小鴨一家その後

平成27年6月10日(水)の日記。

 7日の日曜日の朝、小鴨一家を発見?して以来、
 俄然、朝晩の散歩が楽しみになったのは言うまでもない。

 8日の朝もカメラ片手に張り切って小野川土手へ直行。
   TV番組「before after」のアナウンスではないが、
 なんということでしょう!
 先週降り続いた雨対策で
 現場の小さな堰が落とされて「放水!」。
 カモ子やカモ雄たちは激流に流されてしまい影も形も見えない!


 9日の夕方、自転車で少し下流まで走ってみたが行方不明・・・
 頼むから放水の激流にもまれながら流されても
 どこかで親子がちゃんと合流して元気な姿を見せてくれ~~~~

 10日朝、かなり下流まで捜索するつもりで自転車で出かけた。
 そもそも小鴨たちが堰越えに苦労していた現場はココ、
    覚悟はして来たが、居ない・・・
f0213825_10494080.jpg
                   因みにここから100m上流が「遍路橋」です。

f0213825_1056598.jpg  
 コンクリートの堰の上の法面に
 気球がしぼんだように見えるのが「風船ダム」、
 灌漑用の水位調整堰だから仕方ないのだが、
 雨が続くと空気を抜いて放水されます。
 
 直径約2m、長さ7m前後の風船ダムが
 空気を抜いて一気に放水されると
 小鴨たちはあっというまに激流の小舟・・・

 8年前、放水に遭遇した小鴨もそうだったが、
 全員揃って下流からココまで帰還したときには
 土手の小鴨ギャラリーが万歳したものです。


私の云う「風船ダム」とは、
  調べてみるとファブリダム(ゴム引布製起伏堰)Fablidamと言い、
  空気または水で袋体を膨脹・起立させ、洪水時に袋体内の空気または水を排出することで
 収縮・倒伏させ貯水量を調整するダム、との解説がありました。


 さて、小野川をウロウロキョロキョロしながら下ります・・・
 「畑渡橋」から「蔵渡橋」、「高津橋」から「三反地橋」、居ない・・・
 さらに下って「共和橋」から「来住高橋」そして「共栄橋」、居ない・・・

 今朝はここまでとあきらめてUターン、
 登り道の自転車はしんどい・・・
 それでもキョロキョロしていたら、「カモ」が居た!
  葦の茂みへ首をつっこみ・・・
f0213825_11323993.jpg
     また、次の茂みへ泳ぐ・・・
f0213825_11325382.jpg
 あの子たちのおっかさんに違いない!
    しばらく傍観あるのみ・・・ 再会してくれよ! 

f0213825_19523851.png
 私も
 川面もキョロキョロ探索しながら
 上流へ向ってペダルを踏みます・・・
 久しぶりに年代物の
 折りたたみ式4段ギヤーミニサイクル
 Miyata Alumi super FOLIOが大活躍です。
 数年前なら、この辺りまでだったら 
 平気でランニングしていたのだが・・・


     お大師様、無事親子を会わせてやって下さい・・・
      
     観自在菩薩

     行深般若波羅蜜多時

       ~~~

     即説呪曰 羯諦 羯諦 波羅羯諦

     波羅僧羯諦 菩提薩婆訶


     なにとぞ なにとぞ 合掌・・・


 重いペダルを踏んで「畑渡橋」まで戻ってきた。

        うぬ!

    なんじゃ あの軍団は! 
  確かにあの鴨一家ではないか!
   一羽足らないのが気になるのだが・・・
f0213825_11415418.jpg
     先ほどの親鳥は父親で、流された一羽を捜していたのだろうか?  

 大事件のあとにもかかわらず、今日もダム越えに挑戦。
f0213825_12254590.jpg
 
 「そうやね~ 激流遠泳に疲れたやろうけん、今朝は遊ぼうか」
f0213825_12325329.jpg

 丸くなったり
f0213825_12355060.jpg
 
 かくれんぼ?したり
f0213825_1236331.jpg

 「いいですか、あの土手の上でカメラ構えて追っかけしてるオジさん、
    あの人は鉄砲持ってないので悪人ではなさそうですが、
        気を許したらダメですよ、ネギ背負って来い、とか言いそうだから」
f0213825_749634.jpg
            いい教育してますな~おっかさん


<付録です>
全2コマ 短編 「私と鴨の恋物語」
 2006年6月5日、遭遇した19羽の小鴨たち
f0213825_20312937.jpg
 以来、ちょうどお四国参りを始めた頃でもあり、
 「歩き遍路訓練」と称して、
 朝夕、コンデジをポケットに忍ばせてこの土手を歩きました、
 と云うより、鴨の追っかけ。

 2006年7月5日の夕方、
 大きくなったコイツらを写したくて川原へ降りてカメラを構えた
 とたん、いっせいに私の足元までス~~~~イと寄ってきた。
 あわてて撮った思い出のワンショット。
f0213825_20385032.jpg
 翌朝から、二度と19羽揃った姿を見ることはありませんでした。
 あのそろい踏みは「一人立ち」への挨拶に違いないと、今でも思っています。

 今年の7羽とも友達になって、立派な巣立ちの挨拶を受けたい、と願っています。
 
Commented by おやっさん at 2015-06-11 09:09 x
ハラハラドキドキしながら読み進み、結末でほっと一安心。
読ませますねえええ。
Commented by jh5swz at 2015-06-11 09:45
おやっさん、
 8年ぶりですから遊ばせて下さい、
         おっかけさせて下さい。
         可愛いんですよ!
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-06-10 20:48 | 小野川かる鴨日記 | Comments(2)