生目神社の御神木物語

平成27年4月14日(火)の日記。

 松山市浄瑠璃寺町の第47番八坂寺の近くの山の上に
       目の健康を祈願する「生目(いきめ)神社」と言うお宮があります。


 坂本屋運営委員会顧問で坂本公民館の館長さんから、その話しを聞いたとき、
かって私が「愛媛の薬用植物図鑑」を執筆中、薬木「メグスリノ木」の関連取材に
行った香川県三豊市の生目神社境内にも、かってご神木として「メグスリノ木」が
植えられていたと地元の人から聞いた、ことなどお話しした。

f0213825_7475515.jpg 「そんな薬木が有るんかな?」
 「ハイ、ウチの畑にも2本育っています、
 別名「長者の木」という縁起のいい木で
 秋にはきれいな紅葉も楽しめます。
 よろしければ差し上げますけど・・・」。

 その後、
 宮司さんも交えて話が進んだらしく、
 「こちらの生目神社にも
 メグスリノ木を植えようと思うが、
 その2本おくれるかな?」。

 かくして我が家のメグスリノ木は
 生目神社へ嫁入りすることになった。
 (写真はYahooフリー画像より借用)




 
 3月26日、館長さんと地元有志の方が「娘」を迎えに来られた。

f0213825_14345421.jpg

 手馴れた作業で2本のメグスリノ木の嫁入り仕度が進みます。
f0213825_14391463.jpg  神社まで軽トラは入れるんですか?
  お二人で境内の穴掘りも大変ですね・・・
  お手伝いもせんと、エライ迷惑かけますね~

  軽トラなら境内まで入るんよ。
  お宮でも3人ほどが穴壷掘りよるんよ。
  ご神木にするんじゃけん有り難いことよ。
  来月の春の大祭にはお出でや!

 
  えらいこっちゃ、
  趣味で集めた薬木がご神木になる!
  もったいないほど光栄な話しや
  2本とも孫末代まで元気に育てよ!



f0213825_1456370.jpg  さて、4月の生目神社・春の大祭。
  大祭の日にしては
  ふもとから神社までの参道は静か???
 
  このポスターは神社へ着いてから見たものだが、
  よく見れば、なんと大祭は4月15日!
  あわて者の私、14日と早とちりしていた・・・

  が、嫁いだ娘に会いに行くのだから
  「元気かな?」などと
  こっそり親父ぶってみるには
  結果、静かなのもよかった。
 
 


f0213825_155242.jpg 生目神社への地図(ポスターより)
  47番八坂寺参道中ほどに
  生目神社への看板があり、
  進入路はすぐ判るのだが、
  その後、
  普通車がぎりぎり走れる程度の
  山道が続くのでご注意!

  「原池」の駐車場から
  神社真下の駐車場までは
  細い急坂が続くので、さらにご注意!
  



県道久谷森松線の第47番八坂寺への入り口、
お大師っさんに迎えられて宮参り?
f0213825_15192245.jpg

八坂寺参道半ばの生目神社への進入看板
f0213825_15204330.jpg
               八坂寺の主の猫様がお大師っさんに代わって団体お遍路さん一行を見送っています。

ちょっと道幅は狭いのですが
f0213825_15331912.jpg  辻ごとの道標に従って進むと
  「原池」駐車場、
f0213825_15342734.jpg
  さらに神社下駐車場への誘導看板、
   ホントに車で登れるんかな~チト不安・・・
  


 かなりの急坂、急カーブを登り、
f0213825_15404139.jpg

 進行方向左手(谷側)の駐車場から徒歩数分で神社です。
f0213825_15432198.jpg

 静かな境内はさほど広くはありませんが、山ツツジが新緑に冴えます。
f0213825_15485828.jpg
 
 立派な拝殿です。
f0213825_15522471.jpg

     さて、ウチの娘は何処に居るんじゃろか?
         と、しばしウロ ウロ キョロ キョロ・・・

     目線が合いました! 狛犬に守られるように拝殿への石段左右、
     もったいない神域の一等地に終の棲家を構えていただきまして
     生目神社様、ありがとうございました、厚く御礼を申し上げます。
f0213825_1556368.jpg
f0213825_15571215.jpg

     高さ約30センチ、親指ほどの苗木を植木屋さんから買い求めて10年、
     粗末にはしなかったが、とても大切に、とは自信のない扱いにも拘らず
     ご神木として迎えられた娘二人は健気な芽吹きを見せてくれました。
f0213825_16133211.jpg
f0213825_16134889.jpg

     お賽銭を納め、二礼二拍一礼を以て拝殿へ進みます。
f0213825_16282081.jpg

     姓名を名乗って、奉献の熨斗を巻いた吟醸梅錦をお供えし、
     娘二人を受け入れて頂いた宮司様、仲人下さった館長さん、
     ウチの畑と境内で移植・植栽に汗を流していただいた方々へ
     経験したことのないほど神聖な気持ちで御礼を言上しました。
              ウチの娘達がご神木やて~~~
 

     拝殿内には目(眼)の健康を願ってさまざまな祈願札が貼ってあります。
     第77番道隆寺にも歳の数だけ「め」の字を書いて
     眼の健康を祈願する神様が祀ってあったこと思い出しました。
f0213825_16294470.jpg
f0213825_16301123.jpg

生目神社の由緒                          
f0213825_1744489.jpg    御璽   
f0213825_1657753.jpg
      
 由緒高札より要約を転機    
      屋島の合戦で敗れて日向へ落ち延びた平家の侍大将・平影清は
     源氏の繁栄を見るのが口惜しくて、ついには自分の目をくりぬいて
     岩に投げつけて盲目になりました。
      岩にくっついた目玉はいつまでもぎらぎらと光っていましたが、
     そのうちに岩に眼の跡が残り、人々は恐れ拝みました。
      ところが不思議なことに眼を患っていた人の眼病が治ったのです。
     それ以後、生目神社として祀りました、 
      この話しを聞いた当地の庄屋さんが、日向からご神体(景清の
     短刀と云われる)を勧請して当地に祀ったのが、ここ生目神社の
     はじまりということです。
 御璽は
 
4/18 館長さんが坂本屋当番中の私に紅白餅を添えてご持参頂いたものです。

 振り返り、振返り、一礼して退出したことです。
f0213825_16375411.jpg
   

駐車場から道後平野眺望。
  曇天ながら遠方まできれいに見えたのは、生目神社のご利益に違いない。
  パソコンやスマホの見過ぎで眼がお疲れ気味の貴方!お参りなさいませ。
f0213825_16441212.jpg


 例によって余談ながら
  ー私と薬用植物の関わりあいー
   1998年、県内で趣味で薬木草を収集しておられた方がお亡くなりになり、
  県薬務課(現・薬務衛生課)から管理を引き継ぐことを依頼され、約50種の
  鉢植えを自宅の庭へ預かった。
   その後、野山を歩き薬用植物100数種を採集、玄関前の小さな畑を借りて
  「百艸園」と称して春夏秋冬を楽しんでいました。
f0213825_20375888.jpg
 
   盆栽仕立てに育成した百艸園の薬用植物は愛媛県薬事振興会が毎年秋に
  大型ショッピングセンターで開催する「くすりと薬草展」の主役でした。
f0213825_20453289.jpg

f0213825_2045022.jpg
 
   2006年春、松山大学に薬学部が創設され、付属薬用植物園へすべてを寄贈、
  現在も育成管理いただいていることに心から感謝しております。
f0213825_20513613.jpg
 
   その寄贈の際、妙に愛着があって我が家へ残した2鉢が、この度生目神社の
  ご神木として嫁いだメグスリノ木なのだから世の中の不思議なご縁を覚えます。
 
# by jh5swz | 2015-04-16 18:55 | 遍路の神社巡り | Comments(4)

平成27年4月7日(火)の日記。
  お遍路倶楽部「四季の会」発心九周年記念同窓会

      2006年4月7日、 
      私は某社の「がんばる歩き遍路・愛媛4期」ツアーグループの
     一人としてお四国参りを発心、霊山寺をスタートしました。
      以来、八月を除く毎月1回(第1金曜日)に1回平均20㌔前後、
     延べ1200㌔を歩き繋いで5年半後の秋、88番大窪寺結願。
      88番から1番へ歩き、88の点を結び丸い円になりました。
      2011年秋、慈尊院から町石道を歩き高野山奥之院を参拝、
     ある種の達成感と一抹の寂しさを感じながら旅は終わりました。
 
      が、苦楽をともにした同行多数との付き合いにピリオド打ち難く、
     春夏秋冬の再会を期して”四季の会”として気まぐれ遍路続行中です。
      個人的には、遍路茶屋・坂本屋のお接待出仕に励んでおります。

      今回は、9年前の4月7日に拘って1番霊山寺から7番十楽寺まで
     同行15人で「歩き遍路同窓会」を実行しました。
       (途中一部バス乗車でキセルをいたしましたが・・・)
      何にも解らず、お先達さんについて歩いたあの日を思い出しながら
     札所の模様変わりや開創1200年に湧く道中膝栗毛を日記にします。
 
 以下、この旅の案内状からScanした時程表に沿って日記を進めます。
f0213825_12512412.png
 松山から霊山寺までチャーターした小型バスで移動、
f0213825_125245.png

07:20 どんより曇って霧雨混じりの石鎚SAで休憩
    いつもお世話になる竹乃井交通さんの小型バス(22人乗り)、
    本日の契約(高速道料金込み)¥118,740-
    これを15人で割って@7916+昼食代・通信費=会費¥9000-なり。  
f0213825_1255957.jpg

09:05 阿波踊りのモニュメントで徳島を感じる上板SAで休憩。
f0213825_12565738.jpg


09:20 霊山寺駐車場到着。
     一同、納経所も兼ねる売店前でお遍路の毛づくろい。
f0213825_13101959.png ところで、
 駐車場から仁王門への通路の
 「発心」の額のかかる
 お稲荷さんみたいな
 赤い鳥居は一体なんだったんだろう?
 ああ~知らないことが多過ぎる。



調べまくって練りに練った?たくらみ表・午前中の部。    
f0213825_133592.png

09:28 第一番霊山寺仁王門。 
   そこそこの雨具を身に着けていたが入山寸前に霧雨はピタリと止みました。
   さあ~我こそ晴れ女・晴れ男と手柄合戦なり、
   いえいえ、皆さまの信心の賜でござろう、と一件落着。
f0213825_12591165.jpg

09:35 本堂内陣にてお納経、
     5年6ヶ月導いてもらったお先達さんにお願いしたのだが、
     開創1200年記念で業務多忙につき今日はお先達なし。
     お納経・経頭は遍路仲間の玉田さん、花木魚は玉田夫人、
     ご夫婦とあって、これがまことに絶妙のリズム、将に阿吽。
f0213825_131135.jpg
                  内陣右手にも遍路用品売店があります。

    本堂左手にある等身大の十三仏石像
f0213825_136411.jpg

09:45 大師堂お納経
f0213825_1324829.jpg

 霊山寺で解せないこと①
 商品ながら墨書き・御朱印が押してある駐車場売店の納経帖、
 いかなる本にも読経を済ませてご朱印をもらう と書いてある・・・
 四国霊場第一番の栄誉に懸けてコレだけはやめて欲しい!
f0213825_1381836.jpg 霊山寺で解せないこと②
 歳を取らない マネ キン子 さん
f0213825_1394642.jpg
 初参りのときには見えなかったモノがいろいろ見えてくる・・・「一番さん」。    

10:01 九年ぶりの記念撮影
     境内の写真屋さんではmiss霊山寺 マネ キン子 さんと一緒に撮れない。
f0213825_13111085.jpg
                      添乗員はテレくさいので並ばず・・・

10:02 第2番極楽寺めざしてスタート!
f0213825_13183465.jpg

10:07 霊山寺境内で
     「お遍路七つ道具は買ったが、何をどうすればいいのか不安」そうで、
     時おりコンデジで写真を撮っていたガイジンさんが、
     私達15人の後をついて歩かれるので思い切って声をかけました。
     「ハローAre you fine?」(大丈夫?のつもり・・・)。 
     アトガツヅカナイ・・・
 
     どうやら彼女はメキシコの方で、
     英語・日本語殆どNG、私はスペイン語まったくダメ、
     「身振り手振り語」で会話したところ、
     今日はナンバー7 temple まで walk されるみたい・・・、
     ここまで意思疎通を図る苦心は並大抵ではなかった(汗)
     その後、しばらく付かず離れずの国際親善歩き遍路になりました。
     遍路の醍醐味は「見知らぬ人とのふれあい」なんです!
f0213825_20181123.jpg

10:17 第2番極楽寺着、朱塗りの仁王門がまことに鮮やか!
f0213825_11251989.jpg

   極楽寺ランドマーク「長命杉」
f0213825_13593421.jpg   42段の石段登って
f0213825_13595099.jpg
 
   本堂お納経(大師堂撮影漏れ・・・)  
f0213825_13342078.jpg
           ここでもmissメキシコは私たちの読経シーンを盛んに撮影していた。

   雪景色と見紛うばかりのお納経所前の桜のカーペット
f0213825_1339367.jpg

10:54 第3番金泉寺へ出発
f0213825_14124729.jpg    懐かしや「お墓へんろ道」
f0213825_14111353.jpg

      逆打ちさんでしょうか、
      88番からの願行成圓参りでしょうか、お顔晴れ晴れです。
      「結願おめでとうございます!」
f0213825_1354241.jpg

 四国四県自治体が設置中と聞く「新・道標」
  まっすぐな道を200m歩くと又あるというご親切ぶり^.^
f0213825_13571535.jpg
f0213825_1357421.jpg

11:16 住宅地を歩き
f0213825_14173079.jpg

11:22 高速道高架をくぐって
f0213825_14192920.jpg

11:27 金泉寺への田んぼのあぜ道へ
f0213825_14223019.jpg

 そのあぜ道にはコンクリート板が敷いてあり
f0213825_14373316.jpg 金泉寺の裏口まで続く・・・
f0213825_1438412.jpg

     因みに2006年4月7日のこの道は文字通り田んぼのあぜ道でした。
f0213825_129869.jpg


11:32 私は裏口入門がイヤなので、一旦外へ出て
     第3番金泉寺、これまた鮮やかな朱塗りの仁王門から入山。
f0213825_14313448.jpg
           missメキシコは「ナンバー4!」とか言いながら急ぎ足で退出、
               うどん昼食をお接待しようと考えていたのだが残念


      赤い欄干の「ごくらくばし」を渡って本堂へ
f0213825_14342299.jpg
     
      手入れの行き届いた境内奥の本堂でお納経
f0213825_145099.jpg

      大師堂お納経    
f0213825_14504321.jpg
       
11:55 行列のできたお納経所      
f0213825_14561386.jpg  まことに感じのよかった墨書きの女性
  (無断掲載につきうつむいた横顔を・・・)
f0213825_14571062.jpg

 「お待たせしてすみません」
 「お参りいただいてありがとうございます」
 「お気をつけて巡拝なさって下さい」。 ひと言の度にニッコリ、頭を下げられる・・・
               金泉寺さん勉強させていただきました。

 こなた、ウワサに聞くところ・・・
 ウチのページを開いて出せ、書いてやっとる、押してやっとる、御姿は自分で取れetc
 もっとヒドイ札所もありますが特定されるので書けません・・・

 下町の門前の小僧は考えます、
 一人1冊お納経代300円 × 年間約20万人?=ん千万円、ジェジェジェ!

 下町の門前の小僧は思います、
 「気をつけて歩きなされ」くらいはおっしゃてもバチは当たらんと・・・
 ああ~また脱線してしもうた、破門じゃあがな~~
  
f0213825_1525497.jpg   -よかった!-
 九年前はそもそもツアー遍路だったので
 お納経は添乗員さんまかせ・・・
 その後、ボツボツ一人で巡拝してみて
 お納経所の遍路に対する接遇態度こそ
 お寺の「格」が現れる と感じたので
 今回は一人ずつお納経を受けて貰った。

 参加者全員の声を聞いたワケではないが
 「いい経験をさせてもらいました」と、
 私にお礼を言われた遍路友達があった。
 このひと言で準備の苦労が吹っ飛んだ。





            お納経帖物語
 昭和46年9月7日初参りの墨書き
  大阪から出張途中の・・・
f0213825_1710114.jpg     平成27年4月7日の墨書き
       昨年、新調したお納経帖
f0213825_17101657.jpg
 スタンプラリーだと酷評するお方もあるようだが、
     墨書きして下さる方とのふれあいも門前の小僧の遍路の楽しみ方なのだ・・・

 たくらみどおりうまい按配に進んでまっせ!
f0213825_15533066.png

12:05 金泉寺山門で待機のツアーバスで、予約済みの板野町うどんの「こんせん」着
f0213825_15194122.jpg 天麩羅うどん+チラシ寿司=¥780(税込)
f0213825_15221328.jpg
  
 足を延ばして愛染院まで行けば知る人ぞ知る「うどん・ほうつき」さんがありますが
 16人連れで入る店ではないと判断して板野駅近くの「こんせん」さんを予約しました。
 昼時で混雑しており多少時間がかかったが、味も感じもいい店でした。
       徳島県板野郡板野町川端字金泉寺南1-2     
            TEL088-672-2115

 ここまでの地図
f0213825_16445953.png


  さて、へんろ道を逸れてしまったので、3番金泉寺奥之院愛染院への山道入り口、
 高速道高架下までツアーバスで約1キロほどキセル遍路。
  今回のツアーは
  石頭みたいに「なにがなんでも歩こう!」などとは端からからまったく考えてなく、
 楽しくなくちゃあ~お四国参りに非ず主義なのです・・・

f0213825_12254094.jpg<目からウロコの本>集英社文庫¥780
 最近、某お先達さんに薦められて読んだ
「だいたい四国八十八ケ所」(宮田珠巳著)
 私に与えた影響は大きい。
 ”細かいことにとらわれず大きな気持ちで
   歩いていると、結局一周完歩できる”
 と云う、楽しい楽しい紀行文です。
  門前の小僧からもお奨め! 
 
 その「だいたい」モードの午後の部は<続編>にて 
 
# by jh5swz | 2015-04-13 20:33 | 1番~7番同窓会遍路 | Comments(2)

愛染院から4番大日寺へ

平成27年4月7日(火)の日記。
  お遍路倶楽部「四季の会」発心九周年記念同窓会
f0213825_19123224.png
 
味も店の感じもよかった「うどんのこんせん」を後に
f0213825_8425272.jpg

午後のたくらみ表
f0213825_19135762.png
        知らない町のうどん屋さんから犬伏の高速度高架下までバスで数分移動。 

12:50 愛染院へのへんろ道入り口付近から歩きます。
      道標が2本立っており、躊躇しながら・・・
f0213825_19213328.jpg

      皆さんは舗装道を添乗員は確認のため、田んぼのあぜ道を歩きます。
f0213825_1925757.jpg

      無事合流! さて、へんろ道歩きの始まり、始まり!       
f0213825_9445271.jpg
       
      「ここや! この竹ヤブや!」と、よみがえる9年前の記憶・・・
f0213825_19284380.jpg

      いいなあ~ デコボコのへんろ道!、
          きれいに草刈ってもらってありがとうございます。
f0213825_1934021.jpg

13:05 3番金泉寺奥之院・愛染院着
f0213825_1936979.jpg

  刷毛(はけ)お納経
f0213825_19382254.jpg 事前に電話でお聞きしたとおり、
 ご住職は4/2 から 5/22まで
 高野山記念行事のお手伝いのため不在、
 留守中は重ね印は出来るが
 お納経は「書置き」のものになる。

 9年前の歩き遍路のとき、
 お納経を受けてないので
 今回、その「書置き」を頂きました。

 お納経を刷毛で書くというお寺さんは
 お四国さんではココだけではないでしょうか?
 いい記念品になりました。





たくらみ表・その2
f0213825_216550.png
     アレから九年の年月を考えて一番長い箇所はバスに乗るという落ちこぼれぶり・・・

13:12 愛染院をあとに4番大日寺へ出発。
f0213825_19483294.jpg

      9年前の4月7日は桜が満開だったが・・・
f0213825_19493626.jpg
 
      野を越え
f0213825_19565036.jpg

      山を越え
f0213825_19571994.jpg

 ランドマーク・岩田ツヤ子(明治39年~平成9年没)の碑
f0213825_207257.jpg  第二次世界大戦中、国の方策により
 藍作りは食料増産の為、禁止作物となった。
  藍は一年草の為、毎年種を採り続けないと
 途絶えてしまいます。
  叔父 佐藤平助の依頼を受け、憲兵の、
 警察の目を逃れ、命がけでこの地に於いて
 五・六年間種を採り続けた。
  捨て身の努力で守られた藍種に依り、
 戦後一早く佐藤家で藍作りが復活した。
       平成十三年十一月
   施主 日本藍染文化協会会長
             佐藤昭人


13:20 知る人ぞ知る「うどん ほうつき(萌月)」さん通過、
     よほど注意して歩かないと普通の民家、その風情も魅力的でした。
f0213825_981864.jpg
         注文を受けてから茹でるという本格派、わかめうどん500円が評判らしい。

     大日寺まで1,3キロ(前方のコン柱は高速道高架)
f0213825_20135184.jpg

13:23 元三番奥之院・愛染庵               
f0213825_20183146.jpg
      「元」とは?愛染院は元々ココにあって移転したのか?
      愛染の御本尊は不動明王坐像でしたが、
      愛染の御本尊は愛染明王と石碑にある、とすればまったく別物?
      下世話に云う、「元祖」と「本家」でしょうか?
      お詳しい方、教えて下さいませんか・・・
         
        この件について徳島県にお住まいと思われる machan 様から
       コメントと適切な資料【阿波学会研究紀要】のご紹介を頂きました。
        語られることのなかった「藍染庵」の歴史・由縁に関心のある方は
       是非ご一読下さい。  クリック⇒【阿波学会研究紀要】
            machan様、ありがとうございました。 5/6追記              

   お遍路倶楽部「四季の会」そろい踏み。
f0213825_9105582.jpg

      ちょっとした峠道?を登って
f0213825_20242499.jpg

      昨日の雨で橋の上にできた水溜りで靴を洗って?
f0213825_20265915.jpg

  名残りの桜?
f0213825_20323936.jpg   
     13:36 県道へ合流
f0213825_2033070.jpg

      菜の花に背中押されて、真正面の大日寺までもう少し。
f0213825_2038674.jpg

      しっかり歩け!と、山が笑う
f0213825_2039273.jpg

13:44 第4番大日寺鐘楼門
f0213825_20422124.jpg
              1階が角柱、二階が丸柱という珍しい鐘楼門です。
              今回は予習して参拝したので角柱と丸柱、しかと確認!

      さすが同行の山田さん、深く一礼して入山
f0213825_20443952.jpg
        
                                        
      大日寺本堂お納経
f0213825_20462793.jpg

      本堂と大師堂を結ぶL字型の回廊に並ぶ西国三十三観音
f0213825_139113.jpg
                     ガラスに反射して見えにくいのですが・・・
 この三十三躰の仏さんは 江戸・時代の明和時代(1764~1771)に
    大阪の信者さん達が奉納したものだ、 と手書きの説明板がありました。

      改築中の大師堂お納経
f0213825_20501094.jpg
      お納経のさなか、今回の巡拝には是非とも先達をお願いしたかった
      2006年からのお四国参りを連れて歩いてもらったお先達さんから
      「順調に歩いているかい?」と、23番薬王寺から電話を頂いた。
       携帯送話口から全員で「ありがとう!」とお礼の大合唱、嬉しかった。

14:14 入山のときから気になっていた、絵を書く人の
f0213825_20551673.jpg  繊細なスケッチに見とれながら・・・
f0213825_20555087.jpg

   
   「お仕事中の後ろ姿を写真撮らせていただけませんか?」
   「どうぞ どうぞ、あなた達はどちらから?」
   「松山です」
   「この四国霊場シリーズが完成したら、松山の高島屋で展示会しますから」 
    と、作品の絵葉書を三枚も頂きました。
   帰宅後、yahooってみると、
   現在、自転車で四国八十八ケ所を巡拝しながら作品制作中の
   院展院友日本画家石村雅幸画伯でした。
   えらいご縁を頂きました、高島屋の作品展キット参りますから。
    

f0213825_21164033.png

 大日寺から地蔵寺までの約半分は歩いて来た県道を打戻り、
 残りの1㌔は住宅地の細い路地をちょっと迷いながら・・・
 なんとか地蔵寺のすぐ裏?五百羅漢の奥之院へ無事辿りつきました。

五百羅漢の5番地蔵寺からゴールの7番十楽寺へ続きます。
 
# by jh5swz | 2015-04-13 20:23 | 1番~7番同窓会遍路 | Comments(11)