平成27年4月7日(火)の日記。
 お遍路倶楽部「四季の会」発心九周年記念同窓会完結編
f0213825_19123224.png

本日後半のたくらみ表
f0213825_1431056.png
f0213825_13554745.png
      さて、うまい按配にゴールインが叶いましたら拍手ご喝采!

ミッションその1(地図は保存協会地図より)
f0213825_8431220.jpg
 犬伏~愛染院~大日寺までの楽しみは
 竹藪・草道・ぬかるみのけもの道などの
 ”へんろ道歩き”!
  
 県道合流後は大日寺を正面に見ながら
 標高差15mの山登り?はサイコー。

 大日寺から地蔵寺まで(半分は打戻)
 下り坂をちょいと迷いながら歩きました。


 (どうも高速道高架手前のへんろ道進入口を見落として、途中まで県道を下ったみたいです)
 
   なんとか、へんろ道の標識を見つけて歩くこと5分?
14:42 地蔵寺本堂の裏手からいきなり「五百羅漢」で知られる奥之院へ到着です。
    <五百と言うが大正4年の火事で焼失し、実数は270体らしい>

                  釈迦堂 
f0213825_149266.jpg
    三つのお堂がコの字型の回廊で結ばれており、内部に無数の等身大羅漢像が並んでいる
       弥勒堂                   大師堂                                      
f0213825_14102435.jpg
f0213825_14105523.jpg
     初参拝のとき観たと云う方もあり、皆さん関心が無さそうでスルー
            
  ここの五百羅漢さん(HPより借用)
f0213825_1456478.jpg
   私は雲辺寺羅漢さんが好き(2010・12/3撮影)
f0213825_14535893.jpg
 
 奥之院から石段を降りると地蔵寺。
f0213825_14594062.jpg
 地蔵寺のシンボル「たらちね銀杏」。
f0213825_1513250.jpg

14:50 私は一旦外へ出て、まことに簡素で小さな仁王門から入山。
     ギンギラギンの門よりこちらがお寺らしくて好き
f0213825_1571241.jpg
       樹齢八百年とも云われる「たらちね銀杏」が「いらっしゃい!」とお出迎え

     本堂お納経
f0213825_1512590.jpg

     本堂より立派にみえた大師堂お納経
f0213825_15124658.jpg
     最近、本堂より大師堂の方が個性的で趣きがあるように思うには気のせいでしょうか?

ミッションその2(地図は保存協会地図より)
さて、あれから九年の歳月も考えて、5キロをキセルして安楽寺へ      
f0213825_15173753.png
f0213825_14274718.jpg
    午後5時までに7番十楽寺をお納経するには、5㌔をキセルしなければならなかった、と言い訳。

15:30 第6番安楽寺、たくらみどおりピタリと到着、
     どうみても「龍宮城」だが乙姫さまのお出迎えはない。
       (もっとも亀を助けた覚えはありませんので・・・)
f0213825_15205567.jpg
         お遍路さん写っちまったよ~ゴメン、黒メガネかけてもらいますね・・・

境内:左・多宝塔、正面・本堂、右・巨大宿坊? 
f0213825_15252631.jpg

おや~、本堂の様子が9年前と違うぞ~・・・???
f0213825_19531494.jpg

どうやら9年前に見た本堂の前に長屋みたいな遥拝所が出来た? 
f0213825_15272236.jpg

その長屋みたいな遥拝所?の屋根には一万円札の裏家紋が舞う?
コピーやスキャンはできませんのでお手元の万札と見比べてみて下さい。
f0213825_1530037.jpg
f0213825_15301957.jpg

  されば、その遥拝所から遥か本堂の扉に向かってお納経。
  納経所は本堂の中にあり、「団体様」・「個人様」と受付区別がありました。 
f0213825_153834100.jpg

境内の隅っこの大師堂お納経
f0213825_15392140.jpg

             お納経帖物語
 昭和46年9月7日の墨書き
f0213825_17241981.jpg
       平成27年4月7日の墨書き
f0213825_1725329.jpg
   お納経所の会話
      「かなり前からお参りしよるんやなあ~」
      「それほどでもないんですが、何処で判るんですか?」
      「筆が違うし、大きい寺印は今は使いよらんのんよ」
       と言いながら昔の寺印を見せてもらった、
       帰宅して計ってみると昔の角判は確かに5ミリ大きい。
     
  ♡♡♡☆☆~☆☆~  ♡☆☆~☆☆~
   ベンチでひと休みしていたら、かのmissメキシコが笑顔でやってきた   
   箱入りのローソクとお線香を私に持たせてpresentと聞こえる・・・
   To TOKUSIMA と書いたメモ用紙に列車の時刻が書いてある、
   どうやら彼女はナンバー7templeのお参りも終わったので、徳島へ引き返す、
   ついては、使わなかったローソクとお線香をpresentしてくれるらしい、
      (と、スペイン語に堪能な門前の小僧は翻訳した)。
   「ベリー ベリーサンキュー」を繰り返して謝意を尽くした。

   続いて今流行の自撮棒のカメラを指差して
   「メイアイテイク ピクチャー ユー?」と聞こえた!
   これは坂本屋で良く聞くフレーズで
   私のカンペカードにも May I have a picture with you? はある!
   OK OK ! 一生一代のイイ顔してツーショット! 
   サヨナラ な~んだ日本語知ってるじゃん。
   お返しは、坂本屋へスペイン大使夫妻を迎えたとき覚えた
   Adios!         決めたゼ!
               ♡♡♡~☆~☆☆~  ♡☆☆~☆☆~

   お線香は同行にプレゼントして、
   重いローソクは翌朝からウチの仏さんのお灯明に使わせてもらってます。
   我が家の仏壇も国際的になったもんや~

 <一つだけ果たせなかった個人的ミッション>
   それは安楽寺でトイレに行くこと!
f0213825_1927527.jpg
  出発前にネットで安楽寺を調べていたら、
   ☆日本トイレ協会推薦 
   ☆四国88ケ所霊場会モデルトイレ
   になっている藁葺屋根のバリアフリートイレで
   清潔感漂う最新式トイレをぜひ利用を!
   と言う記事を見つけて楽しみにしていたのだが
   副交感神経支配の膀胱が収縮しなかった・・・
    写真はYahoo公開画像より借用 

f0213825_14104275.png 


16:00 安楽寺から親切すぎるほどたくさんの手書き案内板に導かれて約15分、
f0213825_15454143.jpg

16:15 第7番十楽寺鐘楼門着、こちら様も龍宮城!
      2階が朱塗りで1階が白漆喰でコントラストがまことに鮮やか!
      ここでもタイやヒラメのお出迎えは無かった・・・     
f0213825_1548480.jpg

      鐘楼門から一段上がったところの遍照殿、
      ものの本によると、恋愛や縁結びを司る愛染明王が祀ってあるのだとか。
f0213825_15492350.jpg

      本堂お納経
f0213825_15502273.jpg

      大師堂はさらに一段登った場所にある。
      メモって帰ったのだが、
      登り口に「治眼疾目救済地蔵尊」と標記した祠もあり
      さまざまなご利益が得られそうで将になんでもアリの四国霊場。
f0213825_15511243.jpg

      大師堂お納経
f0213825_15524160.jpg

      この札所にも納経所・食堂を兼ねた立派な宿坊がありました。
      バリアフリーだそうです・・・ 

      トイレの話しが続きますが・・・
      お納経所が宿坊内にあり、
      ついでにトイレをお借りしてロビー?でひと休みしていたら
      「そろそろお泊り客が来るのでソコあけて下さい」と言われた、
          と云うウワサ話しを聞きました・・・
      「だったら、外へトイレ作って下さい」、と言いたいですな・・・ 

16:46 善男善女、本日の満願成就記念写真。     
f0213825_15565671.jpg
                      ラストですから添乗員も乱入しました

f0213825_1941836.jpg
   計画より4分早く終わってバス乗車、先頭を引っ張った玉田さんの名人芸に感謝!
       徳島高速道を一路「爆買」へ疾走。
f0213825_15592537.jpg

17:30~18:10 爆買い(炊飯器は販売していなかった・・・)。
       小僧、缶ビールを探したが見つからず「きつねうどん」を一杯。
f0213825_1605991.jpg
   発車したバスの中で「御代は見てのお帰り」とばかり会費¥9000を集金。 
f0213825_19491247.jpg

f0213825_19593360.jpg
       と、案内状に書いたのですが、まったく杞憂でした。                  
       同行15人のご協力で計画書どおり進行できました。
       お納経の経頭T,Tさん、花木魚の奥さん、素敵なリズムでしたよ!
       こんせんうどんさんご馳走さま!
       missメキシコさん一期一会って言うけど又どこかでお会いしましょう!
       ドライバーさん安全運転ありがとう!
       お大師っさん、霊山寺の門をくぐったら雨止まして頂きありがとうございました。
       霊山寺さん、まだお参りが終わってないお遍路さんにご朱印・墨書きしたお納経帖を
      売るのはやめましょう。
             南無大師遍照金剛~ 

<追記> 
  最後の休憩地・石鎚SAで探していた冊子を発見、15冊ゲットして同行に配布。
 ちょうど1番から5番までの霊場の紹介記事も掲載されておりタイムリーでした。
f0213825_9592937.png
f0213825_9594749.png
                  お先達は先日坂本屋でお会いした福田恵峰さん 
          ちょっとした「復習会」になってラッキーでした。            
# by jh5swz | 2015-04-13 20:13 | 1番~7番同窓会遍路 | Comments(8)

坂本屋の雛祭り2015②

平成27年4月5日(土)の日記。

 坂本屋のひな祭り、二日目。
  日頃、世話になっている神戸のお先達さんが、
  わざわざ、坂本屋のひな祭りに合わせて伊予路入り、
  久しぶりにご挨拶できる予定。   

08:20 饅頭屋さんで草餅と大判焼きを受け取って、坂本屋へ。
f0213825_12384689.jpg

  浄瑠璃寺町から丹波の里への道中は桃と桜の競艶なり。
f0213825_1216449.jpg

  丹波から山道へさしかかると散り始めた桜でピンクカーペット
f0213825_12183419.jpg
          散る桜 残る桜も散る桜って誰の句だったかな~
  
  毎年、この辺りの山ツツジには癒されます。
f0213825_122089.jpg

  坂本屋界隈は、今まさに「山笑う」!
f0213825_12223155.jpg

08:45 今朝の坂本屋。
f0213825_12285045.jpg

      1階の雛さま
f0213825_12351245.jpg


 
 今日も小僧は「草餅運び役」につき、お接待は当番に任せて控えめに後ろ姿の撮影・・・
 ひと休みされたお遍路さんが、次々にお旅立ちです。
 
  08:52 霧雨の中を
f0213825_14413371.jpg
  08:53 46番・47番さんめざして
f0213825_14432359.jpg

  09:36 この時間の通過の皆さんは
f0213825_1751757.jpg
  09:42 多分、道後お泊り組でしょう。
f0213825_17105344.jpg
 

09:50 福島さんがひと休み。
      震災のお見舞いを申し上げたことです・・・
f0213825_1332561.jpg


10:20 温かいぜんざいが「美味い!」と、おしどりお遍路の姫路さん、
f0213825_1242548.jpg

      「珍しいお雛さまを見せてもらった」と喜んでいただきました。
f0213825_12451122.jpg

10:50 今日はふもとの長珍屋さんでお泊りの由、
     「早く着き過ぎるのだが、その先宿が取れない」と、ご出立。
     これ以上の雨にならなければいいのだが・・・
f0213825_12553611.jpg
       そうでなければ1200㌔は同行できないのだが、
                 全ておしどりお遍路さんは仲がよろしい!
  
      前後してひと休みされたお遍路さん
f0213825_12573652.jpg

      ご出立
f0213825_130275.jpg

11:30 当番女性連の山菜づくしの昼食が出来上がり、「味見役」オトコども早昼。
f0213825_138124.jpg

ちょっとプロ級の腕前をご披露しましょう!
f0213825_1395442.jpg

  竹の子とワラビの炊き込み「もぶしめし」
f0213825_1315744.jpg
  竹の子の木の芽和え
f0213825_13181943.jpg

  ぬた
f0213825_13192342.jpg
  焼きシイタケの味噌和え
f0213825_1321196.jpg

  自家製の山こんにゃく酢味噌付け
f0213825_13272884.jpg
  小芋の山椒味噌和え
f0213825_13281646.jpg


11:50 「あんたのお客さんが遅いじゃないか! 迎えに行ったら?」と、
     当番の皆さんが心配されるので、連絡を入れてみると、
     とんでもないアクシデントがあった由、
     即、界隈の裏街道を経由してR33を愛車疾走!

12:30 第44番大宝寺へお迎え参上。
f0213825_13374165.jpg

     車中のお話しでは・・・昨日の江戸川さんとまったく同じ場所から
     霧雨の山中、足首までぬかるみの山道を登ったり下ったり迷うこと1時間?、
     すでに20回以上巡拝されたお先達さんでも悪戦苦闘された様子。
     ※現場から「へんろみち保存協会」へ電話して、
     設置者の許可を得て、ちゃんと正しく直しておいたとのこと、さすが!             
f0213825_15294636.jpg
                  写真提供:四国霊場会公認先達 福田恵峰さん            
  ☞二日続けて、同じ場所から迷い込み、ご苦労されたお話しを聞きました
   岩屋寺~大宝寺・久万高原町打戻りコースでは県道12号を歩いて下さい。 


13:30 やっとお迎えした福田お先達、
    まずは坂本屋の山菜昼食をどうぞ、「まかない」ではござりまするが。
f0213825_13442462.jpg
               正面撮影と掲載のご承諾ありがとうございました。

      当番の女性連と「お四国参りは楽しくなくっちゃあ~」とお遍路談義。
f0213825_13474055.jpg

      今回の坂本屋訪問の目的だった雛さまとのご対面。
f0213825_13505110.jpg


14:20 お先達さんを46番浄瑠璃寺までお送りしてお別れ。
     (下山途中、会うことになっていた友達とはスレ違いで残念)
    46・47.48番を巡拝され、夕刻の夜行バスで神戸へお帰りになった。

   今年の坂本屋・ひな祭りもいろいろな出会いがありました。
        たくさんの元気をもらいました、ありがとうございました



 ◇一行追申◇ 
 運営委員会会長から「草餅」運びの褒美にもらった朝採れのタケノコ!
f0213825_19304470.jpg
   ビワの葉で茹がいてアクを抜く、という裏ワザは坂本屋へ通い始めて知った智慧。
# by jh5swz | 2015-04-08 20:01 | 坂本屋日記2015 | Comments(2)

坂本屋の雛祭り2015①

平成27年4月4日(土)の日記。

     坂本屋のひな祭り、第一日目。 
     昨夕から1階に昭和雛、2階に坂本屋お宝・江戸時代の古代雛を飾って
    登り下りのお遍路さんに「ぜんざい」と、お昼前後にひと休みの皆さんには
    「山菜もぶしおにぎり」をお接待させてもらう恒例の春のイベント日です。


08:00 名物「坂本屋草餅」をお願いしてある饅頭屋さんで受け取って
    坂本屋へ運ぶのが本日当番外の私の仕事で、いそいそと自宅を出発。
    どうやら、坂本屋と饅頭屋との予約時間にズレがあったみたいで
    30分ほど時間ができた・・・
08:20 近隣の48番西林寺さんへ朝参り。
     春遍路たけなわ、満開の桜に囲まれた駐車場は満杯。 
f0213825_863516.jpg
  
      団体さんもご到着、
f0213825_894246.jpg
           この方達はお参りが済むとお納経所を素通りなのが解せない・・・

      境内の混雑を避けて、界隈の歩き遍路道を散歩して時を稼ぐ。
f0213825_8113098.jpg

 山門の桜は散りはじめています・・・
f0213825_8135557.jpg 歩き遍路さんと少し話して
f0213825_8174024.jpg

08:45 草餅と大判焼きを受け取って爆走。
09:10 坂本屋到着、しだれ紅桃も満開、ひな祭り舞台も整っています。
f0213825_8234623.jpg

 しだれ紅桃の花
f0213825_9385954.jpg

 振り向けば白桃の花
f0213825_9432152.jpg


今朝の私のミッション 
 仕入れた特製「草餅」と
f0213825_9153311.jpg   大判焼き
f0213825_916924.jpg

f0213825_9121746.jpg
 並べてみると
 どちらにも「坂本屋」焼き印が!
f0213825_9223377.jpg

  「おみやげにするから売って欲しい」との
 一般来客のリクエストに応えて原価販売、
  商いの下手な坂本屋が張り切る。


09:10 久万高原町を早立ちのお遍路さんが
f0213825_9305134.jpg ご出立、あわててピンボケ
f0213825_93199.jpg

松山市窪野町桜2187番地の「桜」
f0213825_9368100.jpg

09:28 「ご馳走さまでした」 「気をつけて お行きよ~」
f0213825_956838.jpg
f0213825_9563262.jpg


09:31 おしどりお遍路さんがひと休み
f0213825_1064326.jpg
  霧の中へご出発
f0213825_107366.jpg


朝のバタバタがひと段落したとこで、今年の雛飾りをご紹介。
                一階座敷の現代雛
f0213825_1119213.jpg
 
            二階座敷の文久二年作と聞く坂本屋のお宝雛
f0213825_11294575.jpg
         普段は窪野町内某神社の宝物殿で預かってもらっており、
         年に二日間だけの”ご開帳”、ことしも素晴らしい笑顔です。  
f0213825_11214870.jpg
f0213825_1122784.jpg
      ♬ 今春が来て 君はきれいなった~
                去年よりずっときれいになった~
 ♬ 
 
           
               なんと呼んでいいのか脇の雛
f0213825_11404579.jpg

f0213825_11364523.jpg
f0213825_11375718.jpg
      豪華を競うでなく、絢爛を誇るでもなし、坂本屋のひな祭り。

11:25 久万高原町で前泊の江戸川さんがひと休み。
     お父さんの供養のお遍路だとおっしゃる・・・ 合掌・・・     
f0213825_12152074.jpg
                明るい娘お遍路で撮影も掲載もご承諾を頂きました。

開創1200年記念祭初日の高野山へお参りされて金剛杖を新調!
f0213825_1222281.jpg
 坂本屋が気に入った、と
 落慶の高野山中門から振舞われた
 貴重な「散華」を坂本屋へ寄贈賜り、
 一階座敷の大黒柱へ掲出しました。
f0213825_1228245.jpg
 坂本屋続く限り
 お遍路さんを見守ってくれる事でしょう!


     大宝寺近くの峠御堂トンネルを出たところで道標どおりに歩いたのに
     今は消えかかった千本峠の遍路道へ迷い込み「遭難」も頭をよぎった と・・・

11:50 「四国病になったからキットまた来るわよ~」と、元気にご出発。
f0213825_1241869.jpg
    寂しさ堪えたた明るい供養旅にキット父上も草葉の陰でニッコリでしょう、
               どうぞこの先も道中ご安全に!

12:05 取材の某FM局の女子アナさんと某新聞記者さんと昼食。
f0213825_1253457.jpg

f0213825_1256918.jpg
 本日のお接待メニュー。
 当番女性陣こころづくしの
 朝掘り、旬の竹の子と
 ワラビの炊き込みにぎりめし、
 当地では「もぶしめし」と言いす。
 
 「ぜんざい」のショットがなくて残念。


「お昼」をご馳走になったところで、草餅と大判焼きの搬送係・門前の小僧は下山。
少し下ったところで、ちょっと足首?を傷めておられた鎌倉さんに追いつき
「一番からここまで歩かれたお遍路さんに失礼ですが46番前を通りますけど・・・」
と、お声がけしてみた、
「ありがとうございます、がんばりま~す」と、わざわざ納め札を頂きました。
f0213825_1718273.jpg
     常々、迷うところ・・・ やっぱりHelp me 信号の「黄色い旗」を普及しなければ。

本日は午前中だけで14・5人のお遍路さんがちょっといっぷくされましたが、 
お接待は当番スタッフにお任せでした、役立たずですまんことでした・・・

             明日も草餅運びがんばりま~す。


坂本屋からのお知らせ
  4月26日(日)は、坂本屋運営委員会総会のため休ませて頂きます。
  4月28日(火)・29日(祭日)には、
  地元大学OB有志の「手打ちうどん・お接待」がありオープンしています。
 
     大学OB関係者リーダーの病気療養のため、うどんの接待は中止になりました。
                              4/18 追記 
 
  
# by jh5swz | 2015-04-06 13:55 | 坂本屋日記2015 | Comments(2)