人気ブログランキング |

坊っちゃん劇場と坂本屋

平成28年3月22日(火)の日記。

 坂本屋と「坊っちゃん劇場」との交流は長い。
 運営委員会総会は10年続いてミュージカル観劇~利楽温泉~総会~親睦会、
 坂本のほたる祭り舞台への友情出演や
 会長宅のふいご祭りパフォーマンスなど、折りにふれて関係者との交流が続いています。

 さて、今年の坊っちゃん劇場のプログラムは「お遍路さんどうぞ」。
f0213825_10393027.jpg  いつかはお越しだろうと思っていましたが、
  劇場公演が短い春休み?に入った22日、
  役者さん、スタッフ、報道関係の総勢30名?が
  51番石手寺から46番浄瑠璃寺まで逆打ちして昼食、
  昼食後、小型バスで坂本屋のお接待を体験したいとのことで
  坂本屋は前代未聞の臨時オープン。
 

 平日のことでお接待メンバーが足らなくて、
 前々から坂本屋へ行ってみたいと聞いていた
 「お遍路バッハ」奉納演奏ingの上尾直子さんをお誘いして臨時オープンの坂本屋へ輪行。

12:40 坂本屋到着。
      去年、ウチの庭のタネを撒いておいた諸葛菜が咲いていた。
f0213825_10482559.jpg

     坂本屋マドンナ皆さんのスス払いやら座敷の雑巾がけに感謝!
f0213825_957949.jpg

小僧はいまだ蕾のソメイヨシノの幹へ幟旗立て
f0213825_10574410.jpg   「お接待茶屋準備完了!」と自己満足の小僧。
f0213825_1057833.jpg
             ※上の3枚はピアニスト上尾さん撮影・提供

12:55 折から峠を下られた愛知さん、
      「ここの下り坂はキツイ」とポロリ。
f0213825_1162346.jpg  本日のお接待は
     「坂本屋名物・草餅」
f0213825_7554876.jpg

  愛知さんも
     「こりゃあ~ウマい!」。


13:11 「長珍屋へ荷物を置いて46~47番を参拝して早風呂にしょう」とご出発。  
f0213825_11124190.jpg
                                      359
          通し打ち25日目?とか・・・「結願まで 道中 お気をつけて~」

13:17 1階板の間から階段、2階の座敷まで雑巾がけしてもらった上尾さん
f0213825_11211751.jpg
         小僧の反省、
          「遊びに行きませんか?」と誘っておいて掃除までさせるのは詐欺ではなかろうか?


          詐欺?もさることながら、掃除してもらってる上尾さんに
           「いしだ あゆみ女将」と声をかけたら、
          坂本屋マドンナ連中から
           「田中麗奈さん」とお呼びするべきではございませんか? と叱られた・・・
          確かに仰せのとおり!

ビッグサプライズ!
 1年8ヶ月前の 
 2014年7月26日昼過ぎ、たまたま小僧一人で留守番中の坂本屋へ
 ばかでかいザックを背負った逆打ちの娘遍路さんが汗を流しながら登ってきて
 「福島から来ました・・・、休ませて下さい・・・」。
f0213825_1439328.jpg 汗が引いた頃、
 この下でお百姓さんにトマトを戴きました、
 一緒に食べませんか?と、
 台所で手際よく切って「どうぞ」。
f0213825_14451561.jpg
 お遍路さんにお接待された初体験!

  ↑↓上下は2014年7/26撮影
f0213825_1453957.jpg 一時間足らず休んで、
 久万高原町で野宿場所探しますと
 超炎天下、20キロはあろうザックを背に
 標高差312mの峠へ向って出発。

 若さと云えばそこまでなのだが、
 「親には毎日連絡取れ!」とか
 「明るい所でテント張れ!」とか
 娘に言って利かせるような言葉で見送ったことでした。
 
 モチロン、
 私は自宅とか名前とかは一切聞かない主義なので
 ブログ記録は「福島さん」。
 美味しいトマトを食べると思い出す娘遍路さんでした。

そして今日、2016年3月23日午後1時30分
f0213825_1562588.jpg  大きな赤いザックカバーを付けた荷物を背負って
 逆打ち娘遍路さんが登ってきた。
  「小僧さ~ん、覚えてますか~私で~す。」 
  「え~と・・・え~と、 あっ 福島の!」。 
 人目を憚らず肩を抱いたことです。
 
 連絡ナシ、打ち合わせなし、
 坂本屋が平日の今日開いているのも奇跡、
 小僧が出仕したのもたまたま、頼まれたから・・・
 人様のお願いにはできる限りお応えするもんです!

 これは、お大師っさんのご縁に間違いない、
 お遍路巡拝はやっていますが、
 余り熱心な巡礼者ではない(と反省している)小僧、
 1年8ヶ月ぶりの予期せぬ再会、これには驚いた。
 
 たまたま今日、坂本屋が開いているワケを話すと、「役者さんが来るまで休ませて下さい」。
 うん うん 好きなほど休んでお行き、
 オジさんもいろいろ仕事があるけん。
   ~~~
 坊っちゃん劇場の皆さんはそろそろかなあ~と、遍路墓まで下ってみた、
今日は松山城(画面右上・山頂)がくっきりハッキリ見えました。
f0213825_15364635.jpg
                      坂本屋⇔松山城 約20㌔、車で50分
 
14:40 テレビ局がやってきて、
    カメラリハーサルとかいう作業でしょうか?
f0213825_15441221.jpg
f0213825_15421052.jpg
   プロの方の位置取り?は、さすが~と、素人が判ったようなツブヤキ。
  

14:52 坊っちゃん劇場のお遍路皆さんが到着。
f0213825_15495037.jpg

     相原会長から坂本屋の歴史とお接待所開設経緯など説明、
f0213825_1553046.jpg

     説明が終わったところで、野宿場所確保のため福島さんが出立。
     2014年は小僧一人の見送りやったけど、
     今回は役者さんやカメラマンに拍手で送られて福島さんの背中が恥かしそう^.^
f0213825_17462832.jpg
                                      360
          彼女は20㌔のザックを背負って、距離2㌔、標高差300mの峠を越えて、
           さらに町まで6㌔歩いて今夜の野宿場所を探す・・・気ィつけて歩いてな。


さて、51番石手寺から46番浄瑠璃寺まで(時々キセルしながら?)歩いてきたお遍路さんのお接待、
  1階の板の間と
f0213825_16121430.jpg    青空座敷で
f0213825_17162297.jpg

     坂本屋名物「草餅」大好評!
f0213825_17103069.jpg


 かって、大勢の商人・お遍路・馬子が泊まったであろう2階も見学、
f0213825_1616118.jpg

 坂本屋の看板を囲んで記念写真
 カメラマンが合図すると、一瞬「役者顔」になられるような気がしたのだが・・・さて?
f0213825_16481562.jpg

 窪野町桜の人々が墓守を続けて174年、讃州高松 松嶋(遍路)吉野屋平助の墓も見学
f0213825_152773.jpg
f0213825_15274388.jpg
    (上の画像は2015年8/22撮影)

15:38 坊っちゃん劇場関係者皆さんから坂本屋へお礼のご挨拶、
      まったく自主・自発・無償がモットーのお接待にご丁寧なお礼、恐縮です・・・
f0213825_16505280.jpg
      
     バイバイ~ 
f0213825_17432523.jpg

     実際にお遍路とお接待を体験され、難所を逆打ちする娘遍路さんに接して、
    それが舞台でどう生きて輝くのか、4月24日には楽しみに観劇させて貰います。

15:41 小型バスがお迎え。
f0213825_844153.jpg   CMをやらない当ブログですが・・・    
f0213825_1744467.jpg
 温泉は利楽、
 ミュージカルは坊っちゃん劇場!!!
 とうとうCMやっちまったよ~

 素人考えだが、
 役者さんは初演前の稽古中?に、お遍路体験をなさって舞台に立たれると、
台本の血行がよくなってより一層熱い舞台になったのではなかろうか?などと、
              エラそうに・・・、すみません。

 娘お遍路福島さん、無事に鴇田峠越えたやろうか?
 由良野がガケ崩れで通行止めやったら農祖越えやけど、道迷ようてないやろな?
 
 (小僧からのお礼)
  役者さん、スタッフ皆さんお一人お一人には撮影・掲載をお断りできていませんが、
 劇場関係者に一括してご了承を頂いております、ありがとうございました。

 ー3月24日(木)の追記ー
   坊っちゃん劇場関係者様のご好意で役者さん、スタッフ皆様と坂本屋メンバーの
  記念写真を提供下さいましたので、掲載させて頂きます、ありがとうございました。
f0213825_14152257.jpg
                               画像帰属:坊っちゃん劇場
   
Commented by kimiko-keme at 2016-03-23 22:20
あ~~! 中山城治さんが写ってる~~☆
「8」って、テレビ愛媛が撮影に来ていたのでしょうか?
放送が楽しみな。日程や時間とか聞いてますか??

2階の障子が破れてましたか。。。お雛祭りで上がるときに修繕しますね。
Commented by jh5swz at 2016-03-24 08:24
kimiko-kemeさん、
  中山「和尚さん」、とっても元気でしたよ~
   (カメラマンのシャッターの度に表情が変わって”仕事”されてました)
  「8」局、23日の夕方放映(同行の上尾さんから一報あり)されていました、
 いつもの通り、「放映時間など」誰も聞かない、言っても貰えない・・・^.^
   (基本中の基本だと思うのですが、テロップで紹介された母さんの名前は間違えてるし)

☆2階の障子の破れ、小僧もkemeさんしかないと修理をアテにしていました、お願いします。
名前
URL
削除用パスワード
by jh5swz | 2016-03-23 20:36 | 坂本屋日記2016 | Comments(2)