2016年納めお参り 八坂寺

平成28年12月29日(木)の日記。
 事務所納め。
 
 2016年のお参り納めは
 四国霊場第47番・伊予十三仏第10番八坂寺さん。


 参道近くの坂本屋メンバーさんの会社へ寄ってみた。
 なんと、なんと、会社の駐車場で近隣の若い奥様方や子供達と餅つきの最中で、
 アツアツのあんこ餅を一個もらってお行儀よろしく立ち食い、つきたて餅は美味!
            ツイてる!

 八坂寺さん参りの度にお迎えいただく「みまもり修行大師像」。
f0213825_16223376.jpg

 参道正面が八坂寺さん。
f0213825_16245576.jpg

 ややや!!! もうちゃんと門松が。
f0213825_1635414.jpg

 立派な屋根のある朱い極楽橋に門松の緑が冴えます
f0213825_16393598.jpg     山門橋の天井絵に迎えられて入山します
f0213825_1647774.jpg

 伝説の?救いの手
f0213825_16543495.jpg
 10段目の浄財箱の左、縁石を挟んで丸っぽい石に
 手のひらと五本の指跡がうっすら見えます。
 その昔、
 石段の上から転げ落ちた遍路の手の跡と云われ、
 そのとき、遍路さんに怪我が無かったことから、
 「九難を去る救いの手跡」とされる伝説の石です。

 
 豆腐の角につまずいても転げる歳になりましたら
 どうぞお守り願います・・・と白い穴あき硬貨で祈願。


 本堂参拝(左奥・大師堂)
f0213825_1659317.jpg

 大師堂の五鈷杵、
   しっかりにぎって御手綱で結ばれた堂内のお大師像にご縁の広がりを願ったことです。
f0213825_172148.jpg

           ご縁でしょうか、
           お正月支度中のご住職とお手伝い?に入山中の高〇賀お先達さんにご対面。
           お忙しい中、
           作務の手を休めて、通夜堂の利用、留意事項のことや
           坂本屋のアレコレなど、暫しご懇切にお話しをしていただきました。

    当ブログへお立ち寄りの皆さま  
f0213825_1205865.jpg

   
by jh5swz | 2016-12-29 19:19 | その後の徒然遍路 | Comments(2)

坂本屋の餅つき2016

平成28年12月23日(金)天皇誕生日の日記。

        昨日来、新潟県糸魚川市で大変な火災がありました・・・
        類焼140戸の皆さまには心からお見舞いを申し上げます。


 さて、こちら本日は坂本屋恒例の餅つきとお正月準備の日。
 いつもより早めに自宅発。
07:20 出仕前、例によって48番西林寺さん朝参り。
    さすがにシーズンオフ、駐車場の車はゼロ、静かな仁王門です。
    大師堂前に近所の?婆ちゃんが普段着でお納経中、
    白衣だ輪袈裟だなどと拘らないで、こう云う日常の中のお参り風景、いいなあ~
f0213825_1012990.jpg

07:47 窪野町から三坂峠を見ると(多分、中央の一番低いところ)
    山のそこかしこ、うっすら名残りの雪化粧、今日は冷え込みそう・・・
f0213825_106236.jpg
 
08:10 坂本屋着、
    地元の皆さんは、すでに駐車場へ「餅つき場」設営済み。 
    四つのドラム缶クドの種火に火吹き竹を吹くと、
    煙が昇って、餅つき場らしい舞台になってきた。
f0213825_10165950.jpg

         三日前から準備したと聞いた餅ゴメ60キロが出番待ち。   
f0213825_102058100.jpg
f0213825_10212386.jpg

    坂本屋マドン連と公民館女性陣、本日も応援ありがとう。
f0213825_10242312.jpg

    三々五々、登って来た子供達が掃除を手伝ってくれます。
f0213825_10281418.jpg

    三連蒸気機関車よろしく蒸篭フル稼動。
f0213825_10312889.jpg

09:25 一番臼スタート!
    下級生が杵をつく、上級生が返し手を挿す。
    坂本小学校では課外授業?で「餅つき」が恒例のようで手馴れたものです。
    (そう云えば、今日は校長・教頭先生も遊びに見えてましたなあ~)
f0213825_10354561.jpg
     
    つきあがった餅は坂本屋座敷で母さんがちぎって子供達がまるめます。
f0213825_1052026.jpg
             丸めた餅は二階の座敷へ並びます、見事な流れ作業です。

只今の外気温6,5度
f0213825_11416100.jpg
 とうとう小豆粒ほどの霰混じりの雨・・・たまらずテントをもうひと張り!
 テントをたたくアラレの音など何年ぶりに聴いたことでしょうな・・・
f0213825_116255.jpg

   あられ打つテントの屋根の薄きこと 小僧



   母さん必死?(返し手は小学生)              父さんも頑張る
f0213825_11131033.jpg
f0213825_11133310.jpg

子供は風の子?元気なものですが、大人はクドの火の用心? ^.^
f0213825_11244097.jpg

10:10 「この寒空ではお遍路さんも無かろう」などと言ってたら、
      娘お遍路さんが一人、
      「四国で雪とは・・・、私が甘かったです」と、ひと休み。
      出来たばかりのお餅と熱いお茶でお接待。
      たかのこのホテルを予約済みとかで「49番浄土寺さんまで頑張ります」。
10:19 ひと休みされた東京さんご出立。
f0213825_11514521.jpg
 
      引き続いて、あんこ餅やよもぎ餅の出番です。
f0213825_1213978.jpg
f0213825_122240.jpg

11:30 天気さえよければ道路いっぱいに座り込んでお正月飾り作りなのだが・・・
         生憎の荒天、やむなく軒下で長老の注連縄作り教室。 
     テントから振り落とした雪               子供が作ったお飾り
f0213825_1210341.jpg
f0213825_12105984.jpg

        残念なので3年前の注連縄作り模様をUPします。
f0213825_136566.jpg
                             2013・12/23撮影
         
11:55 ハガマだ炊いた献上窪野米のにぎりめしと
     悪戯の限りを尽くしたイノシシのお命頂戴したシシ鍋も出来たようです。
f0213825_12222896.jpg
f0213825_12214198.jpg

     シシ鍋+にぎりめし、みんなで食べると美味しいやろ~
f0213825_12403725.jpg

12:05 「いや~四国で雪に会うとは思いもしなかった」と、旭川さんがひと休み、
    炉端でシシ鍋、にぎりめしでみんなと一緒に昼食、つきたての餅でお茶。
12:30  座敷の子供達にも「おごちそうさま、ありがとうね!」って
    律儀なご挨拶を残してご出立、教えられたなあ~
f0213825_12322283.jpg

      手前のビニ袋は、
      あん餅、ヨモギ餅などの小餅20個と重ねお鏡の参加者用お土産。
f0213825_12462047.jpg

13:20 坂本公民館長から
     「みんな整列して回れ右!、坂本屋さんにお礼を言いましょう」。
     スタッフ一同、テルるテレる。
f0213825_12492689.jpg

13:40 2016年坂本屋ファイナル。
      屋内火の用心、屋外餅つきの後片付け、施錠して解散。
f0213825_12534750.jpg

      地元の役員さんは、明日の天気次第で濡れたテントの撤収と、
      雨で出来なかった三間土間の注連縄と門松飾りをされる由、お疲れさまです。
      私は今日もまた、「味見ま専科」で、何も手伝えなくてすみませんでした。
      不器用ですから来年も「味見 お毒見」専門かもですが・・・ あしからず。  

      坂本屋由縁のお知り合い皆さま 
          佳い年をお迎え下さいませ。

            引き続き2017年の坂本屋も温かく見守ってやって下さい。
 
by jh5swz | 2016-12-24 14:42 | 坂本屋日記2016 | Comments(2)

12月15日 朝 思うこと

12月15日の朝 思うこと。

 今朝は、討ち入りを果たした赤穂浪士四十七士が、
 雪を踏みしめながら泉岳寺の墓前へ向った朝・・・
 艱難辛苦の末、本懐を遂げた浪士たちは一体どんな気持ちで歩いたのだろう、
 今は亡き殿の笑顔? 家族? 許婚? 切腹の作法? ・・・
 
 唐突ながら、
 今年の春、お参りに行った赤穂浪士ゆかりの寺のことを書いてみます。

 所は松山市末広町、興聖禅寺。
 高島屋と県立病院を結ぶ市道沿いにあり、結構クルマが多い商店街です、
f0213825_11294948.jpg

 今朝の地元紙朝刊によると、地元商店街では14日の討ち入りの日、
 今年で53回目となる「松山義士祭」を執り行い浪士の忠義を偲んだ、とある。
f0213825_11382144.jpg

             新聞記事では「興聖寺」となっていたが・・・さて?
f0213825_1143521.jpg
 
 松山城主蒲生忠知公 墓所            赤穂浪士                             
f0213825_1145169.jpg     木村岡右衛門
     大高源五   埋髪之碑
f0213825_11455759.jpg


  間違ってはいけないので、境内の高札に説明を願おう・・・
f0213825_124413.jpg


  浪士 木村岡右衛門 大高源五 埋髪之碑
   二人の介錯をした宮原久太夫頼安家累代之墓に並んで供養塔が静かに建っていた。
f0213825_9212411.jpg

  切腹した浪士と介錯した侍の心情に思いを馳せて、お線香灯して暫し合掌・・・ 
  チラホラ桜が咲き始めた早春、浪士の墓参り、
  思わず、浅野内匠頭の時世句を二人に捧げた。
   風誘う花よりも我はまた春の名残りをいかにとやせん 
                      
  興聖禅寺界隈地図(イヨテツ松山市駅より徒歩5分)
f0213825_8482732.png
f0213825_8514160.png
  
by jh5swz | 2016-12-15 10:14 | その後の徒然日記 | Comments(6)

平成28年11月某日(木)の日記。

 道後湯之町、某会館で〇〇〇〇推進大会があり、「懇親会も出るべし」との案内。
 例年、会場への乗り継ぎ便が悪くてTXI利用なのだが、今年は電車で往復した。
 松山に住みついて以来、電車で道後温泉を往復するのは始めてのことでワクワク!
 往復する間、思いっきり観光客になりきってキョロキョロと道後をぶらタモリもどき。

 自宅から徒歩20歩のバス停から『円バス』に乗って郊外電車「久米駅」まで5,6分。
 『円バス』というのは、久米駅から48番西林寺近辺の間を循環する小さなバスで、
 何処まで乗っても110円なので円ショップに引っ掛けて、みんな『円バス』と呼ぶ。
  (消費税が8%になってから110円になったが愛称は変らず)。

 郊外電車「久米駅」から「市駅」まで約10分、210円。
 松山には「国鉄松山駅」と「伊予鉄松山市駅」があり、地元ではこちらの駅を「市駅」と称している。
f0213825_1144910.jpg
          以前は「伊予鉄そごう」だったが、今「いよてつ 高島屋」        
          郊外・市内電車と殆んどのバスが乗り入れているターミナルデパート、
          一番町にある「三越」さんと繁華街商圏を競っています。
          毎年、坊っちゃん球場では東京ヤクルトスワローズの秋季キャンプもあって、
          ほどほど田舎でちょっと都会な城下町松山が私は好き。

 「市駅」・いよてつ高島屋前の市内電車乗場。
 絶好のタイミングで普通電車と観光用?の「坊っちゃん列車」のそろい踏み。
        
f0213825_11181366.jpg

 普通電車なら道後温泉まで160円だが、
 坊っちゃん列車は¥800円だとおっしゃる・・・
 今日は観光客なんだからと、奮発して坊っちゃん列車に乗った。
f0213825_13375777.png
 電車の乗客はガイジンさん5人と私を入れて17人。
 床も板張りの客車は、
 小説「坊っちゃん」に書いてある通り、
 『マッチ箱のような電車だ』。

 汽笛だってちゃんと鳴る、 「ピ~ポ~」。

 狭い車両の中では、
 どうデジカメを構えても
 お客さんの顔が写るので撮影は諦めた。

 電車の窓から眺める城下町の景色は
 クルマ族の私には真に新鮮でした。

 イラストはイヨテツHP「坊っちゃん列車路線図」より。

 ガタゴトと20分ほどゆられて、道後温泉駅到着。
 駅前の観光案内所横・放生園の「カラクリ時計」と「足湯」。
f0213825_1139448.jpg
                     (カラクリ時計の人気ぶりは最後の写真を見て下さい)

 道後湯之町おみやげ街入口の道後アート「鈴生り門」(山口 晃氏作)。
f0213825_11421898.jpg

 平日の昼下がりでも大勢のお客さんがお土産買い物を楽しんでおられます。
f0213825_11461027.jpg

 「椿湯」、
  道後温泉本館は来年の愛媛国体が終わったあと、
  7~8年かけて耐震改修工事が予定されており、
  その間、この「椿湯」を代替の外湯としてお客さんに利用して貰うのだそうだが・・・
f0213825_121327100.jpg

  スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」の銭湯「油屋」のモデルだったのかも?
  と、話題にもなった道後温泉のシンボルのこの本館とのギャップが頭痛のタネなのだとか・・・
  観光客の繋ぎ止め?のため、一挙に全面工事でなくて、
  部分改修を重ねながら耐震工事を完了する案に落ち着くらしい。
f0213825_17103840.jpg

  小説「坊っちゃん」七人衆が勢揃いで「いらっしゃい!」。
   左から野だいこ・赤シャツ・マドンナ・坊っちゃん・山嵐・うらなり・校長。
   個人的には、「清(キヨ)」も加えて欲しかったなあ~  
f0213825_12274029.jpg
           それにしても、「松山人」の人の好さと懐の深さか商人根性か?
                  アノ小説、松山をちっともホメてないんやけどなあ~

 私、観光客ですから
f0213825_124281.jpg
       初めて「玉の石」も、ゆっくり見ました。
f0213825_1245377.jpg


ご駐駕のところ とは なんとも
f0213825_1355592.jpg
    皇室専用浴場「又新殿(ゆうしんでん)
     詳細は↑クリックして松山市HPを是非ご覧下さい。
f0213825_19224543.jpg
  
    本館落成直後に竣工したので、
        市民は「 しく 湯殿を作ったのか」と言ったとか。


 私の好きなアングルだが、11月の「すだれ」はいささか場違いではござらぬかな?
f0213825_1258303.jpg

       全国122,371人の読者の皆さま、
       お正月は是非とも天下の名湯道後温泉でご湯っくりお過ごしになりませんか?


 さて、某会館で大会式典から特別講演、懇親会を無事終えて・・・
 来た道、戻ります。

 夕暮れの道後温泉本館前。
f0213825_14525160.jpg
         週末とか連休がらみになると
         入湯客が2列に並んで 本館をクルリと一周することも珍しくはないホントです。
 
 やっぱり商店街は明るくなくちゃあいけません。
 浴衣に羽織、下駄履き風情のお客さんは湯の街のスターです。
f0213825_13251723.jpg

 道後:坊っちゃんカラクリ時計。
  道後駅前の坊っちゃんカラクリ時計は、
  時間がくるとメロディにのって時計台がせり上がり、
  小説「坊っちゃん」の登場人物が現れる人気のスポット^.^
f0213825_1325356.jpg
                        ほとんどの人がスマホ族でびっくり! 
 



 坂本屋は来春3月まで冬眠・・・
 お遍路はちょっとシーズンオフ?
 しばらく、お膝元松山市内のあっちこっちをぶらタモリ気分で歩いてみたい。
by jh5swz | 2016-12-01 19:51 | ぶらタモリもどき 松山 | Comments(4)