遍路茶屋・坂本屋入門

 訳はおいおい書きますが、
 節目の歳を迎えた昨今、思うところあって
 すでに数回訪れている「坂本屋」の遍路お接待のお手伝いさせて頂くこととなり、  
 平成24年6月24日()、今日はその記念すべき第1日目。

 台風5号の余波か、朝から雨・・・
 09:30 決心したことだから、妹に弁当作ってもらって我が家を出発。

 遍路茶屋「坂本屋」は、自宅から車で約30分、
 第46番浄瑠璃寺から6,5㌔、三坂峠から約3㌔、
f0213825_18504179.jpg

 丹羽(たんば)の人里を通過すると、車1台がやっと通れる細いつづら坂を爆走?
 手作りと思しき看板が誘導してくれます。
f0213825_18592681.jpg

 満開のユキノシタの花に出迎えられて、最後のカーブを曲がると
f0213825_1942740.jpg

 10:05 松山市窪野町桜の最後の古民家が旧遍路宿「坂本屋」。
      ココから標高720mの三坂峠までは、車の通れない旧土佐街道(へんろ道)。
f0213825_1951095.jpg

     すでに本日の当番の方が雨戸を開けて準備万端整えてありました。
f0213825_1953756.jpg
いつ来ても、何度来ても、椿三十郎や木枯紋次郎が今にも現れそうな雰囲気。
 
     「坂本屋」とは、
f0213825_19333140.jpg
 
正面看板
f0213825_19124969.jpg   かって、土佐街道を行き交う旅人の必需品の名残りか 
   土間の天井には藁草鞋が・・・
f0213825_19133253.jpg




 旧遍路宿「坂本屋」は、 
 地元、窪簿町桜地区有志のボランティアで運営されており、
 本日当番の方々に、
 「坂本屋運営委員会会長 相原氏のご紹介を得て
 本日より、お接待のお手伝いをさせていただく〇〇と申します、
 とにかくお邪魔にならないよう勤めますのでよろしくお願いいたします」
 と、門前の小僧、緊張のご挨拶。

 「お聞きしていますよ」と、笑顔で迎えて戴き、
 「まっ~ ゆっくりしてください」と、
 お接待のお手伝いに来た私にコーヒーのお接待があり恐縮したことです。

f0213825_8514717.jpg     6月のお接待当番表
f0213825_1922295.jpg
         坂本屋のオープン時間は
         3月から11月中の毎週土・日曜日、午前9時から午後3時までです。
         私は不定期ながら、せめて月に1~2回はお勤めしたい・・・            
            詳細は「徳島新聞・ぶらり四国遍路道」をご覧下さい。


 ほどなく、 
 10:40 小雨の中を三坂峠から下ってこられた二人連れのお遍路さんがひと休み。

       第44番大宝寺・45番岩屋寺を打ち終え、
       昨夜、久万高原町の民宿でたまたま同宿、「旅は道連れ」とばかり、
       今日は一緒に第51番石手寺付近まで進みたいとのこと。
       
       神奈川県藤沢市と東京・世田谷からの順打ち31日目とか。
       私のデーターでは、ここ坂本屋は第1番霊山寺から約750㌔地点だから
       1日24㌔のややハイペースですかね? などと、
       決して楽ではなかったが
       楽しかった自分の遍路旅に思い出を重ねながら暫し談笑。
f0213825_19524333.jpg

      今夜の宿を、(前泊民宿の紹介で)ここから6㌔(約1時間半?)先の
      浄瑠璃寺前の遍路宿「長珍屋」さんを予約しているのだが、
      「昼過ぎからお宿では時間がもったいない・・・」と、
      手頃なお宿のご相談があり、
      51番まで進みたいお遍路さんに46番前の宿を紹介する民宿も不親切?          
      当番の3人を交えて、急遽、推薦お宿選択会議。
      天下の名湯道後も楽しめて(失礼ながら)お財布の痛みも軽いと思われる
      50番と51番中間地点の某公共の宿をご推薦。
      「48番辺りの通過時間と御身足にご相談の上」と、付帯条件付き推薦状・・・

  小雨の止んだ頃合いを見計らって、第46番浄瑠璃寺へご出発のお二人。
f0213825_19551797.jpg

                    お断りできてないので、お見送りの後姿のみUPさせていただきます。 2


f0213825_1958785.jpg                 
  たった一巡しただけの
  門前の小僧ですが、
  これから結願の88番までの
  苦労に思いを馳せながら
  「どうぞ道中ご安全に」と、 
  無口なクチナシの花と一緒に
  合掌、お見送り。  

         
        訊かれてご紹介した、
        第51番石手寺界隈の”手ごろなお宿”はご満足いただけただろうか?
        今頃、道後の湯上がりあとのBEERののど越しをお楽しみだろうか?
        気になるなぁ~ ♪クチナシの花よ~♪ 

 11:50 お接待の初体験のあと、
       「お昼にしますか!」 と、懐かしい囲炉裏のある台所に招かれ、
       妹が作った弁当をひろげると、
       「ソバ食いね~、むすび食いね~」と、
       優しくしてもらった今日の当番の皆さん。

f0213825_20193239.jpg

              左から、鎌田さん、篠原さん、西村さん。(ブログ掲載ご承諾済み) 

 昼食のあと、築後100年という「坂本屋」探訪。
 1階の板の間です。

f0213825_20315677.jpg
 
 お2階へどうぞ。
f0213825_20354070.jpg

 その昔、旅人、商人、遍路、馬子で賑わったという「旅籠 坂本屋」の2階の座敷。
f0213825_20391986.jpg
  
2階から道後平野側の眺めです
f0213825_20421097.jpg  三坂峠方面の眺めです。
f0213825_20425368.jpg

1階、土間の縁台に置いてあるお遠路さんの寄せ書き帖。
f0213825_21284114.jpg

 このノートが東京大学名入り帖。
f0213825_21342966.jpg
         ここへ2回目に訪れたとき、当番のおばさんに
         「どなたの母校ですか?」と、尋ねたら、
         「私、私の母校よ~~~」と、カラカラお笑いになった
         明るいおばさんには、何度目のお手伝い訪問のとき再会できるかな~~

 14:00 第46番浄瑠璃寺から登ってこられた娘お遍路さんがひと休み。
      広島県某市からフェリーで松山観光港へあがり、第52番太山寺から逆打ち
      昨夜は、第48番西林寺の紹介で杖の淵公園で(テント)野宿された由、
      4巡目にして、初めて坂本屋でひと休みできたと大喜び。
        (3月~11月の土曜・日曜の9時から3時オープンであることをご説明・・・)

      ご挨拶代わりに戴いた「納め札」入れ(ケース)が”広島カープ”グッズ!
      「山本浩二さんが~~~ 衣笠さんが~~」と、根っからのカープファン、 
      若い頃、広島で5年間転勤族だった門前の小僧、懐かしさいっぱい。
      「強かった頃のカープは・・・」と、彼女の嘆きに、
      「若鯉”堂林”が、4番定着の頃には優勝ですよ」と、激励。

 しばらく、流川や薬研堀の繁華街話しまで話しが弾んだあと、
 三坂峠目指してご出発。
 霧雨の中、3㌔の急坂登りはさぞキツいことだろう・・・  
                       祈:一路平安・願意成就。
f0213825_20595892.jpg
          テントで野宿の通し打ちとのことで、10㌔超のザックは娘さんの背には重そうでした。
          因みに久万高原町から大洲へは、かの難所 鴇田(ひわだ)峠越えコースとのこと、さすが! 3

                   
f0213825_2132823.jpg 
f0213825_2135096.jpg     
 明るく振舞われたお遍路さんでしたが、
 私にも戴いた納め札の裏書きの一行を読んだときから
 胸が熱くなっていた門前の小僧、

 帰宅すると、
 すぐに仏壇にお供えして
 母上様の快気をお祈りしたことでした。

 

表の願意
 祈願・心身安穏復興成満
 廻向・大震災物故者之霊 
 
 記事にすることを、書きながらも躊躇しておりますが、
 〇〇さんの裏書きが叶いますよう祈らずには居られません・・・

坂本屋の場所
卍大宝寺と卍浄瑠璃寺のほぼ中間、
R33三坂峠から旧土佐街道(へんろ道)を約3㌔下った初めての民家。
 

Commented by 桃 ぶどう at 2012-06-28 21:56 x
なんとなく・・・松山前後のおへんろブログを覗いていて、お邪魔しました。

俳句や歌が数多く載っていて、読みやすいブログですね。
アタシは40代一人で区切り遍路をしています。やっと、この春に53番まで進みました^^
Commented by jh5swz at 2012-06-29 09:27
桃 ぶどうさん
 なんとなく・・・
 こういう、ブログへのお立ち寄り嬉しかったです。

 無事、結願を迎えられますようエールを送ります。
 -門前の小僧-
Commented by 桃 ぶどう at 2012-06-30 16:23 x
ブログを捜して頂いて、お手数かけました。
資料や写真整理、それに記憶は段々あやふやになるので、ブログを始めました。
お遍路だけのつもりが、近頃は日常の事も書いています。

おきに入りに登録させて頂きました。宜しくおねがいしま~す、ペコリ。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2012-06-24 21:45 | 坂本屋日記2012 | Comments(3)