど、屋内は一切の家具が無くてがらんどう!
          (11/5には家財道具がトラックでご帰還と聞きました) 
f0213825_9243523.jpg
      間仕切りの障子戸や左の白い縁台はTVドラマの善根宿のために増設されたもの
二階へ通じる板の間も何も無い・・・
f0213825_9282659.jpg
                    
善根宿の寝床?らしく箪笥などの家具が片付けれた2階の広間
f0213825_932510.jpg

台所の囲炉裏の自在鉤もはずされ、周りの水屋なども一切ない・・・
f0213825_9351138.jpg
         59分ドラマの1ヶ月に及ぶ撮影は相当大掛かりなものであったのだろう・・・

他の当番の方々は、
ふもとで町の子の「史跡巡り案内」のため、本日は船田さんと二人だけみたいで、
この秋一番の冷え込みもあり、
お立ち寄りのお遍路さんのために囲炉裏火を焚くことにした。
f0213825_9424361.jpg
                      ゆらゆらとゆれる炎の暖かさは格別! 

10:30 東京湯島天神近所でお住まいとおっしゃるお遍路さんがお立ち寄り。
f0213825_9472529.jpg

   俳句・短歌に造詣深いお方とみえ、
   柏坂へんろ道にある野口雨情の歌碑、
     「梅の小枝でやぶ鶯は雪の降る夜の夢を見る」 を復唱され、
   三坂峠にあった
     「三坂越えすりゃ雪降りかかる 戻りゃ妻子が泣きかかる
       むごいもんぞな久万山馬子は三坂夜出て 夜戻る」と、
      三坂馬子唄の一節を諳んじられ、
   四国遍路に出かけてよかった!とおっしゃる。 

   囲炉裏火を囲んで三人でひとしきり道中思い出話しが弾みました。

ひと休みのあと、名残惜しそうに何度も振り返ってお礼を言われながら・・・
f0213825_1003862.jpg

ここまで歩き通おされた貫禄?の風情を背に見せて46番浄瑠璃寺へご出発
f0213825_1041089.jpg
                 「無事結願なさいませ」と、思わず合掌・・・

土間の隅にドラマ撮影の小道具があった。
f0213825_1095352.jpg
  こちらは、10/30 ロケ中にもらった番組PR用ハガキ
f0213825_10165128.jpg


         詳細はNHK松山放送局ロケ・ブログをご覧下さい 
         
    ふむ ふむ、  
    いしだ あゆみさん演じる善根宿の美形の女将さんに
    「休んで行って」なんて声を掛けられたら 
    門前の小僧なんか   長逗留しそう・・・
    相変わらず煩悩まみれ 

11:35 区切り打ち中の高松のお遍路さんがひと休み。
      歩き始めた頃には、
      「エライことを思い立った、と先々がちょっと不安だった・・・」。
      最近では、
      「女房の顔色を窺いながら、連休・有給を工夫してここまで歩けました」とも。

      いやあ~ まったく 門前の小僧も同感でございます!

f0213825_10304143.jpg
   「お気を付けてお歩きなさいよ」と、母親のように優しく送り出される船田さん。
          お断りできてないので遍路笠でお顔の隠れた写真をUP

このあと、船田さんが自宅へ昼食に帰られ、囲炉裏端で一人で弁当を食べていると、
熟年ご夫妻が
「坂本屋でTVのNEWSでドラマのロケ中と聞いたので見学に来た」と。
残念ながらロケは先月で終わったことをお話しして、しばらく歓談。
築後100年の古民家が遍路茶屋として息を吹き帰しているコトを喜んでいただきました。
  (写真はご遠慮した)

14:10 前々からツーリスト社を通じて今日の予定を聞いていたお先達さんから電話、
      「今から、17名で三坂峠を下ります」。
      船田さんに3時過ぎになることのご協力をお願いして囲炉裏を追い火。
f0213825_10415826.jpg

      運営委員会の相原会長さんも応援に駆けつけていただきました。

15:10 京都・大阪・神戸からの歩き遍路17名さま お立ち寄り。
      会長さんから、
      築後100年の坂本屋の歴史やボランティアお接待のいきさつ、
      先月までのドラマ撮影のこと等懇切に説明していただき、
      船田さんの入れられた熱い茶に
      私から、用意した伊予松山名物?「○○タルト」をおもてなし。
      
      ずっと、大勢の皆さんにカメラを向けることをためらっていたが、
      ご出発直前になって、思い切って記念写真を撮らせてもらった。
f0213825_1052295.jpg
         善男善女の皆さん、ブログ掲載のご快諾ありがというございました。
        
今朝早く関西を出発、午後2時過ぎ三坂峠から歩かれ、
坂本屋経由、浄瑠璃寺参拝後、バス移動して今夕は久万高原町古岩屋荘宿泊、
明日は45・46番を打って、神戸・大阪・京都へ引き返される行程。
スケジュール最優先で(ひと休みの後)、つるべ落としの夕日を受けてご出発。
f0213825_1151626.jpg
             「無事結願なさいませ」と、背に大声をかけてお見送り。

 皆さんを見送ったあと、
 会長さん、船田さんと囲炉裏火に入念に灰をかけて火の用心。
 雨戸を閉めて、本日の坂本屋は閉店。

     ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

今日はさらにビッグな、嬉しいお声がけがありました。
私の坂本屋へのお接待勤めは、
四国遍路道中、各地で受けたお接待のご恩返しをここで努めたいと、
坂本屋運営委員会にお願いし、お許しを得て
6月以来、月に1~2度、会員外の押しかけ見習い勤めでしたが、
本日、相原会長さんから
「メンバー皆もあんたはエエ人じゃと言いよるけん、
来年4月から会員として入りますか?   
ただし、何処の援助も受けず全員の持ち寄り資金で運営しよるけん、
平等に年会費3000円は出してもらいますよ~」 とのこと。

なんだか、認められたような嬉しさと
自主・自発・無償の「おもてなし」のお仲間に入れたような責任を感じたことです。
高野山奥の院参拝一周年記念日、
お大師っさんのおかげかなあ~~~  南無大師遍照金剛・・・ 

  
思い出の11月の足あと
2006年11月3日 紅葉今一歩の20番鶴林寺参拝<114㌔>
f0213825_17221660.jpg

2007年11月2日 土佐・琴が浜の松林や砂浜を歩きました<297㌔>
f0213825_17422364.jpg

2008年11月7日 足摺・大岐の浜、1500mの砂浜歩き遍路<500㌔>
f0213825_17402482.jpg
          
2009年11月6日 88ヶ寺の折り返し・44番大宝寺参拝<725㌔>         
f0213825_1726341.jpg

2010年11月5日 伊予最後の札所・65番三角寺鐘楼門<937㌔>            
f0213825_17261896.jpg

2011年11月3日 御廟橋を渡り高野山奥の院参拝、満願成就!<1150㌔>             
f0213825_17263287.jpg

11月に歩いたポント
 200611/3⇒200711/2⇒200811/7⇒200911/6⇒201011/5⇒201111/3
 鶴林寺~  琴が浜~  大岐海岸~ 大宝寺~   三角寺~  高野山
 
              
by jh5swz | 2012-11-04 11:39 | 坂本屋日記2012 | Comments(3)