坂本屋の雛祭り2015①

平成27年4月4日(土)の日記。

     坂本屋のひな祭り、第一日目。 
     昨夕から1階に昭和雛、2階に坂本屋お宝・江戸時代の古代雛を飾って
    登り下りのお遍路さんに「ぜんざい」と、お昼前後にひと休みの皆さんには
    「山菜もぶしおにぎり」をお接待させてもらう恒例の春のイベント日です。


08:00 名物「坂本屋草餅」をお願いしてある饅頭屋さんで受け取って
    坂本屋へ運ぶのが本日当番外の私の仕事で、いそいそと自宅を出発。
    どうやら、坂本屋と饅頭屋との予約時間にズレがあったみたいで
    30分ほど時間ができた・・・
08:20 近隣の48番西林寺さんへ朝参り。
     春遍路たけなわ、満開の桜に囲まれた駐車場は満杯。 
f0213825_863516.jpg
  
      団体さんもご到着、
f0213825_894246.jpg
           この方達はお参りが済むとお納経所を素通りなのが解せない・・・

      境内の混雑を避けて、界隈の歩き遍路道を散歩して時を稼ぐ。
f0213825_8113098.jpg

 山門の桜は散りはじめています・・・
f0213825_8135557.jpg 歩き遍路さんと少し話して
f0213825_8174024.jpg

08:45 草餅と大判焼きを受け取って爆走。
09:10 坂本屋到着、しだれ紅桃も満開、ひな祭り舞台も整っています。
f0213825_8234623.jpg

 しだれ紅桃の花
f0213825_9385954.jpg

 振り向けば白桃の花
f0213825_9432152.jpg


今朝の私のミッション 
 仕入れた特製「草餅」と
f0213825_9153311.jpg   大判焼き
f0213825_916924.jpg

f0213825_9121746.jpg
 並べてみると
 どちらにも「坂本屋」焼き印が!
f0213825_9223377.jpg

  「おみやげにするから売って欲しい」との
 一般来客のリクエストに応えて原価販売、
  商いの下手な坂本屋が張り切る。


09:10 久万高原町を早立ちのお遍路さんが
f0213825_9305134.jpg ご出立、あわててピンボケ
f0213825_93199.jpg

松山市窪野町桜2187番地の「桜」
f0213825_9368100.jpg

09:28 「ご馳走さまでした」 「気をつけて お行きよ~」
f0213825_956838.jpg
f0213825_9563262.jpg


09:31 おしどりお遍路さんがひと休み
f0213825_1064326.jpg
  霧の中へご出発
f0213825_107366.jpg


朝のバタバタがひと段落したとこで、今年の雛飾りをご紹介。
                一階座敷の現代雛
f0213825_1119213.jpg
 
            二階座敷の文久二年作と聞く坂本屋のお宝雛
f0213825_11294575.jpg
         普段は窪野町内某神社の宝物殿で預かってもらっており、
         年に二日間だけの”ご開帳”、ことしも素晴らしい笑顔です。  
f0213825_11214870.jpg
f0213825_1122784.jpg
      ♬ 今春が来て 君はきれいなった~
                去年よりずっときれいになった~
 ♬ 
 
           
               なんと呼んでいいのか脇の雛
f0213825_11404579.jpg

f0213825_11364523.jpg
f0213825_11375718.jpg
      豪華を競うでなく、絢爛を誇るでもなし、坂本屋のひな祭り。

11:25 久万高原町で前泊の江戸川さんがひと休み。
     お父さんの供養のお遍路だとおっしゃる・・・ 合掌・・・     
f0213825_12152074.jpg
                明るい娘お遍路で撮影も掲載もご承諾を頂きました。

開創1200年記念祭初日の高野山へお参りされて金剛杖を新調!
f0213825_1222281.jpg
 坂本屋が気に入った、と
 落慶の高野山中門から振舞われた
 貴重な「散華」を坂本屋へ寄贈賜り、
 一階座敷の大黒柱へ掲出しました。
f0213825_1228245.jpg
 坂本屋続く限り
 お遍路さんを見守ってくれる事でしょう!


     大宝寺近くの峠御堂トンネルを出たところで道標どおりに歩いたのに
     今は消えかかった千本峠の遍路道へ迷い込み「遭難」も頭をよぎった と・・・

11:50 「四国病になったからキットまた来るわよ~」と、元気にご出発。
f0213825_1241869.jpg
    寂しさ堪えたた明るい供養旅にキット父上も草葉の陰でニッコリでしょう、
               どうぞこの先も道中ご安全に!

12:05 取材の某FM局の女子アナさんと某新聞記者さんと昼食。
f0213825_1253457.jpg

f0213825_1256918.jpg
 本日のお接待メニュー。
 当番女性陣こころづくしの
 朝掘り、旬の竹の子と
 ワラビの炊き込みにぎりめし、
 当地では「もぶしめし」と言いす。
 
 「ぜんざい」のショットがなくて残念。


「お昼」をご馳走になったところで、草餅と大判焼きの搬送係・門前の小僧は下山。
少し下ったところで、ちょっと足首?を傷めておられた鎌倉さんに追いつき
「一番からここまで歩かれたお遍路さんに失礼ですが46番前を通りますけど・・・」
と、お声がけしてみた、
「ありがとうございます、がんばりま~す」と、わざわざ納め札を頂きました。
f0213825_1718273.jpg
     常々、迷うところ・・・ やっぱりHelp me 信号の「黄色い旗」を普及しなければ。

本日は午前中だけで14・5人のお遍路さんがちょっといっぷくされましたが、 
お接待は当番スタッフにお任せでした、役立たずですまんことでした・・・

             明日も草餅運びがんばりま~す。


坂本屋からのお知らせ
  4月26日(日)は、坂本屋運営委員会総会のため休ませて頂きます。
  4月28日(火)・29日(祭日)には、
  地元大学OB有志の「手打ちうどん・お接待」がありオープンしています。
 
     大学OB関係者リーダーの病気療養のため、うどんの接待は中止になりました。
                              4/18 追記 
 
  
# by jh5swz | 2015-04-06 13:55 | 坂本屋日記2015 | Comments(2)

坂本屋・春の足音

平成27年3月28日(土)の日記。

 
08:00 自宅発。
08:10 まずは48番西林寺へ朝参り。
     団体お遍路さんの後ろでお納経、
     お先達さんによってリズムに微妙な違いがあって戸惑います・・・
f0213825_8255827.jpg

     あららっ、皆さまお納経所は素通りで小型バスへ直行されます・・・
     納めたお経の「預り証」くらい自分で受け取りませんか?
     添乗員さんがイイとこ取り? 最近コレが腑に落ちません.
f0213825_9283785.jpg


08:40 坂本屋へのつづら坂ですれ違ったお遍路さん
     「そこの山手の土手は土筆の名産地ですよ~」。
f0213825_9392667.jpg
       この三段カーブでお遍路さんが撮れないかなあ~と、いつも思っていました。

08:55 坂本屋着、いつもの流れで開店準備。
      当番4人の内、二人が仏事と仕事でお休み、
      本日は会長と小僧で頑張ります。
f0213825_9464581.jpg

      
f0213825_947111.jpg
 投込み門前流家元・小僧の今朝の一輪。
 まだ小米(こごめ)桜が元気だったので
 黄色い菜の花を
 自宅から持参した諸葛菜に替えてみた、
 まさに投込んだだけの・・・
 
 カレンダーの花は「イカリ草」。


 
     坂本屋唯一の看板
f0213825_9535348.jpg

  
09:30 昨夜のお宿からかけ連れらしい滋賀さんと徳島さんがひと休み。
    囲炉裏端で茶菓子のお接待、お遍路談義に花が咲きます。
09:45 「51番石手寺まで頑張りたい」と、ご出発。
f0213825_1025767.jpg

09:50 坂本屋のソメイヨシノの開花観測。
    天気次第では3時までに開きそうな一輪に「咲いてくれ!」と念力投入。   
f0213825_1054887.jpg
          ♪ 雪が溶けて川になって 流れてゆきます ♪ 

10:00 松山さんがいっぷく。
     四国に住んで遍路したことない では話しにならんし
     松山に住んで三坂の坂本屋知らん、ではいけまいと峠から歩いて来た。
     ココええとこですの~~
                   ごっつあんです!
f0213825_10154053.jpg

10:15 「ごちそうさんまた 来ますけんな」、
    「いいお参りなさいませ」。
f0213825_10234719.jpg

10:20 先をお急ぎ風情のお遍路さん通過、
    46番まで1時間20分ですから、お気をつけて~
f0213825_10293250.jpg

10:45 退職記念お四国遍路の千葉さんがひと休み。
    一番から34日目、
    「2・3日でギブアップして帰って来ると、予想した女房が驚いています」
    「空がきれい、海がきれい、星がきれい、四国はイイ、元気がでます!」。
                  ごっつあんです!   
    
11:03 「今年は四国の桜と、
    5月には女房の里・青森の桜が見れます、楽しみです、
    明日は道後温泉も入ってみたい。」と、千葉さん元気にご出立。     
f0213825_1036728.jpg

11:50 岡山さんがひと休み。
     46番・47番で宿に入るには早すぎるが、その先道後まで宿が無い・・・
     たかのこのホテルは満室、もっとも遍路にはもったいない料金だが・・・
     多数のお遍路さんから聞くもっともなお話し。     
12:00 「今夜は長珍屋で早仕舞いするか・・・」と、ご出立
f0213825_10504484.jpg

       今日は二人当番でお話はお聞きできるのだが、写真少なし。
       せめてこうしてお遍路さんの背中だけ撮らせて貰うのですが、

       薄着になったその背中にも「春」を感じたことでした。 

12:10 久万高原町から松山へ嫁がれた熟女お二人、
    「子供の頃、窪野へ遊びに行くとき下った三坂のへんろ道が懐かしくて、
    今日は二人でうん十年ぶりの遠足です、山道がずいぶん広くなって!」。
    地元、窪野の会長と話しが弾みます。
f0213825_112226.jpg
    
12:25 「行ける所まで歩いて、バスで久万高原へ帰ります」と、ご出発。
f0213825_1152463.jpg

  
     昼食は、先日の雨の日、ひと休みされた横浜のお遍路さんから
     お礼だと送って頂いた「崎陽軒のシュウマイ」を美味しく頂きました。
              ごっつあんでした!

13:30 遠来、鹿児島さんがひと休み。
     女房の母方一族が鹿児島のこともあり、話しは弾みました。
     別格参りの話しになり、
     ”別格なら仙龍寺が一番!”と、仙龍寺への参拝ルート談義。 
     鹿児島さんが、
     「あなた、ひょっとして、一人で仙龍寺へ歩いた娘遍路さんに
     ”妹”さんと二人でお弁当届けた門前の小僧さんじゃないですか? 
     私は、門前の小僧さんのブログを参考にしながら歩いています」。

     「逃げも隠れも致しません、私が、その小僧です」。
     いやはやネット社会の恐さと楽しさか。
     名刺と納め札交換して、掲載許可を頂いた記念の一枚。 
f0213825_11233543.jpg
     平成27年4月19日、ご丁寧なメールが着信。
          4月14日88番結願、その後高野山も参拝された由、
         鹿児島さん、結願・満願成就おめでとうございます。

       
13:45 こんなことってあるんですね~ ご縁をありがとうございました。
     どうぞ、道中ご安全に先祖代々のご供養専一に結願なさいませ。
f0213825_11362146.jpg

f0213825_1715851.jpg

『いざ四国、1200年の巡りあい』-R-
      また、いつの日かお越し下さい



13:50 春山歩きと洒落込んで三坂峠へほんの少し歩いてみた。
    赤でなし、朱でもなしカルメンが銜えると似合いそうな情熱色の椿。
f0213825_1233515.jpg

     途中出会ったお遍路さん(あとで聞くと奈良さんだった)。
f0213825_11415413.jpg

     一人留守番が気になってココでUターン、
     もっとも、ココから峠まで心臓破りの2,6㌔はとてもとても・・・
f0213825_1281552.jpg

14:15 今朝、目をつけておいたソメイヨシノ一輪、見事咲いてくれました。
     5輪開かないと「開花宣言」はできないそうですが、
     そんなん誰が決めたん?
  
     4月4・5日の坂本屋ひな祭りには満開間違いなし!
f0213825_12121011.jpg

14:30 岩屋寺発のお遍路さんも通過されたようでちょっとヒマ、、、
      いっぷく方々、会長と二人でひな祭りの準備。
f0213825_12172084.jpg

      坂本屋の軒下の土筆、小米桜とのマッチングもよろしく春一番。
            本日のベストショットと自画自賛?
f0213825_1218532.jpg
                       モグラがみたらキットこう見えるハズ
f0213825_8124875.jpg
 ♪♪ つくしの子がはずかしげに 顔を出します
 もうすぐ春ですね ちょっと気取ってみませんか
   もうすぐ春ですね 恋をしてみませんか~ ♪♪  





 さて次の次の写真、
 気の弱い人は見ないで下さい。





 スクロールしないで下さい。







 超動物愛護精神過剰の方
 これ以上見ないで下さい。
 ご覧になっても叱らないで下さい。


 気の弱い方、食事中の方、
 スクロールしないで下さい。






 この日、10時半ころの出来事、
 猟友会の方お二人の軽四が止まりました。

 「前々から 悪さが過ぎる夫婦(みょうと)を やっと召し捕ったよ」



 「この3匹が よう頑張ってくれてな」
f0213825_17223196.jpg


 事実、坂本屋周辺は
 竹やぶの筍、畑のミミズ、小川の土手の沢蟹を狙って
 人の手で耕すより見事に耕して? と、言うよりメチャクチャ掘り返し、
 悪さ三昧のお尋ね者の結末・・・
f0213825_17354426.jpg

 むごい、可哀想なような気もしますが
 過疎集落の方々は害獣にビビりながら農作業、コレが現実らしいのです。

 罪を償いあれ、
 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 合掌・・・

 

  
# by jh5swz | 2015-03-29 19:52 | 坂本屋日記2015 | Comments(8)

平成27年3月25日(水)の日記。

     43番明石寺の近くにある県立歴史博物館友の会?の皆さん20人が
    三坂峠から遍路道を下って46番浄瑠璃寺・47番八坂寺まで歩かれる。
     昼食・休憩地として坂本屋へ協力依頼があり、運営委員会会長から
    臨時出仕を頼まれ、いそいそと馳せ参じました。

08:15 自宅発、まずは近隣の48番西林寺を参拝、
     県外ナンバーの乗用車が4台、いつもに比べれば静かな朝参りでした。
f0213825_1624291.jpg
 
08:40 丹波の里から望む三坂峠は春遠からじの山の色。
      もうすぐ「山笑う」かな?
f0213825_16265886.jpg

08:55 坂本屋着、すでに船田さんが雨戸を開けてお茶の支度中。
    小僧は幟旗を立て、駐車場へ20人分の机・イスをスタンバイ。 
f0213825_16413367.jpg
     
    標高400mの坂本屋は寒い!
    坂本屋ならでは・・・と自画自賛?の囲炉裏火を焚きます。
    (盗賊はしませんが)火付けはかなり腕前を上げました。
f0213825_2019231.jpg
           ゆらゆらゆれる炎を見るだけで暖かくなるのです。
  
   ソメイヨシンのつぼみはまだ固いのですが、
f0213825_17452346.jpg

   すぐ傍の「小米桜」は満開なのです、      
f0213825_16542378.jpg
        活け花に使われる桜らしいが、「小米桜」とは言い得て妙! -3/28追記-

  「花泥棒は罪にならん」とか言いますので
f0213825_16561612.jpg   
 一枝、いや小枝を三本手折って、
 路地の菜の花を添えて
 門前流家元・小僧の今朝の花、
 毎度ながら
  「フム、いい風情よなあ~」。

 花など活けるキャラかよ!
 と、外野の声がきこえそう・・・

 たかが一輪挿しの季節の花、
 土間の一隅からパワーを発散。

 春夏秋冬、「花」の力はスゴイ!
 花咲くこの星に生まれてよかった。     


 座敷は4月3・4日の坂本屋ひな祭りの雛様が出番待ち。
f0213825_17183321.jpg

 雛様に座敷を占領されて、ご一行の昼食場所を駐車場へセッティングした次第。
f0213825_17153489.jpg

10:00 軽い足どりでお遍路さんが一人。      
   「時間ありましたら休んで行かれませんか?」。
   「ありがとうございます、今日は距離を稼ぎたいので     
            お気持ちだけご馳走になります」と、
    合掌されて、先を急がれたお遍路さん、気持ちよかった!
f0213825_17213455.jpg

11:25 とても美形だった異国のお遍路さん。
      Shall have a break? と、自信のないカタカナ英語・・・
      「アイムインハリー」と聞こえた、やった通じた!  
      OK! Have a nice HENRO trip. と、見送ったが通じたやろか?          
f0213825_1737932.jpg

11:35 歴博ウオーク隊、先頭ご到着。          
f0213825_17482112.jpg
          以下、責任者の方に撮影とブログ掲載のご了承を得てUP致します。

     セットした青空食堂?で坂本屋名物「草餅」をお接待。
f0213825_10212654.jpg
     
     各自ご持参のお弁当タイム。 (晴れてよかった~)
f0213825_10172668.jpg
  
     朝一番にスタンバイした囲炉裏火が懐かしいと大好評。
      (なにしろ峠の沢ではツララがあったそうですから)
f0213825_18144280.jpg

12:15 丁重なお礼の言葉を残されて皆さん46番浄瑠璃寺へご出発
f0213825_1922720.jpg

     坂本屋こそ元気を貰ってありがとう!
f0213825_19242394.jpg

12:50 所沢さんと土佐清水さんがひと休み。
     この先しばらく食堂もCVSも無いので
     囲炉裏端で焼きむすび、お餅、草餅をお接待、有り合せですみません。     
    「掲載ご承諾」を頂くことを忘れましたので遍路笠に代役して貰います。
f0213825_10244437.jpg

13:12 「さて、今夜の宿を決めてないのだが・・・天下の道後だから」と、ご出立。 
     昨日から前になったり後ろになったりのかけ連れ遍路さん、
     また、どこかの札所でバッタリ会って、
     今夜は一緒に宿とりますか?なんて話しになりそうな風情。
     常々、「これぞ将に歩き遍路の醍醐味!」と、小僧は羨ましく思うことです。
f0213825_193613100.jpg
     1番霊山寺から坂本屋まで750㌔、一日の距離や速さはさておいて
     黙々と四国の自然を歩き通されたお遍路さんの背中には余裕さえ感じます。

13:30 本日は臨時開店につき早仕舞い。
     青空食堂のテーブルとイスを片付けて、
     囲炉裏火消して、雨戸を閉めて、勝手口施錠。 
    
     下山途中の所沢さん、土佐清水さんに追いついて、
      「乗って行きますか?と言いたいところですが、歩いて下さ~い」。
     浄瑠璃寺の手前で歴博ウオーク隊に追いつき、
      「またゆっくり坂本屋へ遊びに来て下さ~い」。
               みなさん      
f0213825_16425976.png
  

<花ごよみ>
   嬉しいことに、昨秋、駐車場へ種を蒔いておいた
   自宅に咲く諸葛菜(紫菜の花)が芽吹いて花を一輪つけていました。
f0213825_19432228.jpg

   因みに、今咲き誇る自宅の諸葛菜(3/26撮影)
   (かの軍師・諸葛孔明が兵士の食用にして広まったと伝わる野菜です)
f0213825_1021618.jpg
   
   毎年、この季節開く坂本屋の大輪の椿、春はそこまで来ています。
f0213825_194517100.jpg
 
   
 
# by jh5swz | 2015-03-26 19:26 | 坂本屋日記2015 | Comments(4)