2018年7月28日(土)の坂本屋当番日記続編

 07:30 早朝5時からの「カブト虫採り隊」の子供達が
f0213825_15333523.jpg
   坂本屋へ笑顔いっぱい残して下山。
         (ご父兄の撮影・掲載承諾済み) 
f0213825_15334948.jpg
 
 07:45 炉端厨房と座敷食堂、駐車場に設営した青空レストラン?を片付けて、皆さま下山。
 
  今日もむし暑くなりそうなので、
f0213825_09062694.jpg

 表の地図掲示板の軒へ
 近所の小物屋で買って来た風鈴を吊ってみました。
 ここを通過のお遍路さんへ坂本屋から”涼風謹呈”の音色だけでも伝われば幸いです、
 短冊には「道中ご安全に」と、こころを込めて書きました。
 
 さて今日は、
 地元TV局の収録取材があるのですが、(都合で)本日の当番が二人だけなので・・・
 数人の運営委員さんが、「もうしばらく当番を手伝ってやろう」と、
 居残って貰って「お接待所」オープン、応援ありがたい、感謝合掌。 




  余程のことが無い限りこの時間帯のお遍路さんは無かろう?と、
  朝の三坂の山々が見たくて、ちょっと山歩き。
  かって松山のお殿様への献上米の歴史をもつ窪野米は今年も豊作のようです。
f0213825_18220757.jpg

田の草取って、畦草刈って・・・私、農家のご苦労がよく判ります、百姓の子ですから。

  
  春先の早苗の季節から、この田んぼを観てきた門前の小僧、
f0213825_16094377.jpg
   朝露がキラキラ光る稲田を見つめながら
   歩き遍路道中、お先達に教えられた
   食前作法のコトバを思わず呟いたことです。

   「一粒の米にも 万人の労苦を思い   
      一滴の水にも 天地の恩徳を感謝し
            ありがたくいただきます」。
f0213825_16095877.jpg
                                      


 田んぼと云えば、
 窪野の棚田で一番応援したくなるこの「箕笠隠れ田」の稲も   
f0213825_17034193.jpg
      見事な田んぼの宝に育っています。  
f0213825_17035693.jpg

   
害獣からコメを守るために人までが危険なメに会いながら・・・
お代官さま~ニッポンのコメ守って下さ~い。

f0213825_18283546.jpg

10:00 会長から連絡があったとおり、
    お昼過ぎまでの予定で地元TV局番組「もぎたてテレビ」の取材が入りました。
    番組のサブタイトル「久谷散策」の一場面としての坂本屋収録とのことでした。
    以下の収録中の写真撮影とブログ掲載については局側の承諾を得て掲載するものです。
     f0213825_18584371.jpg
 坂本屋修築工事の経過など取材対応は
 工事中、ず~っと現場管理監督?を
 務めてもらった運営委員 野上さんが
 いろいろ説明案内をしていました。
  
 せっかくの坂本屋取材なので、
 お遍路さんのお立ち寄り休憩があって、
 この方たちが仕事になればといいなあ・・・と。       


11:45 昼食。
f0213825_19215185.jpg

 居残ってもらった野平さんのはからいで
 坂本屋賄いができて、
 TV局スタッフを交えてみんなで昼飯。
 
 どうやら「カブト虫採り隊」の朝食支度中から
 当番の昼ご飯も織り込み済みだったようで
 握り飯、味噌汁に冷やしそうめんまで!
 マドンナ野平さんありがとうございました!

 
 その昼食中、
f0213825_08025686.jpg
 峠から下って来られた
 ドイツからのお遍路さんがひと休みされました。  
 外国語に堪能な野上さんが、
 囲炉裏部屋へ誘って昼食のお接待。
 
 炉端がちょっと手狭になったので、
 対応は取材ディレクターさんと野上さんに任せて
 私はカメラマン氏の次のシーン撮影準備に興味津々。


 
  待つこと10分、出立を前に、
  お杖スタンドの傍のザックの向こうで、寄書きノートにサインを残されるお遍路さん、
  なるほどいい画面になりそうですね。
f0213825_15541742.jpg
朱色の暖簾はトイレ増設工事施工の(株)日積工業 様からの寄贈品です。
 
12:40 ご出立。
    門前の小僧が6年前からこのシーンを撮り続けて575人目のお遍路さんは、
    はるばるドイツからの好青年でした、Have a nice HENRO-88-trip !!
f0213825_09294341.jpg
                                       575                                  

12:48 収録を終えた(つもりで)収録クルーお二人が帰り仕度を始めた途端、
        今度はニューヨークからの女性お遍路さんがお立ち寄りで、今一度収録再開。
 f0213825_09420174.jpg

 急遽、野平さんが用意した昼食のお接待。
 野上さんが「これソウメンです」とメニュー通訳中。
 
 通訳氏の話しによると
 彼女はスペイン巡礼をあと、
 四国霊場巡拝に関心を持って来日されたようでした。 
 

  
13:19 miss USAさん ご出立。
     私に戴いた納め札には 手書きでarigato gojaimasu♡♡♡と書いてありました。
     どうぞ88番結願寺まで道中ご安全に!
f0213825_10070389.jpg
                                       576

  USAさんを見送り届けて、
  取材クルーとお接待をサポートしてもらったスタッフ有志は下山、
  お手伝いありがとうございました。 


 13:51 その後、ひと休みされた高知さんご出立。
     今回はR33久万高原町の道の駅へ車を置いて、三坂へんろ道を下って一泊、
     明日、松山市内6ヶ寺参拝してバスでクルマを取りに行って帰宅予定とか、敬服!
     この猛暑の中、水分補給怠り無く熱中症にご用心下さい。 
f0213825_10273264.jpg
                                       577
                                          
f0213825_20002991.jpg
 高知さんを見送って、
 当番の丸石さんと二人で坂本屋の留守番ing
 せっかく子供さん達と一緒に飾りつけたジャンボ七夕飾りですが、
 松山市消防局からの迷走台風の警報メールが頻繁に着信するので
 二人で相談して駐車場南側へ倒しておきました。
   (8/1 早朝、倒した竹の笹を切って、短冊外して片付けて帰りました)


 14:20 坂本屋見学者あり、
     「おっ ワシ あんた知っとるぜ!」。
     「私も見覚えがあります・・・」
     なんと2年前の夏、第48番西林寺での黒田月水さんとの出会いの目撃者でした。

 15:00 丸石さんと二人で幟旗仕舞い、戸締り、火の用心を確認して、
     早朝からの長い坂本屋出仕を無事終えて下山。
     帰宅途中、西林寺手前の県道を歩くドイツさんに追いつき軽いクラクションでご挨拶。

     帰宅後、「沸かしてあるよ」と女房殿のひと言に喜んで早風呂、角ハイで水分補給。


<当番からお知らせ>
7/29 の「もぎたてテレビ」の本番ラストで
  次週8/5の放送は「久谷散策です」とアナウンスがありましたので
  ” 遍路の里” とも呼ばれる浄瑠璃・久谷・奥久谷・窪野の町や里山の紹介がある様子、
  むし暑い中、カメラマン氏が苦心の坂本屋シーンも(おそらく数十秒?は)放映されるハズです。
  8/5 (日)11:45からの南海放送「もぎたてテレビ」、お時間がありましたらご覧下さい。
   
  

# by jh5swz | 2018-07-30 15:04 | 坂本屋日記2018 | Comments(4)

 
前回当番日(7/7)は、どしゃ降りの中、坂本屋向け走行
              途中、御坂川は今までに見たことのない濁流で・・・
f0213825_08272309.jpg

f0213825_08274504.jpg

         なんとか坂本屋へ辿り着いたものの、雨足はますます酷くなる一方で、
         ほどなく到着の同じく当番の丸石さんとも相談して
         役員さんに連絡のうえ「本日お接待お休み」を決定したことでした。
         その後、西日本各地では未曾有の豪雨に見舞われ、
         県内でも特に南予方面の被害は甚大なもので言葉を失いました。
         この集中豪雨でお亡くなりになられた方々のご冥福と
         一日も早い被災地の復興を願ってやみません・・・
 

2018年7月28日(土)の日記。(早朝の部)
 3週間ぶりの坂本屋当番。
 今日は、公民館とのコラボレーションで地元の子供達がカブト虫採りにやってきます。
05:15 自宅発、
05:45 坂本屋現着。
    ノウセンカズラが真夏を謳歌していました。   
f0213825_08493099.jpg


    すでに地元スタッフさんが子供達に朝飯の準備中。
f0213825_14370454.jpg

  
 地元女性陣のおかげで窪野米のにぎりめしができた頃、
f0213825_09271946.jpg
     オトコ組の味噌汁も上々の出来栄え  
f0213825_09273351.jpg

 07:00 昨今の自然界は昆虫類も住みにくくなった様子で、久谷の山々でも減少一途・・・
     採れた子供は良しとして、採れなかった子供達にも配慮して
     今年も地元有志とそのお孫さんが前以て捕り集めてもらった
     カブト虫とクワガタを参加した子供達みんなに分けていただきます。
f0213825_09400778.jpg
  
 ご父兄やスタッフも懐かしく覗く 覗く、
f0213825_09481078.jpg

 子供達は
 かっこいいカブト虫やクワガタをもらって喜ぶ! 喜ぶ!    
f0213825_09482733.jpg

  私がガキ大将の頃、
  夏休みになるとバットを持って山に入り、
  めぼしをつけたクヌギの幹を思いっきりゴツンと叩けば
  カブト虫やクワガタがポトポト落ちてきたものでした。



07:15 朝食。
    子供達と父兄、公民館関係者は座敷で、
    早朝から賄い準備の女性陣は囲炉裏端、味噌汁仕度のオトコ組は青空レストランで。
    ちょうど、三坂峠から下って来られたお遍路さんにも窪野米の朝食お接待。
f0213825_10354838.jpg

   
f0213825_10360655.jpg

 
 大雨でお接待中止になった前回7月7日の当番の日に用意していた七夕飾りの短冊、
ちょうどかカブト虫採りに集まる子供達やお遍路さんにも飾り付けに参加して貰っては?と持参、
運営委員会会長に相談したところ「おもしろい 飾ろう!」
 駐車場下の孟宗の若竹を切ってもらって、みんなで作った里山のジャンボ七夕飾り。                  
f0213825_11211292.jpg
自然に生えている孟宗竹に飾り付けたように見えませんか?


 07:45 「カブト虫採り隊員と父兄」、公民館関係の皆さんは三々五々下山、帰宅。
      本日の当番二人と坂本屋スタッフ有志数人は残って当番を手伝ってやる、ってありがたい!
      その当番日記の詳細は第2部でご報告します。 

 

# by jh5swz | 2018-07-29 12:17 | 坂本屋日記2018 | Comments(0)

平成30年 真夏に想うこと

2018年7月15日(

f0213825_12110794.jpg
 
 西日本集中豪雨被災各地皆さまの
     復幸を心より願い祈っております。

                   平成30年盛夏 
                      門前の小僧               
                             

# by jh5swz | 2018-07-15 12:19 | その後の徒然日記 | Comments(0)

2018年6月30日(
 門前の小僧、公私ともに繁忙だったこともあり・・・
 いささか間延びした「花丸だより」になりますが、あしからず。

2016年7月11日 追記
 先日、IKEGAWAキャプテンから珍しく航海中の動画が公開されましたのでご紹介します。
       https://www.youtube.com/watch?v=EGrDOUixDbQ
       <キャプテンのコメント>原文のママ
       花丸で航海中の動画は今まであまり撮らなかったので珍しいと思います
       皆さんちょっとだけ花丸に乗って外洋を走った気分になって下さい。


以下、6/30の日記です。
 5月24日メキシコ合衆国を出航した花丸は、
 6月17日エクアドル共和国へ無事入港しました。
     
f0213825_11462366.png
  
  途中、次々とハリケーンに遭遇・・・
  ヨットは素人の私ですから、
  その日その日の航跡を見つめながらハラハラしたことです。
f0213825_12594516.png

 何番目かのハリケーン接近中の航跡を拡大してみると、
 「あんたどうする気?」と思うほどのジグザク航跡・・・
 加えて曇天続きでソーラー発電が機能せず、
 ついには冷蔵庫の電源までOFF・・・
 航海は難渋だったようですが、
 その強風のお陰で?
 この季節メキシコから1ヶ月ではムリだろう
 との仲間の予想を覆して23日目にエクアドルへ到達できたそうです。


f0213825_13230565.png

 ところが、当初予定していたManta港には
 桟橋がなくてヨットは沖がかりとの情報で
 ハリケーンに傷められた花丸のメンテナンスもあり、さらに南下、
 6月17日 0830(現地) 
 サリナスという町の
 Puerto Lucia Yacht Club 沖合で検疫待機。
 
 6月18日、防護服に防毒マスクの係官二人が船内を丁寧に燻蒸、
 最後にゴキブリの薬をアチコチに塗りつけてお終い、
 費用は150弗だったそうです。

f0213825_14010808.png

 以来、南米エクアドル共和国での生活?が始まりました。
 日々のレポートから、私が「へえ~?!」と思ったことを・・・

 
  ◇ エクアドルはOPEC加盟国でもあり、花丸が使用する軽油は1L@77円!
  ◇ Puerto Lucia Yacht Club にはクラブ専属のアスレチックジムがあり、
   シャワーやトイレ、サウナを始め25mの専用プールまで自由に使用可。
   出航以来一年以上の運動不足を補うには申し分ない設備の様子です。
  ◇ プライベートビーチまであるクラブ敷地は高いブロック塀と有刺鉄線で囲まれ、
   門には三人の守衛が居て、完璧に安全が守られているのだそうです。
  ◆ 裏を返せば、それほどしなければ治安がよろしくない?とは私の感想・・・
     (エクアドル共和国様、妙な感想ですみません)
  ◇ さて、花丸のメンテナンスに最適な施設があればいいのですが、
   いつまでPuerto Lucia Yacht Club で滞在するのでしょう?
  ◇ そして次はどの国の何処へ入港するつもりなのでしょう?・・・
f0213825_19370070.png

 ヨットに詳しい西中さんの話しでは、
 今から数ヶ月、南米or太平洋を航海しながら、
 真夏のホーン岬(日本の真冬)を周って
 大西洋へ出るのかなあ~? とのこと。

 素人の私、
 ただただ、航海の安全を願うのみ。


 (航跡図掲載について)
  松山市北条のマリーナ出航時より、
  航跡図の転載の承諾を得て掲載しております。


  

 

愛媛県イメージキャラクター「みきゃん」も洋上からご安航を祈っています。
f0213825_08100783.jpg
 

# by jh5swz | 2018-06-30 11:33 | ヨット「花丸」航海記 | Comments(0)

2018年6月16日()の坂本屋日記。
  あしかけ3年に亘る改築事業が終わって、無事お披露目式も済ませた坂本屋の平常当番日。


 f0213825_16522240.jpg
  2016年6月から2017年9月まで数回に亘って坂本屋を来訪、
 「四国遍路とお接待文化」をテーマとする卒業論文の取材に通った京都の女子大生さんが、
  めでたく地元企業へ就職、社会人になった報告とお礼のお接待応援に来てもらった。
  ちょうど当番二人が所用のためお休みだったので、大いに助かったことです。

  「お接待中」目印の幟を立てて、  
  (この春まで)女子大生さん差し入れの麦茶や茶菓子をありがたく使わせてもらって、
   登り下りのお遍路さんを迎える準備が整いました。


  長老・川中さんが孫に話しかけるように、
 「そうかえ、そりゃあイイとこへ入った」と、就職のお祝いから始まった朝のひとときです。
        今日のお接待は彼女に任せよう!
f0213825_10201007.jpg
f0213825_16302353.jpg

 










  ほどなく、
 09:30 先日のNHK-TV「ひめポン 」を視たと仰るご夫妻の
     坂本屋見学とご主人趣味?のビデオ撮影訪問がありました。

 10:00 汗を流しながら峠を下って、ひと休みされた大阪さんに
     彩和さんが持参の冷たい麦茶とお菓子でお接待。
     そりゃあ~ 山賊風情の私がお薦めするよりのど越しの味もよかったはずです。

 10:15 先をお急ぎの大阪さんご出立。
     今日は暑くなりそうです、道中ご安全に巡拝なさいませ。       
f0213825_10445357.jpg
                                        572

     その後、いつもの久万高原町出発のお遍路さんもなく、静かな時間が流れました。
 
 11:50 「昼にするかな」と長老、「待ってました」と門前。
     それぞれ持参の弁当で腹ごしらえ。
     春先まで囲炉裏の火がなくては寒々しかった炉端、
     外の暑さはかなりの体感温度ですが、囲炉裏部屋は古民家ならではの涼しさ。

 12:10 ちょうど昼飯が終わったところで、下って来られた秋田さんがひと休み。
     お接待は彩和さんに任せた。

     私は気になるので秋田県から四国までの交通手段と時間を尋ねてみた、
     秋田から東京までバス、乗り換えたバスで東京から大阪へ、乗り継いで徳島までバス、
     ほとんど ”駅すぱあと” の世界みたいです。
     都合、3日かかって第一番霊山寺から歩き始めて野宿旅30日目と仰る・・・ 
   
    ちょっと考え込んだことです 
    ここまで人を惹きつける弘法大師の四国遍路って一体なんやろう・・・    
     

 12:25 「野宿ですから、行けるところまで歩きます」と、秋田さんご出立。  
f0213825_11134790.jpg
                                        573
            (坂本屋を〆て帰宅途中の3時半ころ48番西林寺界隈を歩いておられました)

 私は、ひと休み中から背中のソーラーパネルに目がクギ付け。
f0213825_11240556.jpg
 
  「スマホや野宿テントの灯り電源ですよ、
  晴れてる日はいいのだが、曇天にはさっぱり役立ちません」と仰る。
  いやあ~お遍路さん、
  役立つ日もあればこその野宿旅ですよ・・・

  そんな苦労も背負って歩かれている秋田さんに
  「結願まで快晴にも恵まれますように」手作り道中安全御守を進呈、
  すぐにくくりつけて頂きました、喜んでもらってよかった。
  


f0213825_14294757.jpg

  当番の折り、
  facebookなどで友達に「坂本屋かわら版」を発信したり、
  タップリ充電を忘れて来て電断寸前になったことのある私は、
  今回の修築工事途中、現場監督さんに
  「お遍路さんのスマホ充電用に電源タップの屋外増設」を
  お願いしてみたところ、ちゃんと設置してもらえました。

 どうぞ、お接待の延長線上にある電源を有益に使って下さい。 
 悪用されると提案者として封鎖を申し出ざるを得ません・・・


 <もう一つ、電源の話し>メキシコを出航して24日目、ヨット「花丸」は、
f0213825_15411874.png
 太平洋上でハリケーンに巻き込まれて数日、
 太陽光を失ったソーラーパネルが機能せず・・・
 ついには船内の冷蔵庫の電源をOFF,
 難儀しながらも 6/17 08:30(現地時間)
 南米エクアドルへ無事入港したとの一報あり。
 陸のお遍路さんも海の花丸も太陽の恵み受けて
 道中安全と洋上ご安航を祈ります。

 
 13:10 しばらくして、暑いさなか下って来られた大阪さんがひと休み。
     駐車場の観光案内板を読んで、「一遍上人さんのことを知りたい」。
     ここは一番、坂本屋運営委員会きっての郷土史家:川中長老の出番です。
     伊予の豪族・河野通広の二男として生まれた一遍上人のよもやま話しが弾んだ様子です。     

 13:37 大阪さんご出立。
     この先、一遍さん所縁の道後の宝厳寺や
     河野一族発祥地・北条辺りで川中さんとの話しを思い出されるに違いない。
     どうぞ引き続いて、いいお遍路旅をお続け下さい。
f0213825_12171723.jpg
                                        574

 13:40 大阪さんが見えなくなって数分、
f0213825_12254968.jpg
 
 松山人にとって懐かしいCMソングにのって、
 移動スーパー「おまかせくん」が登ってきました。

 定かではありませんが、
 ここ桜の集落には17,8軒の家屋がありますが、
 半分以上が無住(空き家)で商店などはありません・・・
 住んでいる方々には貴重な移動スーパーなのです。 


  さてさてその後、
  いつもなら岩屋寺スタートのお遍路さんが下ってこられる時間帯なのだが菅笠が見えず・・・
  ちょいと登って三坂アルプスと「真昼の決闘」、
  暑さに負けてわずかばかりの木陰でポケ~していると、
  人懐っこい農家さんが、
  「坂本屋の当番か、頑張るのォ~、今日は暑いけん遍路も少なかろ」、
  話しはそこで終わらなかった、
  「わしら百姓も難儀なばかりよ、コメ作りも楽じゃないけんのォ~」・・・ 
  いやいや、天下の献上窪野米のために頑張って下さい。とお返し。 
f0213825_12493697.jpg

   引きかえして見る坂本屋も暑そう・・・ 
   御てんとうさん真上じゃけれ・・・日影は軒下と真上の三本の電線の陰だけ。  
f0213825_12585469.jpg
 
 時間持て余し気味の二人を見かねた長老の提案、
f0213825_13162420.jpg
 
 「坂本屋の畑の梅取りに行こうか、
     持って帰って梅干なり梅酒なり作ったらええワイ」。
  即決!、軍手と袋持参で納屋の下の草むら踏み分けて、
  珠数なりの梅の木から取る、捥ぐ、取る捥ぐ。
  15分くらいで、ダンボールいっぱい!
  川中さんが、朝から用意してあったキャベツとキュウリも、
  彩和さんと山分け! ありがとうございました。




 14:55 「そろそろ仕舞うか?」と長老のひと声。
     その気になったとたん一台の車、「ココかえ~? テレビに出た坂本屋は」と二人のご婦人。
     坂本屋見学でございました。
     長老、15:15 頃まで頑張ったが「ボツボツ仕舞おうわい、ココは3時までじゃけん」。
     
     戸締り、ガス、電源カット怠りなく、施錠して本日の坂本屋お終い。
     他所様のお嬢乗せて安全運転で下山したことです。
  
 
   
  【管理人からのinfomation】 
   ・坂本屋見学の方々には撮影・掲載の許可を得ておりませんので、
    個人情報に配慮して来訪事実のみ記事とさせて頂きました、端折ったワケではございません・・・ 
     
 
 

# by jh5swz | 2018-06-17 15:58 | 坂本屋日記2018 | Comments(4)