<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月の坂本屋

平成25年7月27日(土)の日記

今月2回目の坂本屋当番日
運営委員会メンバー24人で毎月土・日曜日を4人ずつでシフトを組むと、
3月から11月の間、2ヶ月に1回は月に2回の当番が回ってくるわけです。

思うところがあり、午前8時に自宅スタート
08:10 第48番西林寺をお参り
    松がきれいに剪定されて、山門がいつもより男前に見えました。
f0213825_1943772.jpg
     この仁王門は門前の小川の土手より低い所にあり、
       石段を降りて寺に入ることから、罪ある者が奈落へ落ちてゆく無間地獄に喩えたり、
       この寺を伊予の関所寺と言ったりする。



鐘楼と手水舎に挟まれて整然と敷石が続く正面に本堂(左に大師堂)
f0213825_197489.jpg

大師堂の傍の小さな弁天堂の周りの蓮の花
f0213825_19104524.jpg
                この世に咲いた あの世の花?

実は以前から気になっていたコトなのですが、
先日のBS-TV「徳さんの歩き遍路」でも話題になっていた
西林寺本堂のお参りの仕方について
自分でも確認してみたかったコトがありました・・・

本堂に蔵される本尊 十一面観世菩薩は秘仏であり、
参拝者に対して後ろ向きに置かれているという話、
   
   秘仏だからどうして後ろ向きなんだ?
    そりゃあ あなた お寺の勝ってでしょうが!
    と、云われればそこまでの話しではありますが、   
    個人的には、ずいぶん参拝者に失礼な本尊安置のスタイルだと思います。


ご本尊のお尻に向かってお経を唱えるのもいささか割り切れない参拝者は
本堂の裏側に回ってお参りをするのがここでのもう一つのお参りの仕方なのだと云う。
今朝は、この伝承を確認してみたくて本堂裏へ回ってみた。

これかな?
f0213825_19281251.jpg

   本堂裏の白壁の一角に、本来無用の立派な扉が設けてあり、
   その気になって見つめれば、
   奥にご本尊がコチラを見てござるような気もする・・・

   恥ずかしながらそれほどの信心は無いのだが、
   その扉に向かって般若心経を唱えてみた、
   うん! ご利益ありそう! 宝くじ買おう!

   「バカ者、だからお前はダメなんだ」と 
   ご本尊さまのお声が聞こえたような気もした・・・
   でもご本尊さま、地獄の沙汰も〇次第 って申しますよね~?  

   「破門!」

裏参拝を終えて表へ出ると、剪定されたばかりの松が一層冴えていました。
f0213825_8162346.jpg

   単純なものだから、本堂裏参拝は目からうろこ!
   それにしても、
   自宅から近いこともあって、もう十数回お参りしたが、
   今までご本尊のお尻に向かって 
             観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 と唱えていたワケで・・・
   ずいぶんバカにされた話しではござらぬか。
             ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆   


坂本屋への道中の棚田は
稲穂まではもう暫しながら、豊作を思わせる稲が周囲の夏山と緑を競っていました。

08:40 坂本屋一番乗り、さすがに早すぎたか? まだ誰も来ていない・・・
        6間雨戸の坂本屋の写真も久しぶり
f0213825_1954201.jpg

            10年前、遍路茶屋として修築再開したときの立面図
f0213825_14462759.jpg


当番4人のうち2人が田んぼの水路掃除、野菜の出荷作業などで本日休み、
終日、会長と私の2名でお接待務め、全員ボランティアだからママあること。

08:50 ほどなく会長出勤、雨戸を開けて花を活けて坂本屋本日オープン。

10:00 逆打ちの神奈川さんがひと休み。
f0213825_11312225.jpg
                               掲載ご快諾済

昨夜は47番八坂寺の通夜堂で1泊、
今朝47番~46番浄瑠璃寺を参拝して登ってきたと、流れる汗・・・汗・・・汗。
冷たい麦茶を喜んでいただいた。

今から標高差300mを1時間ちょっとで三坂峠まで登って
45番岩屋寺~44番大宝寺 それとも 44番~45番か?思案されながら
いずれにしても野宿に適当な場所を探しながら歩くとのこと、
ほとんどを善根宿・通夜堂若しくは野宿で第1番霊山寺を目指すとおっしゃる。
この猛暑の中、頭が下がります。

10:30 文字通り麦茶と駄菓子のお接待に丁寧なお礼の言葉を残されてご出発
f0213825_2015596.jpg


10:35  ツールド・ザ・三坂? の熟年サイクリストさん
      愛車で松山市内からツーリング、目的は「坂本屋と帰路の下り坂」との由、
      前2枚 × 後10段=20段変速のロードバイクの軽かったこと!
f0213825_7305359.jpg 
 愛車はざっと40万円ナリ
 100g軽くする毎に1万円の由、
 じぇ じぇ じぇ!
f0213825_8325375.jpg


10:55  ひと休み後さっそうと下山、後姿も実にカッコよかったです。
         この先しばらくは「下り坂最高~」ですからね~ -火野正平-
f0213825_20271378.jpg


11:15 松山市内〇〇タクシーの営業の方とドライバーさん
    坂本屋休憩をコースに入れた
   「観光遍路タクシー」を営業商品として企画中のため見学来訪。
f0213825_20311576.jpg

   早速明日はJR松山駅から三坂峠までお遍路さんを搬送、
   お遍路さんは峠から歩いて坂本屋まで、ドライバーは国道経由で坂本屋で待機、
   その後、お遍路さんを見えつ隠れつサポートしながら
   体力次第では乗車してもらって、51番石手寺までご案内とのこと。 
   ナルホド なるほど!

14:00 今は松山在住の神戸さん
     「あと3年ほど松山に住むので、お四国参りがしたかった」と。
     学生さんかな~?
f0213825_20342940.jpg

      こんなにキツイとは思わなかった・・・けど頑張りたいと、汗びっしょり。
      44番大宝寺をお参りして、今夜は久万高原町の民宿で泊りたい。
      明日は、45番岩屋寺をお参りしてバスで帰りたい。
      
      松山でお住まいのあいだのいい思い出つくりに励んで下さいね。

14:30 ご出発、
      この時間、今から80分の登り・・・  若さに敬礼!
f0213825_2035214.jpg
        お断りできていませんので後姿画像のみUPさせていただきました

15:00 この暑さでは、もうお遍路さんもおい出まい」と会長。
    七つ道具を片付けて戸締り、閉店。

帰り道、久しぶりに番外網掛け大師堂を道草参拝。
f0213825_7401029.jpg
この大師堂は、地元の篤志家橘氏が
先祖代々のお大師様のご加護に感謝するために私財を提供して整備された、と聞き及びます。

大師堂の向かい側にある網掛け石。
別名クジラ石とは言い得て妙!
f0213825_7462186.jpg


f0213825_20385825.jpg

峠にあった大石が通行の邪魔だったのでお大師さんが網に担いで降ろしていたところ
網が石の表面に食い込んで網目模様を浮き出し、更に割れて大きな破片がここに残り、
残りの小さな破片が浄瑠璃寺に祀られているそうです。


平成23年6月19日、参拝当時の網掛け大師堂とクジラ石。
先祖代々守ってきたこのお堂が古くなったので、
道路の反対側(橘氏ご自宅敷地内?)へ新築移転されたご様子。
f0213825_1073380.jpg


  こうして、地域にしっかり根づいた伝承と実在するお堂を見るにつけ
  四国霊場八十八ケ寺参りは、素朴な地域の信仰に支えられた文化なのかなあ~
  と、思ったりもします。  
 
by jh5swz | 2013-07-28 11:37 | 坂本屋日記2013 | Comments(10)

暑中見舞い

 暑中お見舞い申し上げます。
      門前の小僧
        2013 盛夏
f0213825_10342349.jpg
          第12番焼山寺から鍋岩への下り道沿いの渓流より 涼風謹呈

明日は遍路茶屋・坂本屋のお接待当番日、
どちらからお越しのどなた様とお出逢いできるのかな?
              2013・07/26 19:26
by jh5swz | 2013-07-16 10:38 | その後の徒然日記 | Comments(8)

七夕の秋田小町さん

平成25年7月6日(土)の日記
 今日は坂本屋お接待当番日、
 いつもより少し早めに自宅を出発、
 ちょっと道草しながら出勤。

08:12 自宅から車で5分、第48番西林寺。
      本日はお参りは略して、車中から合掌・・・
f0213825_8304077.jpg


08:15 重信大橋、雲行きいと怪し。
f0213825_8322615.jpg


08:20 札始大師堂
    大きな病院前を右折して約100m、
f0213825_8341748.jpg
f0213825_8344920.jpg

正式寺名を大連寺。
この寺や伝説上の人物衛門三郎の伝承はWikipedia等に詳しく載っていますので略しますが、
「札始」なら、四国巡礼はここが第1番ではないのか?と、落ちこぼれ門前の小僧の独り言。


県道207号線から逸れて
f0213825_8373945.jpg


08:30 いつ見ても「いいなあ~」と思う47番八坂寺門前の佇まい。
f0213825_842068.jpg


08:35 浄瑠璃寺前
    左の白いビルは、お遍路さん専門?のお宿・長珍屋
    坂本屋でひと休みされるお遍路さんの大半がこの宿に泊られる老舗?
f0213825_8432577.jpg


08:42 正面奥、稜線の一番低いところが三坂峠
   実際のへんろ道は左手の山すそに沿って坂本屋前を通り三坂峠へ続きます。
f0213825_1345314.jpg
         この二車線道路が切れる丹波の里から峠までは急な登り坂ですから      
                    真夏の逆打ちお遍路さんにとって難所一つと思われます


09:00 七月の坂本屋
鮮やかなノウセンカズラの花の向うで築後100年の坂本屋は本日も健在なり!
f0213825_17183964.jpg
   お手伝いに通い始めて以来2年
           坂本屋が見せる四季折々、それぞれの風情はなかなか味深いのものがあります。



どうやらこの花瓶の花活けは小僧の担当になったみたいで
道端に咲いた名前も知らない野草を投げ込み流家元が腕前発揮して???
             「うん、だいぶ上手くなったあな~」とは誰も言わない。
f0213825_935987.jpg


陽が射せば暑い、降ればどしゃ降りの不順な天候のせいか?
歩きお遍路さんはお一人も通られず・・・

運営委員会会長から8月の行事計画についてお話しを聞く。
 ◇7月20日のポンポコ村では子供達にそうめん流しをしてやりたい
 ◇8月 4日の子供達のカブトムシ取りのこと
 ◇坂本屋が2年間の補修改築期間後、
  正式に運営委員会を立ち上げて10年目なので
  この夏、10周年の食事会を検討中 等々。
 
囲炉裏の周りで昼食を済ませた後も天候はさらに不安定・・・
お立寄りのお遍路さんなし・・・
1年に1・2度こんな日もあるらしい。

「大勢の来客もしんどいが、まったく無いというのも疲れる」などとお茶を飲んでいると

13:45 峠から一緒に歩いたとおっしゃる兵庫さんと秋田小町さんがお立寄り。
f0213825_94835.jpg
                   投稿をお断りできていないので後姿・・・

冷えた麦茶のお代わりリクエストが嬉しかった。
NHK-TVドラマを観たとのことで、
坂本屋の歴史や撮影ウラ話しに花が咲いたことです。
「へえ~ ここが いしだあゆみが女将さんを演じた遍路宿!」と、
ちょっとしたサプライズ?


14:22 このあと、浄瑠璃寺を参拝して門前の長珍屋へ宿泊との由、
f0213825_984253.jpg

 それにしても秋田小町さん、遠い羽後の国からよくぞお四国遍路へ!
 この暑さに負けないで結願まで頑張り過ぎないでガンバって下さい。

 兵庫さん、ふもとまでしっかり小町さんのエスコートお願いしますよ! 
by jh5swz | 2013-07-07 11:13 | 坂本屋日記2013 | Comments(2)

マタタビ雑話

平成25年6月30日(日)の日記。
 お寺にもお遍路にも関係のない投稿ですが、
 門前の小僧の好きなちょっとおもしろい薬用植物雑話です。
     おもしろくナイかもしれない・・・


優しくしてくれた叔母の3回忌墓参とて、近郊の山道を疾走中、
ナビゲーターが、葉先を真っ白に化粧した「マタタビ」を見つけました。
f0213825_15552873.jpg

昔から「猫にマタタビ、お女郎に小判」と云いますが、
確かにマタタビの実を食したネコ(ネコ科動物)の恍惚ぶりはすざましいものがあります。

疲れきった旅人がマタタビの実を食べて元気百倍、<また旅>を続けたという語源説、
また昔から強精薬だとも云われますが、これはいささか眉唾ですからご注意を!
余談ながら、渡世人を主人公にした時代劇を<股旅>物と云うがコレとは無関係。

f0213825_19432618.jpg
         薬用植物を盆栽にして悦に入っいてた頃、撮った私の「マタタビ」の花
  


初夏、白梅を思わせるような芳香性のある5弁の花のつぼみの頃から開花期にかけて
葉先3分の2ほどがまるで白い花が咲いたように変色するので遠くからでも目立ちます。

葉先の化粧を待ちかねたように花の子房にマタタビアブラムシという小さな昆虫が産卵する。
葉先の変色が「さあ~マタタビアブラムシさんいらっしゃい。」と、
          言わんばかりのシグナルは、自然のなせる絶妙の摂理なのでしょうか。

卵を産みつけられた子房は正常な果実になれず異常発育して虫こぶ状になる。
(1枚目の写真の黄緑色の実が虫こぶ状になった子房)

10月頃、虫こぶを採取して熱湯を注ぎ、中の幼虫を殺して日干し乾燥する。
これを生薬名「木天蓼(もくてんりょう)」と称し、薬用に利用します。
f0213825_19245734.jpg
      虫こぶの実の乾燥品(木天蓼:左)  虫こぶでない実の乾燥品(右)は薬用にならない 

【成 分】マタタビ酸・マタタビラクトン・アクニチニジンなど
【用い方】
 木天蓼100㌘にグラニュー糖100㌘を加え、ホワイトリカー1,8㍑に3ヶ月漬込む。
 漬込み後、布ごししてできたマタタビ酒は、冷え性・神経痛・疲労回復によいとされる。
  (用法・用量は薬事法に抵触しますので省略します。)

【参考文献】
  伊澤一男著 「薬草カラー図鑑」  主婦の友社発刊
  拙書      「愛媛の薬用植物図鑑」 愛媛新聞社発刊 
【注意】
  マタタビは薬効成分を含む食品(非医薬品)ですが、
  用法・用量等は薬剤師・登録販売者に相談のうえご使用下さい。

【お断り】
この記事はいかなる企業・個人と無関係であり、広告宣伝を意図するものではありません。
                                 - 門前の小僧 -   
  
by jh5swz | 2013-07-04 20:13 | その後の徒然日記 | Comments(2)