浄土寺花まんだら祭り

平成26年 5月27日(火)の日記

今日は、
自宅から徒歩10分、第49番浄土寺で
伊予十三仏霊場会の第3回花まんだら祭りに併せて
特別企画として国指定重要文化財・空也上人像の特別御開帳があり、
ウチの社長の許可を得て参拝、ご縁を受けて帰りました。

いつもは閑静な札所ですが、さすがに今日は華やいでいます。
f0213825_1420265.jpg

f0213825_14223290.jpg
 仁王門脇のお坊さんのお話しによると
 祭りの主体は
 「伊予十三仏霊場会」で、
 十三ケ寺持ち回りで毎年行っている
 「花まんだら祭り」行事で
 今年の当番が浄土寺さんなので
 特別に空也上人像の御開帳が
 午前10時から午後2時まで行われています。
 あくまで、
 四国霊場開創1200年記念とは別の行事です
 と、丁寧なご説明がありました。

 おお~あと30分ではないか・・・


仁王門で深く一礼して境内へ進みます。
f0213825_14365749.jpg

境内は善男善女でにぎやかです。
f0213825_1421125.jpg

まずは特大の十三仏絵図をお参りして
f0213825_152131.jpg
因みに十三仏とは(YahooってGoogってみました)、
 初七日から三十三回忌までの13回の年忌追善に際し、
 供養する仏・菩薩(ぼさつ)のこと。
 ◆不動明王(ふどうみょうおう) 初七日忌(しょなのか)
 ◆釈迦如来(しゃかにょらい)  二七日忌(ふたなのか)
 ◆文殊菩薩(もんじゅぼさつ)  三七日忌(みなのか)
 ◆普賢菩薩(ふげんぼさつ)   四七日忌(よなのか)
 ◆地蔵菩薩(じぞうぼさつ)   五七日忌(ごなのか)
 ◆弥勒菩薩(みろくぼさつ)   六七日忌(むなのか)
 ◆薬師如来(やくしにょらい)  七七日忌(なななのか)
 ◆観自在菩薩(かんじざいぼさつ) 百日忌
 ◆勢至菩薩(せいしぼさつ)   一周忌
 ◆阿弥陀如来(あみだにょらい) 三回忌
 ◆阿閦如来(あしゅくにょらい) 七回忌
 ◆大日如来(だいにちにょらい) 十三回忌・十七回忌
 ◆虚空菩薩(こくうぼさつ)   三十三回忌

 にわか勉強でよく解りません・・・



 
御開帳時間に制限があるので本堂へこころ急きます。
靴を脱いで本堂内陣へあがると
お坊さんから「身を清めなさいませ」と手のひらに塗香(粉末になったお香)を頂きます。
 (高野山のお受戒儀式を思い出します)
左手から時計回りに堂内を巡りいろいろな仏像を拝観します、
奥まった一角に空也上人像がおられました。
      内陣は撮影禁止にため受付で頂いたパンフレットから像画をお借りいたしました
f0213825_15203926.jpg
 鹿の角がついた杖を持ち、
 開いた口元には針金で繋がれた六体の阿弥陀仏が取り付けられ
 この阿弥陀仏が「南無阿弥陀仏」の六文字を表し
 念仏を唱える様子を視覚的に表現しています。
 空也上人がこの地を去るにあたり、
 地元の民衆に「せめて御姿なりとも・・・」と乞われるまま、
 上人自身が彫ったと伝えられています。(パンフレット原文のママ)      
                   実物は思った以上に大きく迫力があります。

 今日は大師堂を目礼・お納経所も省略して、空也上人像拝観のみとしました。

境内には
熱心な信徒さんの気持ちのこもった「花まんだら」があふれています。
f0213825_14494177.jpg
                 きれいな花供養です。
f0213825_14505366.jpg
             お花は続々と増え続けていました。
f0213825_14581570.jpg
          花代は1本¥1500-也、俗人はすぐ代金が気になります・・・
f0213825_15372363.jpg
       このペースでは、夕方までには花立てがなくなりそうでした。

一礼して仁王門を出たところにある「仏足石」に合掌して帰宅。
f0213825_1671416.jpg
                 なんだか気持ちのいいお参りができました。
by jh5swz | 2014-05-27 19:22 | その後の徒然遍路 | Comments(2)

三坂遍路体験ウオーク

平成26年 5月25日(日)の日記

前々から、このブログでも紹介していた「三坂クリーンウオーク2014」の日です。
f0213825_11474370.jpg

今日は坂本屋の当番日ではないのですが、 
facebookで知り合った「お遍路」がらみの方々のご参加もあり、
是非ともお会いしたかったので時間調整して出かけました。

さて、本日の坂本屋は、
いつもの「頼まれて受けた以上は!」の心意気で、
          メンバー10名が出勤し万全の受け入れ体制。

10:35 たまたまではありますが、 
     関西方面からのツアー歩きお遍路さんご一行がお立ち寄り。
f0213825_1234459.jpg

     イベント用の麦茶がちょうど飲みごろに冷えており、大好評!
f0213825_12384754.jpg

     テレビドラマの影響いまだ衰えず、皆さん坂本屋の見学会?
f0213825_12422795.jpg

10:50 気持ちの良い、お礼のご挨拶を残されてご出立。       
f0213825_12454676.jpg

11:03 へんろ道体験隊A班50名様、20分遅れてご到着。
     峠での三坂馬子唄の歓迎会が長引いたかな?
f0213825_1253186.jpg

      早速、冷やした麦茶や草餅配りでこんてこまい・・・
f0213825_12571219.jpg

      これが坂本屋名物「草餅」です。
f0213825_1314281.jpg

      特設の休憩コーナーも喜んでいただきました。  
f0213825_1365452.jpg

      地元新聞社の取材を受けるお先達:第56番仙遊寺ご住職。
f0213825_13134299.jpg

11:17 休憩時間を10分短縮してご出発。
f0213825_1319484.jpg
 

B班の到着まで、
昨日に続いて、寛永時代の納め札の虫干しを兼ねて記録撮影
f0213825_13245234.jpg 
f0213825_13252086.jpg


12:05 へんろ道体験隊B班50名、ご到着。
     私の歩き遍路友達も昨年に続いて元気にご参加!
f0213825_13361920.jpg
 
      皆さん、坂本屋座敷と特設休憩所で持参の昼食お弁当。
f0213825_13392194.jpg


      今日は当番外とは云え、
      印し半纏を着た以上はメンバーとしてお手伝い。
      合間を縫って、     
      歩き遍路仲間、facebook友達ファミリー、宇多津の善根宿ご夫妻、
      皆さんにご挨拶でできてよかった!
      

12:50 予定通り、浄瑠璃寺町めざしてご出発。
f0213825_13473410.jpg
     このあと、ふもとの久谷大黒座で昼食休憩中のA班と合流して、
     昨日、ここでお会いした越智もとみさんのピアノお接待コンサートを堪能予定。
f0213825_2074243.jpg
f0213825_2082655.jpg
  こんな美形がショパンやシューベルトを奏でると疲れなんか消えっちまうでしょうな~     

13:00 何処からお越しだったか?、お話しできなかった二人連れの娘お遍路さん
f0213825_1353479.jpg


お接待が一段落したところでメンバーの昼食、本日は冷やしそうめん。
         押しかけた小僧の分までちゃんと用意して頂き、感謝!
f0213825_13571035.jpg
  
     
13:20 ちょうど峠から下ってこられたお遍路さんにもそうめんのお接待
f0213825_13593117.jpg

二人連れの松山さん、神奈川さん、もう一人の松山さんとメンバーの話が弾みます。
f0213825_1411251.jpg
                      若いお坊さん?が海老蔵そっくりでした
 お一人の松山さんは、今夕、49番浄土寺で結願とのこと!
 みんなで「結願 おめでとうございます」を贈って、めでたい1日になりました。

13:40 押しかけた門前の小僧は、
     そうめんもご馳走になり、
     結願のお遍路さんにも\(^o^)/を送ったところで帰宅の途につきました。
   
  ~~~~~ ☆☆☆~~~☆☆☆~~~  

そうそう、歩き遍路さんへ
 今日お会いした、宇多津の善根宿「うたんぐら」さんをご紹介します。
f0213825_14165437.jpg

 第78番郷照寺から東へ300m
 午後4時~6時までに到着のこと
 1泊朝食付き ¥1000-
 入浴:シャワー(冬は風呂あり)
 ゆかたの用意あります
 連泊お断り

 お問合せは
   0877-85-5172まで。

 善根宿 うたんぐらホームページ
 http://www.utangura.com/index.html



上の画像は、
主旨をお話して運営委員会の了解をいただき坂本屋へ吊った小僧自作のチラシです。    
by jh5swz | 2014-05-26 20:38 | 坂本屋日記2014 | Comments(4)

坂本屋の初夏

平成26年 5月24日(土)の日記

07:45 5月3日以来の坂本屋出勤、
      今日はどんな出会いがあるのだろう?と、心躍ります。
      48番西林寺・46番浄瑠璃寺さん界隈では、
      早発ちのお遍路さん数人、数組とすれ違いました。
 
08:08 三坂峠へ4,5㌔ 浄瑠璃寺へ4㌔の道標。
     この辺りから登りがますます厳しくなります。
f0213825_20271133.jpg

ようやく田植えの準備も整ったようです。
f0213825_16352451.jpg

f0213825_16432222.jpg
 
 ここまで来ると
 坂本屋のイイ匂いがします(笑)

 この看板も
 メンバー手作りの逸品。


坂本屋直前のヘヤピンカーブから、
久しぶりに広角26倍ズームで松山市街地を狙ってみました、
ちょっとアマピン、それとも春霞?
f0213825_1647346.jpg

90度視線を移すと、山肌を縫うように国道33号線が見えます。
    昭和42年(1967)、難所・三坂峠の大改修を経て全面開通するまでは、
    大和時代に開かれたと伝わる坂本屋前を通る馬子道が
    伊予と土佐を結ぶ久万官道(旧土佐街道)として栄えた歴史があります。
f0213825_16563881.jpg

08:15 坂本屋到着、一番乗り!
     少し早過ぎた?ので、竹ぼうき出して玄関前を念入りに掃除。
f0213825_16594757.jpg

先輩メンバーの到着を待って開錠。
f0213825_173342.jpg
 恒例、
 投げ込み流家元・門前の小僧
 今月の作品は
 知っていてもシランの花。

 家元は新弟子募集中なのだが
 月謝無料でも入門はない・・・


10:37 ロードバイク愛好者がひと休み。
   「ふもとから一度も足を地に着けないで坂本屋まで踏んだ」が
   愛好家仲間の自慢話しらしい。
f0213825_17104052.jpg
 

11:00 明日の三坂ウオーク主催者皆さんがトイレ清掃奉仕、ありがたい!
       (できればイベント終了後、手伝い頂くと尚ありがたい)
f0213825_17162357.jpg

11:10 県内某市、某小学校の同級生皆さんがご来訪。
     いつまで経っても友達なんだなあ~~、 
     話しが盛り上がっていました。     
f0213825_1719534.jpg

11:16 先をお急ぎのお遍路さんが通過
f0213825_17213285.jpg

11:20 東京さんがひと休み
f0213825_17234817.jpg

11:33 「今日は、行ける所まで行って宿を探す」と、東京さんご出発
f0213825_172818.jpg

f0213825_18354517.jpg
 早昼る済ませたあと、
 お遍路さんがお接待のお礼代わりに?
 置いて行かれる「お納め札」を整理。

 「何処から来られましたか?」とは尋ねが
 「どうしてお遍路を始めましたか?」とは
 お尋ねしたことがない・・・
 いや、お尋ねしないのも礼儀かな・・・と
 思い込んでいる門前の小僧。
 
 東日本震災支援御礼
 犠牲者追悼鎮魂巡礼
と書かれた納め札には
 重いものを感じた・・・


12:30 区切り打ちの福山さんがひと休み
f0213825_1732781.jpg

12:50 今回は今治まで歩いて「しまなみ海道」で帰ると、ご出発。
     おてんとうさま真上で影法師が短い・・・ 道中ご安全に!
f0213825_17351217.jpg


13:05 逆打ちの和歌山さんがひと休み
     さすが高野山のお膝元のお方だけにいろいろなお話が聴けて感謝
f0213825_1850133.jpg

背中の汗も乾かぬ内に、
f0213825_18512849.jpg
 寄せ書き帖へお礼の言葉を残されて
f0213825_18531116.jpg
 門前の小僧に頂いた言葉。
  西国は観光
  四国は修行



13:37 「また いつか会いまひょ!」と、三坂峠目指してご出発
f0213825_18591452.jpg

13:50 富山さんがちょっといっぷく。
   先輩メンバーさんが「北陸からのお遍路さんはお珍しい」と、話しが弾んでいました。
f0213825_19115592.jpg

14:16 富山さんご出発。
    「ふもとの遍路宿へ荷物を預けて、
    46番・47番さんをお参りされれば
    お風呂と麦般若にはちょうどイイ時間です」などと、
                      まさに余計なお節介?
f0213825_19103351.jpg
 
15:15 大汗かきながら、逆打ちお二人連れの東京さんがお立ち寄り。
f0213825_19151616.jpg

    今夜は久万高原町泊、
    明日、大宝寺・岩屋寺を参拝して東京へお帰りの計画。
    「また、秋に久万高原から歩きつなぎます」と、おっしゃる。
     四国に生まれてお四国参りをする四国人には気の遠くなるようなお話し・・・

「う~~ん、あそこまで登るのか・・・」と、三坂峠とにらめっこ。
f0213825_19215667.jpg

f0213825_8513677.jpg
 因みに、
 今、お二人が立っておられる場所から
 三坂峠を眺めると・・・
 三つ向こうの山の
 写真の中央
 一番凹んだ所が
 標高720mの峠になります。
 逆打ちお遍路さんには難所です。

   (写真は3/29ひな祭りの日撮影)


15:35 久万高原・東明神のへんろ宿めざしてご出発。
f0213825_19233089.jpg

 
f0213825_19283326.jpg
 16:25 
 明日の三坂クリーンウオークの特別企画で
 休暇居場所・久谷大黒座で
 ピアノお接待コンサートをされる
 松山市出身の越智もとみさんがご来訪。

 「坂本屋を見ておいて演奏したい」と仰る
 「そりゃ~素晴らしいことです」と、小僧。


f0213825_19384368.jpg 












しばし、坂本屋が華やいだことは言うまでもございません。
f0213825_19391225.jpg

f0213825_19532876.jpg
16:40 
 さて、いつもは午後3時閉店の坂本屋、
 本日はちょっと来客(予約)があり、
 メンバー一同、
 印し半纏の正装にて
 待機しております。



 夕暮れの坂本屋
f0213825_2042105.jpg


17:00 さんざん待たせて、やっとご到着のお客さん、総勢30人!
f0213825_20352666.jpg

 このあと、何が始まった?
 お客様との約束事項もあり・・・、
 解禁後、おいおいご報告させて頂きます。
f0213825_20375574.jpg

 
by jh5swz | 2014-05-26 08:40 | 坂本屋日記2014 | Comments(2)

道後オンセナート

平成26年 5月10日(土)の日記

日本最古と伝わる道後温泉では
温泉本館改築120年の大還暦を迎えて「道後オンセナート2014」を開催中。
GWの間は県外からのお客さんでメチャ混雑だろうと避けていたが、
今朝、ちょこっと出かけてみた。

f0213825_7524717.jpg
 ところで「オンセナート」ってなんぞなもし?
 温泉&アート?
 記念の120年祭を 
 そこまでゲイジュツ的な
 名前にせないかんのかなあぁ~

 そう思う自分が古臭いんやろうなあ~

高台の駐車場へ車を置いて本館を眺める。
f0213825_17211545.jpg
       Q10の望遠ズームをセットして標準レンズを忘れるという大ポカで半端な画面・・・

看板は「霧の彫刻」。
1970年の大阪万博で「霧の彫刻」を発表以来、
世界各地で活躍中の中谷芙二子さんの作品だとか。

本館北側の某ホテル前から「霧」を待つ。
f0213825_17274735.jpg

09:15 始まった!
f0213825_17302161.jpg

f0213825_17322562.jpg

f0213825_10534593.jpg

f0213825_17341330.jpg
 風任せのゲイジュツなので「毎日毎回霧の彫刻に同じ姿はない」ところが看板?
「火事場」みたいだと評した人もいたが、今日は程よく風が吹いて本館が見えつ隠れつ。
                   私は楽しかった。

 霧(ミスト)は、2014年12月31日まで
  毎日、09:15から2時間ごとに3分間吹き出され、
  「本館を幻想的に変貌させます」とはパンフレットの口上。

小説「坊ちゃん」の
 野だいこ 教頭 山嵐 マドンナ 坊ちゃんの面々や 
f0213825_17443861.jpg

風情のある人力車が遠来のお客様を迎える、本館前。
f0213825_17472244.jpg

ちょっと観光客気分で歩いた湯之町商店街から湯屋を撮る。
f0213825_1749558.jpg
    道後温泉本館は、
    アニメ映画「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」のイメージの一つとされる。

ふと、思ったこと。
 ◇道後温泉本館改築120年
   ・その改築に情熱を燃やした伊佐庭如夫のミュージカルが坊ちゃん劇場で上演中
 ◇四国へんろ道開創1200年記念
   ・88ケ寺中、最多26ケ寺が愛媛にあり、
   ・その内、8ケ寺が松山市にある

 これらが、まれにジョイントすることはあるようだが、
 年間を通じてトータルで”お祭り”ができないものだろうか、
 せっかくの県外からのお客さんに少しでも喜んで欲しい・・・
 門前の小僧も「旅」が大好きだから。
by jh5swz | 2014-05-10 17:52 | その後の徒然日記 | Comments(6)

へんろ道体験ウォーク

平成26年5月9日発
遍路茶屋・坂本屋NEWS

昔ながらのへんろ道が残る久万高原町三坂峠から
46番浄瑠璃寺・47番八坂寺・文殊院・八塚まで約12キロを
健康づくりを目的にへんろ道のゴミを拾いながらを歩く
【第7回 健康・へんろ道体験クリーンウォーク in 三坂峠】 の案内チラシが
「四国へんろ道文化」世界遺産化の会より届き、併せて坂本屋運営委員会へ
休憩場所提供とお接待の依頼があり、この行事に協力することとなりました。

案内チラシの要項をピックアップ掲載いたしますので参加ご希望の方は
 主催者 電話089-956-3555までお問い合わせ下さい。

f0213825_17432446.jpg

コースは、萌える若葉の中、下り坂のみで楽しいコース設定になっています。
f0213825_1744933.jpg

f0213825_19252022.jpg
                                (昨年の坂本屋休憩地風景)
f0213825_19321732.jpg
 坂本屋では今年も
 例年評判の(自画自賛?)
 名物「坂本屋の草餅」とお茶の
 お接待を予定しています。

 草餅画像:travel.jp〔たびねす〕
     お遍路ナビゲーター 中井氏提供



f0213825_17455497.jpg
  A-1班は松山市駅~三坂峠、ゴール地~松山市駅までバス送迎(解散15:30頃)  
  A-2班は恵原集会所~三坂峠までバス送迎、ゴール地解散(予定15:00頃)
     A-1及びA-2班は定員に達しましたので受付を締め切りました。
     B班は、まだ余裕がありますので引き続き申込み受付中。
                            (5/19主催者からの連絡)
     B班を含めて定員目いっぱいの参加があり、このイベントは無事終了致しました。
                            (5/25坂本屋・門前の小僧)
 
 
  B班は10時恵原集会所集合~三坂峠までバス送迎、ゴール地解散(予定16:20頃)

f0213825_17474860.jpg
 当日午前6時に大雨注意報が出されていたら中止連絡のための明確な電話番号が必要です。

お問合せ・お申込みは
f0213825_20355497.jpg

by jh5swz | 2014-05-09 20:27 | 坂本屋日記2014 | Comments(0)

2014坂本屋のGW

平成26年5月3日(土)憲法記念日の日記

4連休の初日、私のGW後半の幕開けは坂本屋のお接待。
48番西林寺から46番浄瑠璃寺前を経由して坂本の里へ走る道中、
札所の境内、駐車場以外の道路でスレ違ったお遍路さんが8人、
いつもと雰囲気が違います、お遍路さん多いです、へんろ道もGW色です。
f0213825_1715851.jpg

『いざ四国、1200年の巡りあい』-R-

  ロゴ・キャッチコピーは四国ツーリズム創造機構・使用承認済


08:50 坂本屋着
    すでに長老Nさんが雨戸を開けて幟旗立てて囲炉裏火もスタンバイ。
f0213825_1044287.jpg

f0213825_10592585.jpg
 駐車場に顔を出した「竹の子」
 我が家へのみやげになったことは言うまでもない。
f0213825_10552514.jpg
     投げ込み流家元 門前の小僧、
     今月の一輪挿しは「野あざみ」、
     うん、なかなか野趣味あふれる力作。


09:22 1時間ほど前、坂本屋への出勤途中ふもとの浄瑠璃寺町で
    車で追い越した逆打ちお遍路さんがひと休み。 
    お四国参りのベテラン松山さんが、スペイン巡礼を体験された伊台さんに、
    「外国もいいがお膝元巡拝を済ませて自慢しろ」と引っ張り出されました、との由。
f0213825_11192286.jpg
野宿お遍路さんのザックはさすがです。
f0213825_11194421.jpg

10:05 春とは云え、三坂峠へ標高差約300mの登りは大変だろうと思います。
    両ベテランに失礼ながら、思わず、「頑張って下さ~い」と、お見送り・・・
f0213825_11252299.jpg

<門前の小僧より>
  最近、お遍路さんの後ろ姿が多いのですが、
  掲載ご承諾お願いが億劫になったワケではありません・・・
  一期一会のお遍路さんの背中が、話し尽くせなかった何かを語りながら
  次へ歩き進まれる後ろ姿に感動すら感じる昨今なのです、お付き合い願います。


10:08 神奈川さんがひと休み、長老Nさんと話が弾みます
    「今、お二人とスレ違ったが、ここの逆打ちは遍路ころがしじゃあな~」。
f0213825_11321355.jpg

10:28 神奈川さんご出発、とても78歳とは思えません・・・、この先も道中ご安全に!
f0213825_11354753.jpg

10:30 東京さんがお立ち寄り、ご快諾をいただいて顔写真。
    痛めたヒザの術後のリハリビを兼ねて区切り打ちお遍路とか・・・
f0213825_114731.jpg

11:03 東京さんご出発、どうぞヒザを労わりながら、一路平安に!
f0213825_11415665.jpg

11:15 お声をかけましたが、先をお急ぎのご様子で浄瑠璃寺へ下られたお遍路さん。
f0213825_11521714.jpg

11:50 「そろそろ昼メシにするか」とカップ味噌汁作っていたところ、
    香川さん、長崎さん、名古屋さん、新宿さんがたて続けでお立ち寄り、
    当番持参のにぎりめしを分け合い、ラーメン作って昼食会が始まりました。
    会長親戚宅から炊き込みご飯の差し入れもあり囲炉裏囲んでお四国サミット。
f0213825_11553840.jpg
          チョロチョロ燃える囲炉裏火に話しが盛り上ります。

12:26 ひとしきり歓談のあと、お一人が旅立ち
f0213825_12384222.jpg

12:28 またお一人がご出発
f0213825_12393954.jpg

12:31 そして三人目をお見送り
f0213825_19471472.jpg

12:32 お一人の後を追うようにまたお一人が
f0213825_12411022.jpg
 いつものことながら
 連れ合いでない限り
 決して揃って一度に出発されることはなく、
 こうして、前になったり後になったり
 それぞれのペースで88番を目指しながら
 実は、ずっと、
 それぞれの人のことが気になりながら、
 それぞれのペースに敬意を表した歩き方、
 それが歩きお遍路さんの心意気かも・・・

 そして、どこかのお宿で合流されて乾杯!


 私のにぎりめしを「美味しい」と食べてくれた若者に
 「同じ釜の飯を食った兄弟!」と見送ったら、ハイタッチを返してくれました。
f0213825_12482978.jpg


12:20 岐阜さんファミリーがひと休み。
     何度目かの区切り打ち出発前のお爺ちゃん、お婆ちゃんに
     「今度は私をお遍路に連れていって!」と、泣き喚いたという
     小学6年生のお孫さんと、せがまれてお幸せそうな両祖父母。
f0213825_13145578.jpg

12:35 見送る当番4人、思わず「羨ましいなあ~~~」。
f0213825_13254760.jpg

12:30 東京さんがお立ち寄り
f0213825_1255396.jpg
          囲炉裏部屋で昼食のあと片付けやっててお話が聞けず残念・・・

12:43 東京さんご出発
    一番さんから700㌔を歩いて来られたお遍路さんの足取りは違います。
f0213825_1342762.jpg

13:40 いっぷく中の徳島さんに続いて静岡さんがお立ち寄り。
     「若いモンの足は速いなあ~」
     「いえいえ、一生懸命です。
f0213825_13335822.jpg

13:58 徳島さんご出発
f0213825_13375794.jpg
 
14:10 静岡さんご出発
     「今日は長珍屋で早仕舞いじゃ~」。
f0213825_13395192.jpg

14:15 高知さんひと休み
f0213825_13434982.jpg

14:28 高知さんご出発
f0213825_13452914.jpg

14:30 1時半ころから遊びに来ていたウチの家族が下山
f0213825_16151550.jpg
          オトコが一生懸命やってることを見といてもらうのも悪くはなかろう?

14:35 二人連れ大阪さんがひと休み
f0213825_1357171.jpg

14:50 仲良し同級生?ご出発
f0213825_1403613.jpg

14:55 仕舞い支度をしていたら6人連れのご一行
     地元愛大サイクリングクラブ8期生の還暦?同窓会で、
     いつもペタルを踏んで登ったR33三坂峠から
     通ったことないへんろ道を歩いて下って今夜は長珍屋で大宴会のとのお話し。
f0213825_1451432.jpg
         大阪さん二人、岡山さん、兵庫さん、愛媛さん二人
15:10 浄瑠璃寺前、長珍屋へご出発。
    「いつまで経っても同期生の素晴らしさ」を背中で自慢されながら・・・
    今夜はご盛会に!
f0213825_1461671.jpg


愛大同期生皆さんを見送って、戸締り、火の用心怠りなく本日の坂本屋無事閉店。
お遍路さん24人(+私の家族4名)=団体さんナシで最高のご来客数なり、ヽ(^o^)丿

15:30 帰路、ふもとの坂本小学校裏に掛け渡された鯉のぼり、春真っ只中!
f0213825_1494174.jpg


<お断り>
 今日は思いがけず大勢のお遍路さんで、
 お名前(ご出立のお国)だけはメモったのですが、
 あとはショボいCPUの脳~とパソコンにインプットした記憶を頼りに書きました。

 もしも、後日このブログをお読みなったお遍路さんで
 「自分の話しと違う」なんてことがありましたら、どうぞご勘弁下さい。

 なお、掲載させていただきました写真をご所望の方がいらっしゃいましたら
  E-mail  jh5swz@orenge.ocn.ne.jp までご一報下さい。
 お接待させていただきます。  -門前の小僧-
by jh5swz | 2014-05-04 20:09 | 坂本屋日記2014 | Comments(6)