2015お参り納めと正月飾り

 12月26日、
  今年の納めのお参りは別格第八番十夜ヶ橋永徳寺。

 松山ICから高速道を30分、大洲IC出口から数分で「とうちゃこ」。
f0213825_10114339.jpg

 十夜ヶ橋本堂参拝
f0213825_10134060.jpg

 お大師っさんにご挨拶
f0213825_10252331.jpg 大師堂参拝
f0213825_1027012.jpg

 国道を渡って橋下旅館でお休み中のお大師っさんに年末のご挨拶
f0213825_10312566.jpg
 頭上を行き交う自動車の喧騒ものかわ、
 願いが叶ったお方の奉納された?真新しい布団に包まって爆睡中でございました。
 
 参拝中ここではお馴染みの「エサくれ鳩」と「エサくれ鯉」の大歓迎を受けるのです。
f0213825_10584223.jpg

 50円玉の持ち合わせがなくて2カップ歳末山盛サービス、
 家族と私の知り合いみんなに新年の幸せもってコイ!
f0213825_10453097.jpg
f0213825_1154473.jpg

 永徳寺本堂へ戻ります。
f0213825_1113247.jpg

 欄干にもお大師っさん
f0213825_11141139.jpg

 末広がり別格八番、来年もいいことありますように!
f0213825_11182312.jpg

 <MEMO>
   聞きかじったところによると、ここは境外仏堂(納経所)で、
   本坊の正法山永徳寺は1,5kmほど離れたところにあり、
   室町時代初期の永徳年間(1381年 - 1384年)に創建されたと伝えられる。
   次の機会には本坊もお参りしてみたい。
        (本堂)愛媛県大洲市大洲1808
        (本坊)愛媛県大洲市徳森1296


 さて、本日もう一つの目的地、産直「愛たい菜」。
       それにしても洒落たネーミングやなあ~~~
f0213825_11205831.jpg

 私は松山へJターン後、ん十数年になります、
 大阪・道修町勤務時代から営業担当は四国だったもので
 お正月の玄関注連縄はずっと生まれた八幡浜風お飾りでした、
 「郷に入れば郷に従え」と申しますが、ふるさと忘れられヘンのです・・・
 ここ「愛たい菜」の店内の一角にはお飾り売場があり
f0213825_11371416.jpg

 中央に稲穂を垂らした八幡浜風の玄関飾りと神棚用をゲット。
f0213825_1140569.jpg

 明日の出番まで床の間で、
 神農さんとシーサーとお屠蘇に囲まれて待機中なのであります。
f0213825_12345566.jpg
       神棚用の注連縄を付けようと紙垂(しで)を作って包装解いたら
          ちゃんときれいな紙垂が付けてありました、感激!(12/30追記)


 今年一年、
  門前の小僧の遍路日記と坂本屋物語、ご笑覧ありがとうございました。
  来年もどうぞ楽しく遊んでやって下さい。
                    平成27年12月29日 大安
Commented by kimiko-keme at 2015-12-29 14:35
八幡浜のお飾り、初めて見ました。久谷あたりのと、旧西条あたりのとも全然違うんですね。
また、それをいろいろ揃えて扱っている産直市も凄い!

アメブロにリンク付コメントをありがとうございました。こんな技があるとは、、、やっぱり「先輩!」ですねー☆ 今年も大変お世話様になりました。
よいお年をお迎えくださいませ~~☆
Commented by jh5swz at 2015-12-29 18:56
kimikoさん、
 松山に住みはじめて ん十何年、「郷に入って郷に従わず」ずっと故里のお飾り、
頑固なんでしょうかね~、でも近所の人は「きれいなお飾り!」と言ってくれます。
 隣り町のお飾りも品揃えするところが、さすが産直・愛たい菜だと感心しますぞ。

 アメブロときどき読ませてもらっています、こっちの方が私は読んでて楽しい!
誰にも媚びないところがおもしろいです、ヘイ。
 よいお正月をお迎え下さい、坂本駅伝でお会いしましょう!
Commented by おやっさん at 2015-12-30 11:07 x
今年も一年楽しいお付き合いありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
私は岐阜県の山奥~岐阜県平野部~裏京都市~堺市と
流れ流れて流されているうちに自分の原風景がぼやけてしまいました。
いまやお四国がふるさとになりつつあります。
Commented by jh5swz at 2015-12-30 11:45
おやっさん、
 こちらこそありがとうございました。
 来年も楽しく遊んでやって下さい。

 岐阜も裏京都も絶対ぼやかないで下さい、ご家族がお待ちです。
 お大師っさんがお待ちの四国は三番目のふるさと ということで^ ^
Commented by 桃ぶどう at 2015-12-30 18:52 x
>中央に稲穂を垂らした八幡浜風の玄関飾りと神棚用をゲット。

お飾りも地域性があるのですね。なんだか、可愛いです^^

正月飾りの思い出・・・二つ。
幼い時は、祖父母に連れられて裏山へ(徒歩30分)松の小枝を採りに行ったことがあります。手作りですね。
四国、久万高原を目指した時、11月でした。
ひわだ峠の手前にある集落、過疎化が進んだ山あいにひっそりと夫婦で住む家が有りました。
その隣の小屋で老夫婦が正月用に出荷する松を揃えていました。
おとぅさんが山で採り、おかぁさんが揃える立派な松。
あれから3年。

今年も活気あるブログ、楽しく読ませて頂きました。佳い年をお迎えください、ペコリ^^
Commented by mizuki-39 at 2015-12-30 19:19
産直「愛たい菜」。いいネーミングですね。


今年も一年間、門前の小僧さんのお人柄が伝わる、
温かいお接待ブログに心和ませて頂きました。

どうぞ良いお年をお迎え下さい^^。
Commented by 門前の小僧 at 2015-12-30 20:04 x
桃さん、
 お正月のしめ飾りのこと、
  こちら伊予の国では市町村ごとに個性のあるお飾りが玄関でお正月を迎えます。
  門前も郷に入れば郷に従うべきなのですが、どうしても「村」が忘れられません。
  
  >幼い時は、祖父母に連れられて裏山へ松の小枝を
    いい話しですね~ 爺ちゃんっ子の門前にも思い出があります、 
    爺婆はそうして二十四節気を教えていたのでしょう。
  >ひわだ峠の手前にある集落の松
    あの三嶋神社界隈の若松は、
    昔から、松山お城下のお武家様宅の門松に欠かせない特産品なのですよ。
    門前も6年前の11月6日に鴇田峠越えでしたから、その光景見ました。
    (現在、山崩れで鴇田峠手前の由良野(遍路地図P56)で通行止めらしい)
   桃さん、よいお年を!
    来年もちょいちょい覗いて下さい、私もお邪魔しますから ペコリ
Commented by jh5swz at 2015-12-30 20:15
花mizukiさん、こんばんわ。
 「愛たい菜」って粋でしょう~
 「彩々きて屋」ってのが、私の選んだネーミング第2位です(笑)。

  mizukiさんみたいな写真は撮れませんので、目障りなページでしょうけど
 来年も観て感じたままのホンネの日記を書きたいと思いますのでヨロシク。
  一つだけ歳取って若返りましょう! よいお年を。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2015-12-29 12:53 | 別格20霊場参り | Comments(8)