浄瑠璃寺の鎮魂の皿碑~坂本屋当番

平成27年 8月22日(土)の日記。

今月2回目の坂本屋当番。

07:35 自宅発。
07:50 今朝は久しぶりに46番浄瑠璃寺へ朝参り。
      長珍屋さん前の県道に県外大型バス1台、
      浄瑠璃寺駐車場に同じく県外ナンバーの自家用車3台。
      本堂へ写経5巻代参。    
f0213825_11281755.jpg

      本堂の右奥、大師堂は団体さんがお納経中・・・
      ここの大師堂前は狭いので、お遍路さんの後ろから合掌のみ・・・
f0213825_1136521.jpg

      ハス池へ廻ってみると、いつものようにカメラマン氏が数人、静かに撮影中、
      遠慮しながら端っこの満開の紅白2輪をパチリ。
f0213825_1142227.jpg
f0213825_11423872.jpg

      今朝は、もう一つ目的があった・・・
      いつぞや、浄瑠璃寺さんの依頼で坂本屋会長(石材彫刻店主)が
      境内の鬱蒼と繁った木立の中から本堂裏に新しく造成した公園へ
      移転工事中だった「鎮魂の皿碑」が竣工し、8月15日終戦の日に
      地元で厳かに追悼式が行なわれた「碑」のお参りがしたかった。        


 この「鎮魂の皿」は、
  太平洋戦争で亡くなった地元久谷出身者の慰霊のため郷土史家相原熊太郎が遺族の家を一軒一軒訪ねて巡り、
 戦死者の人となりを四行詩にまとめ、それを皿に焼付け準備は整ったが多額の建設費用が集まらず計画は頓挫、
 300枚の皿は寺の床下に入れ置かれた。
  爾来25年、人々の記憶から忘れ去られていた・・・
  昭和49年、NHKの遍路番組取材班が床下から発見し、撮影、編集し全国放送され大きな反響を呼んだ。
  放映を見た地元の診療所三好かつみ先生は寺と諮り、この慰霊塔建設に尽力された。
  地元の石材彫刻店 相原誠一さんは、
  仏教の六道に因み、六角の塔の六面の壁面に300枚の皿をはめ込むことに苦労を重ね、
  るり観音を刻み塔の上部に安置し完成させた。 
 
    
              当ブログ「浄瑠璃寺の蓮花と鎮魂碑(7月7日の日記)」より転記
 
   今は亡き父上が境内への建立に携わられた鎮魂碑を
   石材彫刻店の後を継いだ相原誠則氏(坂本屋運営委員会会長)が現在地への移転修築を担当されました。
   ここへお参りする度に、親子二代に亘る地元戦死者への鎮魂の念はいかばかりであろうかと私は思います。
    
 

本堂左手の遊歩道正面に陽光を受けて「鎮魂碑」が見えます。
f0213825_11531844.jpg     正面の祭壇に追悼のお祈りを・・・
f0213825_12304447.jpg


  
  六面に並ぶ鎮魂の皿
  戦死者の召集年月・玉砕地・享年・遺族のことなどが四行詩に纏められています・・・
f0213825_12353053.jpg
                   故人のお名前が見えない程度にピンボケを掲載します・・・
           あるお皿の四行詩
               水◇〇様
                二度の召集〇さん、
                始は満州三年
                次に南方ルソン島
                戦死 実に廿九 
         
              戦争の記憶のない私ですが 戦争はいけん

  駐車場から見える鎮魂碑、
  この秋には、この公園いっぱいに牡丹と芍薬が植えられる計画とのことです。
f0213825_1241195.jpg


  ちょっと道草?が過ぎましたが坂本屋へ急ぎます。
  左手一番奥のU字型の凹が標高720m三坂峠。
f0213825_12433461.jpg

  小さな秋、見つけました。
f0213825_125236100.jpg
f0213825_12524827.jpg


08:59 雨戸を開けて幟旗出して、
f0213825_12544433.jpg
                   104歳の坂本屋さん本日もお世話になります。 
      お接待準備完了!
f0213825_12561444.jpg


f0213825_1310188.jpg 夏枯れで?、花がありませんが・・・
 駐車場の花をドロボーして
 一輪挿し、投込み流家元
 門前の小僧は
 今朝も懲りずに頑張ります。 

 誰もへたくそ!とはおっしゃいませんが、
 どなた様からも上手いと褒められません

 お立ち寄りのお遍路さんの
 わずかで かすかな
 疲労回復剤になるのなら
 トコトン続けさせてもらいまひょ。
 


さて、麦茶に茶菓子、冷凍 evian もスタンバイできたが登り下りのお遍路さん皆無。
 ・なにしろこの暑さですから?
 ・ここは「歩き遍路さん」しか通過されませんから・・・
 ・秋のお遍路シーズンに備えて皆さん充電中でしょう・・・
 ・5月までの階層1200年イベントの反動かも? etc etc

ヒマなので、ちょいと峠方向へ歩いてみます、
かってこの辺り一帯の米は「窪野米」と称され、お殿様のお気に入りだったと云い、
f0213825_1330081.jpg

     松山のお殿様に献上された歴史があるらしい。
f0213825_13395024.jpg

     当時の旅籠「坂本屋・献上米」名残りの高札が今も神棚に。
f0213825_13415721.jpg


12:05 当番二人、囲炉裏端で持参の山賊弁当。
      扇風機ナシ、もちろんエアコンなし、団扇も使わないが
     標高360mにある古民家の奥まった部屋は暑さを感じない。

さてさて、いつもなら岩屋寺からのお遍路さんの通過時間帯なのだが
     お一人様もお見えにならない・・・
     座敷で座布団を枕にウトウトと昼寝~~~
     麓から座敷へ流れる涼風が、あな気持ちよろし。
f0213825_15525815.jpg

14:00 ふと思いつき、50mほど下った所にある遍路墓へお盆参り。
   ここ窪野町桜の方々が170年余りに亘ってお守りされているお墓で
         花崗岩の自然石に刻まれた文字は
          (梵字)得実羽覚信士
           讃州高松 松嶋 吉野屋平助墓 天保十三年 と読めます。
f0213825_1444293.jpg

       
ここから20キロ以上?離れている十五万石の松山城が今日は見事に見えます。
  城山の向こうは瀬戸内の海。
f0213825_1472812.jpg
             Nikon COOLPIX P100 26倍ズームとはいえ三脚ナシではなかなか。
             息を殺して・・・なんとかお城を撮り込んだ一枚(コレって自慢話しデスから) 

14:55 幟を仕舞い、雨戸を閉めて、火元確認、施錠して本日のお接待終了。 

ひと休みされるお遍路さんはなかったが、今日、最高に嬉しかったこと。     
f0213825_14434936.jpg 朝一番に郵便受けを見てみると2枚の納め札あり。

 赤い御札でお名前を伏せましたが
  「ありがとうございました、
        御手洗いを使わせて頂きました。」

 坂本屋のトイレは年中フリーですから
 お礼などもったいないことです・・・
 が、こうしてわざわざ添え書きまでいただくと
 坂本屋でお手伝いさせてもらってよかったなあ~
   と、門前の小僧は感激したことでした。
Commented by おやっさん at 2015-08-24 12:51 x
まあそんな日もありますわいな。
ゆったりとした時間が流れる坂本屋の一日・・・
贅沢な過ごし方ですねええええええ。
Commented by jh5swz at 2015-08-24 14:04
おやっさん、
 まあこんな日もあっていいでしょう。
 あの座敷で昼寝? 確かに贅沢な時間なのかも(笑)
 「松山城」、きれいに見えるでしょう!
 真念さんも見た松山城です。
Commented by 桃ぶどう at 2015-08-24 14:05 x
>お一人様もお見えにならない・・・
>座敷で座布団を枕にウトウトと昼寝~~~

まぁ。至福の昼下がりですね。
坂本屋さんのおトイレ、アタシもお借りしました。この納め札は女性ではないですか?
久万高原から下ってきて、初めてのおトイレ、有りがたかったですもの^^*
Commented by jh5swz at 2015-08-24 16:17
コメントを戴いたお二人に、
  ”至福の昼下がり、贅沢な過ごし方”と、言われますと
  寝ぼけまなこで眺める、座敷から表の旧街道、駐車場越しの孟宗竹の屏風を
  見て貰いたくて写真を一枚追加しました。
   燃費の悪い国賊みたいな車が目障りですがあしからず。

  PS) 桃さん、「厠」のお礼の納め札はお察しの通りです。
Commented by 鴨ぱぱ at 2015-08-25 22:11 x
松山城の写真うまく撮れましたね~~手前の葉っぱと松山城がぼけずに写ってるって、、難しいのでは? わたしの5倍ズームとの差を実感しました~~^^
Commented by jh5swz at 2015-08-26 07:24
鴨パパさん、
 ご無沙汰しています、お元気でしたか。
 「写真」お褒めにあずかり光栄の至りです。
 ありゃ~マグレでしょう、なにしろ三脚ナシですから(笑)。
 また坂本屋で会える日を楽しみにしていますよ。
 
Commented by nibari1498 at 2015-08-26 15:38 x
写真うまく撮れてますね。上の電線がなければ最高でしょうね。

先だって上野町と広瀬の中間あたりを高尾田に向かって歩くお遍路を見つけました。
「西林寺へ向かってるんですか」と聞くと「そうです」と答え。
「道間違ってるから、車にお乗りなさい」。で、札始弘法大師堂へお連れし、西林寺へ続く道を示しておきました。

滅多にコメント残しませんが、時折覗かせてもらっています。
どこの誰ともお互い聞かず、でもすがすがしい一日になりました。
Commented by jh5swz at 2015-08-26 19:17
nibari1498様
 確かに電線が艶消しでしたね~・・・
 今度、スカッと晴れた秋空の日に当番でしたら、またトライしてみます。
 
 さり気ないお遍路さんへの小さなご親切、
 まさに私の好きな「お道 よろしゅう!」のお接待ですね! \(^o^)/
 
Commented by nibari1498 at 2015-08-28 09:47 x
最近「町おこし」という言葉がはやっています。久谷地区でもそんな会合があって総代をはじめ主だったメンバーが集まったようですが、結論は出なかったようです。
言葉だけが独り歩きしているように思います。
町おこしに最低必要なのは、職場があり、イベントがあり、人が集まり、リピーターがあり、くつろげる場所があり、人が語らい、公園があり、と思いつくだけでもこれだけ出てきます。AELがそれに当てはまるとは思えません。
まして久谷となると、もっと根底から考え直してみなければなりません。
2020年オリンピック、地方創生と言いながら東京一極集中です。会場をなぜ地方に分散させないのか不思議です。
Commented by モモの親方 at 2015-08-28 12:04 x
2巡め、逆打ちのときにトイレを拝借し、休ませていただきました。

遅くなりましたがお礼申し上げます。



Commented by jh5swz at 2015-08-28 13:56
nibari1498様
  「町おこし」、なんでもそうかも知れませんが、言うは易く行うは難し、でしょうか。
 リーダーの苦労をみんなが解って協力することが第一歩かな?
   
  AEL?ホテル? あれは建物のオーナーのコンセプトですから別物でしょうね。
 
Commented by jh5swz at 2015-08-28 14:01
モモの親方さん、
 久しぶりのコメントありがとうございます。
 今回の日記は、決してお礼を求めるものではございませんので・・・
 年中オープンの厠ですから(笑),お遍路皆さんが喜んで使って頂ければ
何よりなのですよ~~~

 3巡目はいつ頃のご予定ですか?
Commented by machan at 2015-09-04 03:58 x
雨続きで気温は下がりすごしやすくなりました
歩き遍路さんの再開もそろそろでしょうか
ご縁があればお会いできるかと楽しみにして
あちこちと出歩いています
Commented by jh5swz at 2015-09-04 11:08
machanさん、
 いい季節になりましたね、
  (これで台風さえ来なければ・・・)
 ハイ、月後半の連休などは秋お遍路さんが多いでしょうね、
 こちら伊予路へもお出かけ下さい、お待ちしております。
 
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-08-24 08:41 | その後のきまぐれ遍路 | Comments(14)