松山市北条のアンカレッジ・マリーナを出航して約2ヶ月後、
 北米ファン・デ・フカ海峡ビクトリア港でカナダ入国手続きを済ませたヨット「花丸」のその後。
 9/19(現地時間)、無事サンフランシスコへ入港しました。

  8/1から9/13までの航跡図
f0213825_11103019.png

  まず、カナダ・アメリカの国境(航海図黒い線)の
 カナダ側に点在する港町に住む艇長旧知のヨット友達を
 次々に訪ねて40日。
  海峡に面して専用桟橋を持つそれぞれの艇長の家で
 歓迎を受けながら湾内?を機帆走三昧?
  バンクーバーでは、この旅の大きな目的の一つだった
 ヨット友達と40年ぶりのご対面もあった様子です。
  9/13、国境対岸の港で米国への入国手続きを済ませた
 「花丸」は海峡出口で潮待のあと久しぶりに太平洋へ出て
 いよいよ次の寄港地サンフランシスコめざして帆走中です。
 


  9月15日(JST14:00) Boat Speed 4,4kts
f0213825_11373608.png



  お国柄でしょうか、乗り物がヨットだからでしょうか?
 海上の国境を挟んだ加・米両国の入国管理事務所での
 対応の(私の個人的な)感想は「そんなものかなあ~」。

  街の人々の中には「ここじゃあ、ヨットの出入りに
 いちいち細かいことは言わねぇ~よ」、直訳すると
 これでよかったかどうかは定かでないが・・・

  松山市北条を出航して3ヶ月、花丸の帆走テクニック、
 ヨットの機能、いろいろなパーツの働きなどを艇長の
 親友西中さんから毎日詳しく解説してもらうのですが、
 いまだに向い風を受けながら前へ進むヨットの理屈が
 飲み込めない私です。
  が、昨日も西中さんと意見の一致を見た一点とは、
 「お互いに地球規模の日常生活に触れてますなぁ~」。


  沖合い約100Kを海流にも乗って快走中だそうです。

 
9月19日 05:05(GMT) サンフランシコ到着!
f0213825_15244334.png

 
 出航して6日目、
 9/19 05:05(GMT)、
 ゴールデンゲート(金門橋)を無事通過、
 夜間のこともあり、
 マリンシティ沖合いに錨泊した花丸は、
 4時間交替でワッチ(見張り)を続けた
 キャプテンと奥さんの疲労回復のため仮眠・・・
 
 
 


f0213825_15315109.png

 9月20日(JST)朝、航跡図を見てみると
 Clipper Yacht Harber の桟橋に舫って休息中。
 この桟橋はシャワー料金が不要なマリーナだそうで、
 ゆっくり時間をかけてシャワーしたり、
 コインランドリーで洗濯をしたり、 

 近くにスーパーもあって
 外海では飲まないビールとワインを買ってきたなどと
 レポートは寛いでいる様子も垣間見えて安堵致しました。
「ここに1週間ほど居るつもりです」とも書いてありました





    
  これからも花丸の許可を得ている航跡図に西中さんの航海術解説を織り交ぜて
 七つの海の港に寄港する花丸の様子を書き綴りたいと思います。

f0213825_13035582.png

               航海中の花丸の写真がありませんので、出発時のTV-NEWS画像を借用掲載します。
                 ※ 
 私は臆病者ですから、大海原を航く10メートル足らずのヨット旅が心配でたまりません、
 この日記がお目にとまりましたら、
 小さなヨットのメインマスト右に現在通過中の国旗を掲揚し帆走する花丸の安航を応援願います。
f0213825_16005313.png

                     Bon Voyage!!
  
 (訂正とお詫び)
  先日「花丸」を「10フィート足らず」と誤って表記していましたが、「10メール足らず」と訂正して、
  この記事をお読み頂いた方々と「花丸」にお詫び致します、ご指摘頂いたNさんありがとうございました。
                           - ブログ管理人 門前の小僧ー   
  


by jh5swz | 2017-09-20 16:49 | ヨット「花丸」航海記 | Comments(0)

平成29年9月9日(土)坂本屋当番日の日記。

f0213825_07155484.jpg

  ふもとの浄瑠璃寺町で農業体験中の「ポンポコ村」の子供達20人と、
 坂本公民館関係者、松山大学ポンポコ村のサポート隊の学生さんたち
 総勢30人が、三坂峠から浄瑠璃寺町までお遍路しながら下ってきます。
  坂本屋では、皆さんに握り飯と芋炊きで昼食のお接待をしました。



07:30 昨年から卒論研究テーマを「四国遍路とお接待文化」?と決めて、
    帰省の度に坂本屋へ通っている京都の学生さんを隣町の自宅へ迎えに行って
    めっきり涼しくなった久谷・窪野を疾走。

08:00 集合指令時間に滑り込み現場到着したが、
    早出の地元メンバーさんがすでに作業中でした。
    今朝の坂本屋、 標高400m、外気温20℃、洗いざらしの半そでポロシャツでは肌寒かった・・・
f0213825_12355579.jpg
  
f0213825_08001609.jpg



  女性スタッフと公民館関係の応援マドンナさんに学生さんを紹介して
  さっそく囲炉裏部屋では芋炊きの下ごしらえを手伝ってもらい、
f0213825_12503884.jpg
     愛原会長、船川さんは釜土のハガマでご飯炊き   
f0213825_12510849.jpg
        お断りできてないので甘ピン画像を掲載、モデルみなさんご容赦下さい・・・

    駐車場ではドラム缶釜土で芋炊き部隊奮闘中です!
f0213825_13000393.jpg

   
     駐車場の竹林の向こうでは野ザルが夕方の「おこぼれ」を待ち構えている。らしい・・・
f0213825_13053571.jpg


 08:30ひと休みされたお遍路さんが「道後温泉まで進みたい」と、ご出立。
            今からなら51番までマに合うでしょう、道中ご安全に!
f0213825_13271611.jpg


   「味みま専科」の私、お呼びがかかるまでに、いつもの三坂峠の定点観測。
       すっかり献上窪野米の刈り取りが終わって稲木の隊列が秋景色です。

f0213825_11071607.jpg

 09:50 へんろ道歩きをしていたら、お遍路さんが下ってこられて暫し駆けずれ遍路。
f0213825_13220484.jpg

    
    お接待はスタッフ野矢さんにお任せ
f0213825_13293107.jpg

 
 10:05 ご出立。上々のお遍路日和です、この先も道中ご安全に!
f0213825_13354397.jpg

  
     囲炉裏部屋ではおにぎりがどんどん出来上がって、
f0213825_13432887.jpg

  
   朝から、マドンナ皆さんが設営した坂本屋食堂へ配膳されます。
f0213825_13480088.jpg

   
   「味みま専科」も活躍した芋炊きの大鍋も、あとは子供達の到着までじっくり火を通します。
        子供達、公民館関係者、地元大学生サポーター、坂本屋スタッフ合わせて50人分
f0213825_13544885.jpg



 10:40 11/18~19開催の道後湯けむり遍路道ツーデーウオーク
     大会役員さんが、
     岩屋寺&三坂峠からスタートの2コース組の休憩お接待所提供の依頼ににお見えになりました。    
f0213825_07532742.jpg

  新メニュー
 「特製そうめん入り芋炊き」をお接待、
  お味は合格でござりましたかなあ~? 

f0213825_07564142.jpg



     会長が11月から始まる坂本屋の屋根瓦葺き替え工事の進捗次第ではちょっと迷惑かも知れないが
    参加者への休憩場所確保とお接待、トイレの使用だけはご不便の無いように務める旨、事情説明。
     例年のことながらご丁寧なご挨拶に恐縮・・・

 10:56 ほぼ予定通り、ポンポコ村の子供達がお遍路気分を満喫して到着。
     ちょっとお疲れだったかな?
f0213825_14341635.jpg
                              関係者に撮影・掲載ご承諾済み

 f0213825_14391108.jpg
 主催責任者から休憩地坂本屋と昼食提供の紹介。

 手前のマドンナ三人は、
 地元松山大学のボランティアグループ皆さん。

 子供達は座敷で、松大皆さんは坂本屋の離れ部屋で昼食。
 なぜだか、楽しそうだった昼食中の写真撮り忘れ・・・
 

 
  バタバタの最中、
  食後、歩いて下る子供達の邪魔にならないようにと、ツーデーウオーク役員さん下山。
          「茶菓子の差し入れありがとうございました。」

  入れ替わるように、スタッフも青空立ち食い食堂で芋炊き食事中、
  県内某町の「史談会」の皆さん15人?が
  5台の車で「坂本屋見学」にお見えになりました。
  突然だったので「なにごと?!」かと戸惑うほどの車大渋滞・・・
f0213825_14532145.jpg
                            左手前のヘルメットはサイクリスト

f0213825_14571763.jpg

  前以て連絡でもあったら、
  それなりの「にぎりめしと芋炊き」を
  スタンバイできないでもなかった?のだが・・・
  あしからず。

  それにしても「史談会」皆さまの見学とは、
  築後105年の坂本屋もちょっとテレてました。



 
 駐車場へ腹ばいになって撮った「テレてます坂本屋」。  
f0213825_15060842.jpg


 12:00 食後しばらく遊んだ子供達の年長?代表が、
     勢ぞろいの坂本屋スタッフに「ありがとうございました」のお礼の言葉を残して
f0213825_15164439.jpg

 
  ここからは、坂本屋会長が道中の遍路墓や史跡を説明案内しながら浄瑠璃寺まで歩き遍路のスタート。
f0213825_15221945.jpg


13:00 子供達を見送ったあと、
     応援出仕の皆さんは厨房、座敷、青空食堂を片付けて下山、
     当番だった会長が子供達を引率して行かれたので、
     残ったのは船川さんと京都さんと門前・・・

  急に静かになってポカンとしていたら、卒論研究が目的の京都さんが「大仕事」を始めた
  先月、仕事半ばで時間切れだった15年分の「納め札」の大整理。

これは前回 8/19 、作業始めた日のスナップだが
f0213825_19342067.jpg

 菓子箱の中で、おおよそ年別にはなってはいるが、
 何かあればバラバラになってしまう状態の大量の納め札を
 年度に注意しながら、
 10枚ずつ並べて総枚数を数える
 暑いからと言って扇風機を回したのでは作業にならない・・・
 
 見ている方こそ気が遠くなるような作業を始めた昼下がり・・・ 


 そして今日 9/9 は、
 スタンバイした帯短冊で年別に括って整理するという大仕事。 
f0213825_15491469.jpg

f0213825_08025596.jpg


 彼女は坂本屋の歴史に残る大仕事を成し遂げられました。
 お遍路さんが、お接待のお礼に置いて行かれた大量の納め札を
 年毎に区分けして枚数を確認していく大仕事です。
 コレを見て「私もやろうと思っていました」なんぞは無礼千万!
 恐れい入りました。

 子供達と別れて引き返してきた会長が
  「なにや~ なんと~!」と絶句。

 最近、とみに多くなったマスコミ関係者の「見せて下さい」にも
 自慢するものではありませんが、胸を張ってご披露できます。



 ありがとうございました京都さん、
 お遍路さんを見たら、「ほっとけない」坂本屋の面目躍如です。


15:05 引き返して来た会長に、もっとたくさん質問があった素振りではあったが、
    双方ちょっとお疲れ気味ではあったし、
    定時につき、あえてインタビューを遮って(ゴメン)
    戸締り、火の始末、消灯、施錠して本日のお接待出仕お終い。

    よそ様のお嬢を、
    隣町のご自宅まで送り届けて、門前の小僧本日のミッション無事完了。



by jh5swz | 2017-09-10 19:50 | 坂本屋日記2017 | Comments(6)

平成29年9月2日(土)の日記
 
 f0213825_11275585.jpg

 いつも楽しく付き合ってもらってる某県の友達(お先達さん)が
 歩き遍路のツアー参加者として、
 三坂峠を下って坂本屋で休憩されるとのこと。
 当番ではなかったが、お先達さんにも会いたいし、
 19人の団体お遍路さんとあっては
 スタッフも忙しいだろうと思って押しかけた「坂本屋リリーフ当番」日記です。




10:15 山賊むすび弁当持参で自宅発。
    今日は八坂寺さんをお参りしてから坂本屋へ疾走。
10:57 いつもの窪野町、定点観測撮影。
    稲田もすっかり色づいて「早く刈ってよ~」モードです。 
f0213825_11351108.jpg

11:10 坂本屋着。
    当番スタッフにワケを話して、「普段どおりの冷えた麦茶のお接待」を依頼。
    予定では午後の峠下りと聞いているので、三坂峠定点観測撮影へ。
f0213825_11473731.jpg

    かって松山のお殿様のお気に入りで献上米の歴史を誇る稲田は稲刈りが始まって、  
f0213825_11492878.jpg


     今どき見ることが少なくなった稲木の隊列に初秋を感じます。
f0213825_07435522.jpg


 12:10 腹時計が鳴ったと思ったら、 
f0213825_11551756.jpg

 「お遍路さん、午後になるんなら
     お昼にしませんか~」と、
  船川の母さんから、まかない昼食の差し入れ。
 「弁当ありますから」と言いながら、
  お接待を断ってはならじと、ご馳走になりました。
 
 「嫁に食わすな」と云う”焼きナス”、
  無農薬”朝採りトマト”、いずれも美味し 
   
  
  朝夕涼しくなったとは云え、
  秋遍路シーズンにはいささか早いのか登り下りのお遍路さんはなく・・・
  知り合いのお遍路さんご一行を待ちます。

 13:30  知り合いお先達さんから「三坂下りスタートします」とのメッセージ入電。
     当番スタッフと相談して、ぼつぼつ木陰が広がり始めた駐車場へ
     玄関土間の年代物の縁台と丸太切り株イスを並べて19人様の休憩場所を設営。
     三人で「いい休憩所が出来た!」と自画自賛。

 14:13 「※一ノ王子社跡出発します」と、第二信。
      ※石鎚信仰に結び付く小さな社跡で、遍路道の休憩所として東屋がある。
      ここから石鎚山頂まで王子社が続いていたが、現在は道も社も消滅した・・・
             と坂本屋長老の話し。


 14:20 お接待の心算で、道路へたっぷりと散水(焼け石に水ではあったが・・・)。

 14:25 お遍路皆さんご到着。
     なにはともあれ一杯の麦茶でくつろいでいただきました。
     友達S・Yamamotoさんとも久しぶりにご対面、\(^o^)/
f0213825_12391786.jpg
     
     このショットは、S・Yamamotoさんがお遍路さん目線で撮影された一枚。  
f0213825_12414137.jpg
                             画像提供ありがとうございました。

14:45 46番浄瑠璃寺をお参りの予定もあり、ご丁寧なご挨拶のあと、皆さまご出立。
           このあとも道中ご安全に!
f0213825_12593828.jpg


    本日は浄瑠璃寺さんで打ち止め、遍路宿:長珍屋さんでお泊りとか、
    今夜の夕食懇親会はさぞや弾むことでしょう~ Yamamotoさん!
f0213825_13144735.jpg

14:55 オトコどもは縁台、切り株ベンチ、幟旗片付けて雨戸閉め、
    船川の母さんに厨房、火元の始末を確認してもらって施錠、「坂本屋リーリーフ当番」お終い。
    あっ そうそう、母さん、
    無農薬ナスビ、金時イモ、ゴーヤなどたくさんの野菜をありがとう、家計助かります。
             「今晩 秋ナスを嫁に食わせます」。

平成29年9月3日(日)
   昨日の歩きお遍路ツアー皆さんは、
   07:00 長珍屋さんをスタート、47番八坂寺さんから50番繁多寺さんまで歩かれるらしい。
   昨日の写真を整理しながら、楽しみな企みが浮かび上がった・・・
f0213825_14161471.jpg

 この写真は、とても寒かった2014年2月11日
 四国霊場開創1200年記念錬行のご一行が、 
 自宅近くの交差点を渡られるワンショットで、
 後日、地元紙の「読者の写真コンクール」で
 名誉の?奨励賞(副賞1000円)に輝いたお気に入りの一枚です。
 

 このときは錬行参加資格がお先達限定だったので、
 以来、ず~~~っと一般のお遍路さん大勢がココを渡られるチャンスを待っていた次第。
 
 今日こそは!と
 Yamamotoさんに48番西林寺出発時間を、そ~~~っとお尋ねして、暑い陸橋の上で待機。

待つこと暫らく、
11:00 実に3年ぶりのお遍路さんの「アビーロード」です。    
f0213825_15061044.jpg

 掲載中の写真はYamamotoさんを通じてツアー参加皆さまの掲載承諾をいただきました、
ありがとうございました、またいつの日か坂本屋でお会い致しましょう! 



by jh5swz | 2017-09-03 17:06 | 坂本屋日記2017 | Comments(2)