人気ブログランキング |

春を呼ぶ松山・椿祭り

平成27年2月25日(水)の日記。
  
 ちょいと抜け出して、
    「伊予路に春を呼ぶ」と云われる椿神社祭りへ行ってきました、
    松山では、この祭りを親しみをこめて「お椿さん」と呼びます。

 お椿さんは毎年旧正月の7・8・9日に行なわれる松山地方最大の祭りです


 椿神社は自宅からそう遠くないのですが、天候も気になり輪行、
 神社に近い臨時(有料)駐車場へ車を置いて参道を歩きました。
 昨年まで¥500だった駐車場のお代が¥1000-!
          まさにアベノリスク・・・

13:00 R33参道入り口、恒例、この三日間は「車両乗入禁止」。
f0213825_10331360.jpg

      歩き始めると、平日の昼下がりにもかかわらず予想外の人出。
f0213825_10344056.jpg
 
      東西約2㌔の参道に毎年600店前後の露店が並びますが、
f0213825_10402243.jpg

      今年も行列のできる「東京ケーキ」屋さん
        人が並ぶと並んでみたくなる?コレも世の常・・・
f0213825_10393570.jpg

      真ん中あたりには常連の「植木屋」さん
f0213825_10434211.jpg

13:16 ようやく大鳥居と楼門前に到着。
f0213825_10451276.jpg


            一昔前まで、右手の平素は駐車場の広場には
            「お化け屋敷」とかがあって、恐い物観たさの子供達で賑わっていましたが、
             時代の流れでしょうか、いつの頃からか「見世物小屋」ともども消滅・・・
            「観てやってちょうだい、親の因果が子に祟り、この子の首は1㍍」とかの
             呼び込みオジさんのダミ声が懐かしい。
 

     お遍路始めて、今じゃすっかり身に付いた手水舎の作法

f0213825_11115192.jpg

13:20 石段を登って拝殿へ
    これが夜になると、人に押し上げられるような人出になります。
f0213825_10541252.jpg
 
     今年一年の平穏無事を願って・・・
     まだ人出は少なく、スムースに鈴を鳴らしてお賽銭箱まで辿りつきました。 
f0213825_11142174.jpg

      拝殿参拝後、
      私は左手の「貸銭」所で巫女さんから一金20円を借用仕り候。
f0213825_11305716.jpg

     これが誰でも保証人ナシで神様から借用できる「貸銭」、
     懸命に働いて来年の祭りには「倍返し」しようと励みます。
f0213825_11314446.jpg  10年目には? そこはそれ分相応に   
f0213825_11321017.jpg

      回廊の神輿は中日の「お忍びの渡御」を今や遅しとお待ちかねです。
f0213825_11392278.jpg

       ※お忍び渡御について
        祭りは神社を中心に十二支の方向に分割された周辺の各町内会が順番に担当し、
       平成元年、12年ぶりにウチの町内会が椿祭りの当番の夜、長老に尋ねました。

       Q) 神輿の宮出し宮入りのとき、なぜ本殿と楼門の間を無言で担ぐのですか?
       A) そりゃあ~の~
          神輿には女神の伊豫豆比売命(いよづひめのみこと))が遷っておられ、
          男神の伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)に気付かれぬよう密かに
         お旅所まで連れて行ってあげんといけんのじゃゲ、帰りもバレんようにの。

       Q) それは つまり・・・
       A) そうじゃ、その つまり・・・じゃゲ。
       ※ 長老は酔っては居られなかったが、定かではない楽しい話しでござりました。

    回廊を一巡して拝殿から境内を眺めると、この時間の人出はまだまだ・・・
f0213825_11574517.jpg

     大きな願いを込めて小さな「家内安全」の御札を買い求めました。
     (たくさんの種類と値段があり、最近は「何番を下さい」となんだか味気ない・・・)
f0213825_1211518.jpg
       昨年まで¥1000 ¥2000 ¥3000でしたが、
       今年は ¥1500 ¥2500 ¥3500(モチロン1万円とか3万円もあります)

               これもアベノリクスでしょうか?

 御札売り場の脇には神社のシンボル「椿」の花が「もっと大きい御札買ってよ~」
f0213825_1293458.jpg

 楼門両脇の名物、豪華絢爛「宝船」や「福寄せ」売り場、天は5万 10万・・・
f0213825_1212251.jpg
  特大が売れると売り手は買い手の商売繁盛を祈願して三三七拍子で景気を付ける。
     
13:50  楼門を出て、帰りは参道左右に並ぶ露店さんをひやかしながら(御免)歩く。
f0213825_15442577.jpg

    まずは、切っても斬ってもお多福の出る、
       椿さん名物、伝統の「縁起飴(おたやん飴)」
f0213825_12224975.jpg

     祭りの定番「たこやき」
f0213825_12234839.jpg

     お馴染み「りんごあめ」
f0213825_12252361.jpg

     ニューフェース?「鶏卵かすてら」
f0213825_12261215.jpg

     好きな植木屋さんへもう一度お邪魔して
      「いい枝垂れ梅やね~」
f0213825_12332639.jpg  
  「兄さん安くしとくで!」
f0213825_12341032.jpg

     四国ですもん、讃岐を外しちゃあいけません
f0213825_12384985.jpg
 
     こちら大阪・堂島の「かすてら」
f0213825_1239296.jpg
            
     なんと云っても今年のスターはコレ!
f0213825_12484865.jpg

     ほんとに時代が反映されます
f0213825_12494098.jpg

     うどん・ビール・おでん・どて焼き・焼き鳥・イカ焼きetc
     レストランだってございます
f0213825_1254292.jpg

     塩タン 神戸牛 と焼きおにぎりはいかが?
f0213825_12575962.jpg

     渋いね~~~~
f0213825_130952.jpg「ちょっと待てその結婚」も
「浮気をする夫を持つ相」も
     ¥500?
f0213825_1304778.jpg
   美人の占い師でしたぞ!

       

      クスリ屋さん?かと思いましたがな、
f0213825_1310332.jpg
                そうか、よくみれば「コレがこの病気に効く!」とは書いてない・・・


       こちらの「東京ケーキ」屋さんも行列
f0213825_13142179.jpg

        一昔前、子供をランボールギーニカウンタックの運転席に座らせて
        写真一枚が当時にしては破格の¥500コーナーが人気の年がありましたが、
        時代を反映と言えば、今年はこの方々がまさにグッタイミング!
                  <振り込め詐欺対策室>      
f0213825_141141.jpg
                               

     この法被が、ラーメンにも東京ケーキにも見事に溶け込んでいました。
f0213825_1329681.jpg

14:15 参道出口にて
f0213825_1332451.jpg   
 神社へお参りに来ても
 お大師様を忘れない門前の小僧
 奮発してポケットの小銭をご報謝、
 鉄鉢の中が見えて驚いた、
 100円 500円硬貨やお札まで・・・
 鉄鉢の中へも霰 ならぬ 

 僅少を恥じて思わず合掌、
 
 菅笠の奥から
 「仏様の御加護を」
 と、聞こえたような気がした。
 定かではない。
 



帰宅後神棚に祀った御札、「神様の御加護を」。
f0213825_1345571.jpg

          報道によると
          椿神社側では、25・26・27日の参拝者を40万人と見込むとか。

          私しゃ貧乏ですから、お賽銭と御札と御土産の総売り上げはとか? 

          祭りを盛り上げた露店商さんが
          「椿さんへ出店してよかった」と思うほどに繁盛すればイイのだが、とか・・・



Commented by おやっさん at 2015-02-26 23:59 x
心がうきうきしてきそうなお祭り風景ですね。日本人の原風景ともいうべきか・・・
しだれ梅、いいですねえ~。もうちょっとお手ごろ値段はないのでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-02-26 19:42 | 遍路の神社巡り | Comments(1)